ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 30日

リフォーム計画 キッチンキャビネット Home Depot と Lowes

リフォーム記事は隔日投稿予定です。

過去記事はカテゴリ『ローズ家夫婦の家』
もしくはタグ『家修理』
からどうぞ。

無事工事は終了しました。
完成後の様子も引き続き投稿予定です。
(未だ整備中です。)

IKEAの問題点はまずデザインの選択肢が少ないことでした。
次に気になってきたのはサイズの選択肢も比較的少ないことでした。
他のキャビネットメーカーは大体3インチ(約9cm)ごとにサイズ展開があります。
(カスタムはサイズの制限はありません。)
配置ができることがわかるとだんだん欲がでてきます。
今度は約10センチの違いが使い勝手に響いてくるような気がしてきました。


e0178312_11475068.jpg
1。窓側のキャビネットは窓やドアの位置からこれ以上大きくすることができません。
クックトップ(ガスレンジ)脇の引き出しはなるべく大きくしたかったのです。
シンクキャビネットから3インチ(7.62センチ)取りたい。

2。オーブンの入るキャビネットは33インチ(83.82センチ)が望ましい。
(30インチだと私が欲しい30インチサイズオーブンが入らない可能性があります。)

3。2インチ(5センチ)ちがうとかなり高さが違います。
オーブンは高くしたいのですが、アイランド全体の高さはなるべく低くしたい。

今度はなるべく沢山のキャビネットメーカーを見たいと大手のホームセンターに行ってみました。


Home Depot

アポイントメントを取って行きました。
すぐに予約がとれました。
取り扱いの会社はカスタムの高級なキャビネットメーカーから、もう出来上がっている安い製品まで
取り扱っているのは10社ぐらいあったでしょうか。
でも私が望んでいる外枠のないヨーロピアンフレームは1社だけでした。
(話が早い。という利点はありますね。)
IKEAの図面を持って行き、希望のサイズに直して見積もりをお願いすると、
その場で約20分で計算してくれました。
お値段はIKEAに比べると20%〜30%ぐらい高いような気はしましたが、ドアのデザインは選択肢が多く、サイズもかなり自由です。少なくとも私の希望のサイズは叶うようでした。
ただ、かなり大雑把な見積もりでした。
思わず「こんな大雑把でいいの?」と聞いたところ、キャビネットのタイプ(引き出しかドアか)サイズと数、ドアのグレードが変わらなければ、値段は変わらないと言われました。
簡単すぎるような打ち合わせ。
多分見積もりの段階ではそれほど時間を割きたくないのでしょう。
フォローアップの問い合わせも何もありませんでした。

Lowes

アポイントメントを取りましたが、かなり取りにくく、2週間後を指定されました。
品揃えはほとんどHome Depotと変わりません。
やはりヨーロピアンフレームは一社だけ、それもHome Depotのキャビネットメーカーの方が選択肢が多いように思いました。(IKEAよりは充実しています。)
こちらでは30分ぐらいかけて私の話をよく聞いてくれました。
(IKEAの図面を持って行きました。)
でも見積もりはまたもや2週間後。
(最近忙しいのだとか。)
2週間後に訪れると、見積もりは私が相談したデザイナーではなく、
その助手の人が作成していて、打ち合わせもその人とデザイナーと3人でした。
でもかなり凝ったキャビネットの組み合わせだったので、デザイナーの人は理解していたのですが、見積もりは明らかに助手の理解不足でした。
その場で最初のデザイナーがやり直してくれて、なんとか見積もりを出してくれましたが、
こだわりの強いデザイナーで、私が欲しいと思っているサイズに一つ一つアドバイスをくれます。
こちらが説明しなくては納得してくれない場面の方が多かったように思います。
かなりサイズ的にも制約が多いのに値段もHome Depotよりさらに1−2割高いものでした。
(見積もりが細かったからかもしれません。)
キャビネット選びはデザイナーとの相性もあるのでLowesは無理だと思いましたが、
打ち合わせは時間をかけてくれたので自分の考えを整理するにも役立ちました。
時間をかけてくれた分フォローアップもあり、お断りするのが少し申し訳なかったです。

リフォーム記事を書くにあたって、ブログのカテゴリーを加えました。

記事がお気に召しましたら応援のクリックをお願いします。
励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村



by flouribunda | 2015-11-30 00:37 | ローズ家夫婦の家 | Trackback | Comments(2)
2015年 11月 29日

2015 Thanksgiving こまごま

21日土曜日に私たちは帰宅し、
娘は24日の火曜日に帰宅しました。
なんとか娘が戻るまでに台所を使えるようにせねば、
と掃除と片付けに明け暮れました。
今更ながら、引越しって、荷物をまとめるのは比較的簡単ですが、
(それでも8月後半は大変だと思っていましたが)
新しいところにしまうのが数倍大変だと実感しました。
覚えておきたいと思います。

とにかく娘が帰って来た日までになんとか
台所は使えるようになりました。

e0178312_14313333.jpg
パンも焼けました。
=新しいオーブンの使い方を習得した。+パン焼きに必要なお鍋も出てきた。



e0178312_14314725.jpg
娘到着翌日の朝ごはんです。
ダイニングもなんとか座って食べれるように片付きました。
足元は写せませんが。
e0178312_14315308.jpg
夜は久しぶりにムービーナイト。




それなりに良いと聞いていたので
この映画にしたのですが、かなりハチャメチャでした。
それでもコリン・ファースは好きなので
なんとか最後まで。
e0178312_14321257.jpg
感謝祭ディナーも一応完成しました。
私の担当は🐔
(七面鳥は食べきれないので今年も鶏にしました。)
とスタッフィング、かぼちゃ。


e0178312_14333825.jpg
娘担当のケールのサラダとクランベリー。


e0178312_14322480.jpg
買い置きのりんごが4つしかなかったのですが
ちゃんとアップルパイも作ってくれました。


e0178312_14344758.jpg
翌朝のオープンサンド。
今年は鶏をあらかじめさばいてマリネしてから焼きました。
レフトオーバーも美味しいコールドカットになりました。


久しぶりの家族3人楽しい時間はすぐに過ぎてしまいました。
土曜日の今日、主人はプリンストンに戻りました。

娘はあと1週間お休みです。
私は再度家族が集まるクリスマスまでに改築工事の総仕上げです。






今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



by flouribunda | 2015-11-29 15:03 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(2)
2015年 11月 24日

プリンストン最終週

パサデナに無事戻りました。
台所もほぼ期待通り、それ以上に出来ていて大満足、ではありますが、
とにかく片付けるのに必死です。
普段でも2ヶ月家を空けると用事がたまるのですが、
それに加えて改修工事だったので最初はどこから手をつけていいか?状態。
でもなんとかゴールが見えてきました。

なので写真を撮る余裕もなく、まだプリンストンの話題で悪しからず。

プリンストン滞在最後の週は前週土曜日から火曜日まで主人は2泊4日の日本出張でした。戻ってきてから3日間のお弁当e0178312_11235205.jpge0178312_11234958.jpge0178312_02041108.jpg
実は感謝祭の連休が終わるとまた一人プリンストンに3週間戻る主人です。「お昼ご飯の時に皆に(奥さんに逃げられたな)って思われるだろうなあ。」って、、、。ごめんね〜。逃げたよ。寒いのは苦手で、、、。
e0178312_11231618.jpg
さすがに最後の週はどこも葉が少なくなって寒々とした景色でしたが(それでも最後までかなり暖かかったです。)研究所の前の並木は赤い実がびっしり、、、。何という木なのでしょう、綺麗でした。
e0178312_11230856.jpg
アパートで最後の夕食。食材消費にはカレーが便利です。
余ったお野菜煮込んでスパイス効かせればカレーの出来上がり。
最後の週はパンとご飯の冷凍食品をたくさん作っておきました。

出発前日はお掃除をして、借りていた車を返し、
夜はお招きを受けたので出かけました。

出発は朝8時の飛行機ですが、西海岸とは時差があるのでお昼には到着。
ロスアンジェルスで飛行機を降りた第一声が「暑っ!!」でした。

全く関係ない話ですが、この動画。目頭が熱くなってしまいました。


多分主人は私が作ったのあてられると思いますが(思いたいですが)、娘はどうかな〜?
私はきっと母の作ったのはあてられそうな気がします。


今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村




by flouribunda | 2015-11-24 00:58 | ローズ家IN PRINCETON '15 | Trackback | Comments(6)
2015年 11月 23日

リフォーム計画 キッチンキャビネット IKEA と SEMIHANDMADE

リフォーム記事は隔日投稿予定です。

過去記事はカテゴリ『ローズ家夫婦の家』
もしくはタグ『家修理』
からどうぞ。

無事工事は終了しました。
完成後の様子も引き続き投稿予定です。
(未だ整備中です。)

IKEAのキャビネットで私が望んでいるおおよその配置が出来ることはわかりました。
(色も違いますし、かなり省略している部分もあります。)
e0178312_03245865.jpg
図面ではソフトウェアが作らせてくれなかったのですが、
オーブンキャビネットはその上のキャビネットと位置を交換できることはお店の方に確認しました。

IKEAのキャビネットは機能的にはとても優れていて、耐久性にも問題がないように思えます。
実際に購入された方にも見せていただきました。
アイデア次第で組み合わせも数多く、カスタムに近い配置も可能だと思いました。
そして何と言っても品質にくらべてコストパフォーマンスがすこぶる良いと思います。

それでもすぐ購入というわけにはいきません。
実際に購入するには解決したい問題もあります。
時間はまだあるのでまず下調べをすることにしました。

まず一番気になっていたのはデザインの選択肢がとても少ない。

大量生産なのでしょうがないのですが、素材、色の選択肢が他のキャビネットメーカーに比べて圧倒的に少ないです。
我が家がモダンな家だったり、気に入ったと思えるデザインがあれば問題なくIKEAで買ったかもしれないのですが、
残念ながらそうではありませんでした。

中身(構造本体)はいいのに、、、と思っていたら、
皆考えることは同じなのでしょう。

こんなお店がありました。
SEMIHANDMADE

なんと中身はIKEAで買うことを前提にして、外側のドアやパネルなど外見全てを注文製作してくれるというお店です。
IKEAがなかったら成り立たない?お店。
前にもご紹介したApartment therapyというサイトの記事でみつけました。
この記事はとても参考になりました。
色々調べてみると、こちらで作ったキッチンの話がよく出てきます。
多分、中身をIKEAで、外は違う会社で、なんていうのはかなりこだわりを持った人達ばかり。
完成例もとても素敵なキッチンばかりでした。

そしてなんと都合の良いことに、本社は隣町にありました。

早速ショールームに行ってみると、想像していたのとかなり違う。
多分、ほとんどオンライン注文なのでしょう。
サイトは充実していますが、ショールームはとても小さい事務所でした。
それでも実際に色々なサンプルが手にとって見られるのは良かったです。

IKEAのドアとSemihandmadeのドアの一番大きな違いは厚みでした。
たった3mmぐらいの違いなのですが、それがかなり重厚感があり、高級感を醸し出します。
でもお値段も1、5倍以上、グレードによってどんどん跳ね上がります。
やっぱり高いのをみると、素敵でキリがありません。

早速IKEAの図面を見せて、見積もりをしてもらいました。

すると窓側のキャビネットは全く問題がないのですが、
アイランドが凝った作りになるために、かなりお高くなることがわかりました。

アイランドはオーブンの高さを高くするのと、アプライアンスガレージを設けるためにキャビネットを組み合わせてあります。さらにそれに加工も必要になってくるため、外側のパネルも既成のサイズ外だったり、中が見えるアプライアンスガレージは特注キャビネットを作らなければならなかったり。

そういう既成サイズ以外のことをするとお値段は天井知らず、、、。
カスタムキャビネットと変わらないお値段になってしまいました。
それでは中身をIKEAにする意味もなく、カスタムキャビネットであればキャビネットメーカーのデザイナーに全て任せてしまうほうが間違いがありません。

キッチンキャビネットをなるべく安く、しかも高級感をもたせるためにSemihandmadeで製作してもらうのはかなり上級者、もしくはデザイナーを雇った人向けだと思いました。

でもIKEAのキャビネットや家具のドアの部分だけを1個からでも製作してもらうのも可能だそうで、それなら今後使えるかもしれません。

リフォーム記事を書くにあたって、ブログのカテゴリーを加えました。

記事がお気に召しましたら応援のクリックをお願いします。
励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村












by flouribunda | 2015-11-23 00:26 | ローズ家夫婦の家 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 22日

プリンストンのこまごま

もう9月の初めから滞在していたプリンストンから自宅に戻る日となってしまいました。
盛りだくさんの滞在でしたので瞬く間に時間が過ぎました。

e0178312_04195871.jpge0178312_04200174.jpg
何度か研究所の食堂でもお食事をいただきました。
これはパーティの時の前菜とデザート。
はじめてジャーサラダというものを食べましたが、こうやって個々に出すのはパーティの時にはいいですね。
「説明があるまでジャーには触らないでください。」と最初にお触れがでました。

デザートはスモークを閉じ込めたスモア。
メレンゲを焼いてすぐにワイングラスをかぶせるとこーなるのかな?やってみたい。

さすがにかなりの腕前のシェフが食堂を任されているようで
何を食べても美味しかったです。

e0178312_04201545.jpg
研究所主催の会議のイベントがプリンストン大学の講堂でありました。
理論物理学者ブライアングリーンさんのアインシュタインの相対性理論誕生100周年記念講演です。
講演といっても劇仕立てになっていました。
舞台は最先端のアニメーションで彩られ、彼がナレーションを担当します。
約1時間半の間、台本も見ずに、舞台の上で滔々と語ります。
その合間にアインシュタインと当時の関係者の実語録からのセリフをもとに作られた劇を3人の役者さん達が演じました。内容は素人には少し難しいとはいえ、その舞台の完成度に圧倒されます。
映像でなくても、深淵な宇宙の姿がとても魅力的に表現されていました。
ブライアングリーンさんの一般講演の舞台をみたのはこれで3回目。(前回はアスペンで。)
見るたびに役者さんとしても進化しているような気がします。

e0178312_04200816.jpg
その翌日は研究所でジョシュア・ベルさんの演奏付きドキュメンタリー映画の試写会がありました。

e0178312_04205504.jpg
ビールの試飲。主人と分けたのですが、また途中で味がわからなくなります。
テイスティングというのは私には意味がないような?
プリンストン大学の日本人研究者の集いに混ぜていただきました。

e0178312_04205000.jpge0178312_04020449.jpg
スーパーマーケットでBLUE HILLのヨーグルトを買ってみました。
試してみたのはButter nut squash, Sweet potato, Carrot, Tomato, Beet。
どれもほとんど甘くなく、ソースにも使えそうです。
優しい味のお野菜ヨーグルト。面白いことは面白い。
でも2個で5ドル。ん〜、これを続けて買う人はいるのかな?
健康志向の家庭なら、子供に買うかも?と思ったのですが、どれも塩分が1日の摂取量の8%ぐらい入ってます。
良くみるとオーガニックでも、なんでもない。
(もちろん原材料には自然素材のみの記載でした。)

e0178312_04204582.jpg
この季節は2、3日おきぐらいにブローワーで枯葉のお掃除をしています。
そして巨大な掃除機のようなトラックで集めます。

e0178312_04020174.jpge0178312_04493577.jpg
それでも間に合わずに各家の前の道路脇に落ち葉はうず高くつまれていき、、
夜運転していると突っ込みそうになります。
南カリフォルニアでは落ち葉といってもたかが量はしれているので、
こんなに大量の落ち葉が出るとは想像していませんでした。
落ち葉の次は雪なんでしょうね。
東海岸は新陳代謝激しいです。

e0178312_04203382.jpg
綺麗な風景の中に暮らすのも色々あるんですね。


今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



by flouribunda | 2015-11-22 00:17 | ローズ家IN PRINCETON '15 | Trackback | Comments(6)
2015年 11月 21日

リフォーム計画 改修工事規模

リフォーム記事は隔日投稿予定です。

過去記事はカテゴリ『ローズ家夫婦の家』
もしくはタグ『家修理』
からどうぞ。

今現在進行中の改修工事につきましては
今後引き続き投稿予定です。

9月に大工さんに初めて相談した時点で、すでに間取りを変えたい要望を伝えました。

相談した結果、間取りを変えずにリフォームした場合にくらべて工事の規模が大きくなるので、
工務店に取り仕切ってもらわないといけないとのこと。

私たちがいない間に作業をしていただくということで、必ずこれまで色々お仕事をお願いしていた大工さんにはお任せしたいと思っていました。
その大工さんにご存知の工務店を紹介してもらい、大工さんが出来ない大掛かりなお仕事を工務店さんにお願いするということにしました。

その上、台所のプロジェクトを進めるためには設計士にお願いして設計図を書いてもらい、市の工事許可を取らないといけないとのこと。

そこまでやるのであればこのチャンスに
バスルーム(Before 画像)
ランドリールーム(Before画像)
の改修工事も同時にすすめることにしました。

アメリカのリフォームあるある、どんどん工事の規模が大きくなる、です。
実際に計画した改修工事は下の図の範囲です。
e0178312_02171067.jpg

我が家は築年数(ほぼ90才)がかなりたっています。
とにかく次から次へと何かと具合が悪くなります。
そのため毎年のように何かしらメインテナンスが必要なのですが、
それが少しでも楽になるのであれば先行投資も悪いことではありません。

上手くリフォームすれば家を売却する際にも元が取れると言われるアメリカ。
それだけに全く自分の好みだけでリフォームすることはできませんし、
規模が大きくなるとリスクも大きくなります。

しかし良い機会ですのでチャレンジすることにしました。

とはいっても気が小さい私たちです。
ランドリールームとバスルームは壁もこわさないで、なるべくシンプルに中身を変えるだけにしました。

そうやってキッチンのキャビネットに加えてランドリールーム、バスルームのキャビネット選びも加わりました。
ランドリールームはキャビネットをいくつか組み合わせなければいけないので、再度IKEAにお世話になりました。
(買ったのは違うところでしたが。)

e0178312_11211639.jpg

ネットは本当に便利です。
Houzzにランドリールームとバスルームのサーチが加わり、すぐにイメージに近いものが見つかりました。

きっとここにその画像を貼るといけないのでしょうね。
リンクをはりました。
ご興味のある方はどうぞ。

ランドリールーム
バスルーム

でもわがままな私たちは今回はデザイナーを頼まなかったので自分たちで形を実現しなければなりませんでした。
さて上手くいくのでしょうか?

明日自宅に戻ります。写真では見ていますが、実物とご対面です。

リフォーム記事を書くにあたって、ブログのカテゴリーを加えました。

記事がお気に召しましたら応援のクリックをお願いします。
励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村










by flouribunda | 2015-11-21 00:49 | ローズ家夫婦の家 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 20日

結婚記念日

先週は結婚記念日でした。
e0178312_03300479.jpg
今回の滞在では週末ごとに結婚記念日ディナーしていたので、
当日は宿舎でヘルシーお家ディナー?
というか買い物にも出かけず、お家にあるもので、適当。

写真も満足に取れませんでした。
ま、毎日がHappy Unanniversaryということで、、、。
(なんでもない日おめでとう!とは良く言ったものです。)
e0178312_03303242.jpg
Stone Barns Centerに行った時に教えてもらった人参の葉のペストソース。
作り方はバジルのペストソースと一緒です。
同じように使えてとても便利で美味しいです。
e0178312_03301549.jpge0178312_03394271.jpg
デザートは卵一個で、牛乳もなかったので代わりにカシューナッツミルクでシンプルなスポンジケーキを一応作ってみました。
焼型もなかったので陶器のバター入れのフタをひっくり返してパーチメントペーパーをしいて焼いてみました。
形は?ですが、味は軽くて美味しいケーキでしたよ。
お砂糖もブラウンシュガーしかなかったので、ミルサーで粉砂糖にして使いました。
な〜んだこうやったらちゃんと使えるんですね。
卵白を泡立てるにも全く問題無しでした。
そのままでも和三盆のようでこれは使えそうです。

これから粉砂糖は買わなくてもいいと思いました。

何も特別なことをしたわけではありませんが、
静かに幸せな記念日でした。


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村





by flouribunda | 2015-11-20 00:22 | ローズ家IN PRINCETON '15 | Trackback | Comments(13)
2015年 11月 19日

リフォーム計画 IKEAはとても役にたちます。

リフォーム記事は隔日投稿予定です。

過去記事はカテゴリ『ローズ家夫婦の家』
もしくはタグ『家修理』
からどうぞ。

今現在進行中の改修工事につきましては
今後引き続き投稿予定です。

今回のリフォームで欠かせないのはなんといってもIKEAの存在です。
最終的にはお世話になったほどお買い物しなかったかもしれませんが
キャビネットのレイアウトの完成はIKEAなくして不可能だったかもしれません。

私が図面で考えていたプランが本当に実現できるようなものなのかどうか、
そしてどの位の値段でできるようなものなのか、
全く見当がつかなかったので、まずIKEAを訪れてみようと
思ったのが最初でした。

そしてこういう便利なソフトを無料で使えることがわかりました。

IKEA PLANNING TOOL(アメリカのサイトです。)
日本のサイトはこちら(日本語)です。

今まで自分で図面を書いてあーでもない、こーでもないと平面図で考えていたのが
これを使うと3Dで瞬時に見せてくれます。
そして使い方もかなり簡単。
にわかキッチンデザイナーの気分を味わえます。

e0178312_08283869.jpg

部屋の色々な寸法を入れて、IKEAのキャビネットから好きなキャビネット選んで置いていくだけです。
あらかじめ決まっている電化製品などは自分で寸法を入力します。
IKEAで売っている電化製品であれば寸法はすでに分かっているので置くだけです。
e0178312_08352571.jpg
横から見たところ、wallキャビネットの高さやキャビネットの色、
仕様などもIKEAの商品であれば自由自在に変えることができます。
e0178312_08353258.jpg
3D画像にするのも簡単です。
壁の色や床の色まで変えることが出来、
360度どの方向からも見ることができるのでイメージがとっても掴みやすいのです。
もちろん見積もりもすぐ。
使ったキャビネットのリストと値段が同時に表示されています。
グレードの違うキャビネットにするといくら違うか、
引き出しを増やしたり減らしたりするといくら違うか、
など細かい疑問も瞬時に解けます。

使えるようになるとものすごく楽しい夢が広がる妄想ワールド。

キッチンキャビネットだけでなくIKEAの家具なども図に足すことが出来ます。
今もっている家具と似たようなサイズの家具をさがして
図に足してみるということも可能です。

さすがにそこまで使いこなすには1日かかりましたが、
PC慣れしていないアラフィフの私が1日でほぼ完璧に使いこなせるようになりました。
相当優秀なソフトウェアだと思いました。
こんなことが素人に簡単に出来てしまう、
しかも無料なのですから、大変な世の中ですね。

そして私が考えていたキャビネットのレイアウトが
少なくともIKEAの商品では可能だということがわかりました。

それからはその図面を工務店、設計士との打ち合わせにも叩き台として使いました。

キャビネットを探す時にも、担当者に説明するために持参して、とても助かりました。

IKEAの商品は自分で組み立てることが前提なので、
引き出し一つ、棚一つから買うことができます。
それらの組み合わせも何通りもあります。
一つのキャビネットで引き出しの深さを変えたり、
ドアの枚数を変えたり、キャビネットの高さを変えたり、
アイデア次第でかなりカスタムに近づけられるのです。
この知識はとても参考になりました。

キャビネットメーカーによってはIKEAで出来ることが出来なかったり、
反対にIKEAでは出来ないことが出来たりします。
IKEAの仕様や見積もりを基準に考えることが出来たので、
最終的に自分に一番合ったキャビネットメーカーを探すことが出来ました。

IKEAでキャビネットを購入する、しないに関わらず、
キッチンリフォームを考えていらっしゃる方にはとてもオススメです。

ちなみにこれを使われるなら部屋の大きさだけでなく、
細かい窓やドアのサイズ、部屋の凹凸などもしっかり測って最初に入力して下さい。
しかも隣り合った部屋があるならそこまで含めた方が断然わかりやすいです。

きっちりとまず部屋の正確な見取り図を作って、
保存してから先に進んでください。
その先はやりたい放題、絶対はまりますよ。

横着な私は、最初いい加減にキャビネットを置く場所の大体の大きさを測って入力しただけで始めてしまいました。
すぐに後悔しました。全くいくつになったら学ぶのでしょう?



リフォーム記事を書くにあたって、ブログのカテゴリーを加えました。

記事がお気に召しましたら応援のクリックをお願いします。
励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村



by flouribunda | 2015-11-19 00:54 | ローズ家夫婦の家 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 18日

最近のお弁当

毎回変わりばえのないお弁当です。
写真がたまってしまったので一度にのせます。
e0178312_21495427.jpge0178312_21495820.jpge0178312_21500198.jpge0178312_21500536.jpge0178312_21500843.jpge0178312_21501168.jpge0178312_21501305.jpge0178312_21501609.jpge0178312_21501915.jpge0178312_21502367.jpge0178312_21502786.jpge0178312_21503673.jpge0178312_21503350.jpge0178312_21503036.jpge0178312_22120726.jpg
研究所ではアメリカにしては美味しいカフェテリアもあります。
でも毎日お弁当を持って行ってくれました。感謝です。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



by flouribunda | 2015-11-18 00:48 | ローズ家IN PRINCETON '15 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 17日

リフォーム計画 キッチンレイアウト原案作り

久々のリフォーム記事の更新です。
なるべくリフォーム記事は隔日投稿予定です。

過去記事はカテゴリ『ローズ家夫婦の家』
もしくはタグ『家修理』
からどうぞ。

今現在進行中の改修工事につきましては
引き続き投稿予定です。

2014年夏のお話です。
間取りを変えることにし、キッチンのレイアウトを考えはじめました。
秋に大工さんに相談する前にあらかじめ工事の規模を考えておかなくてはなりません。

お金をかけてリフォームするのですから、
使いにくいと思っていた台所の問題はなるべく全て解決したいと思いました。

台所のつかいにくさを考える

の過去記事で書いていたようにキッチンのレイアウトで問題になっていたのは

1。オーブンの位置
クックトップの下にありました。

2。動線が長い 4。台所が通り道になっている

元の台所の見取り図です。

e0178312_07380862.jpg
中央に作業台を置いていました(図では省略しています。)。

3。上のキャビネットが多い。

e0178312_08152396.jpg
でした。

5。犬のスペース
これは間取りを変えることですでに解決しました。


これらの問題を解決すべく、キャビネットや器具をいろいろと置き換えて、シュミレーションを重ねました。
新しい間取りの台所では、このようなレイアウトにすれば、
5つの問題は全て解決できるかもしれないということがわかってきました。
e0178312_07363770.jpg
詳細は出来上がりをご紹介する際になりますが、

1。キャビネット配置の工夫によりオーブンは高さをあげることが出来ます。

2。動線は私が調理中に動く面積を約半分にすることができます。

3。上のキャビネットは30インチ(75cm)幅X30インチ高さX15インチ(32、5cm)深さを1個だけとりつけることにしました。このキャビネットの一番上の段だけが踏み台なしで届かないのですが、工夫次第で踏み台を常備しなくてもすむかもしれません。

キャビネットスペースは以前の台所よりも24インチ(60cm)X24インチX24インチのキャビネット1個分増えます

カウンタースペースは以前の台所よりも10平方ft(約0.9平方m)増えます。

4。別通路が出来たことで台所が独立したので台所は調理専用になります。

そのほかにも絶対に私が譲れなかった点

クックトップが外壁に面している
シンクとクックトップが同じサイドにある。
アプライアンスガレージ(カウンタートップの上に細かい電気調理器具のための専用庫)がある。

などもクリアしそうです。

この案も細かな問題がないわけではありませんが、
どうやら少なくとも図面上では可能ということがわかりました。


リフォーム記事を書くにあたって、ブログのカテゴリーを加えました。

記事がお気に召しましたら応援のクリックをお願いします。
励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村







by flouribunda | 2015-11-17 00:15 | ローズ家夫婦の家 | Trackback | Comments(6)