ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 02月 02日

学校のノートとブラウニー

e0178312_14461019.jpgこれはアメリカの学校が全てそうなのか知らないのですが、パンサーは学校でノートを使いません。日本ではもちろんのこと、土曜日の日本語補習校でも各教科ノートがあります。でも学校ではないのです。このフォルダーだけ。各教科の仕切りがあります。今習っている必要なプリントだけ入っています。メモはそのプリントにとってあります。そしてそのプリントは勉強し終わったものを一週間一回まとめて、親への連絡のためのフォルダーに入れられてきます。そこには一週間のテストも入ってきます。

膨大な数のどの教科もごちゃまぜになったプリント類。最初は重要そうなものをよけておいたりしたのですが、段々面倒になってきて、今は目を通したらすべてゴミ箱いき。お友達のお母さんに聞いても、残している人はいないようです。

ということはこれまで習ったことの自分でとった記録がないのです。国語(英語)の問題集や算数の問題集はあり、そこに答えが書き込まれています。一応何を習ったかはわかりますが。社会(地理)や理科は何も残っていません。作文だけはかろうじて日記帳のようなものがあり、そこに残っています。

パンサーの場合補習校にいったり、体験入学でノートをとっているので、比較的ノートのとり方は教わってきました。だけど、こちらの子はどうするんでしょう。「東大合格生のノートは必ず美しい」とかいう本もありましたよね。ノートのとり方なんてものは、小学生にはあまり関係ないのでしょうか。まあ確かにノートを残しておいてもパンサーは見返ししたりなんかしないし、親の私のためのようなものですが。でもちょっと不思議。

e0178312_14362862.jpgこの間予告したブラウニーです。学校にもって行くスナックの定番。これは混ぜるだけで本当に簡単。お料理やパンを焼いている横で一緒に作ってしまいます。(アメリカのオーブン、大きいですからね。)だから3人で一回で食べきる量の分量でレシピを作っています。
Cpicon ローズ家のブラウニー by ローズ家の台所


アメリカのブラウニーはあの甘さとねっとりと舌にまとわりつく濃厚さが苦手。日本のブラウニーは、ブラウニーと呼ぶよりはチョコレートケーキ?確かにローズ家のブラウニーも「これがブラウニー?」と言われてしまうかもしれませんが、でも私にとってはお気に入りのブラウニーです。4年前にドイツに行った時、レストランでプチフールのようにしてでてきたのです。それが再現できたつもり。でももうかなり前なので実際は???ですが。

今日もご訪問ありがとうございます。Cookpadに季節のものをUPすると面白い様なアクセス数なのです。クリスマスの時のローストチキンも驚きましたが、近頃のチョコレート的なレシピもすごいアクセス数。ちょっと楽しくてブラウニーも早々とUPしてみました。いや別にアクセス数を増やしたいとか、そんなのではなく、ただ興味から。
下のバナーにクリックいただけたらとても励みになるのですが、、、でもここ押してもレシピは見れないか。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-02-02 14:49 | 娘 ボーディングスクール受験記 | Trackback | Comments(7)
2010年 02月 01日

1月のこまごま

e0178312_14361731.jpg一月になると道路にこうやってクリスマスツリーを出しておくとゴミ回収車が持っていってくれます。ご近所では半数ぐらいが本物の木のツリーを飾るようです。


e0178312_1438319.jpge0178312_14384928.jpgビーバーの日本出張のお土産。食べるものばっかり。いつも買ってきてもらうご近所の子福もち、本当に美味しい。


e0178312_15164810.jpgファーマーズマーケットにはもうチューリップが出てました。アムステルダムでパンサーと買いに行ったチューリップ用の花瓶。まだ2才で、お店で手をだしそうで怖かったのを思い出します。今も触らせるの怖いけど。


e0178312_15245560.jpg日本からマーマレードと交換でやってきたプチお雛様。3セット。パンサーが親友の2人にあげたいというのでプレゼント。本当は箸置きにもなるからと3セットいただいたのですが、国際親善だから許してね。ちゃんとパンサーにはお友達に説明するように言っておきました。パンサーのセットは彼女のお机の上。


e0178312_15334731.jpge0178312_15343241.jpgこんなたい焼き食べたくて、修行中。


e0178312_1555350.jpg時にはおつまみ~。Cpicon ローズ家のおつまみ きのこ詰めきのこ by ローズ家の台所

今日もご訪問ありがとうございます。1月は家族全員病院通いで忙しかったです。ビーバーは3回(全て検診)、パンサーは5回(リハビリと歯科検診)、私は4回(全て検診)、全て異常なしで好調なスタート。面倒ですが、そう言っていられないお年になってきたので、しっかり健康には気をつけて検診もマメに受けようと思っています。でも、面倒。
下のバナーにクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-02-01 13:38 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 31日

1月のお庭とミニマフィン

e0178312_15324338.jpgお庭のあちらこちらで水仙が咲き始めます。毎年、必ず。何の手入れもしないのですけどね。
e0178312_15331457.jpge0178312_15333486.jpgこの季節は何と言っても主役は椿。赤いのから咲き始めます。白いのはまだ固いつぼみ。
e0178312_15353589.jpgそしてこの季節は我が家のお印は強制冬眠。でもすぐ起きてきちゃうんですよ。


e0178312_14271168.jpge0178312_14273212.jpg
ちょっと研究?(大層ですが)したところ、前回よりも良いできあがりのミニマフィンが出来上がりました。かなりいい線いってます。今のところベストなレシピを覚書。
Cpicon ローズ家のミニマフィン by ローズ家の台所



今日もご訪問ありがとうございます。ミニマフィン、焼くのはいいのですが、一杯できます。直径約4cmで24個。今日は補習校だったので差し入れに持って行きました。差仕入先があることに本当感謝です。
下のバナーにクリックいただけるととても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-31 14:39 | Trackback | Comments(2)
2010年 01月 30日

Furniture Pool と オートミールクッキー

ビーバーの職場には配偶者のための社交クラブがあります。Women’s Club、日本語でいえば「婦人会」。ちょっと時代錯誤な名前ですが、かなり歴史も古いので。でも配偶者なら入会可なので男性もいらっしゃいます。そこがアメリカですね。

私はこれまで入会するのはあまり気がすすまなくて、ずっと避けていたのですが、さすがにこちらに来て10年がたち、知り合いも増えてくると知らない振りもしづらくなってきて今年度から入会しました。

クラブの中にいろいろ社交グループがあります。お散歩、ブリッジ、食べ歩き、投資などなど。つまりはお年を召したお暇なおば様方の集まりです。若い(比較的)?無職の、多分この先ここに長いこといるであろう私なんかは、運営委員候補としてリクルートされたようです。まあそれも充分承知で入会いたしました。出来ることからお手伝いをしようと思っています。

今年はFurniture Poolのお手伝いをすることにしました。Furniture Poolとは子供用の家具や衣服、おもちゃなどを貸し出すシステムです。

e0178312_1326394.jpge0178312_1327693.jpge0178312_13272685.jpg一軒家に所狭しと子供用品が並んでいます。職場に所属している家族ならメンバーになることが出来、格安で利用することが出来ます。1週間に一回3時間のオープンで、ボランティアが受付や管理をしています。実はこのFurniture Pool、我が家のお隣の家のおばあさんが昔自宅でやっていました。そのお話を聞いた時から、いいシステムなのでいつかお手伝いができることがあれば、と思っていたのです。

昨日は初めてのボランティアの日。狭い家は返したり、借りたりする人達でごったがえしています。利用者の多くは短期滞在。アメリカ以外の国の方も多く、とてもインターナショナルな雰囲気。可愛いおチビさんたちも一杯。半年のとても短期の滞在から5-6年だったり色々ですが、お子さんがいては大変なことも多いはず。少しでもそういう方たちの助けになれば、と思います。ま、私自身とても頼りないのですが。

e0178312_1461392.jpg昨日アップしたチョコチップクッキーと今日アップするオートミールクッキーを差し入れに持って行きました。これは同じ生地で、チョコチップを混ぜるか、オートミールを混ぜるかの違いです。パンサーもこのクッキーだとレーズンやオートミールも食べます。焼いた当日はカリッとしていて、翌日からは少ししっとり、また違った食感のクッキーです。
Cpicon ローズ家のオートミールクッキー by ローズ家の台所



今日もご訪問ありがとうございます。私達も結婚当初は毎年の様に引越ししていたのを思い出します。その時には子供はいなかったので気楽でしたが、それでも今から思えば落ち着かない生活でした。でもここに来る人達は子供抱えて、さらにお腹が大きい人達も沢山。なんだかこっちがパワーをもらいます。
下のバナーにクリックいただけると、もっとパワーが、、、

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-30 14:28 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(4)
2010年 01月 29日

4年生のお勉強とチョコチップクッキー

パンサーは現地校では4年生。彼女の通う学校は5年生までが小学校なので、4年生ともなると高学年、かなりお勉強の質、量も変わってきました。これまで楽だった宿題も増え、机に向かう時間も格段に増えています。そんなパンサーの宿題、結構難しくなってきましたよ~。さあ、皆さんご一緒に。


算数
Mrs.Jones was cleaning out her refrigerator.She found a quart of chocolate milk half full, and she poured it into a gallon carton of white milk that was half empty.Then she found another quart of chocolate milk that was only one-quarter full.She poured that into the same gallon container.She shook the milk up and put it back in the refrigerator. What fractional part of the milk was chocolate?

Gallonって何Quart?何Ounce?今だに覚えられない私です。何でアメリカはまだガロン使っているんでしょうね、全く。でもちゃんとリットルやメートルも習うんですよ。どちらも使えなくてはいけないらしいです。

地理
白地図 東ヨーロッパの全ての国の名前と場所を書け。(首都まで言えるとボーナス得点)

出来ますか~?アメリカ(北、中央、南)、西ヨーロッパが終わり、今東ヨーロッパを覚えています。もちろんスペリングもですよ。4年生で世界各国の名前と位置を覚えます。アフリカも?多分。

英語
Change only one letter each time to create a chain of new words.
Ex. sing, song, long, lone, cone,cane, mane,mine, mind

Crime, grime,_____,_____,_____,_____,

Share, shore,_____,_____,_____,_____,

Will, pill,_____,_____,_____,_____,

簡単そうで結構頭使います。一回に変えていいのは一文字だけですよ、一文字。

以上のような問題と毎日のようにノート一杯に作文書いています。Book Report が毎週あるため暇さえあれば本を読んでいます。この冬はアガサクリスティにはまって7,8冊読んでいました。このあいだ「スイスのロビンソン」を読んでいて、今は「若草物語」。私でも知っているクラシックはもうかなり読んでしまって、薦めるものがありません。本屋さんにいっても、いかに自分が英文学を知らないかということに嫌気がさします。

もうすでに私には算数以外は助けを求めないし、算数も時間の問題のような気がします。日本で育っていても大なり小なり同じことだろうとは思いますが、なんだか自分の無力を感じるこの頃です。

そう、私にしてやれるのはもう料理ぐらいしか残ってないかもしれません。という訳で、チョコチップクッキー。

パンサーの学校はまだちゃんとおやつの時間があります。日本の学校(補習校も)だったら考えられないですけど。朝10時ごろ、ちょうど体育から帰ってきた休み時間がスナックタイム。何も持っていかないと、結局お友達のスナックを食べることになるので、何かしら手作りのものをもたせます。本当はスナックなんていらないのにと思うのですが、まわりがそうなのでいたしかたなく。

e0178312_1442375.jpgそしておやつというと、パンサーの一番はチョコチップクッキーなんです。アメリカ人のお友達にとってはそうでもないようなのですが、パンサーにはチョコチップクッキーに対してなんだか畏敬の念の様なものがあるらしいです。どう頑張っても金髪白人にはなれない、ような。

とはいってもアメリカのチョコチップクッキーって本当に油っぽくって、正直あまり食べさせたいものではありません。なので、わたしはなんちゃってチョコチップクッキー。でも実はパンサーも舌はかなり日本人なので、これの方が美味しいと思っているようです。
Cpicon ローズ家のチョコチップクッキー by ローズ家の台所


今日もご訪問ありがとうございます。そして畏敬の念はブラウニーにも。こちらもローズ家バージョンがあります。それはまた後日。バレンタイン前にはUPしないと、ですね。
ローズ家バージョンブラウニー楽しみと思われた方は下のバナーにクリックいただけると嬉しいです!!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-29 14:08 | 娘 ボーディングスクール受験記 | Trackback | Comments(2)
2010年 01月 28日

白身魚のポワレとスープ

土曜日のファーマーズマーケットにはお魚屋さんもいます。結構新鮮なお魚ですが、日系ではないのでやはり日本食に向くお魚は少ないです。切り身もどーんと大きく、大味なお魚。塩焼きにしてはおいしくありません。

e0178312_1631923.jpgそういう時はやはり洋風に調理します。こういう調理法にすると、大味なお魚も美味しいものだなあと思えます。これは日本の薄い切り身でやっても美味しくありません。やっぱりある程度の厚みがないと。

いつもお魚屋さんにおすすめを聞いて買ってきます。白身のお魚ならどんなお魚でも合います。5cm以上の厚さに切ってもらって下さい。今回はチリアンシーバスと、聞いたのですが忘れてしまったお魚。チリアンシーバスは淡白で食べやすいのか、こちらではとてもポピュラーです。
Cpicon ローズ家の白身魚のポワレ by ローズ家の台所





e0178312_1617977.jpge0178312_14132391.jpgこれはまた別の日ですが、ファーマーズマーケットのお魚でスープもよく作ります。今回はあさりとほたてを足してスープにしました。ブイヤベースよりはちょっとあっさりとしたスープです。お魚のスープにはやはりリークとフェンネル、ブーケガルニがあると香りが違います。お手軽なスープを高級な味にしてくれます。にんにくたっぷりのルイユも欠かせません。


今日もご訪問ありがとうございます。このお魚屋さん、結構行列が出来て、皆沢山買っていきます。お魚屋さんでも買う量はお肉の固まり肉を買うような感じですけどね。
下のバナーにクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-28 15:05 | Trackback | Comments(4)
2010年 01月 27日

1月の野菜畑と青菜のパイ

e0178312_13463425.jpge0178312_13553512.jpg育ったものから引き抜いていくので、ちょっと見た目は淋しくなりました。でも空いているところに蒔いておいた種がまた最近の雨で元気に芽をだしています。サラダ菜の種なんか一袋に一杯入っているのです。一応1年ぐらいもつそうですが、ついつい横着に蒔いてしまう私です。どうせ間引き菜でサラダにするから、ととってもいい加減。きっと畑を実際にやってらっしゃる方からみるととんでもないのでしょうね。



e0178312_13571910.jpgさやインゲン、お豆は冬でもすくすく伸びて気持ちがいいので植えるのですが(お花もかわいいですしね)、今年のは収穫にはあまり向きませんでした。なんだか固くって。来年は違う種類にいたしましょう。


e0178312_1412892.jpg夏はとってもにぎやかなハーブ畑も今はひっそり。タイム、セージ、オレガノは一応はあるものの、葉っぱも少なく元気がありません。でも蓬は結構一年中元気です。


e0178312_1454164.jpg金柑も色づいてきました。カリフォルニアの太陽を浴びて、これからもっと美味しくなります。お庭に出るたびにちょっとつまんで、風邪などひかなくなりますよ。


e0178312_1495723.jpg畑からとった青菜。これを私はマスタードグリーンと呼んでいたのですが、正しくは違うようです。今度調べておかないと。まだ若くやわらかい時はサラダにいれるとピリッとして美味しいです。このぐらい育つと、炒めたり、火を通していただきます。少し辛口なので大人向け。でもアクセントになるのでやはり畑にいつも少しは欲しい青菜です。


e0178312_14261438.jpg普段は食べないパンサーですが、炒めた玉ねぎとパイにすると食べるのです。玉ねぎのパイ、フレンチのお惣菜ですね。ほろ苦いお野菜も玉ねぎの甘さで中和されます。どんな青菜でももちろんできますが、ちょっと癖のあるのがおすすめ。ソレルなどを使えば最高です。

Cpicon ローズ家の青菜のパイ by ローズ家の台所



今日もご訪問ありがとうございます。今年は数年ぶりに平均雨量を超えた1月となり、お庭の植物も息をふきかえしたように瑞々しくみえます。普段お日様の輝くカリフォルニアなので、雨の日だとなんだか損したような気分になります。でも水道の使用制限が厳しくなろうとしていた矢先だったので、恵みの雨。雨期が終わる3月末頃まで、平年並みの雨量がありますように。
下のバナーにクリックいただけると更新のはげみとなります。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-27 14:56 | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 26日

べーグル

ローズ家ではパンは全て自分で作ります。朝はパンを頂くことが多いのですが、焼きたてのパンに勝るものはないと思うので、食パン以外は全て朝焼きます。なのでなるべく朝短時間で焼きあがるように工夫を続けています。

別に手作りにこだわっているのでも何でもないのです。ただ、日本ではすぐ焼きたてのパンが簡単に買えるのにこちらでは、車を動かして買いにいかねばならず面倒なだけ。美味しいパンともなるとお値段も相当だし、それならば、と自分で焼いてます。断っておきますが、お菓子もそうですが、あくまで家庭の味です。なんちゃってレシピも多く、はしょるところは思いっきりはしょって、自分なりに作りやすくしているレシピなので、どうかご了承ください。
Cpicon ローズ家のベーグル by ローズ家の台所

e0178312_14252824.jpgローズ家の焼きたてパンの中でも優秀なのがべーグル。朝の所要時間は約1時間20分。以前にも記事にしましたが、クックパッドにアップしたので、こちらにも。前回は”べーゲル”にしたのですが、日本の表記は”ベーグル”の方が多いようで変えました。目が悪くなってきたので自分にとってはゲもグも一緒に見えるのですけどね。

ローズ家はプレーンが多いです。パンサーは混ぜ物があまり好きではないので、プレーンしか食べてくれません。

ベーグルはこちらでは赤ちゃんの歯固めに食べさせますね。油も使わないのでシンプルで、もちもちしているのがフランスパンなんかより噛み応えがしていいようで。パンサーも小さい頃から食べていました。

今日もご訪問ありがとうございます。今日はパンサーは半年に一回の歯科検診。今のところ虫歯フリー。アメリカの徹底した予防策のおかげだと思います。まだ乳歯が6つあるそう。これが全部生え変わったら、矯正をすることになるそうです。
下のバナーにクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-26 16:11 | ローズ家のパン | Trackback | Comments(2)
2010年 01月 25日

グループレッスンとココアマカロンとミニマフィン

昨日土曜日は補習校のあと7時から9時までバイオリンの遠征グループのレッスンがありました。一日補習校で過ごして疲れていても、皆で弾くグループレッスンはとても楽しいようで喜んででかけます。最近は付き添う必要もなく、送り迎えだけ。楽になりました。

今年の夏は遠征グループで、サンフランシスコジャイアンツのゲームに国歌を弾きにいくことが決まったそうです。パンサーもとても楽しみにしています。私達にとっても以前5年住んだ思い出の地。この機会にカリフォルニアを旅行しようと計画中。

e0178312_168514.jpge0178312_1682877.jpgさて私は今回も差し入れ担当。今回はココアマカロンとミニマフィンにしました。アメリカ人の子供10人ぐらい(遠征グループにはその他大人もいますが)の差し入れには無難な味のものにかぎります。まちがってもジャムやフルーツはいれてはいけません。かなりの確率で却下されます。(バナナは例外)一つにナッツをいれたら、もう片方は必ずナッツフリー。ナッツアレルギーはとても多いです。

今回ココアマカロンがアーモンド入りなので、マフィンはプレーン。けれどこのミニマフィン型、けっこうくせものです。いつもは普通サイズでお気に入りのマフィンレシピで作っても、なんかしっくりこないのです。今回ははちみつを増量してみました。ちょっと良くなりましたが、まだ気に入らない。ベビーカステラみたいになってしまいました。課題です。

e0178312_16101979.jpgCpicon ローズ家のココアマカロン by ローズ家の台所

ココアマカロンはローズ家の定番レシピ。でも美味しいお塩をチョビっと上にのせるとか、ラズベリージャムのクリームにするとかの誘惑に耐え、王道コンデンスミルクバターをはさみました。パンサーによると、飛ぶように売り切れたとか。その反面マフィンは人気がなかったと。でも私に言わせてもらえば、帰宅時にはほとんど売れていました。そんなものだと思うのですが、パンサーにとっては「もうないの?」と言われるようでなければいけないそうで。ここはリベンジさせてもらいます。

今日もご訪問ありがとうございます。最近パンサーがさらに小姑化してきたような。昨日のタルトも「良くみると、淵がガタガタだよね」って。味には関係ないでしょ!!と思うのですが、これまでバイオリンのお稽古で細かいことをチクチク言ってきたツケがまわってきたようです。
下のバナーにクリックいただけるとタルトの淵まで気を使って仕上げるようになるかもしれません!!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-25 16:06 | 娘 ボーディングスクール受験記 | Trackback | Comments(8)
2010年 01月 24日

雪山と焼レモンタルト

e0178312_1424277.jpge0178312_14242112.jpg
今日は補習校の日。朝、パンサーを送るために車ででかけた時、おお、そうだ、写真撮らなくっちゃ。たまたまカメラを持っていたので、パンサーに車の中から撮ってもらいました。ガラス越しなので見えにくくてすみません。でも朝撮らなきゃ、溶けちゃいますからね。落ち着いて外にでて撮影なんていう技、難しいですね。お食事を写真に撮る時も、まだまだとっても大変。熱いところを食べて欲しい、でも写真も撮りたい。毎日葛藤。で、中途半端な写真ばっかり。まあ、それを言い訳にしておくことにいたしましょう。

椰子の木と雪山が見事なミスマッチです。この山のてっぺんには1時間もあれば行ってしまいます。今日の朝は久しぶりの快晴。雪景色を眺めながらフリーウェイをドライブ、気持ちよかったです。

e0178312_145479.jpg今日は焼きレモンタルトを作って差し入れしました。お庭のマイヤーレモンで作るタルト。ジュースがかなり入っているのですが、ほど良い酸味でとっても美味しいのです。焼かないレモンパイが良くありますが、もっと素朴な気取らないお菓子で、この季節には必ず作ります。

Cpicon ローズ家の焼レモンタルト by ローズ家の台所

このレモンタルトの時はタルト生地を全卵でつくります。普通はサクッとさせたいために卵黄だけで作るのですが、ジュースたっぷりな水分の多いカスタード液を入れて焼くので、少しのひび割れも許されません。卵黄だけで作り、万が一のために底の抜けないパイ皿で焼くか、底の抜けるパイ型の時は卵白を入れて割れにくい生地にします。


e0178312_15111684.jpg1スライス食べたら満足なパンサー。(私達もですが)どうしてもいつも余ってしまいます。でもお庭のマイヤーレモンが私を誘っています、レモンタルトは毎年1回は作らなくてはいけないんです。差し入れをするところがあるのに感謝、そのお余りを頂戴してます。

今日もご訪問ありがとうございました。マイヤーレモン、まだまだあります。実を採ってあげないと来年のための花を咲かせてくれません。今日はお友達に一袋差し上げました。毎日1個ジュースにして、お酢の代わりにお料理に使って、またマーマレードかな。なくてはならない大切なレモンの木だから、ご機嫌を損ねないように気を使っています。下のバナーにクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-24 13:39 | ローズ家のお菓子 | Trackback | Comments(4)
2010年 01月 23日

松前漬

e0178312_143294.jpgおせちには作らないのですが、おせちの残った材料で1月に作ることの多い松前漬。これ、切るのが大変なんです。市販の松前漬はとっても細く切ってあって、毎年それを目指すのですが、まったくその域に達していません。


e0178312_14324482.jpg加熱してしまっては美味しくないだろうし、いつもお湯でふいた少し柔らかくなった昆布とするめをはさみで切っています。かなり大量なので手にマメをつくりながら、、、。切った時はかなり細いんですよ。でも調味料を入れると悲しいかなふくれるんです。

でもそうまでしても、毎年作ります。このためにお正月のかずのこも残しておきます。太くて少し食べにくいとはいえ、暖かい白いご飯と松前漬はとっても魅力的。お湯を入れるだけでとっても良いお出汁の即席汁となります。冷蔵庫にいれておけばかなり日持ちがする常備菜です。
Cpicon ローズ家の松前漬 by ローズ家の台所


e0178312_14482115.jpg先日お友達が海老入りのお餅をくれました。とっても美味しいお餅。早速焼いて、松前漬と即席雑煮。贅沢な味です。



e0178312_14525989.jpg今日もご訪問ありがとうございます。今日は我が家からも程近い裏山(標高1750Mぐらい)が半分ぐらい真っ白でした。明日晴れたら写真を撮ってみます。雪国にいる気分?椰子の木の間から雪山が見えるのは不思議なものです。そんな日にはやっぱり、これですね。分かりますか?松前漬酒。うふふふ、あったまります。飲み過ぎないようにしなくっちゃ。
下のバナーにクリックいただけると嬉しいです!!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-23 15:07 | Trackback | Comments(2)
2010年 01月 22日

ビビンバ

南カリフォルニアは今週はずーっと雨が降っています。ここ5年ぐらいずっと干ばつだったので、本当に久しぶりに本格的な雨です。恵みの雨なのですが、ついつい文句が。本当いつもいかに南カリフォルニアの太陽に甘やかされているか、ですね。パンサーなんて「雨音がうるさくて寝られな~い。」ですと。そんなこと言ってたらどうするんでしょ。

昨日からビーバーは日本出張です。ビーバーがいないと途端にいつも質素な食事になってしまうからか、最近はパンサーから夕食のリクエストがあります。自分の食べたいもので、あまり手をかけなくてもよさそうなものをリクエストしてくる。結構気を使っている風ではあるので、こちらも一応可能な限り答えるようにしています。

e0178312_14365934.jpg今日のリクエストはビビンバでした。去年日本で買ってきたビビンバ鍋。普通は石ですが、これは陶器。直火にかけられて、しかもとっても軽いので危なくない。本当に優れものです。

ビビンバといってもローズ家のビビンバはいつもすっごい適当。ただ常備菜を数種類と冷蔵庫にあるお野菜で即席ナムルをいくつかつくります。ナムルは基本ごま油、塩、ニンニク、すりごまで、ゆでた野菜を和えたり、それで野菜をいためたり、甘酢と合わせて和えたり。そして卵黄をのっける。

味のバランスとしてはおしょうゆベースの煮物2品、塩ごま油ベースのもの2品、酸っぱいもの1品、それにお肉が加わったり、なかったり。とにかく色あざやかにすると美味しいですね。


Cpicon ローズ家のビビンバ by ローズ家の台所

熱々のお鍋がジュージューいって、ごま油でご飯におこげが出来て。パンサーも上手にかき混ぜられるようになりました。太陽が顔を見せないと、途端に寒くなるカリフォルニア。そういう時は、やっぱり熱々のビビンバ正解かも。

今日もご訪問ありがとうございます。普段雨が降らないからか、少し長雨になると、道に水があふれたり、水はけの悪い所が目立ちます。パンサーにはレインコートと長靴を買えと迫られました。でも、今度いつこんな雨があるのやら。今日ママ友と喋っていたら、「10年ぶりにレインコートと雨靴を使ったわ。」。やっぱり買うのはやめておこう。
下のバナーにクリックいただけると更新の励みとなります。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-22 14:55 | Trackback | Comments(4)
2010年 01月 21日

1月のバイオリンレッスン

毎月、月初めにパンサーのバイオリン記録を残しておこうと思っているのですが、今月は昨年12月30日まで3週間ギブスだったため、記録がずれてしまいました。でもおかげさまでなんとかようやく調子がもどってきました。

3月は例年カリフォルニア州の音楽検定(実技、筆記)とスズキの卒業検定があります。それに向けて1,2月は例年練習にも熱が入る頃です。

音楽検定の実技は2曲弾くのですが、1曲は秋に練習した「Allegro Brilliante」。もう1曲は新曲でBachのPartita No.2 Allemanda です。パンサーが是非弾きたい曲でした。新曲を練習するのは大変ですが、好きな曲であればなんとか上手く弾こうとするでしょう。本当はBachのConcerto No.2を先生はやらせたかったよう。なので楽譜は購入。いずれ練習することになるそうです。

スズキの卒業検定の課題曲は今回はMozartのNo.4 第1楽章。これは夏休み明けからずっと練習していて、12月のリサイタルで審査用のテープ録画も済ませるつもりでしたが、出来上がっていたところで、まさかのギブス。ギブスが取れて最初に弾きだした時は、どうしようかと思いました。全く音程がずれている。でもそれも回復するにつれて直ってきました。

2月末には学校でタレントショー、持ち時間1分で好きな芸を全校生徒の前で披露できる機会があります。パンサーは4才のPreK(年中)さんの時から毎年バイオリンで出演しているのですが、今年もエントリーしました。去年はBachのPartita No.3 Preludio の縮小版でしたが、今年はもっとポピュラーな曲を探していました。去年の夏アスペンで「星条旗よ永遠なれ」を編曲したものを聞き、それを探したのですが,適当な楽譜がみつかりません。ちょうどアスペンで内輪の演奏会で聞いたデュエットがYou Tubeでありました。クリックすると見られます。で、「Yankee Doodle」の編曲版となりました。本来はとても難しい曲なのですが、それを1分に縮小するので、なんとか1ヶ月あればそれなりの演奏が出来ると思います。これは真剣に練習しています。やっぱり全校生徒、保護者の前で弾くとなると気合が違います。

集中的に練習しているのはこれらですが、その他にも予習?覚悟?しとくようにと言われた曲。
去年はBachのPartita No.3を全曲やったので、今年はNo.2だそうで、一応順番に時間のある時に弾いておくようにとのこと。それから、そろそろVitaliのChaconneを、と言われました。先生パンサーが怪我したことすっかり忘れている?私の聴き間違いだと祈っておきましょう。

e0178312_15473346.jpgパンサーの好きなローズ家のいつものおかず。きゅうりとわかめのゴマ酢和え。
Cpicon ローズ家のゴマ酢 by ローズ家の台所
これを常備しておくと3分間クッキングです。
Cpicon ローズ家のだしみつ by ローズ家の台所

今日もご訪問ありがとうございます。これを書きながらSarah ChangのChaconneに聞きいってしまいました。はあ~。パンサーには無理無理無理!でもこのSarah Chang まだ10代ですっごい迫力ですね。曲の色が変わっている所はYou Tubeが見られるようになっています。
下のバナーにクリックしていただけると嬉しいです!!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-21 16:10 | 娘 ボーディングスクール受験記 | Trackback | Comments(4)
2010年 01月 20日

おもちのおやつ

1月はお餅のストックが沢山。なのでおやつはお餅系が多くなります。

e0178312_15452818.jpge0178312_15462768.jpgまずは揚げ餅。割って干しておいたおもちをストックしておけば、「お腹すいた~」と言われれば揚げるだけ。
パンサーのお気に入りはお醤油。私はお正月の黒豆の残りの煮汁にお醤油をたした黒豆醤油。


e0178312_15472288.jpg定番のおぜんざい。


e0178312_15484585.jpg「いちご大福って何?」とパンサーに聞かれれば、やっぱり作らなければなりません。でもストックのお餅があれば、お水を加えて電子レンジでチンしてたたいてのばしていちごと餡を包めばすぐ出来上がり。私とビーバーは好きなのですが、パンサーは一口食べて「私はいいです。」


e0178312_15524070.jpg同じく大福。白餡(Lima Bean)で。甘い煮豆さえ作っておけばすぐに出来る幸せ。

パンサーが「うわ~。一キロ太ってる~。」

当たり前でしょ。



今日もご訪問ありがとうございます。お餅ってなんでこんなに美味しいのでしょうね。うらめしい、、、
下のバナーにクリックしていただけると嬉しいです!!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-20 15:22 | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 19日

タコスとグァカモレ

実はこのメニューは先日の餃子の次の日の晩御飯でした。

まず、美味しいアボカドがあったんです。お庭に。以前にも話題にしましたが、お隣から落ちてきました。お庭にアボカドを見つける時の嬉しさといったら、、、買えばいいんですけどね。でも木で熟して自然に落ちてくるアボカドって一味違うんです。

e0178312_1344378.jpgアボカドを一番美味しく食べるにはグァカモレ。ならばタコス。じゃあ、前日は餃子。なぜなら、餃子の皮とタコスにするトルティーヤは同じ配合で作るのです。半分餃子に使って、残り半分で翌日はトルティーヤって訳です。
Cpicon ローズ家のトルティーヤ、春餅 by ローズ家の台所


トルティーヤは春餅を焼くように、2枚重ねで焼いて、あとではがす。普通はもう少しトルティーアは分厚いのですが、私は薄いのが好きです。食べやすいです。沢山焼いておいて、食べる前に蒸篭で蒸します。トルティーヤは必ず温かくないといけないらしいですね。以前メキシコシティでお友達に勧められて行った高級レストランではトルティーヤが温かいかどうかチェックに来て、冷めてると取り替えてくれました。トルティーヤがもちろん焼きたてだったらもっといいのでしょうが、ホットプレートで焼いてもきっと追いつきません。だって、タコスだとパンサーもビーバーもスゴイ勢いで食べるものですから。かなりの枚数焼いてあったので、残ったら翌朝にケサディーア(トルティーアでホットサンドにします。)を作ろうと思っていたのですが、綺麗になくなりました。

e0178312_16362243.jpgタコスの具はクミンと塩、こしょうでいためた牛肉とレタス、トマトのサルサ、コリアンダー(香菜)ブラックビーンのサラダ、ハラベーニョの酢漬け、サルサベルデ、グァカモレ、チーズがなかったのでサワークリーム。

Cpicon ローズ家のグァカモレ by ローズ家の台所


今日もご訪問ありがとうございます。タコスってさっぱりしていて、イメージ的には夏ですよね。でもライムもアボカドもどちらかといえば冬のものなので、ローズ家では冬の食べ物になっています。冬の気候が温暖な南カリフォルニアならではです。日本の方は今頃タコスなんて召し上がる気になれないかも。
下のバナーにクリックいただけると励みになります!!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-19 15:04 | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 18日

Black Turtle Bean

e0178312_15573334.jpgこちらでBlack Beanというと、このBlack Turtle Beanのことです。もともと中南米料理に良くつかわれるものですが、アメリカでもとてもポピュラー。でも炊き方が日本のお豆の炊き方よりも少し柔らかく煮ることが多いせいか、日本人の方でこのお豆を好まれる方は少ないような気がします。


こちらでとてもポピュラーなブリトーというアメリカのメキシコ料理があります。メキシコでは単品を小麦粉で作った皮で包むのですが、アメリカではその皮でお米、お肉、お豆、お野菜すべてを包む巨大なもの。お米にどろどろのお豆が混ざっているのが嫌という日本人の方も多く、私も最初はそう思いました。今は美味しいお店のブリトーは喜んで食べるようになりました。慣れって恐ろしいです。

そんなイメージがあるこのお豆。でも日本風に炊くと結構美味しいのです。

私がお豆が大好きなので、ローズ家ではお豆を炊く時はいつも大量。ついでに必ず甘い煮豆とサラダをつくります。今回の目的のスープに半分使い、4分の一ずつ煮豆とサラダにしました。

e0178312_15582532.jpgまずちょっと歯ごたえがある程度に煮たら、サラダ用に取り分けます。少しお豆には甘めのドレッシングが美味しいのでバルサミコで作ったドレッシングに水気をきった、まだ温かいお豆を漬けます。このまま食べてもよし、ドレッシングがわりにしてもいいのでいつも多めに。冷蔵庫で5日間ぐらいはもちます。
Cpicon ローズ家のお豆サラダ by ローズ家の台所


e0178312_1559661.jpgもう少し柔らかく煮たら、こんどは甘煮用に取り分けて、お砂糖とお塩で調味します。日本の黒豆とは異なりますが、これはこれで上等な箸休め。
Cpicon ローズ家の甘煮のお豆 by ローズ家の台所


e0178312_15594348.jpgそして最後はかなり長くとても柔らかくなるまで煮ます。煮汁を捨てて、かわりにチキンストックを入れて、ミキサーでガー。このスープは美味しいですよ。お豆だけですが、複雑な味。塩、こしょうをして熱いところを召し上がって下さい。サワークリームを牛乳で少しゆるめたものとSalsa Verde(グリーンソース)がとっても合います。

Cpicon ローズ家のブラックビーンスープ by ローズ家の台所


e0178312_1605626.jpgSalsa Verdeはトマティーロというお野菜があると簡単に作れて、絶対自家製の方が美味しいのですが、この季節は缶詰になります。

今日もご訪問ありがとうございます。アメリカにいるとメキシコ料理はとても身近に感じます。こちらに来てメキシコ料理の美味しさもわかるようになりました。アメリカ風になって印象が悪くなっているものもありますが、本当はとても繊細な、手の込んだお料理もとても多いです。
下のバナーにクリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-18 16:03 | Trackback | Comments(4)
2010年 01月 17日

Gold Class CinemaとVertical

この月曜日はMartin Luther King Jr.Dayでアメリカは祝日。3連休なので、今日土曜日いつものように補習校に行ったパンサーは帰りにそのままお友達のお家でお泊り会。なので明日お昼のお迎えまで、ビーバーと二人、パンサーフリー。

一人娘なので段々と大きくなるとビーバーと過ごす時間が再び多くなってきました。本当にあっと言う間ですね。子供が育つのって。

なので今日は映画とレストランへ行きました。

e0178312_15181612.jpg映画は最近出来た高級シネマ、Gold Class Cinemaに行って見ました。通常の4倍ぐらいのお値段(といっても日本と同じぐらいです。)。最近は普通の映画館でもきれいですし、設備も新しく、アメリカは空いているので全く文句はありません。なので、最初このシネマに行くのはちょっと高いのでもったいない気がしていました。でも実際に経験してみると、非常に気持ちがいいです。これは癖になってしまいそうです。

映画はパンサーのクラスメイトのお父さんが監督した、サンドラ ブルック主演の「The Blind Side」。実在のアメリカンフットボール選手の生い立ちを題材にした、ちょっと信じられないようなシンデレラみたいなサクセスストーリーです。監督を知っているので、結構興味深く楽しく見ましたが、あまり深い内容ではありませんでした。でもこういう映画を見ると、本当にアメリカは階級社会だなあと思います。アメリカンフットボールの存在もすごく大きいですね。

土地柄パンサーの学校にはとても映画関係者が多く、話題の作品や知っている人が関係している作品はなるべく観にいくようにしています。やはりまだまだ南カリフォルニアでは映画は文化です。

e0178312_15321369.jpg夜は知人のお薦めのレストラン「Vertical」に行きました。隠れ家のようなたたずまい、でも中は広く、シックにまとめられています。お料理はクラシックなのですが、基本がしっかりしていて、でも今風にアレンジがしてあって、なかなか美味しかったです。使えそうなアイデアが一杯あったのが収穫。ここもオーナーは映画プロデューサーだとか。

おととしの秋まではとても好景気に沸いていたダウンタウン。レストランもいつも一杯でした。けれど昨年はパタッと人通りがなくなり、閉めてしまったお店も多かったのです。でも今日行って見ると、かなり人通りが戻っていました。こちらのスタンダードでは高いと思われる映画館がとても盛況でしたし、どこのレストランも人が沢山入っていました。ちょっと景気が持ち直してきたような。



今日もご訪問ありがとうございます。今日はおさんどんもなくなんだかのんびりしています。パンサーもお友達の家で思い切り羽をのばしていることでしょう。
下のバナーにクリックいただけるととても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-17 15:46 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(2)
2010年 01月 16日

ビーツ ロスティとチョコレートケーキ

e0178312_15503211.jpgこれは一番よくあるタイプのビーツです。こちらでは一年中あるお野菜ですが、やはり秋、冬が一番美味しいです。根菜は全てそうですが、葉つきのものは買ったらすぐ葉を切っておくと長持ちします。葉っぱも全て食べれます。



e0178312_15583649.jpgビーツのロスティ、小麦粉をつなぎにしてフライパンで焼きます。タイムやローズマリーなどを少し入れて焼きます。味は普通のローストとあまりかわりませんが、目先が変わって、薄く焼くことで甘さも引き立ちます。

e0178312_15574887.jpgロスティ(Rosti)といえばスイスの典型的なじゃがいも料理。私にとってスイスは若いころの思い出の地なのですが、本当に良く食べたお料理の一つです。今でも時々作るので、これは参考写真。ジャガイモだけをフライパンにぎゅうぎゅう押し付けて、かためながら焼きます。ご飯代わりに、付け合せにしていただきます。


e0178312_1624099.jpgそしてこちらはビーツのチョコレートケーキ。アメリカではカロリー制限していてもケーキが食べたい人のために、なんちゃってレシピが結構あります。ここまでして食べたいの?と思うものもあれば、いいアイデアかも?というのも。これもその代表的な一つです。「ビーツが入っているなんて信じられない」とか「野菜嫌いの子供もだまされた」とかよく言われますが、ビーツを使ったレシピって普通の味覚だったら絶対わかると思います。特にローズ家のレシピはビーツの量が多く、砂糖も少ないので、堂々とビーツの味もにおいもします。私はさっぱりしっとりとしたお野菜のケーキが好きなのですが、パンサーには嫌がられます。


Cpicon ローズ家のビーツのチョコレートケーキ by ローズ家の台所

e0178312_156931.jpgしかし、こうするとパンサーも「美味しい!!」。そうでしょ、そうでしょ!チーズクリームをはさみます。常温にしたクリームチーズと同量のバターを混ぜて、好みでグラニュー糖を加えます。ビーツってチーズに合うんです。濃厚なクリームとサッパリしたビーツのケーキがなんともいえないハーモニー。せっかくビーツで落としたカロリー、充分引き上げちゃうので要注意ですが、私もうっすらと塗ります。うっすらとね。

おしゃれにフロスティング(外塗り)する時はこちらのクリームをどうぞ!!
Cpicon ローズ家のクリームチーズフロスティング by ローズ家の台所

今日もご訪問ありがとうございます。まだまだ日本ではビーツは普及していなくって、召し上がったことがないという方も多いようですが、もし機会があったら是非お試し下さい。パンサーも離乳食から食べていましたよ。
下のバナーにクリックいただけると更新の励みとなります。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-16 13:38 | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 15日

ビーツ ボルシチとロースト

e0178312_15175060.jpg見てください。この立派なビーツ。オレンジのもビーツです。ねぎに見えるのは甘いマウイオニオン。まだ玉ねぎになっていないので、葉っぱの部分も美味しく食べれます。ファーマーズマーケットで買ってきました。今日の赤いビーツはいつものビーツと違い、葉っぱまで全て赤い。初めての品種を買ってみました。オーガニックなので、もちろん葉っぱまで食べれます。立派な葉っぱで量があるので、いつも消費するのが結構大変。こちらではとても簡単に手に入るビーツですが、日本ではなかなかみかけませんね。私は大好きで、お庭でも育てています。甘くほくほくと食べ応えもあるのにカロリーも普通の蕪とかわりません。栄養価も高く、優秀な食材だと思います。


e0178312_1522213.jpg葉っぱまで赤かったので、今日は葉っぱでボルシチを作ってみました。充分、ボルシチの気分になりました。


e0178312_15252210.jpgこちらは本当のボルシチ。とはいってもロシア人のお友達に言わせると、ビーツをいれたスープだったら何でもボルシチになるそうです。サワークリームは必須だそうです。ほの甘いスープ。暖かくしても冷たくしても美味しいですね。
Cpicon ローズ家のボルシチ by ローズ家の台所


e0178312_15211597.jpgビーツは、いつもの定番、ビーツのロースト。オレンジのビーツで作りました。オレンジは一般的に赤いのより、ほくほくしている感じがします。皮をむいてお庭のタイムと一緒にオリーブオイルでロースト。皮をつけたままローストするというレシピもありますが、私はいくらきれいにあらっても土のにおいが残るような気がしました。何度か試しましたが、今は必ず皮をむきます。そこらへんが真っ赤になるので面倒ですけどね。余談ですが、ローズ家のハーブ畑には冬、あまり日があたりません。なのでタイムも葉っぱと葉っぱの間隔が広くなります。

今日もご訪問ありがとうございます。ハイチの地震のニュース、いたたまれませんね。パンサーの学校でも募金活動が始まりました。もちろん任意ですが、「お財布の小銭を集めて寄付しましょう。」というのと生徒会主催の1ドルでホットチョコレート販売。売り上げは寄付にまわります。きっとアメリカではどこの学校でも様々な形でこのような寄付活動が始まっていることでしょう。いたるところで四六時中、ハイチのための寄付の呼びかけがされています。こういう所をみると、やはりアメリカという国もまだまだ捨てたものではないな、と思います。今日はランキングお休みします。

# by flouribunda | 2010-01-15 14:26 | Trackback | Comments(2)
2010年 01月 14日

柚子を使ったお漬物と焼き餃子

この頃では柚子コショウは日系のスーパーに行けば簡単に手に入りますが、このはな手帖さんのユズスコ は初めて。ん~、これ、作れるかも?実物をわけていただいて研究したいものです。



e0178312_14175759.jpg秋に作ったローズ家の柚子コショウ。一瓶しかつくれませんでしたが、我が家には充分な量でした。香りも残っていて、とっても重宝。今年は柚子がもっと収穫できれば、是非おすそわけしたいです。そのユズスコにも挑戦?


今年は20個ぐらい収穫できた柚子でしたが、このお正月で全てなくなりました。まだ柚子の皮は冷凍で少し残っていますが、中身は最後にお漬物を2種作っておしまい。

e0178312_1428946.jpg柚子大根 京都のお漬物にもあるポピュラーなものですね。これはおせちにもいつもいれますし、普段でもレモンで作ります。大根が残った時なんかにも、ちゃっちゃっと作れるところが嬉しい。
Cpicon ローズ家の柚子大根 by ローズ家の台所



e0178312_14285682.jpge0178312_14293111.jpge0178312_14295134.jpg

白菜の浅漬け こちらでも今白菜がとても美味しい季節です。ファーマーズマーケットに行ったら、とても美味しそうな白菜が。やっぱり白菜が美味しいとお漬物も美味しくなります。あたりまえですけど。



e0178312_14304637.jpge0178312_14311793.jpgでも白菜、1株漬けると、我が家では多すぎるのです。浅漬けが美味しいし、それでも2日続くと飽きてくる。なので残った白菜は焼き餃子に変身!!塩と昆布と柚子で漬けているだけだから、豚肉とまぜて餃子にしてもおかしくない。現に、パンサーもビーバーも気づいた様子はない。



今日もご訪問ありがとうございます。暮れにお正月のお買い物にパンサーと行ったら、お店で柚子を発見。一個3ドルだったので「これって、うちの柚子と一緒だよね。うわ!こんなにするんだ!!」ととても驚いていました。いいお勉強。
下のバナーにクリックいただけると励みになります!!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-14 14:45 | Trackback | Comments(6)
2010年 01月 13日

リハビリセンターと糸こんにゃくのきんぴら

今日はパンサーをリハビリセンターに連れて行きました。ギブスがとれたのが12月30日。整形外科の先生にリハビリ科の紹介してもらい、保険の手続きが下りて、予約をいれました。そしてそれが、ギブスをとって2週間後の今日。ほとんど治っているんですけど、、、

アメリカの保険の話をしだしたら、きりがないのでここでは省略しますが、とにかく目的地にたどりつくのに時間がかかります。

今日は一番早く予約がとれる時間を選んだので、学校を2時間ぐらいぬけださねばなりませんでした。まず事務室に行って、授業を抜けることを報告します。帰ってきた時もまず事務室に報告です。朝なども5分遅刻でもまず事務室。子供は始業時間から終業時間までは学校側が責任をもって預かっていることになっているので、かなり神経質です。当たり前といえば、当たり前ですが。

ちょうど算数の授業中。一クラス21人なのですが、6人ぐらいが外で子供達だけで、あーでもない、こーでもない、と文章題を解いていました。私が行くと「ぼくらはかしこいグループなんだよ~、テスト100点だったんだ。」。部屋の中では先生が分数の説明中。もうその説明を聞く必要のない子供達は違う問題が与えられていたようです。

リハビリセンターではまず先生が怪我をして負担になった関節や筋肉をひとつずつのばしていってくれました。説明を受けながら、実際にうごかしてもらうとやはり完全に治ったようでも、正常な右と怪我をした左では動かせる範囲が違います。

e0178312_1520127.jpge0178312_15202813.jpge0178312_15204672.jpg

一通り、のばしてもらった後は体操を教えてもらいました。先生に施術してもらっていた間は気持ち良さそうにしていたパンサーですが、自分で体操となった途端に、「もう治っているのに、、」とか文句タラタラ。まあ、小学生が我慢できるような体操じゃないですね。

しかし、もうほとんど普通に生活、バイオリンのお稽古も7~8割は出来ているので私達も体操を教えてもらったらそれでいいのかと思っていたのですが、最低あと4回は来てくださいとのこと。(本来は8回)まあ、これも経験ですし、きちんと正常にもどしてもらったほうがいいので、仰せに従うことにしました。

もちろんパンサーは嫌がっているのですが、このぐらいした方が、怪我をしないよう気をつけるようになるでしょう。

でも学校をそんなに抜けるわけにはいかないので、朝の7時からの予約が4回。かなりきついです。もう2度と怪我しないで~。

e0178312_15224560.jpgローズ家の常備菜

Cpicon ローズ家の糸こんにゃくのきんぴら by ローズ家の台所

今日もご訪問ありがとうございます。体操は私も一緒にやるはめに。でも結構これがきついのです。私の方が「痛い!!」と言いながらやっています。O十肩にも効く体操のようです。
下のバナーにクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-13 15:24 | 娘 ボーディングスクール受験記 | Trackback | Comments(2)
2010年 01月 12日

芽キャベツ 

e0178312_1175610.jpg
e0178312_119370.jpg
これ、なーんだ?ってもう答え書いちゃってます。記事の整理上いたしかたなく。先週土曜日、いつものようにファーマーズマーケットに行くと、売ってました、売ってました。芽キャベツといっても小さめのキャベツぐらいの大きさ。


e0178312_11103073.jpg芽キャベツの美味しい季節になると(大体11月頃から)お店では茎付きの芽キャベツが売り出されます。切り離すの、結構面倒です。形は面白いですけどね。この写真は以前記事にした時のもの。この一番てっぺんのところを切り離して売っているのです。でもすぐしおれてしまうので、売り物になるのは少ないらしく、朝ほとんど一番になくなってしまいます。


e0178312_1111299.jpg今回は残っていました。今シーズンはじめて。これ一個50セントで安くて、とても美味しいのです。油との相性が抜群。いつもオリーブオイルとにんにくで炒め煮。パンサーは芽キャベツの独特の苦味が嫌いですが、こちらは少しマシだそうです。でもあまり好んでいませんが。


今日もご訪問ありがとうございます。喜び勇んで買ったはいいものの、良く考えたらビーバーは仕事で外食続きで家にいない。結局毎日のように私が食べることになってしまいました。美味しいからいいんですけどね。見るからに栄養ありそうだし、、、でも毎日は辛いな。下のバナーにクリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-12 14:15 | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 11日

マーマレード マイヤーレモンとオレンジ

e0178312_15402222.jpgお庭のマイヤーレモンとオレンジ。マイヤーレモンは黄色といってもオレンジに近い黄色。うちのオレンジはオレンジといってもレモンに近くお肌もすべすべなので、どちらがどっちだかちょっとわかりにくいのです。今、収穫最盛期。


e0178312_1672157.jpgお鍋一杯にマーマレードをつくるため25個ぐらい採りましたが、まだ鈴なりになっています。1-2ヶ月は採らなければ大丈夫ですが、毎日一個使っても余るぐらい。このマイヤーレモン、カリフォルニアの特産でとても美味しいのです。果皮が傷つきやすく、あまり日持ちがしないので、カリフォルニア意外ではあまりみかけないそうです。酸味がやわらかく、ジュースがたっぷり。この季節にはお菓子に、お料理に、ドリンクに大活躍。うちのオレンジはあまり甘くないので、もっぱらマーマレード用。ローズ家のマーマレードはまず、このオレンジとマイヤーレモンのミックスで作ります。どちらかだけでも何だか、物足りないのです。
Cpicon ローズ家のマーマレード by ローズ家の台所


e0178312_169847.jpgお鍋一杯に作って家にあるガラス瓶を総動員しました。小さいのはパンサーが通う補習校の私のPTAの大事なお仲間さんたちにお年賀。大きいのはうちの保存用と来週ビーバーが日本に行くのに持っていってもらおうと思っています。


e0178312_1610311.jpgでもこのマーマレード、とっても爽やかで美味しいのですぐなくなってしまいます。ヨーグルトにかけて、が何しろ一番好き。

以前はレモンピールとかも作っていたのですが、お菓子に焼く時は結局水でふやかしたりするので、最近はマーマレードの中の皮だけを使います。残ったソースは艶出しに使ったり、お料理のオレンジ、レモンソースがわりに使ったり、大活躍。ローズ家の冷蔵庫にはなくてはならない保存食です。
Cpicon ローズ家の和風鴨ロース by ローズ家の台所



今日もご訪問ありがとうございます。何も肥料もろくにやらないで、手入れもしないで、毎年よくこれだけ、と思います。柑橘類がお庭にあるととても便利です。一年中あるともっといいのですが、今が旬。初夏にはお庭の柑橘類も全てシーズンを終えます。
下のバナーにクリックしていただけるとうれしいです。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-11 15:49 | ローズ家のお菓子 | Trackback | Comments(2)
2010年 01月 10日

お正月のこまごま

新年の抱負、ビーバーは、「研究の記録をちゃんとノートに残す」らしいです。これまで、そこらへんの紙に数式が書いてあったので、掃除する身といたしましては、そうしていただけるととても安心です。でも、日本に行った時にちゃんとしたノートを買ってきて、それから始めるそうです。いつのことやら。

パンサーは、「旅行に行った時は必ず旅日記をつける」だとか。毎回そう言って、ノートを買わされているような気がします。やっぱり親子です。

私も今年は食べたものを記録しようと。別にダイエットが目的(いや副産物であったらもちろん嬉しいですが。)ではなく、健康的な食生活を送るために記録してみようと思っています。やはりだんだんお医者さんにも注意されることが多くなってきたので。でも私はちゃんともう始めてます!!雑誌の付録の日記帳で。

e0178312_14184193.jpge0178312_14185768.jpg記録用に、元旦に飲んだお酒。


e0178312_7291923.jpg京都の白味噌。いつも石野さんでしたが、今年は本田さんでした。でも、美味しかった。本田さんのお店の近くに大学があって、時々帰りにお味噌を買って帰ったのを思い出します。うちは商家だったので大学の時は私が台所をまかされていました。お味噌選ぶの楽しかったなあ。パンサーにもお味噌屋さんを見せてやりたいものです。


e0178312_7575739.jpg今はインターネットで好みの産地のものが手に入るようになりました。便利ですね。日本に行った時にまとめて注文したのを持って帰ります。このストックが冷凍庫にあると安心なんです。


e0178312_813894.jpgおせち作りにはかかせない鬼すだれと野菜の抜き型。これは有次さんでむか~し、買ったもの。他にも梅とか松とか色々持ってはいますが、有次さんのはこれだけ。でもやっぱり使いやすいです。お友達に結婚祝いも有次さんで色々揃えて貰った私は、あのお店に行くと手ぶらでは帰れません。今度行ったら、抜き型を買ってこよう。あ、でも包丁も、ついでに、、、


e0178312_810288.jpg今年の新兵器は栗原はるみさんの雑誌で知った「だしみつ」を参考にしたもの。もう半年ぐらいになるでしょうか、この「だしみつ」を冷蔵庫に常備するようになってから、甘辛味がぴたっと決まるようになりました。普段のお食事には少し甘いのですが、お弁当のおかずや、ちょっと味の濃い目が美味しいおかずには使えます。今回もおせちには卵焼き、たたきごぼうのゴマ酢、おにしめなどに大活躍しました。甘みを加えたい時に使っています。
Cpicon ローズ家のだしみつ by ローズ家の台所

今日もご訪問ありがとうございます。今日で一応特集終わり!!お付き合い下さった方、ありがとうございました。今年もブログはなるべく毎日更新を心がけたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。
下のバナーにクリックいただけると励みになります。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-10 15:34 | ローズ家のお正月 | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 09日

曲げわっぱのお重

まだ続きます。おせちの記録。
e0178312_1032375.jpge0178312_1035277.jpg柴田慶信さんの曲げわっぱ。本当にきれいです。右のように入れ子にもできます。以前にも長手のお弁当箱とバター入れをご紹介したことがあります。



e0178312_203655.jpg曲げわっぱは最初の2段に祝い肴を詰めてみました。一段目は関東流。でも一段目はとっても薄いので、ふたをするには少量しかはいりません。今回は本当の使い始めなので、お重にみたてて使ってみましたが、来年はもっとカジュアルに祝い肴5段重ねとか、挑戦したいと思っています。(もう来年はお客さんくること、今から考えてます!!)


e0178312_9355761.jpg3段目はお魚系の焼き物にしました。スペースの関係上。


e0178312_9375973.jpg4段目は冷やした方が美味しいお魚とおなます。この段だけは直前まで冷蔵庫へ。

e0178312_94026100.jpg5段目はお肉系の焼き物とお煮しめ。

白木なので汚れがおちやすいように笹を敷いています。

今日もご訪問ありがとうございます。何しろ、お弁当箱が大好きな私です。日本に帰るたびに買って帰っています。大抵のものは手に入る南カリフォルニアですが、お弁当箱の気に入ったのは、なかなか。
下のバナーにクリックいただけるととても嬉しいです。えっ?もうおせちの話いや?ごめんなさ~い。私も結構飽きてきました。前に進みたいです。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-09 13:39 | ローズ家のお正月 | Trackback | Comments(4)
2010年 01月 08日

春の七草

e0178312_15204467.jpgローズ家のお庭の七草です。「せり、なずな、、、」などあるはずがなく、せりはセリ科だから三つ葉と一緒。なずな、すずな、すずしろはアブラナ科だからお庭の蕪、カイラン、大根(はスーパーの)。ごぎょう、ほとけのざはキク科だから、蓬。もひとつは水菜(アブラナ科)でごまかし。はこべはナデシコ科、さすがにこれはなかった。ナデシコ目までいくとほうれん草があるのですが、あいにくお庭になかったので、ちょっと似てる小松菜(アブラナ科)。


e0178312_15254010.jpge0178312_1526275.jpg朝食べれればいいのですが、ゆっくり時間がないのでいつも夜になってしまいます。夕飯だと、やはりお雑炊の方がピッタリくる。

Cpicon ローズ家の七草雑炊 by ローズ家の台所

すごいこじつけの「七草粥」です。

でも昨日の「ガレット・デ・ロワ」のあとにはもってこいでした。

今日もご訪問ありがとうございます。こちらはまだ7日です。今日は大学のアメリカンフットボールチームのナショナルチャンピオンシップがありました。テキサス対アラバマだそうで、街は黄土色(テキサス)と赤(アラバマ)の服を着た人達で一杯。パンサーの同級生の男の子の数人はゲーム観戦のため早退したそうです。こちらの人のアメフトにかける情熱はかなりのものです。私なんていまだにルール知らないのですけど。
下のバナーにクリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-08 15:30 | ローズ家のお正月 | Trackback | Comments(4)
2010年 01月 07日

公現節とガレット・デ・ロワ

e0178312_14163779.jpgアメリカは今日が1月6日。三賢人がイエス様を見つけた日です。ローズ家はクリスマスツリーは早々と片付ける罰当たりですが、本当はクリスマスの頃から1月6日までお祝いするのが正しいそうですね。以前住んでいた所のドイツ人のご近所さんなんか、いつもクリスマスの時は嘆いていました。本来なら23日頃から飾るものなのに、アメリカ人の商業主義のせいで、クリスマス前にはろくなツリーが残っていないと。すみませ~ん、私もアメリカ人と変りませ~ん。しかもさっさと片付けちゃうし。彼女が聞いたら、「何のためにツリー飾っているのよ!!」と言うでしょう。

でも一応お祝い事は何でも好きなローズ家です。公現節もお祝いしました。というかパンサーにプレゼントをあげる機会を狙っていました。というのも、パンサーはサンタさんからのプレゼントはもらったのですが、私達からのプレゼントをまだもらっていなかったのです。ただ私がアメリカのクリスマスショッピングをしたくなかったからなのですが。世界には25日ではなく、1月6日にプレゼントをもらう国もあるそう。何でも都合よいことはこの際、取り入れましょう。

パンサーの学校でもお祝いしたそうです。彼女の学校も無宗教なので、どこの行事でもお祝いします。中央アメリカ諸国では5日の夜に靴をベットの下に置いておくと、朝、靴の中にお菓子が一杯入っているそうです。だから皆お菓子をもらったんだ、とか。

e0178312_14473196.jpgで、ガレット・デ・ロワもパンサーのリクエスト。挑まれてしまいました。答えなければなりません。ちゃんとフェーブも入れました。これ、箸置きなのです。イスラエル人のビーバーの同僚が作ってくれました。でも小さすぎて、お箸がのらない。やっと使い道が、、、

結局3人で食べた分にはフェーブは見つからず、勝負は明日に持ち越しとなりました。これってやっぱり大勢で食べるものですね。フェーブがあたった人はその日、王様になれるとのことで、パンサーは興奮していたのですが。残念。これ結構楽しいです。なんか色んなものに入れたくなります。茶碗蒸しとか。(また罰当たり?)とりあえず、本物のフェーブが欲しいです。

e0178312_14515746.jpge0178312_14531661.jpg普通の折込パイ生地よりも高さを押さえるために、生地の作り方がちょっと難しかったです。参考にしたのはピエールエルメさんの生地、ちょうど日本の雑誌にでていました。模様をつけるのも、生地を傷つけてしまいそうで怖かった。生地以外は簡単なのですが。


e0178312_14591116.jpge0178312_15031.jpg思ったよりふくらみました。ハラハラ、サクサク美味しかったです。でも雑誌の写真とは別物になっている。


e0178312_1523370.jpge0178312_1532821.jpg皮がパリパリしているからまっすぐにはとても切りにくいです。模様に沿って切ったほうが切りやすかった。ついでにうちのお庭の初いちご。左の方。


今日もご訪問ありがとうございます。一度本格的に作ってみたかったガレット・デ・ロワ。でもかなり高カロリーなお菓子なので、来年はどうしようかなあ。
えっと、途中中断しましたが、「ローズ家のお正月」はまだまだ続きます。あしからず。
下のバナーにクリックいただけると励みになります。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-07 15:14 | ローズ家のクリスマス | Trackback | Comments(4)
2010年 01月 06日

お雑煮

e0178312_1612113.jpgローズ家の元旦のお雑煮はいつもおすましです。これは私の実家の出身が東京なので。かつお昆布だし、鶏肉、かまぼこ、焼餅、三つ葉と柚子というとてもシンプルなもの。小さい頃からお雑煮というのはこういうものだと思っていました。大きめの御椀で、おつゆをたっぷり楽しめるように。


Cpicon ローズ家のおすまし雑煮 by ローズ家の台所



e0178312_168214.jpg2日目は私の出身地、京都の白味噌のお雑煮。私は高校生まで食べたことがありませんでした。高校の時、その話を聞いたお友達のお母様が作ってくれました。その味がモデルになっています。

Cpicon ローズ家の白味噌雑煮 by ローズ家の台所

何年か前のお正月、京都で育つ甥っ子達がこちらに遊びに来たことがありました。頼んでもいないのに、白味噌を二袋持参で。そこでおばあちゃまの由緒正しい?京都のお雑煮を伝授してくれました。それは思いっきり白味噌を入れて、大根と里芋も入れてどろどろになったところにおもちを入れて、鰹節を手づかみで山ほど乗せて食べる、というもの。

その教え?を参考にしながら、毎年作っているうちにローズ家の白味噌雑煮はできあがりました。

甥っ子達のお雑煮より軽めとはいっても、かなり白味噌が入ります。少な目の熱々が美味しいので小ぶりの御椀でいただきます。

3日目は私はお雑煮は飽きてしまっているのですが、ビーバーとパンサーはお雑煮をご所望。選んだのは白味噌でした。

e0178312_15121452.jpgちなみに白味噌の場合京都では焼餅ではないのですが、私は香ばしいおもちが好きなので、おすましも白味噌も焼餅です。




今日もご訪問ありがとうございます。お雑煮って、それぞれの家庭の特徴があって面白いですね。私は3人姉妹なのです。それぞれの家庭をもってン十年もたった今、同じお雑煮で育った姉達も、きっとどこか異なるお雑煮を作っているのでしょう。元旦のおすましのお雑煮、私はこうだったと覚えているのですが、「こんなんちごたでぇ~」と言われたらどうしよう。
下のバナーにクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-06 14:59 | ローズ家のお正月 | Trackback | Comments(2)
2010年 01月 05日

おせち 参の重

e0178312_15291193.jpg参の重はお煮しめと焼き物です。

このお重は結構深いので、下に里芋と高野豆腐がそれぞれ一列ずつ入っています。上にごぼう、きぬさや、揚げれんこん、紅白梅にみたてたにんじんと大根、鶴亀にみたてた大根としいたけ。黒豆。

にんじんとごぼうの八幡巻き。にんじんとごぼうはお煮しめと一緒に歯ごたえを残すように少しだけ煮ます。薄切りの牛肉で巻いて、甘辛く煮付けます。

鰻巻。 今年は卵焼き器を買ったので、密かに卵焼きを練習していました。お正月なので豪華に鰻巻。銅の卵焼き器って本当に上手に焼けます。しかしパンサーがやたら卵焼きにうるさくなってしまいました。

ギンダラの西京焼き、はまちのつけ焼き(おしょうゆ)、さわらの塩焼き。ギンダラは暮れにお友達から「あるルートでいいものが手に入ったから」と分けていただいたもの。美味しいはずと思ってたら、期待以上の美味しさ。やっぱり「ルート」は大事なんですね。今年の焼き魚はギンダラの勝利でした。

鴨ロースおしょうゆオレンジ風味。
Cpicon ローズ家の和風鴨ロース by ローズ家の台所

ローストビーフは米国産のプライム和牛を使いました。おしょうゆとしそ風味。Cpicon ローズ家の和風ローストビーフ by ローズ家の台所


e0178312_1453099.jpgお煮しめの残りはいつもちらしずし。これを食べる頃には3-4日白米を食べていないので、ことのほか美味しく感じます。いつも飛ぶように売れてしまいます。


e0178312_14475691.jpg残った鴨ロースは翌日に鴨南蛮にしていただきました。
e0178312_15401586.jpgそれでもまだ残っていたので、治部煮。

e0178312_14493811.jpgローストビーフはいつもステーキ丼。ビーバーとパンサーにはたまらなく美味しいらしいです。私は苦手なのですが。



今日もご訪問ありがとうございます。パンサーの学校も今日から始まりました。おせちの残りが消化された共に、お正月気分も抜けてまいりましたが、まだまだローズ家お正月特集は続きます。

下のバナーにクリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-05 15:46 | ローズ家のお正月 | Trackback | Comments(6)
2010年 01月 04日

おせち 弐の重

e0178312_3511515.jpg弐の重はお魚、生もの中心にします。このままテーブルに出す直前まで冷蔵庫。なので上から撮る写真を撮り忘れてしまいました。来年はきちんと撮影計画もたてなければ。詰めながら撮影するのも結構大変ですね。皆さん、どうされているのでしょう。

今年ははじめておせち用に伊勢えびを買ってみました。おせちの醍醐味は私にとってはお重の中におさめることなのです。元旦のテーブル、お重しかのっていない。だけど、開けると、、、。というのが楽しい。今年一年こうやってきれいに何でも片付いていて欲しい、という無理な願いがこもっているのです。なので伊勢えびは少しサイズが大きすぎて難しい。今回はひげまで折れていない、完璧な伊勢えびだったので、躊躇いたしましたが、お重サイズに切りそろえました。甲羅をひっくり返すとすぐ食べられるよう、中味をとり、身をいっぱいつめました。

元旦昼間のおご馳走の後は、夜に伊勢えびの殻でお出汁をとってお味噌汁にしました。

サーモンの奉書巻き。今年はスモークサーモンではなしに、お刺身用鮭をマリネしてかつらむきした大根で巻きました。サッパリしていて、塩加減もほどよく、これからもこうしようと思います。

いくら。パンサーの大好物。子供は好きですね。

しめさば。これもパンサー好み。

鯛の昆布締め。30日に買ってきた鯛を昆布締めにしておき、元旦の朝、切ります。おしょうゆがなくてもいいぐらいに味が締まっています。

だいこんの柚子風味。大根を柚子をいれた甘酢で漬けたものです。ふだん感覚のお漬物ですが、箸休めにはとても美味しいもの。伊勢えびのまくらに。

e0178312_9215665.jpgたこはオリーブオイルで洋風マリネにしました。おせちの中にたこというのは、云われも何もなく、執着もしていないのですが、実は目的は3が日のランチメニューにあります。たこは一匹買うのでかなりの量。でもこの時とばかりに、たこ焼きにするのが楽しみなのです。25個ぐらいのたこ焼きにぎりぎり丸く焼けるぐらいの大きさのたこを入れるので、3本~4本(さてたこの足は何本だ?)は使います。


Cpicon ローズ家のたこ焼き by ローズ家の台所

e0178312_9232814.jpgちょっと贅沢に「さるや」さんの楊枝で。この箱入り楊枝、ちょっとした食卓の話題になるので、日本に行った時に買ってきます。

今日もご訪問ありがとうございます。おせちでもやはり生っぽいものも食べたいローズ家です。濃い味のものばかりですと飽きてしまいます。壱の重やお煮しめは冷蔵庫から出したては美味しくないですが、弐の重はぎりぎりまで冷蔵庫。そのために冷蔵庫を空けておくことも肝心。おせちって、段取りがモノをいいますね。今年も良い調子で物事がすすんでいくように段取りに気を配りたいと思います。
下のバナーにクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

# by flouribunda | 2010-01-04 13:53 | ローズ家のお正月 | Trackback | Comments(6)