ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 01月 22日

お好み焼き

キャベツ一杯、具が一杯のお好み焼きも我が家の定番です。

Cpicon ローズ家のお好み焼き by ローズ家の台所
e0178312_16404688.jpeg
柚子胡椒とポン酢で食べるのも美味しいです。
e0178312_16405230.jpeg


# by flouribunda | 2019-01-22 16:39 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 21日

太ネギ豚巻き鍋

FBを見ていたら従兄弟が美味しそうなお鍋をアップしていて早速真似してみました。
豚バラを巻いてましたが、我が家は豚しゃぶ肉で。
日本酒を少し注いで蒸し煮にします。
e0178312_16183068.jpeg
柚子胡椒が合いました。


e0178312_16184443.jpeg
主人もアスペンから無事に帰ってきました。

e0178312_16185641.jpeg


# by flouribunda | 2019-01-21 16:17 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 20日

お出かけしていました。

先週は主人はコロラド州アスペンの研究所に。
e0178312_15001496.jpg

娘は大学に戻り。
e0178312_15023989.jpeg
飛行機は無事到着。
娘は用事があって早く大学に戻ったのが幸いしました。
今週から始まる大学に合わせて戻ってきた生徒たちは
雪で飛行機の遅延が続いたようです。

私はバスケットの講習会のためにSFへ。


そして次女さんは大好きなリゾートへ。

e0178312_15074400.jpg
e0178312_15073988.jpg
2泊3日で迎えに行ったので不服そうでした。




# by flouribunda | 2019-01-20 14:54 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 19日

久しぶりの雨


今週は良く雨が降った南カリフォルニアです。
雨期というのにこれまでほとんど降っていませんでした。
定期的にチェックしているこちらのサイト、先週はD3レベルだったのにD2に回復しています!
このまま雨期が続いて干ばつが解消しますように。

でも良く行くコロラドがまだひどい干ばつのようです。
悩みは尽きない。

散歩していると色んなところに巨大なキノコ。
e0178312_14530057.jpeg


# by flouribunda | 2019-01-19 14:46 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 18日

ガレット・デ・ロワ 2019

久しぶりに娘がお正月を過ぎても家にいたので
(ボーディングスクールの高校の4年間は学校に戻るのが1月3日とか4日だったので)
ガレット・デ・ロワを焼きました。

見栄えの良いのは進物用。
我が家用は切れ端をまとめた2nd生地を再利用したものですが
流石に模様は綺麗には出来ないものの
パイの出来はかわりません。
e0178312_19280904.jpeg
前回はこんな風だったらしいです。

今回は娘が最初から大当たり。
e0178312_19281457.jpeg
良い年になるでしょう。


# by flouribunda | 2019-01-18 14:27 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 17日

娘が大学に戻りました。

今年の初焼きパンを持って。
e0178312_19145708.jpeg
夜行便で無事に時間通りに着いたそうでホッとしました。
とにかく冬は天候で飛行機が遅れがちなところです。
この冬休みは自宅に戻った時も、大学に戻る時もちゃんと飛行機は飛んでくれたので良かったです。
次回は5月なのでよほど大丈夫でしょう。

冬休みが1ヶ月だったのでかなり充電できたようです。
年が明けてからはオンラインコースをとっていたので、計画的にきちんと勉強している姿も垣間見れて安心しました。



# by flouribunda | 2019-01-17 19:27 | 娘  | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 16日

最近のお弁当

もう気がつけば1月も半ばを過ぎてしまいました。
いつもと変わらないお弁当も始まりましたが
今年はより忙しくなった主人です。
次に作るのはいつでしょう?
e0178312_12002821.jpeg
e0178312_12010341.jpeg
e0178312_12004790.jpeg


# by flouribunda | 2019-01-16 11:59 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 15日

サラダニソワーズ

お正月の食材はとにかく量が多いので
やたら豪華な(普段と比べて)メニューが続きます。

クロマグロのサラダニソワーズ
e0178312_11545513.jpeg
e0178312_11551107.jpeg
我が家の定番中の定番です。


Cpicon ローズ家のニース風サラダ by ローズ家の台所

# by flouribunda | 2019-01-15 11:54 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 14日

ぶり大根

正しくはハマチ大根ですが。

お正月の食材が冷凍庫にあると助かります。
e0178312_11530562.jpeg


# by flouribunda | 2019-01-14 11:54 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 12日

キッシュ


久しぶりにキッシュを焼きました。

パイ生地を作るとどうしても余るので耐熱皿に伸ばして冷凍してあります。
主人と二人だと次に食べるのいつ?と冷凍庫に在庫がたまるのですが、
娘がいると冷凍庫の在庫がどんどん減るのが嬉しいです。

Cpicon ローズ家のキッシュ by ローズ家の台所

e0178312_04541654.jpeg


# by flouribunda | 2019-01-12 04:54 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 11日

Pie'n Burger

パサデナの食堂です。
50年以上、今も常連さんで週末はとても混みます。
娘にとっても地元の懐かしい味。

ずっと変わらない。
スイートンローも、油ぎったベニアの壁も。
e0178312_04594561.jpeg
店名にある通り、バーガーが一応有名です。
私は食べたことがないのですが、主人や娘に言わせると『正しいバーガー』らしいです。
e0178312_04595019.jpeg
何十回と来ていますが、私はこのThin Pancakeしか食べたことがありません。
バーガーやハッシュドポテトが長年焼かれた油のしみた鉄板で、
作り置きの伸びたパンケーキ生地を薄く焼いてくれます。
トッピングはたっぷりのバターとメープルシロップ。
どこが美味しいのかさっぱり分からないけれど、
たまらなく大好きなここのパンケーキ。
e0178312_05003513.jpeg
パイも有名でサンクスギビングやクリスマスにはテイクアウトで
長蛇の列が出来ます。
でもはっきり言って美味しいとは???
e0178312_05002643.jpeg
でも私のパンケーキと一緒で皆どこが美味しいのか分からないけど買っているのかも。
そんな食堂です。

いつまでも変わって欲しくないです。


# by flouribunda | 2019-01-11 05:00 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 10日

見えない力

昨年秋でしたがこちらの本が出版されました。

そして週刊文春の新春号で阿川佐和子さんと美内すずえさんの対談記事があったそうで
e0178312_11265430.jpg
まさかの文春砲。
(誰も気づいていないと思いますが、、、、)


「ガラスの仮面」と言えば、小さい頃お小遣いを貯めて買った夢中になった漫画です。
塾の帰り道に待ちきれなくてバス停で読んだ記憶が今でも鮮明に思い出されます。
対談のお話があった時は小躍りしたものでした。

さすがにストーリーテラーの美内先生、質問も的確で主人の研究内容をとてもわかりやすく噛み砕いてくださっています。
いつも何が分からないかも分からないので質問も出来ない私なのですが代わりに聞いてくださいました。
勉強になりました。
異分野の梅若先生、甲野先生との対談も興味深く読ませていただきました。
全く関連がない様に思えて、それが美内先生の中では繋がっていて、ガラ仮面ファンには副読本でした。


# by flouribunda | 2019-01-10 11:55 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(2)
2019年 01月 09日

出汁巻サンド

食べてくれる人がいると
色々と作ってみたくなるものです。

いつもは卵焼き器で作るだし巻きサンド。
電子レンジを使ってみました。
e0178312_04564885.jpeg
確かにふわふわに出来ました。
でもどっちが美味しいのかな?
なんだか卵焼き器で焼いた方が良いような?


# by flouribunda | 2019-01-09 04:57 | 娘  | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 08日

チリマンゴーと セロリピーナッツバター

娘との食卓の話題でチリマンゴーなるものを教えてもらいました。
アメリカ、特にラテン系では普通にポピュラーな食べ物だそうで、
「こんなに長いこと住んでいて知らないの???」と。
知りませんでした。

それと同じようなアメリカでポピュラーだけど知らないものということで
セロリとピーナッツバターの組み合わせ。
私は娘が小学校(アメリカ)の時に教えてもらったので
聞いたことはありましたが、主人は全く初めて。

娘監修で作ってみました。
e0178312_05030185.jpeg
チリマンゴーは辛いペッパーをマンゴーに振りかけただけ。
竹串をマンゴーにさしてペッパーの粉の中に入れてまぶすのもアリだそうです。
辛いのでは?と遠慮がちに振りかけましたが、慣れてからは後からふんだんに使いました。
不思議とマンゴーの甘味で辛さを感じません。ちょっとやみつきになりそう。
これからはマンゴー切ったら必ずペッパーかけるかも?

セロリピーナッツバターもセロリにピーナッツバターをのせただけ。
レーズンをのせると別名『ants on a log』(木の棒にアリ)とも言います。
その名前からもアメリカの小学校や幼稚園でポピュラーなスナックです。
娘は今でも時々寮で食べるのだとか。
オリーブやアーモンドを散らしたり、ちょっと薬味を加えてオシャレにするのだそうです。
確かに少しで満足感があるのでスナックには良いかもしれません。

ピーナッツバターにもクリーム派とツブツブ派がいるそうで、
娘はツブツブ派。
もちろんピーナッツをその場ですり潰しただけの100%ピーナッツバター。

これはさすがに主人も私も食べたことがある
ピーナッツバタージェリーサンドイッチも懐かしくなってついでに作ってみました。
昔初めて聞いた時は???でしたが、今ではかなり美味しいものだと思えます。
e0178312_04512896.jpeg




# by flouribunda | 2019-01-08 04:58 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 07日

Sqirl

時々しか戻ってこられない娘なので
チャンスがあればLAの流行のお店に行きたいらしいです。

今回連れて行ってもらったのはSqirl。

とても有名だそうですが、
周りはお世辞にも良い環境の場所ではありません。
車で来るしかないような場所。
お店も普通。

私たちは朝早くから開いていると思って行ったら
朝食が食べれるのは8時からでした。

e0178312_13243702.jpeg
それを皆知っているのか、
朝食が始まるとどこから来たんだというぐらい人が次々に訪れます。

カレー卵は懐かしい給食の味?
自家製だというライ麦パンがとても美味しい。
e0178312_13233438.jpeg
名物のブリオッシュトースト、リコッタチーズと今日の3種のジャム。
これは普通の食パンの方が美味しいんじゃ?と思いましたが
とにかく人気らしいです。
ジャムに塩がふってあるのが
アクセントになってましたが、どこが珍しいの?と思ってしまいます。
e0178312_13234041.jpeg
グルテンフリーのそば粉のパンケーキはフワフワでとても美味しかったです。
何もなしでバターとメープルシロップだけで食べたくなりましたが。
e0178312_13234485.jpeg
朝食なのに簡単なディナー並みのお会計。
安ければ流行るのはわかりますが
かなり強気の値段設定なのに混んでいるのが不思議です。




# by flouribunda | 2019-01-07 13:22 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 06日

お正月の食材で

御節の食材のおかげで贅沢な食卓が続きます。
e0178312_06232700.jpeg

このために買ってるかもしれない、ぶつ切りの大きなタコが入ったたこ焼き。

久しぶりに焼きました。良く考えたら娘が高校の時は東海岸のボーディングスクールに帰るために1月は3日か4日には出発していたので三が日ゆっくり過ごしたのは久しぶりでした。

e0178312_06233166.jpeg
主人と娘はお魚屋さんに行くと買わずにはいられない大好きな牡蠣。
e0178312_06233649.jpeg
数の子は御節ではお出汁につけるだけですが、残ったら松前漬けに、が定番です。
数の子だらけの松前漬け。お正月ならではの贅沢です。



# by flouribunda | 2019-01-06 06:18 | ローズ家のお正月 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 05日

三ヶ日の御節

元旦の夜の第二ラウンド
e0178312_06144672.jpeg
元旦は関東風お澄ましのお雑煮ですが
いつも2日は白味噌です。
e0178312_06145131.jpeg
3日はお雑煮も飽きてきてタコ飯と。
e0178312_06145611.jpeg
今年も無事食べ切りました。


# by flouribunda | 2019-01-05 06:17 | ローズ家のお正月 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 04日

TAMAEN と Bohemian Rhapsody

年末のことですが、用事があったのでトーランスに行きました。
トーランスは日系の美味しいレストランも多い街です。
お友達にオススメを聞いてついでに焼肉屋さんに行くことに。

今回行ったのはTAMAENです。
ManpukuかTamaenと聞いたのですが、時間の制約上、夕方4時から開いていたTamaenに。

立派なお肉の階段。
e0178312_12542456.jpeg
私は残念ながらさっぱりわからないのですが、
お肉好きな家族は目を輝かして食べていました。
日系のレストランはコスパもとても良く、大満足でした。

その後は待ちに待ったBohemian Rhapsodyを観に行きました。
すでにロングランなのでパサデナでは上映は一日一回夜遅くだけです。
それでもかなりの混み具合でした。
たまたま後ろの席には主人の同僚の先生が同じく奥様、お嬢様と。


とにかく予想通り私は途中から涙が出て止まりませんでした。
とても良い映画だと思いました。

が、しかし、
欲を言えば、本物のフレディ マーキュリーはもっと素敵でした。
もっと背が高くて、スタイルが良くって、妖しい魅力が。
役者さんにそこまで求めるのは無理があるとは分かっていても、
イメージ崩された感は否めないかも。
「いい映画だったね〜。格好いいね、フレディマーキュリー!」という娘に
「違うの!本物はもっともっと素敵なの!」と必死に反論したくなる私でした。
(きっとエルビスプレスリーの映画が出来たとしたら同じことが起こるかも。)





# by flouribunda | 2019-01-04 12:50 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 03日

2018 大晦日

大晦日は朝の5時半に家を出てダウンタウンのお魚屋さんに行きました。
やはり朝一番に行くと活きの良いお魚が揃っています。
e0178312_12353726.jpg
手当たり次第買い込んだので、これから半年ぐらいはお魚買わなくても良いかも?
今回食べきれなかった分は全て冷凍保存に回しました。
e0178312_12354166.jpg
ツナも3種類。
クロマグロは倍ぐらいお値段が違いますが、
やはりここはクロマグロを。
e0178312_12353325.jpg
翌日まで待つのも勿体無い気がして前哨戦。
大晦日の夜ご飯です。
生牡蠣は私は食べれないのですが
二人の大好物です。
親子で仲良く殻を開けていました。
e0178312_12355692.jpeg
紅白みながらおせちの準備。
最後に台所を綺麗に磨き上げて、
行く年来る年をみながら一口年越し蕎麦。
いつもながらの大晦日が送れたことが幸せでした。



# by flouribunda | 2019-01-03 12:33 | ローズ家のお正月 | Trackback | Comments(2)
2019年 01月 02日

2019おせち

あけましておめでとうございます。
2019年もマイペースで我が家の記録を綴っていけたら、と思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。

昨年2018年お正月は私の都合で簡単なおせちとなりました。
今年は普段通りのおせちになんとか復活。
いまだに念願のお重は見つからないのですが、
去年と同じくシェーカーボックスのお重と曲げわっぱのお重を使いました。。
入りきらないお刺身は別盛りにしました。

e0178312_10265214.jpeg
お重の中は
曲げわっぱには田作り、黒豆、きんとん、焼肴、お煮しめ。
e0178312_10171250.jpeg
シェーカーボックスには
たたきごぼう、数の子、なます、八幡巻き、うまき、かまぼこ、伊達巻、昆布巻き。
e0178312_10170056.jpeg
鯛は塩焼きに。
e0178312_10323030.jpeg
祝い肴を食べている間にお刺身は冷蔵庫でスタンバイ。
e0178312_10173174.jpeg
蓋がある特別感がおせちの核心だと思っています。
孫にも衣装的な。

e0178312_10344429.jpeg
皿盛りコンテスト
母vs娘
全ての祝い肴を平皿にいかに綺麗に盛り付けるか。

e0178312_10470954.jpeg
e0178312_10471465.jpeg
ん〜、なんだか写真の撮り方テクニックのコンテストになってるような気がする。




# by flouribunda | 2019-01-02 10:50 | ローズ家のお正月 | Trackback | Comments(2)
2018年 12月 31日

ご近所に挨拶回り

毎年恒例の1年のニュースレターを持ってご近所に挨拶回り。
クリスマス用のレーズンナットブレッドを配ります。
アメリカのオーブンは一回でこれだけ焼けます!の写真。
e0178312_04441595.jpeg
出入り激しい我が家なのでご近所さん達は何かと強い味方です。
何かを頼むということはないのですが、それとなく気にかけてくれているだけで安心。
普段は全く気を使わなくて良く、1年に一度だけ。



# by flouribunda | 2018-12-31 04:43 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 30日

ジンジャーブレッドハウス

今年の娘が作ったジンジャーブレッドハウス。
e0178312_04424894.jpeg
2016年はこんな感じでだったよう。


e0178312_04425759.jpeg
e0178312_04425390.jpeg
隣は一応ジンジャークッキーを焼く時間がなかったら、と思い買っておいたトレーダージョーのジンジャーブレッドハウスキット。
e0178312_04430100.jpeg
食卓の話題で、皆これをクリスマスが終わったらどうするのだろう?ということになり
調べてみると食べるのだそう。
パイ生地に使うとか、パンやマフィンの生地に混ぜて焼くとか
シリアルがわりに食べるとか。
ずっと飾ってあったものを食べるのに少し抵抗感があるのですが、
考えてみれば鏡餅と同じですね。

でも、食べないかな。


# by flouribunda | 2018-12-30 04:41 | 娘  | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 29日

クリスマスディナーの余り物利用

娘が作ってくれたクリスマスディナーの食材が残っていたので
翌日も楽で豪華なお食事でした。

アスパラ卵をグリーンハリッサソースで。
バターナットスクウォッシュは前日と同じ。
千切りサラダは残っていたローストビーツに使ったエシャロットのドレッシングで。
ローストビーツのヨーグルトソースできゅうりのザジキに。
写真に写っていませんがビーツと余り野菜、
鴨ガラからとったストックでスープも作れました。
e0178312_04212093.jpeg
イチゴのショートケーキはさんざん食べて
形が崩れてしまったので
わざと崩してカスタードソースやグランマルニエを足して
トライフルに。
e0178312_04212735.jpeg
作り置きがあると短時間ですぐに用意が出来ると改めて納得。
でも作り置きに時間がかかるし、
同じもの食べたくないので応用をきかそうと思うとバラエティが必要だし、
永遠の課題です。



# by flouribunda | 2018-12-29 04:20 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 28日

クリスマスディナー

今年のクリスマスの一番のお楽しみ。
成果を楽しむ時がきました。

ローストしたビーツとフェンネルにヨーグルトで作ったスパイスのきいたエスニックなソース。
複雑な味が絡み合い、今流行りの中近東風ではありますが
エシャロットの使い方にパリを感じます。
ビーツとフェンネルのロースト具合が絶妙で味が凝縮されてParsnipのよう。
e0178312_03334241.jpeg
爽やかな人参とオレンジのサラダ。
「お母様のサラダに似てるよね。」
いやいや、私はこんな手の込んだことは出来ません。
カラフルな色の異なる人参を使い、それぞれに味付け、一晩マリネ。
歯ごたえが良く、オイルの使い方が程よい穏やかな味付けは
いくらでも食べられそうです。
e0178312_03335763.jpeg
ローストしたバターナットスクウォッシュはゴートチーズと
カラメル化させたデーツをアクセントに。
バターナットスクウォッシュを美味しく食べるお手本のような一品。
日本のかぼちゃより少し水気が多いので私は敬遠気味なのですが
こういう味付けは日本のかぼちゃでは重たすぎ。
見た目よりあっさりしています。

e0178312_03340798.jpeg
フェンネル、芽キャベツ、ラディッキオの千切りミックスにグレープフルーツやざくろがふんだんに入ったサラダ。
ドレッシングがグリーンハリッサというのが憎らしい。
母は赤いハリッサしか知らない。
同じ形に切った千切りミックスなので最初は何が入っているのか分かりませんでした。
形を切りそろえて違う食材を組み合わせ
新しい味の食材にする。
わかっちゃいるけど面倒で母には出来ない芸当です。
それをサラリとやられて参りました。
e0178312_03341117.jpeg
卒業試験だったという鴨オレンジソース。
王道のメインコースです。
最初私は切り身で買うのかと思ったら
一羽丸ごと。
でも食べてみてその意味が分かりました。
お肉の美味しさが全然違います。
e0178312_03340198.jpeg
まずはお野菜を食べているうちに
台所で鴨を準備してくれました。
e0178312_03335164.jpeg
綺麗に食べるばっかりに出てきた鴨。
火の通し具合は完璧です。
e0178312_03341997.jpeg
お肉やお魚の扱い方を覚えたこと、色々なお野菜の切り方を覚えたこと、基本的な事ばかりですがそれをみっちり集中して学べたことが何より良かったそうです。
どんなレシピでも味が想像できるし、自分流にアレンジできると自信が持てたそうです。

お菓子はそれほど学ばなかったそうで、スポンジは私のレシピでした。
でもやり方を教えると飲み込みが早く、基本をしっかり身につけていると応用がききます。
私はスポンジの生地を少し教えただけで、後は自分で。
ナッペなんかしたことないはずなのに、クリームの泡だて方から自分で考えていました。

e0178312_04205509.jpeg
流石に調理には一日かかっていましたが、お台所の使い方も手際が良くて感心です。
冷蔵庫にものが入らない!というので少し私の冷蔵庫整理法を伝授しましたが
普段使わない台所でこれだけのものを作れるって、もう教えることは何もないような気がしました。
きっと一生、作る喜び、食べさせる喜び、もちろん自分で食べる喜びも存分味わいながら
生きていけることでしょう。
ついでに台所を綺麗に片付ける喜びも身についてきたようです。
心から嬉しかったクリスマスディナーでした。


# by flouribunda | 2018-12-28 03:29 | 娘  | Trackback | Comments(4)
2018年 12月 27日

お誕生日

今月は誕生月。
綺麗なバラをいただきました。
e0178312_07422293.jpeg
e0178312_07423126.jpeg
諸事情あって夕飯は冷蔵庫にあるもの。
娘は親知らずを抜いて食べられないので
スープ。
e0178312_07425199.jpeg
今年も健康にお誕生日を迎えられて感謝です。


# by flouribunda | 2018-12-27 07:41 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 26日

職員会館のクリスマスバフェ

今年はお友達家族と総勢6人でバフェに行きました。
e0178312_08075562.jpg
e0178312_08075999.jpg
e0178312_08134921.jpeg
昔は皆小さかった。
いつの間に?


# by flouribunda | 2018-12-26 08:01 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 25日

カリフラワーピザクラスト

先日娘とスーパーに行って冷凍食品棚を見ていたら
こんなものが売っていました。
e0178312_07485876.jpeg
美味しいのかな?とは思いましたが
別に変なものは入ってなかったので
試しに買ってみました。


最近チャチャっとソースは出来てるし、
いつの間にかアボカドはよそ行きになっています。

e0178312_07490393.jpeg

ピザと思うと????ですが、
フラットブレッドと思えば悪くないお味でした。

わざわざ買うまでもないかな?
作ろうと思えば作れるかも。


# by flouribunda | 2018-12-25 07:48 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(4)
2018年 12月 24日

冬至かぼちゃ

炭水化物X炭水化物
e0178312_07462563.jpeg
1年に一回の贅沢。



# by flouribunda | 2018-12-24 07:45 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 23日

アボカド

お隣さんのアボカド、今年は豊作でもう40個ぐらいはこれまでに頂いています。
昨日植木屋さんが剪定に来て、さらに我が家に落ちてきた数30個。
e0178312_07252881.jpeg
立派なアボカドです。
皮が薄くてとても美味しい。
熟れるのにはまだ1、2週間かかりますが、
どうしよう、、、。


# by flouribunda | 2018-12-23 07:28 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 20日

親知らず

娘の今回の冬休みは1ヶ月。
少し長めですが色々とスケジュールが入っています。
特に大変なのが医療関係のアポイントメント、普段健康診断にも行けないのでまとめて行くことになります。

この休みの一大イベントは「親知らずを抜く!」
アメリカは皆全身麻酔で4本いっぺんに一度に抜いてしまうのが普通なのだとか。
同級生の多くもこの休みに経験しているのだそうで、
お友達間のSNSでは顔が腫れたり、麻酔でヨロヨロの姿の動画があふれていて
嫌が応にも親も子供も緊張します。

麻酔をかけるのでドライバーは必ず必要だとかで私も一緒に行きました。
手術の時間は私は処方薬をピックアップに行かされ、戻るともう終了。
フラフラになって車椅子に乗って出てきました。
帰宅するために麻酔が冷める時間が2、30分といっていたので、
処置にかかった時間は正味20分ぐらいでしょうか。
どうやって20分で親知らず4本も抜くのでしょうか?
是非その早業を見てみたかったです。

私が抜いた時は一本ずつ、それも車を自分で運転して行って帰ったのと比べると
すごい大胆な処置です。顔の腫れもやはりかなりなもの。
でも抜歯は何も問題なく、無事に終わったそうで
リカバリーに時間がかかるのは全く普通だそうです。
3日で痛みがなくなり全治快復に1週間。
まあ4本まとめると時間的には楽でしょうが、どっちがいいんだか。

顔を冷やすために靴下みたいなバンドに保冷剤を入れて巻いてます。
e0178312_05180788.jpeg

アメリカでは医療関係のアポイントメントは18才までは親が必ず付いていかないといけません。
聞きたくもないアメリカのティーンの心得を親も主治医から説教されます。
それが18才になると手のひらを返したように(この場合この表現はおかしいかもしれませんが)親はよそ者扱いとされます。
娘の承諾なしには医者と会話すらできません。
つい半年前まで「お母さんもよく聞いて!!」と医者に言われてたのに。
娘の処方薬のことで医者に電話しても「本人じゃないと何も話せません。」。
アポイントメントを取るのに時間がかかったり、
主治医と専門医を行ったり来たり、
処方薬のレフィル云々、
面倒な手配を娘に丸投げできるようになって
親としては非常に楽になりましたが
子供は大変ですね。
あ、もう子供じゃないか。







# by flouribunda | 2018-12-20 04:58 | 娘  | Trackback | Comments(4)