ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ローズ家の日常( 686 )


2019年 01月 20日

お出かけしていました。

先週は主人はコロラド州アスペンの研究所に。
e0178312_15001496.jpg

娘は大学に戻り。
e0178312_15023989.jpeg
飛行機は無事到着。
娘は用事があって早く大学に戻ったのが幸いしました。
今週から始まる大学に合わせて戻ってきた生徒たちは
雪で飛行機の遅延が続いたようです。

私はバスケットの講習会のためにSFへ。


そして次女さんは大好きなリゾートへ。

e0178312_15074400.jpg
e0178312_15073988.jpg
2泊3日で迎えに行ったので不服そうでした。




by flouribunda | 2019-01-20 14:54 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 19日

久しぶりの雨


今週は良く雨が降った南カリフォルニアです。
雨期というのにこれまでほとんど降っていませんでした。
定期的にチェックしているこちらのサイト、先週はD3レベルだったのにD2に回復しています!
このまま雨期が続いて干ばつが解消しますように。

でも良く行くコロラドがまだひどい干ばつのようです。
悩みは尽きない。

散歩していると色んなところに巨大なキノコ。
e0178312_14530057.jpeg


by flouribunda | 2019-01-19 14:46 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 11日

Pie'n Burger

パサデナの食堂です。
50年以上、今も常連さんで週末はとても混みます。
娘にとっても地元の懐かしい味。

ずっと変わらない。
スイートンローも、油ぎったベニアの壁も。
e0178312_04594561.jpeg
店名にある通り、バーガーが一応有名です。
私は食べたことがないのですが、主人や娘に言わせると『正しいバーガー』らしいです。
e0178312_04595019.jpeg
何十回と来ていますが、私はこのThin Pancakeしか食べたことがありません。
バーガーやハッシュドポテトが長年焼かれた油のしみた鉄板で、
作り置きの伸びたパンケーキ生地を薄く焼いてくれます。
トッピングはたっぷりのバターとメープルシロップ。
どこが美味しいのかさっぱり分からないけれど、
たまらなく大好きなここのパンケーキ。
e0178312_05003513.jpeg
パイも有名でサンクスギビングやクリスマスにはテイクアウトで
長蛇の列が出来ます。
でもはっきり言って美味しいとは???
e0178312_05002643.jpeg
でも私のパンケーキと一緒で皆どこが美味しいのか分からないけど買っているのかも。
そんな食堂です。

いつまでも変わって欲しくないです。


by flouribunda | 2019-01-11 05:00 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 10日

見えない力

昨年秋でしたがこちらの本が出版されました。

そして週刊文春の新春号で阿川佐和子さんと美内すずえさんの対談記事があったそうで
e0178312_11265430.jpg
まさかの文春砲。
(誰も気づいていないと思いますが、、、、)


「ガラスの仮面」と言えば、小さい頃お小遣いを貯めて買った夢中になった漫画です。
塾の帰り道に待ちきれなくてバス停で読んだ記憶が今でも鮮明に思い出されます。
対談のお話があった時は小躍りしたものでした。

さすがにストーリーテラーの美内先生、質問も的確で主人の研究内容をとてもわかりやすく噛み砕いてくださっています。
いつも何が分からないかも分からないので質問も出来ない私なのですが代わりに聞いてくださいました。
勉強になりました。
異分野の梅若先生、甲野先生との対談も興味深く読ませていただきました。
全く関連がない様に思えて、それが美内先生の中では繋がっていて、ガラ仮面ファンには副読本でした。


by flouribunda | 2019-01-10 11:55 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(2)
2019年 01月 08日

チリマンゴーと セロリピーナッツバター

娘との食卓の話題でチリマンゴーなるものを教えてもらいました。
アメリカ、特にラテン系では普通にポピュラーな食べ物だそうで、
「こんなに長いこと住んでいて知らないの???」と。
知りませんでした。

それと同じようなアメリカでポピュラーだけど知らないものということで
セロリとピーナッツバターの組み合わせ。
私は娘が小学校(アメリカ)の時に教えてもらったので
聞いたことはありましたが、主人は全く初めて。

娘監修で作ってみました。
e0178312_05030185.jpeg
チリマンゴーは辛いペッパーをマンゴーに振りかけただけ。
竹串をマンゴーにさしてペッパーの粉の中に入れてまぶすのもアリだそうです。
辛いのでは?と遠慮がちに振りかけましたが、慣れてからは後からふんだんに使いました。
不思議とマンゴーの甘味で辛さを感じません。ちょっとやみつきになりそう。
これからはマンゴー切ったら必ずペッパーかけるかも?

セロリピーナッツバターもセロリにピーナッツバターをのせただけ。
レーズンをのせると別名『ants on a log』(木の棒にアリ)とも言います。
その名前からもアメリカの小学校や幼稚園でポピュラーなスナックです。
娘は今でも時々寮で食べるのだとか。
オリーブやアーモンドを散らしたり、ちょっと薬味を加えてオシャレにするのだそうです。
確かに少しで満足感があるのでスナックには良いかもしれません。

ピーナッツバターにもクリーム派とツブツブ派がいるそうで、
娘はツブツブ派。
もちろんピーナッツをその場ですり潰しただけの100%ピーナッツバター。

これはさすがに主人も私も食べたことがある
ピーナッツバタージェリーサンドイッチも懐かしくなってついでに作ってみました。
昔初めて聞いた時は???でしたが、今ではかなり美味しいものだと思えます。
e0178312_04512896.jpeg




by flouribunda | 2019-01-08 04:58 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 07日

Sqirl

時々しか戻ってこられない娘なので
チャンスがあればLAの流行のお店に行きたいらしいです。

今回連れて行ってもらったのはSqirl。

とても有名だそうですが、
周りはお世辞にも良い環境の場所ではありません。
車で来るしかないような場所。
お店も普通。

私たちは朝早くから開いていると思って行ったら
朝食が食べれるのは8時からでした。

e0178312_13243702.jpeg
それを皆知っているのか、
朝食が始まるとどこから来たんだというぐらい人が次々に訪れます。

カレー卵は懐かしい給食の味?
自家製だというライ麦パンがとても美味しい。
e0178312_13233438.jpeg
名物のブリオッシュトースト、リコッタチーズと今日の3種のジャム。
これは普通の食パンの方が美味しいんじゃ?と思いましたが
とにかく人気らしいです。
ジャムに塩がふってあるのが
アクセントになってましたが、どこが珍しいの?と思ってしまいます。
e0178312_13234041.jpeg
グルテンフリーのそば粉のパンケーキはフワフワでとても美味しかったです。
何もなしでバターとメープルシロップだけで食べたくなりましたが。
e0178312_13234485.jpeg
朝食なのに簡単なディナー並みのお会計。
安ければ流行るのはわかりますが
かなり強気の値段設定なのに混んでいるのが不思議です。




by flouribunda | 2019-01-07 13:22 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 04日

TAMAEN と Bohemian Rhapsody

年末のことですが、用事があったのでトーランスに行きました。
トーランスは日系の美味しいレストランも多い街です。
お友達にオススメを聞いてついでに焼肉屋さんに行くことに。

今回行ったのはTAMAENです。
ManpukuかTamaenと聞いたのですが、時間の制約上、夕方4時から開いていたTamaenに。

立派なお肉の階段。
e0178312_12542456.jpeg
私は残念ながらさっぱりわからないのですが、
お肉好きな家族は目を輝かして食べていました。
日系のレストランはコスパもとても良く、大満足でした。

その後は待ちに待ったBohemian Rhapsodyを観に行きました。
すでにロングランなのでパサデナでは上映は一日一回夜遅くだけです。
それでもかなりの混み具合でした。
たまたま後ろの席には主人の同僚の先生が同じく奥様、お嬢様と。


とにかく予想通り私は途中から涙が出て止まりませんでした。
とても良い映画だと思いました。

が、しかし、
欲を言えば、本物のフレディ マーキュリーはもっと素敵でした。
もっと背が高くて、スタイルが良くって、妖しい魅力が。
役者さんにそこまで求めるのは無理があるとは分かっていても、
イメージ崩された感は否めないかも。
「いい映画だったね〜。格好いいね、フレディマーキュリー!」という娘に
「違うの!本物はもっともっと素敵なの!」と必死に反論したくなる私でした。
(きっとエルビスプレスリーの映画が出来たとしたら同じことが起こるかも。)





by flouribunda | 2019-01-04 12:50 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 31日

ご近所に挨拶回り

毎年恒例の1年のニュースレターを持ってご近所に挨拶回り。
クリスマス用のレーズンナットブレッドを配ります。
アメリカのオーブンは一回でこれだけ焼けます!の写真。
e0178312_04441595.jpeg
出入り激しい我が家なのでご近所さん達は何かと強い味方です。
何かを頼むということはないのですが、それとなく気にかけてくれているだけで安心。
普段は全く気を使わなくて良く、1年に一度だけ。



by flouribunda | 2018-12-31 04:43 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 29日

クリスマスディナーの余り物利用

娘が作ってくれたクリスマスディナーの食材が残っていたので
翌日も楽で豪華なお食事でした。

アスパラ卵をグリーンハリッサソースで。
バターナットスクウォッシュは前日と同じ。
千切りサラダは残っていたローストビーツに使ったエシャロットのドレッシングで。
ローストビーツのヨーグルトソースできゅうりのザジキに。
写真に写っていませんがビーツと余り野菜、
鴨ガラからとったストックでスープも作れました。
e0178312_04212093.jpeg
イチゴのショートケーキはさんざん食べて
形が崩れてしまったので
わざと崩してカスタードソースやグランマルニエを足して
トライフルに。
e0178312_04212735.jpeg
作り置きがあると短時間ですぐに用意が出来ると改めて納得。
でも作り置きに時間がかかるし、
同じもの食べたくないので応用をきかそうと思うとバラエティが必要だし、
永遠の課題です。



by flouribunda | 2018-12-29 04:20 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 26日

職員会館のクリスマスバフェ

今年はお友達家族と総勢6人でバフェに行きました。
e0178312_08075562.jpg
e0178312_08075999.jpg
e0178312_08134921.jpeg
昔は皆小さかった。
いつの間に?


by flouribunda | 2018-12-26 08:01 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)