ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:盲導犬 ( 22 ) タグの人気記事


2013年 09月 25日

オーケストラにカムバックと盲導犬ミーティング

この春に卒業したはずのオーケストラ。諸般の事情により今年も入団することになりました。先週このオーケストラの初練習の後、マネージャーの方から連絡があり、その後ディレクターの先生からも直々にお手紙をいただきお誘いを受けました。新しい別のオーケストラにも入った事だし、学校の勉強も忙しいので散々迷いました。昨晩までぎりぎり返事を保留していたのですが、決心しました。

e0178312_1330148.jpg懐かしいオーケストラフォルダーです。今回途中入団を決めたのは何人かいました。パンサーが返事をしたのは昨晩だというのに、パンサーの分だけはしっかり名前も印刷して用意されていたそうです。すぐにフォルダーを渡され、となりの子が「私のは?」と聞いたら「ご免、まだ用意しているところだから。」と言われたそう。新しいオーケストラのマネージャーも「貴女がパンサーね。」と彼女だけに挨拶に来てくれたり、パンサーの顔を見て飛び上がって喜ぶお友達、顔も覚えていない他の団員の子達からも「戻ってくれてありがとう!」、まるで凱旋将軍のような歓迎だったそうです。私まで他のお母さん方に「戻ってきてくれたんですね!!」と感謝される始末、、、。

仮の席順は既に決まっていたので、途中入団の生徒達は後ろの席で弾いたそうです。しかし覚悟はしていたものの、2週目なのにかなり残念な演奏だったようです。あまりに簡単な楽譜にもショックを受けたらしいのですが、初見で弾いてた自分の音しか聞こえてこない時もあった、とか。

パンサーが戻る決心をしたのは、あるお友達がオーケストラで弾いているというのを聞いた時でした。(その子には悪いのですが)それほど困っているのか、、、と驚いたようです。3年間本当にお世話になった歴史のあるオーケストラが衰退するのを見るのは忍びなかったそうです。自分が何か出来るのであれば、、、。とディレクターに返事をしました。実は主人は先週話があった時に「時間の無駄だから、、、。」と言っていました。もちろんとんでもなく忙しくなるでしょうが、私はとっても立派な選択をしたと喜んでいます。さあ、このオーケストラをパンサーはを引っ張っていけるのでしょうか?頑張って欲しいです。


e0178312_13565433.jpge0178312_135758.jpge0178312_13571746.jpg
パンサーが練習している間、私は隣町であった月1の盲導犬パピーのミーティングに行ってきました。パピーの成長の経過を報告し合うミーティングなのですが、最近問題になっている偽介助犬の話題でもちきりでした。ネットで偽ジャケット(写真で緑のハーネスのようなもの)や偽IDが簡単に手に入り、一部の心ない人達がそれをきちんと躾のされていない犬に着用してお店に入り、汚したり、傷つけたり、人に危害を加えたりすることで、サービスドッグの利用を認めない施設が増えてきているのだそうです。もちろん身体障害者差別禁止法(Americans with disabilities act 通常ADAと呼ばれます)により身障者のアクセスは確保されなければいけません。なのでショッピングモールなどでは、サービスドッグは一旦カスタマーサービスで犬小屋に入れられ、そのかわりに店員さんが案内するところが増えているそうです。でもそれでは外出が億劫になる人もいるだろうし、何よりパピー達の訓練は出来ません。正式な介助犬ではないパピー達はこれまでお店側の好意に支えられて入店を許可されてきました。もしお店側が難色を示すようなことがあれば必ずお店の指示に従う事と私達も盲導犬学校からきつく言われています。
実際に同じ盲導犬学校の緑のジャケットを着せられた偽パピーに遭遇した人もいました。普通、犬は入れないお祭りで会ったそうです。同じ学校のパピーを育てている者同士、普通なら話に花が咲くはずなのですが、「どこのグループ?このパピーの親はだれ?」と聞いても全く要領を得ない返事だったそうです。終いには「なぜ質問ばかりするの?迷惑なんですけど」と言われ、即刻その場で写真を撮って盲導犬学校に問い合わせて偽パピーだったことが発覚したそうです。すぐジャケットは脱いだそうですが、ふざけるにもほどがあると皆さん怒っていました。ある人は町で「そのジャケットどこで買えるの?それを着けるとどこにでも連れて行けるんでしょ?」と言われて開いた口がふさがらなかったとも。
ADA法により、障害の有無、内容を直接本人に問うのは罪になるそうです。なのでサービスドッグをお店に連れてこられた場合、その真偽を確かめるのに犬のIDの提示は求められても、本人への質問はしにくいそうです。「貴方のどんな障害にこの犬は役立っているのですか?」と聞いてはいけないのだそう。「Disability」という言葉は本人に向かって使ってはいけないので、「この犬はどのような介助をするのですか?」としか聞けないそうです。それが偽介助犬をのさばらせる1つの原因にもなっているとか。きっとご自分の犬可愛さのために、軽い気持ちで着せてしまうのでしょうが、本当に必要な人達のことを考えて欲しいものです。私は人手が足りない時にお手伝いするだけのパピーシッターなので皆さんの話を聞いているだけですが、なかなか毎回ためになります。

今日もご訪問ありがとうございます。これでコンサートで皆が上手く弾けるようになったらまるで青春ドラマ!そうは上手くは行かないでしょうが、きっと良いリーダーシップを取る機会になると信じています。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2013-09-25 15:33 | 娘 ボーディングスクール受験記 | Trackback | Comments(10)
2013年 05月 30日

盲導犬パピーシッター

e0178312_1525537.jpg4泊5日で預かっていた盲導犬パピー、モキ君1才。日曜日と休日の月曜日は家でゆっくりした時間も多かったものの、火曜日と水曜日は私の予定に合わせて車で連れ回し。後部座席の足元が指定席です。


e0178312_15354591.jpg火曜日は朝からパンサーの矯正歯科アポイントメント。私と車で外で待機、学校に送って行って帰ってきてから散歩をかねて銀行へ。少し家で休んだら、もうパンサーのお迎え時間。そのままパンサーが楽譜を買いに行くのに同行。


e0178312_1530365.jpgそして夕方からは月1盲導犬パピーミーティング。これはお仕事なので他のパピーと会っても、ご挨拶も出来ません。他の犬と会うと遊びたい年頃のパピーにとっては苦行です。でもちゃんと私の横で比較的おとなしくしていたので(そのかわり甘えん坊なのでずっと私にピタッとくっついてなくてはいけないのですが、、、)褒められていましたよ。


e0178312_15421248.jpg最終日の水曜日は朝から私の歯医者に同行。あらかじめ前日に歯医者さんに連れて行っていいかどうか聞いておきました。快く受け入れてもらえたのですが、内心ちゃんとおとなしくしていられるかドキドキ。でも期待を裏切らず45分間きっちりおとなしくしていました。予防のために私の足首にはリードを何回も巻き付けてあったのですがひっぱられることもなく。帰る時には歯医者さんの一躍人気者に。おばちゃんは鼻が高くなってしまいました。

そしてその後、日系のスーパーにも行きました。スーパーのお客さんや従業員さんに思いっきり羨望のまなざしとお褒めの言葉をいただいて、本犬も大得意。私で慣れてるからか日本語もわかる?犬もやはり褒められると背筋が伸びるものなのだなあと妙に感心してしまいました。


e0178312_15511868.jpg休む暇もなくパンサーが帰ってきて、今度はパンサーの小児歯科アポイントメントに同行。今回は待合室で私と待っていただけですが、約40分おとなしく待っていました。

夜はパンサーのバイオリンのレッスン。突然明日スナックを持って行かなくてはいけないと言うので、スーパーにチョコレートを買いに行ったり、ついでにお店でギフトカードを買いに行きました。あまった時間は私とカフェでデート。もう慣れたものでカフェの椅子の中にちゃんと入ります。

そして夜の9時過ぎに飼い主さんが迎えに来ました。もう2.3ヶ月もしたら訓練所で正式に訓練を受ける事になるモキ君。もうこれがきっと最後の我が家での滞在です。飼い主さんが来て喜んだものの、迎えに来たとわかって、帰ろうとしないモキ君。私やパンサーにお別れを言って、どうにか帰りました。甘やかしてくれたおばちゃんの家が良かったのでしょう、そんなところも子供と一緒。ちゃんと盲導犬になるのよ!祈ってます。

今日もご訪問ありがとうございます。そして帰った後にはすぐ現実に引き戻され、掃除、洗濯が待っていたのでした。半端じゃない毛の量。毛が抜けない犬を作ったら盲導犬ももっと広まるんじゃないだろうか、と思うぐらいそこら中、服も何もかも毛だらけです。訪れた所も毛だらけになっているので歯医者さんとかで本当に申し訳なく思ってしまいます。盲導犬の繁殖には病歴はもちろんのこと、性格や体格など考慮に入れてるらしいですが、毛の抜け方というのはどうしようもないものなのでしょうか。


下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2013-05-30 16:17 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(2)
2013年 05月 27日

先週の晩ご飯

少しさぼると写真がたまって、余計にブログアップが億劫になるので一挙にアップ。

もう夏の日射しなので先週は畑のサラダ菜ばっかり食べてました。うさぎの気分。早く食べないとお花をつけてしまい美味しくなくなってしまいます。

e0178312_34434.jpgフィレステーキ、冷やし茶碗蒸し、かぼちゃチップス、かんぴょうの含め煮、野菜の浅漬け。暑くなってくると冷やしたもののほうが美味しく感じられるので、お料理の手間は楽ですね。


e0178312_3475971.jpgラタトゥイユ、キノアコーン、ビシソワーズ、クルトン。


e0178312_3491525.jpge0178312_3495927.jpg夏野菜のフラットブレッド、かぼちゃとキュウリ、セロリのサラダ。


e0178312_3514774.jpgチキンとフィッシュ(ヒラメ)のタコス。


e0178312_355397.jpg今日もご訪問ありがとうございます。月曜日は祝日で3連休のこちらでは盲導犬パピーのMoki君滞在中!1才になってますますハンサムになりました。

下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2013-05-27 03:58 | Trackback | Comments(0)
2013年 04月 16日

盲導犬と久持良餅

e0178312_15241056.jpg4泊5日で預かっていた盲導犬パピーのMoki君は無事飼い主さんの元に戻りました。なんとか問題なく過ごせたのでほっとしています。

もうこのボランティアを始めたのも2年半前になります。社会奉仕というのはアメリカではとても身近なものです。パンサーの通う学校では社会奉仕活動担当の先生までいて、幼い頃から奉仕活動に慣れさせるため、寄付集めをしたり、ホームレスシェルターにサンドイッチを作って持って行ったり、かなりの時間をかけます。パンサーの同級生のご家庭の話をきいても、やはり皆さんそれなりに色々なボランティア活動を家族でやっているのが普通です。そのため幼い頃から奉仕の精神が自然と身に付いています。それに対し我が家では、教会にも行かないので家族で奉仕活動をしたことがありませんでした。でもパンサーが成長するにつれて、やはり学校での活動だけで家庭では何もしない、では考え方が偏るように思えてきました。パンサーの言動から「お金を寄付すること=社会奉仕」としか考えていないように思えてきたのです。(もちろん寄付をすることは大事ですが、子供が奉仕活動でお金を寄付するということしか思いつかないのはショックでした。)それではいけないと色々と家族で無理なく出来ることを探しました。そして続けられるかもしれないと思ったのが盲導犬を育てるお手伝いでした。


e0178312_251513.jpg続かなくては意味がないので、無理がないように私が中心にお世話してきましたが、回数を重ねるにつれ、パンサーも少しずつ面倒をみてくれるようになってきました。自分で申請してこの春に盲導犬のお世話が一人でも出来るIDカードも取得しました。盲導犬を連れて街を歩いていると色んな人が声をかけて下さるし、すれ違う人が皆、温かい目でみてくれます。それがまた気持ちがいいらしく、「一度最初から最後まで育ててみたい!」とまで言うようになりました。良いことをするのは気持ちがいい、そういう気づきがあるだけでもこの活動を始めて良かったなあと思いました。何でもやってみるものですね。


e0178312_2522220.jpg今日はなんだか写真が茶色いですが、Kちゃん家族にいただいた山形の保存食の久持良餅。食べたことがなかったので最初はそのまま食べてみて何だろう?と思ったのですが薄切りで焼いてみてその美味しさにびっくり!自然な甘みでお味噌のコクとういろうのような食感がとても合っていて素朴な美味しさ。今時のどんなおしゃれな洋菓子よりも私にはこちらの方が好みです。すぐなくなってしまいました!

今日もご訪問ありがとうございます。Moki君のいる間は身体全体で甘えて喜びを表現してくる姿が可愛くて、他のことは気にならないのですが、帰った途端に大掃除と洗濯がはじまります。毛が抜けるのが半端じゃないし、犬の匂いもうちの犬とは比べ物になりません。彼のいる間は洋服もすぐに丸洗い出来るものしか着られません。さすが大型犬です。これさえなければなあ、というのがパンサーも私も心の声。でもそういうのも勉強です。

下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2013-04-16 02:59 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(2)
2013年 04月 11日

盲導犬パピーとお出かけ

e0178312_132981.jpg今日はKちゃん母娘とMoki君とお出かけしました。Mokiくんは車の中でも全く興奮せず、静かに乗っています。


e0178312_13313540.jpgまずはSouth Pasadenaでランチ。アメリカンなレストラン。Mokiくんは静かにテーブル下で寝てました。


e0178312_13332738.jpgその後Old Townに移動してショッピング。写真はSur La Table。 Mokiは隙あらば寝てしまいます。体力にまだ問題あり?お店をまわったあとカフェで一服。また寝てました。

盲導犬はどこにでも連れて行けるので、ずっと一緒にいられてとても楽しいです。


e0178312_146264.jpg今日もご訪問ありがとうございます。晩ご飯の間も別部屋でおとなしく待っていることが出来るようになりました。そして夜は再度パンサーのバイオリンレッスンのためにOld Townに行き、私とMokiはカフェデート。

下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2013-04-11 14:07 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
2013年 04月 10日

盲導犬MOKIと秘伝豆

e0178312_13555898.jpg月曜の夜からMokiくんを育てているMさんが出張なのでMokiくんを預かっています。今回は金曜まで4泊5日。前回より1日長いです。でももう11ヶ月、ほっておいてもおとなしくしている時間がかなり長くなり、小さい頃からいたずらをしない子ではありましたが、さらに面倒をみるのも楽になりました。


e0178312_1423129.jpgKちゃん家族にいただいた(た〜くさんのお品の中の1つ)秘伝豆。ゆでるだけでとっても美味しい枝豆になります。豆ラバーの私は食べ出したら止まりません。今日は色々お野菜をいれてサラダにしました。アメリカで売っているどんな枝豆より美味しいです(当たり前ですが)。


e0178312_1465117.jpg今日もご訪問ありがとうございます。今日は夜6時半から学校で進学説明会でした。犬2匹にご飯を食べさせて、写真はパンサーの夜ご飯。これこれ、貴女はちゃんと椅子に座って食べて下さい。一人で食べさせるとヤンキー娘はとんでもない食べ方をしそうになります。

下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2013-04-10 14:12 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(2)
2013年 01月 27日

パピーシッターDay 3&4とリサイタルドレス 2013

e0178312_15204765.jpg木曜日Day 3と金曜日Day 4は雨が降ったりやんだりでなかなかうちの犬とのお散歩は出来ませんでしたが、Mokiくんはどこにでも連れていけるので屋根があるところならお散歩が可能です。屋内駐車場のあるWhole FoodsやTarget。盲導犬の場合、雨が降ってもお散歩が出来るのは便利。


e0178312_1524060.jpge0178312_15241757.jpg木曜日の放課後には春のリサイタルのドレスを買いに一緒についてきてもらいました。可哀想についでにforever 21まで付き合わされて。2時間ティーンエイジャーの買い物に付き合うという、人間でも嫌なのに大人しくしていてくれました。家に帰ったらぐったり疲れていましたが。


リサイタルのドレスは今年も去年と同じところで買いました。オーダーではなくサンプルから選びました。今年は3着。「あのリサイタルにはこれ、あれにはこれ。」と半ば取らぬ狸の皮算用(まだ正式にリサイタルに出れるとは決定していないものばかりなので)的な部分もなきにしもあらず、ですが、まあかなり身体もアダルトサイズに近くなってきたので、将来的にも着れるだろうから買っておきました。すべて少しずつお直しにも出さなくてはいけないし、出演が決定した時点で揃えるのは大変です。今年は初めてロングにも挑戦。さて着る機会あるかなあ?

e0178312_163491.jpg今日もご訪問ありがとうございます。そしてMokiくんは金曜日の夜にパパさんが迎えに来てくれて帰りました。預かるまでは正直「少し面倒だな」とは思うのですが、預かるとやはり可愛い盲導犬パピー「私もいつか絶対自分で育ててみたい。」と思うのです。Mokiくんが盲導犬になることを想像してジーンときたり、、、。そしていざ帰ると,半端じゃない毛だらけと犬の匂いにハタと気がつき、必死で掃除と匂い消し。「時々でいいかもしれない。」。育てている飼い主さん達には頭が下がります。写真はDay4お夕飯のピザ。犬の面倒を見ながらだとやはりサッと作れて、サッと食べれるものになりがち。Day3は準備が簡単な鶏なべ。でも和食はなかなか難しいですね。
Cpicon ローズ家の厚焼きピザ by ローズ家の台所



下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2013-01-27 16:05 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(5)
2013年 01月 24日

パピーシッターDay 2

e0178312_14575389.jpg朝、主人を送りがてら2匹を連れてお散歩。そのあとモキ君だけを連れて色んなお買い物に。どこにでも連れて行けるというのは本当に楽しいです。車で待たせておく必要もない。園芸店でざくろの木、バラ2本、野菜の苗を買ってきました。


e0178312_14584015.jpg夜はパンサーのバイオリンのレッスンだったので、ドロップオフして私とモキ君はIntelligentsia Cafeへ。カリフォルニアでは(アメリカ全土だと思うのですが)飲食店の店内に犬が入れることはまずありません。訓練を受けたサービスドッグ(何かしらの介護犬)のみ。テラス席では犬が許されるお店もありますが、道路にでている席だけ。それも囲いがしてあって、パティオ席になっている所は店内と同じにみなされるようで無理な場合が多いです。かなり日本より厳しい。それがモキ君であれば、どこもフリーパス。堂々と連れて入っても、一応「サービスドッグですか?」と聞かれるものの、「はい」というと「どうぞどうぞ」。これを楽しみに盲導犬パピーを育てている人の気持ちがよ〜くわかります。私がコーヒーを飲んでいる間、テーブルの下で熟睡していました。


e0178312_1511832.jpg今日もご訪問ありがとうございます。というわけで、今日のご飯はお野菜沢山のミートソーススパゲッティとポテトリークスープ。作りおき出来るもので温めるだけ、テーブル写真もないという。

下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2013-01-24 15:12 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(2)
2013年 01月 24日

盲導犬パピーシッター

e0178312_25718.jpgまたパピーシッターをしています。今回は3泊4日。パピーは前回と同じモキ君、9ヶ月。身体もさらに大きくなって、力も強くなりました。うちの犬をどうしてもおもちゃにしようとし、またうちの犬もちょっかいを出したり、やられているばっかりではないので2匹だけにしておくとサイズが違うからかなり危なくなってきました。でも1頭づつ相手にする分にはとても聞き分けの良いモキ君なので問題なし。夜もちゃんとクレートで寝るし、トイレも大丈夫、盲導犬パピーのハーネスをつけたらお仕事と分かっているので、うちの犬を右側にモキが左でお散歩も全く問題がありません。自分の家の犬がいるからややこしいけれど、盲導犬パピーだけなら預かるのは全く問題ないだろうと思います。


e0178312_351132.jpg預かり始めた昨日の晩はパンサーがオーケストラで食事が遅い日。預かりはじめで犬達は興奮して夕食の支度どころじゃなさそうだったので、あらかじめ用意が出来る焼き餃子、麻婆豆腐、即席つけもの、白菜汁の簡単メニュー。

今日もご訪問ありがとうございます。ものすごい力だから本気になったら私なんて負けてしまうと思うのですが、叱りつけても、私には歯向かおうとしません。犬は人間の言う事は聞かなくちゃいけないとちゃんと分かっているんですね。大型犬も飼うと可愛いだろうなあとつくづく思います。

下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2013-01-24 03:16 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 16日

盲導犬ミーティングと常備菜ビビンバ

e0178312_14234444.jpge0178312_1425268.jpg
日曜日は盲導犬のミーティングがありました。今回は新しく2匹が仲間入り。これは4ヶ月半のゴールデンリトリバーのメープル。1ヶ月前にも会いましたが、美人さんになってきました。2枚目の写真うしろはモキ。グループの中で9ヶ月のモキが一番年上となりました。


e0178312_14274757.jpge0178312_14281738.jpg
そして新しく入った3ヶ月のジャックス(黒)とテラ(ベージュ)。1時間程のミーティングの時は静かに座らされていたパピー達ですが、その後お楽しみの遊び時間もありました。皆仲良く遊んでいます。


e0178312_143539100.jpg主人が留守の日の女子ご飯。常備菜ビビンバ。熱いお鍋でごま油で焼いたご飯に常備菜をのせるだけ。でも熱々でとっても美味しいのです。辛みそを好みで入れて食べると寒い日には身体の芯から暖まります。




e0178312_14345080.jpg今日もご訪問ありがとうございます。これはミーティングのスナックタイムのために持って行ったシフォンケーキ。この手の食感のケーキはアメリカにないのでとても喜ばれます。
持って行く前に食べやすい様に切っていると、パンサーが「一つ食べてもいい?」。だめ!柔らかいからなんとかまわりに支えられて立っているので、ローマのアーチと一緒で一つなくなると崩れちゃいます。

下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2013-01-16 10:30 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)