ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 05月 08日

ジャイプール

そして最初の予定では私も主人と一緒にムンバイに向かうはずだったのですが、
デリー、アグラを観光したらジャイプールも行かないと、と
事あるごとに言われ、急遽予定変更することに。

旅行のオフシーズンで、直前予約だったこともあり、
ホテルも飛行機もとてもリーズナブル。
ここまで来たからには行かなきゃ損とばかりに
2泊3日の女子一人旅に挑戦しました。

ピンク・シティと呼ばれるラジャスターン州の州都ジャイプールは
とても近代的で綺麗な街でした。
(アグラ、デリーと比べると、ですが。)

デリーから着いた翌日ホテルのパッケージに含まれていた
ホテルの車で観光しました。

立派な建物の博物館アルバートホール。
e0178312_05540275.jpeg
街中にある風の宮殿。
外から見ただけですが、
宮中の婦人たちが外を眺める為に作られたという小窓が並んでいます。
部屋が暑くならないように風がうまく抜けるように作られていることから
この名前が付けられたとか。
ジャイプールの象徴的な建物になっています。
e0178312_05422715.jpeg
建物をバックに写真を撮る観光客目当てのSnake Charmers。
後にも先にも見かけたのはこの時だけでした。
e0178312_05431360.jpeg
ジャイプール観光のハイライト、アンベール城に行きました。
小高い丘の上にあるお城はさらに上に大きな城塞があり、周りは数キロに及ぶ城壁に囲まれ、とても立派なお城です。
e0178312_05450960.jpeg
当時はマハラジャしか乗れなかったという象に乗ってお城まで登って行きます。
e0178312_05435094.jpeg
上に見えるのが城を守る城塞。
お城から秘密の通路でつながっているそうです。
e0178312_05542459.jpeg
この中庭まで象に揺られて約20分。
早朝はまだ涼しく丘の上は気持ち良い風も吹いていました。
e0178312_05583633.jpeg
中庭も美しい。
お妃様のお部屋からの眺め。
e0178312_05490620.jpeg
二人のお妃様を同等に扱ったとかで、
全く同じ仕様の部屋が二つ並んでいました。
e0178312_05512581.jpeg
鏡装飾の謁見の間
e0178312_05540826.jpeg
壁、天井全てに細かい鏡装飾が施され見事でした。
e0178312_05554147.jpeg
床には必ず絨毯が敷き詰められていたそうです。
鏡に絨毯の色が反射してさぞきらびやかだったことでしょう。
e0178312_05563416.jpeg
乾季のため干上がりそうなため池でしたが、
本来は庭園が池に浮かぶ絨毯に見えるようになっているとか。
e0178312_05575401.jpeg
とてもロマンティックなお城でした。

そしてついでにお買い物にも連れて行ってもらうことに。
ジャイプールは手工芸品などでもとても有名な場所です。
お買い物ぐらい自分の足で出来るんじゃ?
と思ってたら甘かった。
「行きたいお店を言ってくれたら連れて行くから」と
執拗にガイドさんに言われるので
連れて行ってもらうことに。
ブロックプリントで世界的に有名なAnokhi本店でさえも
こんな所。
「えっ?ここ?」
と我が目を疑うような。
一人じゃ絶対に来られなかったでしょう。
e0178312_06002410.jpeg
その後有名な宝石店なぞを覗いたり、
運転手さん付きお買い物(買ってないけど)
を楽しみました。

ジャイプールのお店はセンスもよく、
素敵なものが一杯。
女性にとても人気のある街だというのもうなづけます。

結婚式用の馬とすれ違いました。
e0178312_05530825.jpeg


by flouribunda | 2018-05-08 05:39 | ローズ家in INDIA ‘18 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://crowncity.exblog.jp/tb/27256264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ランバーグパレス      デリー >>