タグ:パーティ ( 56 ) タグの人気記事


2016年 11月 15日

手巻き寿司会食

先週はお客様がいらっしゃいました。
長年お世話になっているスウェーデンの先生ご夫妻と
ギリシャ人の先生。
何にしようかと迷ったのですが
日本にもお詳しく、
お魚をよく召し上がる国の方々なので
手巻き寿司にしました。
e0178312_03140698.jpg
ここはお友達にお願いして
とびきり新鮮なお魚を調達しました。
タイ、マグロ、ハマチ、サーモン、ホタテ、イカ

ナマものばかりでは辛いかもしれない、と
大根、きゅうり、人参の千切りお野菜、
しいたけの含め煮と厚焼き卵、
サーモン甘塩焼きと
ハマチを照り焼きに。

「こんな美味しいお寿司は日本以外で
食べたことがない。」

こちらがびっくりするほど
たくさん召し上がってくださいました。

スープはタイのアラでお味噌汁にしたら
「骨はお出汁を取るためですから
残してくださいね。」
と言ったにもかかわらず、
皆さん骨までしゃぶってらっしゃいました。

具を用意してあとはご自由に召し上がっていただくだけなので
ホステスもとっても楽な手巻き寿司。
特にお魚の良さがわかる方達だったので
とても喜んでいただけました。
お好きなものを選んで食べれるのも
楽しかったようです。

下の写真は翌日食べた残り物。
卸のお魚屋さんなので
冷凍庫に半年分ぐらいの
お魚ストックができたかも?

e0178312_03141861.jpg
今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


by flouribunda | 2016-11-15 09:13 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(2)
2016年 09月 03日

同級生と8年ぶりの再会

朋あり遠方より来たる、
の言葉通りとても楽しかったです。

東海岸に暮らす同級生が出張の帰りにご主人と来てくれました。
バリバリと仕事をこなす彼女の武勇伝や
在米日本人ならではの共通の話題で盛り上がりました。

中学からの同級生です。
お互いいい年になったのに、
可愛かった少女の頃の彼女の姿が浮かんできて
なんだかとても心が温まる時間でした。
親友と呼べる距離ではなかったはずなのに、
若い頃に同じ時と空間を共有していただけで姉妹のような親密感。
不思議な感覚です。

ずっと旅行でご馳走続きでしょうからと
大義名分付きいつもの晩御飯。
e0178312_02383890.jpg
娘も先日、以前の学校のクラスメートと会う機会がありました。
幼稚園から中学まで10年通った学校です。
その間には親しいお友達も次々と変わっていました。
そのたびに
「小学校や中学校での親しいお友達というのはコロコロ変わるもの。
でも大人になったら楽しかったことも
、嫌だと思ったことでさえもとっても良い思い出になるから。
小さい頃に時間を共有した人達は
一生かけがえのないお友達になるわよ。」
と言い続けてきました。

娘も新しい学校に移って2年、
だんだんとその意味がわかってきたそうです。
以前のお友達との時間は昔話に花が咲いてとても楽しかったとか。
それぞれ皆大人になってきたからでしょう。
e0178312_03072272.jpg
30年後?40年後はいろんな意味で
会う時はもっと嬉しいよ。


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ





by flouribunda | 2016-09-03 08:29 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 22日

テリーヌ

週末にお友達が遊びに来てくださったので
テリーヌを作りました。

テリーヌはお肉と香辛料を混ぜて固めたもの。
適当に作ってもそれなりに出来るところが嬉しいです。

今回は豚肉、牛肉でシンプルに。
合わせたのはセロリと玉ねぎ、にんにく、
赤ワインと生クリーム。
塩とこしょうをきかせました。

ハンバーグの具を詰めて焼いたって良いのです。

私は昔パリの学校で教えてもらった時、
お肉の味を生かすため
必要のない時は(なくても固まる場合は)
つなぎの卵は入れない方がいい、
と教わりました。
たとえばロールキャベツも
キャベツでくるまれてるから
入れない方が良い、とか。

なのでテリーヌ型で焼く時は卵は使いません。
ふわっと柔らかく仕上げるためのパン粉もいれません。
e0178312_02445670.jpg
160−180度の湯煎焼きで60−80分。
串をさして肉汁が澄んでいるのが目安です。

重しをしながら冷ますと出てきた肉汁を吸い込んで、
一晩冷蔵庫で寝かすとと落ち着きます。

このルクルーゼのテリーヌ型はパウンド型のサイズなので
じっくり火を通したいお菓子作りにも重宝します。
スフレチーズケーキはこれでしか焼きません。

アメリカにはいろんな色があるようです。

でも日本の方が安い。

今回はイチジクを入れてみました。
お子さんもいたのでそのままのドライイチジクですが
洋酒漬けの方が良かったかも。
e0178312_02503837.jpg
周りは美味しいベーコンで包むとコクがあって、
紙を敷かなくても型から綺麗に外れます。

でも最近はベーコンを久しく買っていないので、
常備の冷凍薄切り肉を代わりに使うことが多いです。
今回は豚ロースのしゃぶしゃぶ用を使いました。
少しさっぱりとはしますがちゃんと形は綺麗になります。

e0178312_02500782.jpg
今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村




by flouribunda | 2016-08-22 04:02 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(2)
2016年 04月 23日

ホーキングさんの夕食会と御菓子所 山中 のまっちゃちょこ

今週はハーバードにホーキングさんが来られているとのことで
夕食会がありました。

ハーバードの教授先生のお宅。
お客様の数は60−70人くらいでしょうか。
お食事は美味しいイラン料理でした。
e0178312_03551178.jpg
お食事のあとはデザート。
メインはホーキングさんも召し上がれるグルテンフリーのケーキ。

色はテーマの関係上すごいですが、お味はとても良いケーキでした。
(いわゆるアメリカの原色ケーキではありません。)
デザートテーブルの写真がありませんが、
他にもホーキングさんがお好きだというクレームブリュレ、ラズベリームースなどを中心に
奥様はボストン中美味しいものを駆けずり回って探されたそうです。
e0178312_03545362.jpg
主催された教授夫妻の細やかな心遣いが感じられます。
とても和やかな素晴らしいパーティでした。

エンターテイメントは
イランの民族音楽。
e0178312_03541768.jpg
イランはお元気だった頃に旅行され、
とても良い思い出が残っている場所なのだそうです。
e0178312_03550639.jpg
いつもお世話になっているご夫妻に手土産に「抹茶トリュフ」をお持ちしました。
ちょうど主人が日本に出張したので、ホテルに届けてもらいました。
翌日アメリカに戻り、その日の晩にパーティだったので賞味期限も問題無し。
抹茶のチョコレイトも色々ありますが、こちらのチョコはとても口どけがよく、
後味がすっきり。ほろ苦さと甘さのバランスがちょうど良いです。
e0178312_03544749.jpg
奥が「抹茶トリュフ」、手前が「お濃茶」。
切り分けて食べる「お濃茶」も濃厚で美味しいです。
当然我が家用も注文。お留守番代。

今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



by flouribunda | 2016-04-23 10:43 | ローズ家IN BOSTON '16 | Trackback | Comments(2)
2015年 12月 30日

Bottega Louie と オープンハウス と 母

本来ならリフォーム記録の順番ですが、年末年始行事が多く、記録しておかないと忘れてしまうので一時中断させていただきます。

12月27日、日本から私の母が来てくれました。
これから約3週間は御年?0才の母仕様の毎日です。
しかしこの年で、もしかしたら私より元気な母。
私も頑張って色々一緒に行って楽しみたいと想います。

さて関空からの朝10時半着の直行便で到着した母を連れて、家族で昼ごはんを食べに行きました。
お友達が「とっても乙女なレストラン」と言っていたダウンタウンのBottega Louie
最強の乙女を連れて行くのにふさわしいレストランでした。
e0178312_15383677.jpg
4人皆違うジュースを頼んでみる。
e0178312_15381994.jpg
これは私の頼んだホワイトオムレツ。美味しかった。
e0178312_15382870.jpg
席がピザ釜の近くだったので頼まずにはいられなかったピザ。
美味しい皮でした。

11時すぎに入店した時はすぐに座れましたが、その後瞬く間に混み始めました。
かなり席数も多いのに。
サービスも良くて、素敵なレストランでした。
流行るのもうなずけます。

e0178312_15382352.jpg
そして夕方は隣近所の方たちを招いて簡単なカクテルパーティ。
改装工事の間、騒音などでご迷惑をかけたかもしれず、
皆さぞかし工事の出来を気にかけて下さっているだろうとオープンハウスの機会を設けました。
e0178312_15383327.jpg
時間もあらかじめ1時間半に区切って、飲み物、おつまみのみの簡単なパーティです。
1時間半といっても、皆時間通りには来ないで30分ぐらい遅れてくるので結局1時間。
でも喜んでもらえて和やかなパーティとなりました。

ところで母は今回日本航空を使い、ファミリーサービスを利用しました。
飛行機を降りたところから親切なグランドホステスさんが付き添ってくださり、
至れり尽くせりだったそうです。
入国手続きも手伝ってくださり、90キロの荷物もちゃんと運んでくれて、通関もスルー。
実は10時半着予定が40分ぐらい早く到着していたため、私たちは出迎えに間に合いませんでした。
そうしたらちゃんと電話がかかってきて、私たちが到着するまでの5分間、母と一緒に待っていてくれました。
母一人での入国、重い荷物を持っての通関がとても心配だったので本当に助かりました。
やはり日本の航空会社は頼りになります。


今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村












by flouribunda | 2015-12-30 01:36 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(6)
2015年 10月 11日

ジップロックコンテナーとお客様

自宅ではもっぱらガラスの保存容器を使っています。
でも数ヶ月の滞在のときはとにかくジップロック。
滞在初日にジップロックの袋とコンテナーは各サイズ絶対揃えます。

特にコンテナーは繰り返し使えて、冷凍、電子レンジもOK.
もちろん食洗機も。
どこのスーパーでも大抵手に入るし、
最近はサイズも増えてより便利になりました。
なにしろ帰る時に捨てていっても惜しくないお値段というのがうれしいです。
e0178312_04390885.jpg
今回はじめて使った100mlの正方形サイズ。
以前の円形も使っていましたが、こちらの方が収納しやすくとても便利。
少量余ったものをいれたり、ソースをいれたり。
今回家にお友達家族をお招きした時も役に立ってくれました。
e0178312_04373430.jpg
30年はたってるんじゃ、、、?と思う昔ながらのアメリカの大きな冷蔵庫。
整理するには何が入ってるか一目でわかる保存容器は必須です。

アメリカではジップロックはTargetに限ります。
サイズも在庫もそれなりに揃ってるし、値段もお利口。
(下のリンクをクリックするとTargetサイトに行きます。)
ジップロックコンテナーバラエティパック

日本にも組み合わせたものが売ってるようですね。
サイズがアメリカと違うのが面白い。

まともに写真を撮っていなかったので
食事途中の写真ですみません。
宿舎の食器総動員でなんとか
7人の食卓。
e0178312_04391859.jpg
20年ぶりにお目にかかったイギリスからのお友達と
9年ぶりのワシントンにお住いのお友達家族。
とても楽しい晩でした。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村





by flouribunda | 2015-10-11 00:28 | ローズ家IN PRINCETON '15 | Trackback | Comments(2)
2015年 05月 17日

教職員パーティと母の日

先週の話になりますが、春の教職員パーティがありました。
テーマはキューバ。
e0178312_03291189.jpg
年3回ある教職員パーティです。
数年前から最初のパーティだけは子連れOKとなり、子供用のご飯も出るようになりました。
一応あとの2回は子供は招待されていません。
でも皆、子連れで来るようになり、今回はさらに子供が沢山!!
とても良いことだと思います。
ここ10年ぐらいで女性の研究者も多く見かけられるようになりましたし、子供を連れてこられる環境の方が自然だと思います。
内輪のパーティですし、ほのぼのとしていて、とても微笑ましい。

e0178312_03291854.jpg
丸焼きできるオーブンがあるんだ、、、。
e0178312_03292453.jpg
なぜか必ずある寿司テーブル。日本人にはお寿司にはみえないようなモノですが、皆さんに大人気。
e0178312_03293502.jpg
そして先週末母の日は主人が珍しく苦手な買い物に付き合ってくれました。
毎年母の日ブランチに家族で出かけていたのに、今年は何もなかった(もちろん娘からメッセージをもらいましたよ!!)ので
かわいそうに思ってくれたらしい?その心遣いが嬉しかったです。
でも実はご本人が淋しかったのかもしれません。(父の日には帰ってきてるよ!!)



今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


by flouribunda | 2015-05-17 00:10 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(2)
2015年 04月 08日

イースター2015

日曜日はイースターでした。お友達ご家族数組、総勢19名で
職員会館のブランチに行きました。

2010年、2011年は2週間後が母の日だったので
(イースターは基本的にの春分の日の後の最初の満月の次の日曜日に祝うので日付が変わります。)
行きませんでした、
そしてお友達ご家族を誘うようになってから、
2012年2013年2014年までは娘も参加していました。
今年は東海岸にいるため当然不参加。
私たちにとってはなんだか淋しいイースターになりそうなところを
皆さんが盛り上げてくださり、とても楽しい一日でした。

e0178312_07111190.jpg
今回は9時半からの1番乗り。

e0178312_07112466.jpg
10時半からのエッグハントには3名参加、出場選手とそのパパママ以外は
皆ひたすら食べ続ける、、、という。
e0178312_07345360.jpg
その後は我が家で恒例の音楽会。

e0178312_07114328.jpg
これは3年前。まだ娘も参加していた頃の写真です。

娘がいた頃にはもっと頻繁に皆の演奏を聴く機会もあったのですが、
今回は1年ぶり。子供達の目を見張る成長に驚くばかり。

翌日日本に帰ってしまったHちゃんは、
恥ずかしがっていた去年とは打って変わって、堂々と自分で曲紹介をします。
音も正確で、家できちんと練習しているのがよくわかるしっかりした演奏でした。

お姉さんが家では練習をみている、というひょうきんなSくんも
着実に曲をマスターしていっているよう。一所懸命に弾いてくれる姿が愛おしいです。

最近どんどん腕を上げているSちゃんは、娘がちょうど同じ場所で
同じ年の頃に皆さんの前で弾いた曲を弾いてくれました。
ひとつひとつの見せ場をきちんと弾きこなしていくSちゃん。
これには思いがけず号泣。
日頃娘が寄宿学校に行っても淋しいとはあまり感じない私も
手取り足取り、2人三脚で練習していた頃の曲は涙が止まりません。
娘は大変だったでしょうが、私にとっては良い思い出ばかりです。
一瞬あの頃に戻ってしまったような感覚になりました。
今一所懸命お稽古をお子様と一緒にされているお母様方が
どのくらいこのブログを読んでくださっているかはわかりませんが、
今は大変でしょうが、時が経てばやはり素敵な宝物のような時間です。
娘はどう思っているか知りませんがね。

LちゃんもトリのRayくんも懐かしい曲を弾いてくれましたが、
もうとても高度な曲なので、細かいテクニックは娘にまかせていた頃だったので
それほど胸が詰まるような気分にはなりませんでした。
やっぱり子育ての醍醐味は10歳まで?

娘と同い年のLちゃんはすごく澄んだ大人っぽい音色が出るようになっていました。
さすがにもう秋からは高校生。
バイオリンとの付き合い方が子供の頃とは変わってきたのが
よくわかる演奏でした。ここまで育てるお母さんも偉い!!
e0178312_10584523.jpg
Lちゃんとの懐かしい写真が出てきました。


背も一段と高くなってますますスタイルも良くハンサムになってきた
Rくんは反則のショパン。
女の子がほっておかないでしょう。
とても力強い男性的なピアノを弾くようになっていました。
体が大きいので演奏がダイナミックで観て、聴いてしびれる演奏でした。
5月にはカーネギーホールで演奏するのだとか(Sちゃんも!)
さぞかしホールが華やぐことでしょう。

そして最後に今はプロのRayくんのピアノとバイオリン。
彼はどこまでいってしまうのでしょう。
我が家で演奏していただくのが申し訳ないぐらい素晴らしいものでした。
あどけなさがすっかり抜けてもう青年。
清潔感あふれる品の良い演奏は王子様。
バイオリンで弾いてくれたのは娘も弾いた曲。
多分主人なんか同じ曲だとはわからなかったんじゃないでしょうか。

しかし最後の最後に大トリを飾ったのは11ヶ月のEくん、
ずーっとニコニコ家の中をご機嫌で這い回っていた可愛い赤ちゃん。
が突如歩き始めました!!
3、4歩は歩いたかな?
皆でそれを見届けることができたのはとても良い思い出です。
e0178312_07345007.jpg
子供達の成長に胸が熱くなった一日でした。


今日もご訪問ありがとうございます。
お土産は去年と同じくキムチ。
e0178312_10523243.jpg
ちなみにうちのお嬢さんはお友達と楽しくエッグハントをしてイースターを過ごしたようです。


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村





by flouribunda | 2015-04-08 00:10 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(10)
2015年 02月 27日

パーティの多い月

2月は他州から雪嵐や寒波の天候ニュースをよく聞きますが、こちらは申し訳ないほどの暖かさ。
人が集まる機会も自然と多くなります。

e0178312_03350238.jpg
職員会館の職員パーティ。立食です。
e0178312_03501401.jpg
e0178312_03351078.jpg
毎回異様に人気の寿司コーナー。
ブロックのような寿司飯に生のお魚、皆嬉々として並んでいます。
手前はカリフォルニアロールをご丁寧にパン粉をつけて揚げたもの。
ためしに手巻きを食べたら海苔が噛み切れない、、、。
e0178312_03350769.jpg
 デザートコーナーにはもちアイスクリーム。液体窒素で冷やしています。

e0178312_03345880.jpg
e0178312_16214423.jpg

先日は新しい研究所の開所記念シンポジウムがありました。夜のディナーでは写真はとれませんでしたが、美味しいフルコースが出ました。
色とりどりのサラダが特に好評で、メニューにCECI BEANSと書いてあり
皆で「CHICKPEAS(ひよこ豆)」みたいだけど何かしら?と言っていたのですが、
調べたらひよこ豆のイタリア名がCECIらしいです。
帰りにいただいてきたテーブルの綺麗なお花と皆様からのプレゼント。家宝が一つ増えました。

今日もご訪問ありがとうございます。他州からのお客様も沢山来られていた開所パーティにはあいにくの雨(それも2週間ぶり?)でしたが、雨降って地固まる、翌日は晴れやかな快晴で良いスタートだったようです。


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



by flouribunda | 2015-02-27 00:10 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(2)
2015年 02月 19日

週末のお客様

今週の月曜日は祝日でした。北カリフォルニアからお友達がご家族でお越しでした。
お食事前に学校をご案内したので、家に帰ってすぐサーブできるように前菜は用意しておけるもの。
あれ?どこかで見たような?
前菜のメインはサーモンマリネです!
Cpicon ローズ家のサーモンマリネ グラブラックス by ローズ家の台所
e0178312_06552208.jpg
メインは焼くだけのラムチョップ、これも焼くだけに成形しておいたポレンタ、温めるだけの芽キャベツのグラッセ。
Cpicon ローズ家のポレンタ by ローズ家の台所
Cpicon ローズ家の芽キャベツ by ローズ家の台所
ラムチョップはシナモンとニンニク、塩、こしょう、メープルシロップでマリネしておきました。

e0178312_06552703.jpg
前日に焼いておいたチーズケーキ。
このルクルーゼのテリーヌ型で焼くと火の通りがやわらかいのでとてもうまく焼けます。

e0178312_06553301.jpg
下の画像をクリックすると日本の楽天サイトに行きます。
下の画像をクリックするとアメリカのアマゾンサイトに行きます。
アメリカには白もあるようです。


e0178312_06554112.jpg


今日もご訪問ありがとうございます。我が家のおもてなしにもれなくついてくるホステスさん。
熱烈歓迎ですからね。犬嫌いの方には申し訳なくって。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村




by flouribunda | 2015-02-19 00:10 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(4)