ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 10月 24日

2014リモデルその1:ホームジム

毎年秋になったらはじまる家の修理。とにかく御年87才の家なので直すところはきりがありません。この秋も日本人の大工さん(話が早いのがとにかく嬉しい。)に約2週間お仕事していただいて色々と直していただきました。

まずは庭の小屋。2012年にタイル敷にリモデルしたのですが、その後使っていませんでした。家というのは使っていないと悪くなる、、、というのは痛い程経験しています。色々考えた末、ホームジムにすることにしました。

e0178312_11581058.jpge0178312_11571413.jpgゲストルーム内で直したのはバスルームの鏡と照明、部屋の照明、ストレッチ用のバー、テレビの取り付けです。

Beforeの写真がありませんが、バスルームは以前の持ち主(私達は14年前に家を購入しました。)がとりつけたと思われる照明とキャビネット付き鏡でした。鏡も錆びていたため、新しくIKEAの鏡とHome Depotの照明にしました。
部屋の照明はとことんフラットな最新のLED照明(とはいっても普通にHomeDepotで売っているもの)。明るいし、低い天井でも邪魔にならないし、電球替える必要ないし、電力使わないし、言う事ありません。
バーというと格好いいですが、つまりは階段の手すりや、クローゼットのハンガーを掛ける棒(何と言うのでしょう?)にする木の棒を壁に取り付けてもらいました。ストレッチをするのにとても便利です。
テレビは家には久しく置いていません。ひさしぶりに買いに行ったらビックリ!!安いわ(壁に取り付ける支えの方が高かった!!)、画像が綺麗だわ、賢いわ(スマートテレビにしました。)。コンピューター代わりに使えるので主人も仕事をしながら運動が出来ます。

ジムのために買った機械はエリプティカルトレーナー。買う為に6件お店を見てまわり、あらゆる機種を試し、決めたもの。すこぶる快適です。

家具は家にあったものを再利用。娘が寮に持って行かなかった家用の譜面台が本やiPadを置く台として大活躍しています。(子供に音楽を習わせているAsian momとしてはあるまじき行為かも??)

主人は家にいる時は毎日、私は少なくとも2日に1回。最低1時間はこの部屋に籠るようになりました。アメリカの家庭では結構ポピュラーなホームジムです。ホームジム用のマシーンの種類も選択肢がとても多いアメリカ。この年になるまで、なぜそれほど?と理解出来ませんでした。でも私達も大人になりました。朝5時半に目が覚めてしまい、誰に気兼ねもなく日本のニュースを見ながらiPadでラジオ体操。自宅でこそ出来るこの贅沢な至福の時。やっぱり日本人にはラジオ体操です!!(おすすめはこれ、首の体操も入ってますよ。)


最近Kindleで読んだこの本(画像をクリックするとアマゾンサイトに行きます。)、当たり前のことしか書いてありませんが成る程と思いました。これまで色んなジムに通いましたが長続きしませんでした。ホームジムだとマイペースで無理無く続けられるような気がしています。

Kindleアプリのおかげでアメリカでも簡単に、しかも安く日本の本や雑誌が読めるようになったのがとても嬉しいこの頃です。早くアメリカのように色々な本がKindleで読める様になって欲しいです。それも時間の問題でしょうか。

今日もご訪問ありがとうございます。ちょうどこのLED照明を取り付けている頃、主人が2014年のノーベル物理学賞予想記事を書きました。「これはまさしくノーベル賞だよね!」と冗談ともなく言っていたら本当に受賞。日本人として誇らしい限りです。おめでとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2014-10-24 00:10 | ローズ家夫婦の家 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://crowncity.exblog.jp/tb/22497370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by clover at 2014-10-26 10:00 x
ノーベル物理学賞、本当におめでたいことですね!
職場(組織としては結構大きい)でも段々に照明、すべてLEDに替えるそうです。同じ日本人ということで、ついつい、自慢してしまいます〜^^。3人の方の経歴や環境などとても興味深いです。
譜面台、実は、家に3つもあって、今のところはそれぞれに楽譜が置いてありますが、何かちょっと載せておくのに便利な高さだなあ、と(誘惑が)^^。
テレビ、この夏、我が家も久しぶりに買いました。やっぱりスマートTVにしたのだけど、使っているのは(使いこなせているのは?)息子だけのようです^^。
Commented by flouribunda at 2014-10-27 04:32
cloverさん、

LEDって本当にすごいですよね。最近とみに普及してきているので有難味がわかります。アメリカの電球って結構切れやすく、しょっちゅう電球取り替えていたのがどんどん楽になってきました。
譜面台、実は便利ですよね。移動できるし、高さも変えられるし〜。
私もテレビはテレビを観るの専用です。やっぱりネットは使いにくい、、、でもきっとデジタルネイティブの世代には使いこなせて当然なのでしょう。
Commented by 大山賢太郎 at 2015-03-01 18:26 x
突然失礼します。ブログ村の海外ブログでご活躍中ブログを知りました。私自身は、アメリカで留学と現地企業で働いた期間の合計が10年ほどあります。

実は、最近私もブログを立ち上げました。電子書籍と読書に関するサイトですが、海外の方々が日本語の本を読むのに苦労されていることを聞きました。わたしも、アメリカにいた頃はずいぶんと日本語の雑誌や本を読めないことに不満がありました。

今回、Kindleに関連する電子書籍を執筆に関連して色々と調べていたところ、日本語の電子書籍が海外のアマゾンでも買えるようになったことを知りました。flouribundaさまはすでにご存知のようです。

ただ、海外で購入できる日本語キンドル本の数は、まだまだ少ないようです。例えば、記事にあります本はAmazon.comにはないようです。ただ、別の記事にあったのは以下のようになっていました。

レイコ@チョート校―アメリカ東部名門プレップスクールの16歳 (集英社新書) 新書 – (Amazon.co.jp)
A Pilot of Wisdom (Japanese) Paperback Shinsho – 1000 (Amazon.com)
いずれも同じISBNです。

私自身、アメリカに滞在中に同じ状況だったので、それを皆さんにお知らせしています。ブログ記事にまとめました。もしよろしかったら、こちらの記事を参考にして下さい。

海外在住の方が日本語の本を購入して読書三昧する方法
http://d-mado.link/1wBIhNu

それから、この状況の改善をアマゾンに要望するため、海外で日本語の本を読む状況をアンケートしています。よろしかったら、ご協力いただけるとうれしいです。

海外から日本語キンドル本を読む:アマゾンへの要望にご協力下さい
http://d-mado.link/1N4DiPQ

是非お友だちにもお知らせください。
ありがとうございました。

おせっかいのようで申し訳ありませんでした。
大山
Commented by flouribunda at 2015-03-02 02:00
大山さま、

日本のアカウントがあるとアメリカにいても日本の本が日本にいるのと同様に読めます。ただ日本のアカウントを設定しにくい方たちも多いので、アメリカのアマゾンでも買えると便利ですね。しかしアメリカに比べて日本の電子書籍の数は微々たるもので、新刊もすぐには電子書籍化されていない方が私には不満です。


<< ボーディングスクール受験:SS...      ボーディングスクール受験:寄宿... >>