ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2015年 04月 30日

丸ごとベジまんじゅう

これを本でみた時、「すごい!」と思いました。
もしかしたら日本の人は皆知っていて、私だけが知らなかった?
と思ったぐらい、とんでもなく簡単なレシピ、そして美味しい。
なぜ今まで知らなかったのでしょう。

e0178312_09463101.jpg
蒸してつぶしたかぼちゃ(もちろん電子レンジで)で白味噌、すりつぶしたくるみ、柚子の皮少々で作った餡を包み、お団子にします。それに片栗粉をまぶして蒸し器で蒸すだけ! だけ!
e0178312_09465405.jpg
包むかぼちゃに粉も味付けも無し。そのまま。白味噌くるみ餡が優しく馴染んで、ちゃんとお饅頭になります。
粘り気の少ないかぼちゃだったからか蒸している間に割れてしまいましたが、そんなことは味には関係無い。
e0178312_09464259.jpg
さつまいもでも作ってみました。餡は自己流。とはいえデーツを刻んだだけ。
デーツの甘さが引き立つようにさつまいもには塩少々。
e0178312_09464510.jpg
片栗粉のおかげで見事に艶やかなお饅頭。
蒸してすぐは片栗粉がひっつきやすいですが、粗熱がとれると手にもひっつきません。
蒸しあがってすぐ食べたくなるのですが、5分我慢しましょう。

こちらの本を参考にしました。




今日もご訪問ありがとうございます。
最近我が家ではカノウユミコさんを「先生」と呼んでいます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村





by flouribunda | 2015-04-30 09:48 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 29日

ドライドトマトを使ったトマトソースとローフードパスタ

娘がいた頃は必ずトマトソースをたくさん作って冷凍庫に常備していましたが、
最近はめっきりトマトソースの出番が少なくなりました。
そんなこの頃、いいタイミングでローフードのトマトソース作りのテクニックを知りました。
e0178312_09061996.jpg
ドライドトマトを水かオイルでふやかして、
生のトマトとミキサーで撹拌して味付けしたら出来上がりというトマトソース。
ふやかす手間を省略するために最近はドライドトマトのオイル漬けを冷蔵庫に常備しています。
すでにオイル漬けになったものも売っていますが、
乾燥ドライドトマトを自分で漬けた方が断然安いし、
小瓶で作れます。
ついでの時ににんにくも放り込んでおきます。
ついでの時というのが大事。
e0178312_09063110.jpg
そのドライドトマトと生のトマトをミキサーで混ぜると
オイルとにんにくが入ってちょっと乳化したトマトソースになります。
トマト1−2個につき約大さじ1ぐらいのオイル漬けドライドトマト。
これは好みで少なくしたり、多くしたりしてくださいね。

e0178312_09064598.jpg
もちろんそのトマトソースをあたためたら普通のパスタソースになりますが、
せっかくの生トマトソースなのでローフードのパスタ。
ズッキーニの薄切り。
もちろんピーラーで楽々。


この時はチーズソースもどきを作りました。

e0178312_09063520.jpg
ええっ?こんなもの本当に美味しいの?と思う方もいらっしゃると思いますが
(実は私も試す前は半信半疑でした。)
私はハマりました。主人にも食べさせてみたら、かなりお気に召したようです。
お野菜好きな方だったら、騙されたと思ってお試しを!

ちなみに上からふりかけてあるのはパンプキンシードを粉末にして塩を少し混ぜたもの。
ローフードのパルメザンチーズ。
少量のソースを作るのは絶対ミルサーが便利です。
氷など固いものが入れられなかったのが不便でしたが、
新商品が出て可能になったとのこと。欲しい!!

今日もご訪問ありがとうございます。
というわけで作り置きしなくても好きな時に好きなだけ簡単に作れるようになりました。
よく考えたらこのお料理、包丁も使わなくていい。
子供にも簡単にできるでしょうが、
年をとってからもいいかもしれない?


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村





by flouribunda | 2015-04-29 00:10 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 28日

玉ねぎを炒めなくても手作りカレーとタンドリーチキン

インド料理のクラスで作ったレシピを自分流にアレンジしました。
前回は鶏の胸肉で作りましたが、今回はエビ。
e0178312_03195377.jpg
まずヨーグルトでお肉をマリネするのですが、そのまま焼いて塩胡椒すれば
タンドリーチキンです。
Cpicon ローズ家のタンドリーチキン by ローズ家の台所
今回は鶏はカレーソースで煮ないで焼いただけにしました。
さっぱりジューシーで美味しいです。

そして代わりにカレーソースで煮たのは同じくヨーグルトソースでマリネして焼いたエビ。
香りが良くて、また違う美味しさです。
下のレシピは鶏で作った時のものです。
Cpicon ローズ家のティッカマサラ by ローズ家の台所
e0178312_03194473.jpg
手作りでカレーというと以前は「まず玉ねぎいためなくっちゃ」と思っていました。
玉ねぎ炒めを冷凍庫に常備していた時もありましたっけ。
でもこの本を買って、その呪縛がとけました。
インド料理を作る時に、いつもスパイス使いを参考にしている本です。




ベジタリアンのカレーの本だからなのか玉ねぎ炒めなんてまず出てこない。
最初にサッと炒めて、、、ぐらいは出てきますが、飴色になるまで、、、なんて絶対ありません。
なんだか簡単にスパイスだけ入れればそれなりに出来ちゃうな、と思っていたら、玉ねぎの過程がなかったのでした。

確かに玉ねぎを炒めて使って美味しかったことはこれまで何度もありましたが、
最近はめったにそこまですることがなくなりました。
お肉を使うことが少なくなってきたから、ということもあるかもしれませんね。

でも呪縛がとけたらインド料理を作るのがなんだかより楽しくなってきました。
手がこんでいそうで実は簡単、そこがいい。

今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村




by flouribunda | 2015-04-28 00:10 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(2)
2015年 04月 27日

Ex MachinaとWatsonのCook Book

先週公開になった『Ex Machina』を観てきました。
このトレイラーを観ると全てわかってしまうような少し単純な内容でしたが、
娯楽映画としてはなかなか楽しめました。

人工知能を持つ主人公?の女優さんがとにかく綺麗で魅力的でした。

ただ同じ人造人間でも『ブレードランナー』のような斬新さや迫力はありません。
それだけ身近になってきて、ありえそうな話だからそう感じるということもあるかもしれません。

昔の映画ですが、近未来を描いた『Gattaca』を思い出しました。
でも私のお気に入り『Gattaca』の方が豪華キャストでストーリーも映像も数段面白かったです。
人間が作る人工知能だからこそ、考えることは人間と同じ。
まずは人の気持ちを理解することが出来ないと怖いことになるかもしれません。
いつの世でも同じですね。

そして先日発売された、現在の人工知能Watsonが作った料理本を買ってみました。
使う材料のアイデアをWatsonが出し、実際にレシピを作ったのは現役のシェフだそうです。

しかし、これが全く使えない。お見事なぐらい。
こんなまとまりのない料理本を見たのは初めてでした。
材料は多いし、揃えるのも大変。料理の傾向はバラバラ。
アマゾンでなく本屋さんで見たら絶対買わないかも、、、。
e0178312_03453001.jpg
確かにものめずらしいかもしれませんが、珍しすぎ。
このレシピを使って誰がお料理しようという気になるのでしょう??
きっとWatsonのPR本だからそれで良いのでしょうが、
私が生きている間は台所は譲らなくても良さそうです。

でもせっかく買ったから、一つぐらいは頑張って作ってみましょう。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村




by flouribunda | 2015-04-27 00:10 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 26日

豚肩ロースの低温焼きとTartine Bakery

先日作ってみた低温のオーブンで一晩中焼く豚肩ロース
とても美味しかったので今度は中の具を変えてつくってみました。
e0178312_02321898.jpg
とにかく何かを巻いて(巻かなくてもきっと美味しいはず。)
崩れないようにタコ糸を巻いて焼けば
どんな風に作っても美味しくなりそうです。
かなり柔らかくなるので必ずタコ糸で巻いて
アルミホイルで肉汁が逃げないように包みます。
それを耐熱皿の上に置いて220℉(105℃)で8時間から10時間。
寝る前にオーブンに入れて朝出来上がっています。
ホイルのまま冷まして粗熱がとれたら冷蔵庫で休ませます。
夜はスライスして裏表香ばしく焼けば出来上がり。
ソースはホイルの中に残っている肉汁(冷やして固まっている脂は取り除いてください。)
に適当にワインやケチャップ、ソースを入れて煮詰めればご馳走になります。

今週は肌寒いぐらいの南カリフォルニアです。
朝オーブンが温かいのが気持ち良いという不思議な天気。

e0178312_02321142.jpg
メインがしっかりしたお肉なので前菜はローフードのタルタルステーキ風。
とシンプルなフェンネルの薄切りサラダ。
タルタルはビーツ、ピスタチオ、アボカド、マスタードで作ります。
お肉と間違える人はいないと思いますが、
ナッツとアボカドのコクで美味しい。

e0178312_02320338.jpg
デザートはこれまたローフードのキャロットケーキ。
キャロットケーキ好きの私にとって食べたい時に食べたい量だけ作れるこのデザートはとっても便利です。
ほかの方の口に合うかどうかは別問題ですけれど。
ワインはNaked WineでオーダーしたBarolo。
注文してワインをその都度アプリで評価すると、
段々と好みを把握してくれるようになってきました。
オーダーの失敗(好みじゃなかったり)が少なくなってきたような気がします。

豚肩ロースの焼き方はこの本を参考にしました。

下の画像をクリックすると日本のアマゾンサイトに行きます。

下の画像をクリックするとアメリカのアマゾンサイトに行きます。


サンフランシスコに本店がある有名なベーカリーですが、
いよいよ全米展開、そして日本にも進出するそうです。
LAでも買えるようになるのは嬉しいですが、
今まで多角化経営になったベーカリーは必ず味が落ちたような気がするのでなんだか心配。

今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



by flouribunda | 2015-04-26 00:10 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 25日

最近のお弁当

e0178312_02523613.jpg
肉巻エリンギとCpicon ローズ家のカブの葉いため by ローズ家の台所
e0178312_02523953.jpg
ヨーグルティアで低温調理した(味をつけないでただ煮るだけ。)豚フィレと半熟卵を甘辛ダレで一晩漬けたもの。
主「柔らかくって美味しかったね〜。ロージーも(犬)食べたかったでしょ。」
(アラフィフ夫婦の会話には犬も当然参加します。)
私「、、、、。」(もうすでにロージーは食べている、、、。)
e0178312_02524531.jpg
先週出張した時の機内食弁当。肉巻おにぎり。
e0178312_02524297.jpg
鶏の照り焼き弁当。
Cpicon ローズ家のお弁当 照り焼きチキン by ローズ家の台所
最近は蜂蜜を常備していないので、もっぱらメープルシロップで代用。
別に他意はなく、メープルシロップか蜂蜜かどちらかあればよいので。
今あるメープルシロップがなくなったら久しぶりに蜂蜜を買いましょう。
e0178312_02524957.jpg
春はやっぱり豆ご飯弁当。

今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



by flouribunda | 2015-04-25 00:10 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 24日

木の芽ごはん

お庭に植えて2年の山椒の木。
まだまだ細い木なので葉っぱをとるのは可哀想、それでも春の食卓には欠かせないので少しずつ使っていました。
でもお友達のブログで木の芽のおにぎりを見たら、もう耐えられない。
絶対美味しいはず!!とかなり大胆に摘んできました。
e0178312_01591505.jpg
本当はもっといっぱい使いたいところですが、多分今年はこれで精一杯。
葉っぱを油炒めして塩胡椒。
e0178312_01590747.jpg
炊きたてご飯に混ぜます。
この香り、、。

私の中では木の芽をパンっ!と叩いた時の香りとトリュフの香りは同じぐらい鼻腔を刺激し、思わず「ふあ〜っ!!」。
最後の晩餐はチーズフォンデュとずっと決めている私ですが、木の芽かトリュフの匂いを嗅がせてもらうのもリクエストしておきましょう。
生き返るかもしれない。

e0178312_01585766.jpg
最近お試しのエスニック料理ばかりだったので、今週は定番おかずが並んでいます。
木の芽ご飯にはこれと舞茸の茶碗蒸し。
Cpicon ローズ家の肉巻き豆腐ステーキ by ローズ家の台所
Cpicon ローズ家の大根おろしドレッシング by ローズ家の台所
若芽、きゅうり、コーンの酢の物。きゅうりもお庭から初収穫でした。

今日もご訪問ありがとうございます。たけのことの組み合わせも捨て難いし、鯛飯にそのまま生でたっぷり、というのも、、、。
ああ、悩ましい、、、。来年まで我慢、我慢。


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村




by flouribunda | 2015-04-24 00:10 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(4)
2015年 04月 23日

最近のお庭 ぶどうの木とトマト

今年はお庭もいろいろな植物の成長が早いような気がします。
剪定してもあとからあとから伸びてくるぶどうの木。
下の花壇もボラジと野いちごが真っ盛り。
e0178312_13522126.jpg
4種類のぶどうが植えてあるのですが、どれがどれだかわからない状態。
e0178312_13524645.jpg
花もどんどんつけています。
きっと良い実にするためには選んで摘んだほうがいいのでしょうけれど、
わからないからそのまま。

e0178312_13525479.jpg
これが全部実をつけたら、、、皮算用。


e0178312_13523930.jpg
だけど収穫の時期が異なるぶどうの品種を植えたはずなのに
なぜか花が咲く時期が一緒、、、??

e0178312_13531403.jpg
そろそろレタスが花をつけ始めました。
もう日中暑すぎるようです。
ケールも種類によっては花が咲くように。
フリフリのディノソウルケールはまだまだどんどん葉っぱをつけてくれています。
昨年のプチトマトが種をおとして自ら育ってくれています。

e0178312_13533360.jpg
こちらのトマトは昨年の秋に寒さに強いといわれる品種を植えたもの。
すでに沢山実をつけて、最近になってどんどん熟してきました。
でも植えたの10月ですからね。もう半年以上。
確かに普通のトマトはこれから育つので、今収穫できるのは楽しいですが、
それにしても効率悪すぎのような気がします。

e0178312_13530494.jpg
お庭のトマトでブルスケッタ。バジルにはまだちょっと早いので少しだけ。
とケールのサラダ。ケールは冬の間じゅうお野菜を供給してくれて、まだまだ元気。
畑の定番野菜に仲間入りしました。
e0178312_13562355.jpg
今日もご訪問ありがとうございます。
時にはお肉も出しています、の証拠写真。
お天気がいいので毎週末のようにお外でBBQが出来るのは良いのですが、
干ばつ、どうなるのでしょう。


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村





by flouribunda | 2015-04-23 00:10 | Trackback | Comments(3)
2015年 04月 22日

ハラペーニョの酢漬け

主人と二人の食卓になってからは辛いものも遠慮なく食卓にのぼるので
消費するのが早くなってきたハラペーニョの酢漬け。
e0178312_08061282.jpg
Cpicon ローズ家のハラペーニョの酢漬け by ローズ家の台所

以前は食べきるのに結構時間を要していましたが、最近は作ったら翌日から使いだしています。
(漬けたすぐは刺激も強いですが、もちろんお料理に使えます。)

エスニック料理を作る時には必ずといっていいほどみじん切りをふんだんに入れています。

e0178312_08061879.jpg
タイ風グリーンカレー、ローカロリーバージョン。
ハラペーニョとココナッツフレークがあれば、あとはカレー粉などを足して夏野菜たっぷりのグリーンカレー。

e0178312_08062234.jpg
私はインド料理ではサグパニール(ほうれん草とチーズのカレー)が一番好きです。
でもどうしても色が悪くなる、、、。
チーズを作るのが面倒だったので(お買い物に行かないと乳製品ありません、、、。)お豆腐で作りました。
この量で乳製品は風味付けのバター小さじ2ぐらいしか使っていないのでかなりあっさりなサグパニール。

インド料理を作る時に、いつもスパイス使いを参考にしているのはこの本です。



今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


by flouribunda | 2015-04-22 00:10 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(2)
2015年 04月 21日

乾燥糸こんにゃく

最近、糸こんにゃくは日本で買ってきた乾燥糸こんにゃくを使っています。
冷蔵庫の場所もとらないし、日系スーパーに行かなくてもいいし、
常温保存可能で必要な時に好きなだけ使えてとても便利。

e0178312_07433013.jpg
豆乳冷麺。
これが食べたいので面倒くさい豆乳作りもできる。
(あっ、お箸が揃ってない!!)
e0178312_07432372.jpg
水キムチで定番韓国冷麺も作ってみました。
e0178312_07433515.jpg
白和えにも欠かせません。
e0178312_07441464.jpg
卯の花にも入れます。(あっ、具が一緒だ!!)

というわけで頻繁に使うので結構すぐなくなります。



今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


by flouribunda | 2015-04-21 00:10 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(0)