<   2015年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2015年 12月 31日

Palm Springs, The Parker と Ritz Carlton

リフォーム記事は中断して、?0才母のアメリカ滞在記です。

母が到着した翌日、主人は出張に出かけました。
私たち母娘孫女子チームはパームスプリングスへ。
車で約2時間です。
e0178312_10440722.jpg
まずはお昼ご飯でホテルThe ParkerのNORMA'Sに。
10年前ぐらいに娘を連れてきたことがあったのですが、
さすがに覚えていないそうです。
でも10年前と雰囲気は変わっていませんでした。
e0178312_10435913.jpg
なんとも楽しいインテリア。
e0178312_10435743.jpg
オシャレなホテルです。

e0178312_10434171.jpg
レストランも変わっていない。
e0178312_10434520.jpg
それほど混んでいなかったのに、オーダーにすごく時間がかかりました。
e0178312_10434852.jpg
どこかで見たことあるメニューだな、と思っていたら、

e0178312_10435354.jpg
ここと同じでした。
道理で量が多い訳です。
e0178312_09391959.jpg
宿泊はリッツカールトン。
e0178312_09392142.jpg
昔このテラスでロケされた映画を見ては憧れたものでした。
訪れるのは20年ぶり。
e0178312_09392391.jpg
昼間は15度ぐらいに上がる気温も、夕暮れとともに急降下。
e0178312_09392623.jpg
焚き火があるとスモアは欠かせません。
母は初体験。

e0178312_10433797.jpg
ランチのあと、ロープウェイに乗ろうとしましたが何と2時間待ち。
あえなく却下。
写真はリッツカールトンのジンジャーブレッドハウスです。

今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村




by flouribunda | 2015-12-31 00:41 | ローズ家の小旅行 | Trackback | Comments(2)
2015年 12月 30日

Bottega Louie と オープンハウス と 母

本来ならリフォーム記録の順番ですが、年末年始行事が多く、記録しておかないと忘れてしまうので一時中断させていただきます。

12月27日、日本から私の母が来てくれました。
これから約3週間は御年?0才の母仕様の毎日です。
しかしこの年で、もしかしたら私より元気な母。
私も頑張って色々一緒に行って楽しみたいと想います。

さて関空からの朝10時半着の直行便で到着した母を連れて、家族で昼ごはんを食べに行きました。
お友達が「とっても乙女なレストラン」と言っていたダウンタウンのBottega Louie
最強の乙女を連れて行くのにふさわしいレストランでした。
e0178312_15383677.jpg
4人皆違うジュースを頼んでみる。
e0178312_15381994.jpg
これは私の頼んだホワイトオムレツ。美味しかった。
e0178312_15382870.jpg
席がピザ釜の近くだったので頼まずにはいられなかったピザ。
美味しい皮でした。

11時すぎに入店した時はすぐに座れましたが、その後瞬く間に混み始めました。
かなり席数も多いのに。
サービスも良くて、素敵なレストランでした。
流行るのもうなずけます。

e0178312_15382352.jpg
そして夕方は隣近所の方たちを招いて簡単なカクテルパーティ。
改装工事の間、騒音などでご迷惑をかけたかもしれず、
皆さぞかし工事の出来を気にかけて下さっているだろうとオープンハウスの機会を設けました。
e0178312_15383327.jpg
時間もあらかじめ1時間半に区切って、飲み物、おつまみのみの簡単なパーティです。
1時間半といっても、皆時間通りには来ないで30分ぐらい遅れてくるので結局1時間。
でも喜んでもらえて和やかなパーティとなりました。

ところで母は今回日本航空を使い、ファミリーサービスを利用しました。
飛行機を降りたところから親切なグランドホステスさんが付き添ってくださり、
至れり尽くせりだったそうです。
入国手続きも手伝ってくださり、90キロの荷物もちゃんと運んでくれて、通関もスルー。
実は10時半着予定が40分ぐらい早く到着していたため、私たちは出迎えに間に合いませんでした。
そうしたらちゃんと電話がかかってきて、私たちが到着するまでの5分間、母と一緒に待っていてくれました。
母一人での入国、重い荷物を持っての通関がとても心配だったので本当に助かりました。
やはり日本の航空会社は頼りになります。


今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村












by flouribunda | 2015-12-30 01:36 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(6)
2015年 12月 29日

いまだにビーガン

いまだにビーガンを続けている娘です。
時々心揺らぐ時があるらしく99パーセントぐらいですが、
それでもかなり徹底しています。

おかげで栄養にとても気をつけるようになり、
自分で何が体にいいか悪いか、
良く考えるようになりました。

もちろんビーガンでは成長期に足りない栄養素も出てくるので
それは工夫が必要です。
でも、ただでさえ栄養が偏りがちな寮の食事です。
自分で考えて健康的な食事の献立を考えることは
とても重要だと思うので
今回2週間のお休みには協力して
色々とビーガンのお料理を作っています。
e0178312_03155180.jpg
きのこと大豆のペースト。
しいたけの軸のフライをアクセントにしてみました。

e0178312_03160234.jpg
ベジタリアンチリビーンズ。
チリはベジタリアンの方が重くなくて美味しく思います。
マッシュルームをたくさん入れました。
さっぱりしていくらでも食べれそうです。
付け合せはキノアとフェンネルのレモンオリーブオイル和え。
e0178312_03160598.jpg
オーガニック豆腐は冷蔵庫の必需品となっています。
貴重なタンパク源。
小豆のマリネも活躍中です。

こちらを参考にしました。


e0178312_03161387.jpg
さつまいもと人参のマリネ、ローズマリー風味。
これはこちらの本から。



こういう組み合わせは自分では思いつかないです。
この方の本は作り方も簡単で
アイデアが新鮮なので
時々参考にしています。

ちなみにこの本は日本のアマゾンに注文して空輸で
送ってもらいました。
送料は多少かかりますが、
免税ですし、3日で届きます。
しかもアメリカの日系書店で買うより断然安い。
Kindle版があるお料理の本もありますが、
やはりお料理の本は印刷されたもののほうが読みやすいです。
とても便利なサービスだと思いました。
(日系書店には申し訳ないのですが、、、)


今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



by flouribunda | 2015-12-29 01:14 | 娘 ボーディングスクール受験記 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 28日

台所 AFTER画像 クックトップ

リフォーム記事は隔日投稿予定です。

過去記事はカテゴリ『ローズ家夫婦の家』
もしくはタグ『家修理』
からどうぞ。

実はまだキャビネットの中など細かい追加工事が残っています。
完成は来年になります。
それまでは各箇所の記事となります。悪しからず。

(Before画像です。)
e0178312_16564007.jpg
元の台所ではDacorの36インチ(90センチ)幅、5口のガスクックトップでした。
これは以前北カリフォルニアに住んでいた時にリモデルした時も採用したもの。
掃除がしやすいモダンなデザインが気に入ってました。
クックトップについての過去記事はこちらです。
e0178312_17073100.jpg
前々回のキッチンは5年しか使わず引っ越したので経年変化はわかりませんでした。
気に入っていたので同じクックトップを選んだのですが
15年も使うとかなりくたびれました。

やはりこちらの製品も完璧ではありませんでした。
今回も使い慣れているdacorにしようかと迷ったのですが、
違うメーカーにしてみました。

ショールームで一目惚れだったWolfです。
Wolfといえばもっと重厚な火力の強いレンジトップ
が主流ですが、私は五徳が重いのは掃除もしにくいので避けていました。
そして今までのデザインはアクセントに赤を使っていて、
それも好きではありませんでした。
e0178312_16570326.jpg
でもこちらはとてもモダンでシンプルなデザインです。
36インチのクックトップでは壁からの距離を考えると使い勝手が悪くなります。
今回は30インチ(75センチ)幅、4口にしました。
e0178312_16571251.jpg
電子レンジをはじめ、調理器具は電気圧力鍋やVitamixなど、
クックトップを使うまでもない場合も多く、4口で十分です。
他社の製品に比べるとコントロールが右端で機能的にも優れ、
五徳の面積も大きめです。

火力も以前使っていたガスクックトップより強いのですが、
それよりも感心したのは弱火。
e0178312_03132712.jpg
スープストックや煮豆、ポレンタなど、
弱火の調節がすこぶるしやすいです。
以前のDacorのクックトップではここまで微調整がききませんでした。
とろみのあるスープ、シチューなども焦げ付くことなく、
吹きこぼれることなく、温めることが出来ます。
e0178312_03132414.jpg
今までは電気圧力鍋で作っていたポレンタも少量で気軽に作れるようになりました。
e0178312_16542535.jpg
クックトップの上にはお約束のお守り。
お友達に頂いたのですが、
次回は是非自分でもらいに行きたいものです。

リフォーム記事を書くにあたって、
ブログのカテゴリーを加えました。

記事がお気に召しましたら応援のクリックをお願いします。
励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村


by flouribunda | 2015-12-28 03:07 | ローズ家夫婦の家 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 27日

Vitamixで挽いた全粒粉のパン

新しく買ったVitamix
毎日活躍してくれています。
製粉することを覚えてからは
全粒粉も穀物から手作り。

e0178312_02441957.jpg
NYのBlueHillで食べた全粒粉のパンが忘れられなくて
チャレンジしてみました。
これまで買ったすでに粉になっている全粒粉では
上手く作れなかったのですが、
かなりいい線に焼けました。
e0178312_02441275.jpg
香ばしくて、自然の甘みが美味しいです。

e0178312_02442545.jpg
くるみとレーズン入り。
e0178312_02442243.jpg
煮たりんごとポレンタ入り。
レストランで食べたのはりんごとオートミールでした。
それをアレンジ。

思いの外グルテンもしっかり形成されました。
全粒粉だけでこんなに上手く焼けるとは。
ますます❤️Vitamix。

e0178312_02441692.jpg
全粒粉を2割ほど加えいつものように強力粉で焼いたパンも
一味違うような気がします。

ただすりつぶす製粉機と違い、Viatamixで製粉する場合は
モーターの熱でかなり熱くなります。
すぐにその日に焼く場合は関係ないとは思いますが、
その都度挽かないといけません。
もしくは最低でも粉が残ったら冷凍保存したほうが良さそうです。

粉が中途半端に残ったので
アメリカの雑誌に載っていた3材料で作るパンケーキ。
バナナ、卵、全粒粉。
e0178312_02440899.jpg
焼いたバナナが好きな人にはいいかもしれませんが、
ちょっと無理がありました。
分量を工夫すれば何とかなるかな〜?
アイデアはいいと思うのですが。

犬が喜んで食べたので、
犬用パンケーキにはいいかもしれません。

今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



by flouribunda | 2015-12-27 02:27 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 26日

ランドリールーム AFTER画像 その2

リフォーム記事は隔日投稿予定です。

過去記事はカテゴリ『ローズ家夫婦の家』
もしくはタグ『家修理』
からどうぞ。

(Before画像です)
e0178312_17183667.jpg
洗濯機の横にはシンクがありました。
作業用のシンクはあると便利ではありますが、
水栓器具も古いものでとても使いにくく、
ほとんど洗濯機の排水のためにあったようなシンクでした。
e0178312_15445564.jpg
以前のシンクはあまり使っていなかったので迷ったのですが、
新しいランドリールームにも作業用のシンクをつけました。
やはりつけて正解でした。
改修工事のあとは毎日大掃除だったので、
雑巾を洗うのにこれほど便利なものはありません。
深さ10インチ(25センチ)幅16インチ(45センチ)の
シンクはカウンターと一体型でステンレスで作ってもらいました。
カウンターの幅も18インチ(50センチ)あるので
作業もしやすくなっています。

(Before画像です)
e0178312_15504502.jpg
洗濯機と乾燥機の奥行きがあるので、
上の棚は手が届きにくかった以前のキャビネットです。
2段目より上ははしごが必要でした。
e0178312_15450239.jpg
キャビネットにもちゃんと手が届くので
収納もしやすくなりました。
カウンタートップの下はシンク下は
掃除道具を収納するためキャビネットにしましたが、
左側は空けてもらいました。
今は台所のキャビネットの中の工事が少し残っているので
ハードウェアなどの仮置きになっています。
お勝手口に仮置き場所があるのはとても便利です。
壁には電源もつけてもらいました。

e0178312_15450824.jpg
右は靴箱です。
もう少し幅の広いキャビネットも設置できたのですが、
靴箱の横に空間が欲しくてわざと少し幅の狭いキャビネットにしました。

すぐ取り出したい長い掃除道具やはしごを置いています。

e0178312_15452185.jpg
台所の方からは死角になっていて見えません。
e0178312_17302432.jpg
キャビネットは片側だけにまとめました。
壁の右下にあるのは犬用の出口です。
以前のオーナーが使っていたもので、
うちの犬は使わないのですが、
一応そのまま置いています。

天井にあるのは換気扇です。
市の建築基準で、
ランドリールームには必ず自動の換気扇をつけなければなりませんでした。

小さなスペースですが、とても機能的で使いやすくなりました。



リフォーム記事を書くにあたって、ブログのカテゴリーを加えました。

記事がお気に召しましたら応援のクリックをお願いします。
励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村


by flouribunda | 2015-12-26 07:09 | ローズ家夫婦の家 | Trackback | Comments(2)
2015年 12月 25日

クリスマスのこまごま

娘も東海岸から戻り、あっと言う間にクリスマスでした。
e0178312_17091889.jpg
今年はご近所に配るクリスマスカードと共にプレゼントしたのは
ぶどうナッツパン。
娘がビーガンを続けているので今年はクッキーは焼きませんでした。
e0178312_16595466.jpg
今年はクリスマスツリーも最後の最後。
23日に買いに行ったので
売れ残りを小さく切ってもらいました。

今年ははじめて娘が飾り付けしていました。
でももう我が家に残っているオーナメントは
毎年買っているバカラのみ。
娘「ライトもないの?」
母「もう捨てた。」
今になって自分で飾るようになるとは思わなかった。

e0178312_16581553.jpg
毎年出しているベニスのクリスマスツリーと
南仏のサントス人形はお雛様扱い。
e0178312_16592534.jpg
ジンジャーブレッドハウスも娘が自分で作る!
と言いだして一から一人で作っていました。

e0178312_16583539.jpg
一応鶏のもも肉を焼きました(主人用)が、
あとはビーガンディナー。
e0178312_16585974.jpg
デザートもビーガン焼き林檎。

クリスマスイブの午後3時ごろ、突然ご近所一帯停電になりました。
でもすぐに復旧作業がはじまり1時間ほどで回復しました。
停電になると冷蔵庫も開けられません。
でもこういうことがあるからガスクックトップにしておいて良かった。
ガスなら停電でも調理が出来ます。


今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



by flouribunda | 2015-12-25 01:07 | ローズ家のクリスマス | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 24日

ランドリールーム AFTER画像 その1

リフォーム記事は隔日投稿予定です。

過去記事はカテゴリ『ローズ家夫婦の家』
もしくはタグ『家修理』
からどうぞ。

e0178312_15505286.jpg
お勝手口も兼ねていたランドリールーム、一段低くなっていました。
多分前のオーナーの方など、アメリカ人の方は一段低くなっていても問題なく使えると思います。
でも私たちにとっては玄関の三和土のようなもの。
感覚的にこの上では必ず靴を履いていました。
娘が小さい頃はここで靴を履かせて、と便利でした。
でも靴を履いて洗濯しなくてはならないし、挙げ句の果てには躓くし、、、。

e0178312_15451375.jpg
なので今回のリフォームでバリアフリーにしました。
これがすこぶる便利です。
台所から角を曲がればすぐ洗濯機。
部屋の一部として使えます。
ドアもバスルームと同じくマホガニー材で作ってもらいました。

タイルは迷った末、主玄関と全く同じ自然石にしました。
陶製のタイルにくらべて染みやすく、強度は劣ります。
でも自然石はやはり魅力的です。
統一感をもたせるためにも同じ自然石タイルにして正解でした。
e0178312_15451702.jpg
洗濯機は24インチ(60センチ)幅、奥行き26インチ(66センチ)のアメリカではコンパクトなサイズです。
容量はスタンダードなサイズに比べて約半分です。
なるべくスタンダードなサイズを取り付けるのがアメリカのリフォームのお約束(再度売る時にその方が売りやすい。)です。
でもスタンダードは幅が27インチ(68.5センチ)、奥行きは(85センチ)なので一番便利なドアの横には置くには邪魔になります。
熟慮の結果、この際自分たちの使い勝手を最優先にコンパクトサイズにしました。

ヨーロッパでは主流のサイズ、最近はアメリカでも作っているメーカーが増えてきました。
容量は夫婦二人、時々3人の我が家には充分なサイズです。
アメリカのスタンダードなサイズだと大きすぎると常々感じていました。
容量はたとえばツインのシーツセットなら二組と他のもの少し、問題なく洗えます。
お洗濯は毎日の様にしたいので無駄がありません。
我が家はGEにしました。
音が少し大きい様にも思いますが、ヨーロッパ製に比べるととてもお値打ちです。
気に入ってます。

ただ4、5人家族だったり、クイーンのシーツセットとキングのシーツセット一緒に洗いたいなんていうのは無理。
ですから目ざとい人だったら「洗濯機が小さい!!」と気になるだろうと思います。

(Before画像です。)
e0178312_15504825.jpg
このランドリールームは屋根裏がないので照明が壁にしか取り付けられません。
(天井を下げれば可能ですが、そうすると天井高が著しく低くなります。)
以前の照明は暗すぎました。

e0178312_16492555.jpg
今回はLEDの照明にしてもらいました。
小さいのにとても明るいです。
邪魔にもなりません。
やっぱりLEDはノーベル賞級。

ちなみに問題になっていたトイレや食事などの犬のスペースもこちらに移動することが出来ました。
来客の目から死角になりますし、普段開けているドアも閉めることが出来ます。
犬もすぐ慣れてくれました。


リフォーム記事を書くにあたって、ブログのカテゴリーを加えました。

記事がお気に召しましたら応援のクリックをお願いします。
励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

by flouribunda | 2015-12-24 00:45 | ローズ家夫婦の家 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 23日

誕生日

先週末は私の誕生日でした。
その日の夜プリンストンから無事主人も戻りました。
e0178312_14284276.jpg
夜の10時頃に飛行機は着いたのに、とにかく飛行場がものすごい混雑だったそうです。
ロスアンジェルス空港混みすぎです。
クリスマス前の金曜日だから一番混む時だったのでしょうけれど。
そしておまけにフリーウェイはそんな時間にまさかの渋滞。
夜間工事だったようです。
ロスアンジェルスのフリーウェイは空いている時間なぞありません。
e0178312_14285442.jpg
そんなこんなで家に帰ってきたのは日付が変わってからでした。
車に乗ったからと連絡があって炊いたご飯も冷めちゃった。
メニューは夜遅いこともあって、お漬物とご飯でした。
e0178312_14284999.jpg
でもおかげで素敵な誕生日でした。
ありがとうございました。

今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



by flouribunda | 2015-12-23 01:25 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(2)
2015年 12月 22日

バスルーム AFTER画像 その2

リフォーム記事は隔日投稿予定です。

過去記事はカテゴリ『ローズ家夫婦の家』
もしくはタグ『家修理』
からどうぞ。


(Before画像です)
e0178312_07225941.jpg
タイルの雰囲気は好きで、我が家は他のバスルームも全て
同じサブウェイタイル(長方形)にしているので
新しいバスルームも同様のタイルを使いました。
e0178312_05552226.jpg
シャワーの出口が少し低めだったので
できる限り上に取り付けてもらいました。
私たちの身長では全く問題はありませんが、
普通のアメリカ人の体型の方だと低すぎます。
シャワーの出口に合わせてタイルも少し上まで貼ってもらいました。

シャワーシステムは水の出口が多いほど配管も余計に必要になり、
シャワーヘッドなどの部品も多くなり費用がかさみます。

我が家は最小限、水の出口は一つにして色々な高さで使えるようにしました。
私たちの身長でも使い易いように高さが変えられるシャワーバーをとりつけました。
私は立ってシャワーを浴びるのは苦手で
いつもお風呂用の椅子を使っています。
シャワーバーは立っても、椅子に座っても操作できる高さにしています。
温度調節バルブも下にしてもらいました。
シャンプーなどを置くのに便利な壁の棚も座って届く高さです。
アメリカの標準の高さよりはどれも低くなっていますが、
立っていても支障のない高さにはなっています。

一段低いところにシャワーホルダーを取り付けたのも
座ることを考えてのこと。
アメリカの方には奇妙にうつるかもしれません。
でも実は犬を洗うことも多いこちらのシャワー、
これがあるととても便利です。

水栓器具は全てGroheにしました。

同じ壁にあるタオル掛けもGroheです。
仕上げが全て同じなので統一感があります。
ただタオル掛けは好みのものがありませんでした。
実はこれはバスルーム用の手すりです。
e0178312_12463118.jpg
主寝室のバスルームを改装した時にとりつけたイタリア製のタオル掛けをとにかく気に入っています。
それを今回も探したのですが、15年前のことで廃番になっていました。
同じようなものを探していたのですが、どこに行っても見つかりません。
(下の画像は主寝室のバスルームのタオル掛け)
e0178312_12495071.jpg
気に入ったものがみつかるまで買わないでおこうと思っていたら
カタログで手すりをみつけました。
Bath Grip
もしくはGrab Barと言うらしいです。

実際に手すりに使ってもいいからと取り寄せてみると
タオル掛けでも充分通用しそうです。
しかも仕上げが同じなので
シンクの蛇口と同じ高さにとりつけてもらいました。
ちょうどシャワーの入り口でもあるので
よろけた時にも安心かも?しれません。

e0178312_05552508.jpg
シャワーとトイレの配置は変わりません。
トイレは市の規定によって
リフォーム時には排水量の少ないものに交換しなければなりません。
こちらはシンプルな規定にあったものを工務店さんにおまかせして
取り付けてもらいました。

(下はBefore 画像です。)
e0178312_07261801.jpg
以前はシンクの床はオリジナルの大理石タイル、
シャワーの床は多分水漏れか何かで、
そこだけ修理したために雰囲気の違うタイルが
入っていました。

今回はシャワーの床とシンクの床は同じ素材で
形の違うものを選びました。

シャワーの床(↑の写真)は気分的に小さいタイルでないと
落ち着かないので
(でも細かすぎると掃除が大変!)
スクエアのタイル。

シンクの床は少しはデザインを取り入れたくて
あまり見かけないランタン(提灯)シェイプ。
ちょっとでも奥行きが広く感じるよう縦に置いてもらいました。

凝れば凝るほど値段も天井知らずのタイル選び。
これが私の限界でしたが、
かなり気に入ってます。

e0178312_05553159.jpg
以前のバスルームは巾木(床と壁の間の保護のための飾り木)がタイルでした。
タイルだとどうしても違和感があります。
部屋の延長という感じにしたくて木で巾木を作ってもらいました。

実際にそれだけで随分印象が変わるものだと思いました。

リフォーム記事を書くにあたって、ブログのカテゴリーを加えました。

記事がお気に召しましたら応援のクリックをお願いします。
励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村


by flouribunda | 2015-12-22 01:19 | ローズ家夫婦の家 | Trackback | Comments(0)