ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2015年 03月 31日

生トマトソースとWhole foodsで買ったローフードの材料

e0178312_08422404.jpg
ローフードではこれがトマトソースがけご飯となるらしいです。
生のカリフラワーをご飯に見立てるそう。
ちょっと無理があるような気がしますが、私は生のカリフラワーをよくサラダにするので、
サラダとして美味しかったです。
e0178312_08414034.jpg

面白かったのが生トマトソースの作り方。天日干しのドライドトマトと生のトマトをミックスして、ちょうど良いとろみ加減にします。そこに好きな香辛料を加えて出来上がり。ブレンダーですぐできるので覚えておいて損はないかも?と思いました。火を使わないから子供でも出来る!そのままピザソースにして食パンに塗ってトースターでピザトーストなんていうのもすぐ(もちろんローフードじゃなくなっちゃいますが)。使う量だけすぐ出来るというのも◯。気づきそうで気がつかなかったアイデアでした〜。

e0178312_08414514.jpg
お庭から収穫した大根の天日干しをあえてみました。お弁当のおかずにもいいかも。
e0178312_08421772.jpg
昨日は健康食料品店のメッカともいうべきWhole Foods(高級スーパーマーケット)に行きました。ここに行けば大概のものは揃います。ビーガンコーナーをはじめ、ローフードコーナー、グルテンフリーコーナー。これまでも覗くことはありましたが、聞いたこともないような名前のものが並んでいました。でももう結構わかるようになりました。沢山買うと消費できないので計量買いのところでクコの実、桑の実、杏、蕎麦の実、カカオを買ってみました。全てオーガニックで揃うのだから大したもの。
e0178312_08421224.jpg
一応ココナッツオイルも買ってみました。オーガニックのエキストラバージンも一杯種類があって、一番小さい安いの。昔はアメリカでは目の敵にされていたココナッツオイルです。手のひらを返したようなもてはやされぶりに、今でも効能を説かれても半信半疑なのですが、やっぱり気になる。
e0178312_08415797.jpg
これは犬を飼い始めた時にブリーダーさんに「ノミ除けに良いから」と勧められ、初めて買ったニュートリショナルイースト。少し人工的な味がするので、犬は喜んでいたのですが、リピートはしませんでした。今回は人間用。パルメザンチーズのような旨味があるのでビーガンやローフードの味付けに良く使われます。いかにもアメリカ人らしいサプリメントなのできっと一通りレシピを試したら犬が喜んで食べてくれるでしょう。
e0178312_08415286.jpg
今日もご訪問ありがとうございます。お庭でとれた大根は天日で切り干し大根にしています。昔ながらの辛い大根なのですが、干すと甘みが凝縮されて美味しくなります。最近もう夏の日差しなので干し野菜もあっと言う間。ローフードでは摂氏48度以下で加熱するのは栄養が損なわれないとして構わないそうなのですが、南カリフォルニアの太陽の下での天日干しはあてはまるのかしら?

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



by flouribunda | 2015-03-31 00:10 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 30日

Factory Kitchen, Pie Holeとあおさ

先日お友達とランチでArts Districtに行きました。
まずはFactory Kitchen
LAはいつの間にこんな大人の空間が、、、、?
他の人たちが食べているものみんな美味しそうですし、洗練されています。
客層も落ち着いていて、アメリカじゃないみたい、、、。
e0178312_15072302.jpg
ビーフカルパッチョを頼もうとしたら、ウェイターさんがこっちの方が絶対おすすめと仔牛のカルパッチョ。アルグラのサラダと軽くフライしたケッパー、ソースはひよこ豆のペースト(多分)。低温調理して外側だけ軽く焼いたのでしょう、とても美味しいお肉でした。
e0178312_15071832.jpg
お友達はこイカのサラダ。少しいただきましたがとっても新鮮。

アメリカではあり得ないと思っていたトスカーナのトラットリアにワープしたような気分。(もちろん言い過ぎかもしれませんが、とにかくアメリカではあり得なかったところを強調!!)絶対また来たいと思ったお店でした。

e0178312_15074189.jpg
そしてせっかくだからとお茶は違うお店で。Pie Hole
パサデナにも出店があるのでパイは食べたことがあったのですが、こちらの方がお店も大きくておしゃれ。
そしてびっくりしたのがいつの間にかこの近辺がおしゃれなレストラン街となっていること。
知りませんでした、、、。お昼時は駐車も困難なぐらいどのお店も混んでいます。そして雰囲気のあるお店ばかり。

本当にいつの間に、、、、、、?
浦島太郎になった気分でした。

実は連日ビーガンやらローフードのレシピを試してばかりだった私なので、久しぶりの動物性たんぱく質の仔牛とラッテでした。やっぱり美味しいなあ〜と、思っていたところにお友達にいただいたのが新物の生の「あおさ」。
e0178312_15074758.jpg
早速夕ご飯にいただきました。
e0178312_15074414.jpg
酢の物とお味噌汁。
これが美味しくて、美味しくて。身体のすみずみまで喜んだような気がします。
お味噌汁はカツオ昆布出汁。やっぱり私にはビーガンは無理っ!!と悟りました。

動物性のものを食べないといっても、その分ナッツやアボカドで植物性の油脂をとるビーガンの食事はそれなりに負担があるようで、10日間ぐらいそんなものばかり食べていたので疲れてきた頃でした。ああっ、やっぱり私はアメリカの老人ホームには入れないかも、、、。とつくづく思いました。

今日もご訪問ありがとうございます。一人でまたたく間に半分以上食べてしまった新物の「あおさ」。こちらからカリブ海へ、その後イギリスに出張している主人を思い、「そろそろ食事もきつい頃で可哀想〜。申し訳ないなあ。」と思ったのもつかの間、そういえばもう日本のはず、、、、なんだか悔しい。


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村




by flouribunda | 2015-03-30 00:10 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 29日

ジュースを絞った後の人参で

我が家では毎朝生ジュースを作っています。主人がいないと作る気も失せるのですが、それでは栄養が偏りかねないので
犬のため、と思って主人がいない間も毎朝ジュースを作ることを日課としました。

そしてその搾かす。犬も食べるのですが、どうしても余ります。かなり味が抜けているので、これまでどう加工しても美味しいものではなかったので捨てていました。そんな搾かすの利用法が本に載っていました。

e0178312_06352600.jpg
ローフードの本

こちらから。

キャロットケーキ風。ああっ、確かに!!と唸りながら食べてしまいました。
もともと自分で作るキャロットケーキも人参を沢山入れて作ります。

Cpicon ローズ家のキャロットケーキ by ローズ家の台所

でも焼く手間がなく、ヘルシーで残った材料を使えるんだったらこっちの方が?(自分のためだけに、ですが。)と思いました。

こちらの本はかなり写真が多く、ライフスタイル本で、最初はあまり実用的ではないような気がしていました。でもレシピはいたってシンプルで自然。ビーガン、ローフードはなんでもかんでもナッツやアボカドを入れるレシピが結構多いのですが最小限に抑えてあります。このまま試食を続けていたら私はナッツアレルギー、アボカドアレルギーになるんじゃないか??と疑問に感じていた矢先だったので、息抜きが出来たような。

ローフードの中でも色々と潮流があり、フルーツやナッツを沢山摂取するRecreational RawというものからSensual,Superior, Medicinalと段階を踏むに連れて食材も限られ、食べる順番も厳しくなっていくようです。そして脂肪分の高いナッツの摂取は制限されて、フルーツも食べなくなるのだそうです。フルーツを食べない、というのは私には無理なので、最初からトライする気もおこりませんでしたし、今でも気持ちは変わりませんが、試食を続けていくうちにナッツを制限するのはなんとなくわかるような気がしてきました。

もちろん食材に対する感じかたは人それぞれでしょうが、他の本と読み比べてみると、レシピも偏りの少ない、応用しやすい無難な入門書に思えます。味付けも甘すぎずシンプル。
料理以外の写真が多いのには少し辟易しますが。


e0178312_06352050.jpg
こちらはファラフェル風。
昨日ご紹介したこの本から

ご両親がギリシャ出身ということでファラフェルなしの食事はあり得ないということでのレシピ。

フラックスシードを卵のつなぎ代わりに使うってびっくりでした。これは応用が効きます。ローフードだと乾燥機で乾燥させるのだそうですが、私はビーガンレシピのオーブンで焼くほうで。これはお弁当にも活躍しそう。油で揚げないのであっさりしています。本当のファラフェルより私は好みかも。

今日もご訪問ありがとうございます。これまで試してみたことがなかったような調理法だったり、組み合わせだったり、よく考えてるなあと感心するばかり。実験しているようで面白いです。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村





by flouribunda | 2015-03-29 00:10 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(2)
2015年 03月 28日

アボカドとChoosing Raw

ローフードやビーガンでは生クリームやバターの代わりにアボカドを多用します。
なのでレシピにもアボカドが含まれることがとても多い。
買いに行くのか、面倒くさい、、、と思っていたら。

e0178312_05494757.jpg
落ちてきましたた。となりのお家のアボカドの木から。
なので心置きなくレシピが試せます。

沢山買った本の中でもまず最初に興味を引いたのが彼女の本



題名からしてローフードの本と思いきや、ビーガンでローフードの良いところだけ取り入れるという折衷本。ローフードに傾倒した頃もあったそうなのですが、科学的にも矛盾を多く感じたことが経緯で記されています。自身も消化器官の病気を患っていて食事で改善したそうです。大人になってから栄養士の資格をとり、消化器内科で栄養士として働き、ブログが人気になってからは個人で栄養士として世界中に顧客を持っているのだとか。

写真ばかりのアイドル本のようなレシピ本と違って、きちんと基本から説明していて、しかもわかりやすく写真も挿入されているバランスが良い本です。応用の効くシンプルなレシピが多いのも親切。著者の心配りが感じられる本でした。

e0178312_05502484.jpg
サンフラワーシードで作るツナペースト。
e0178312_05505328.jpg
ケール、ミント、アボカド、バナナ、冷凍ブルーベリー、フラックスシード、デーツで作るスムージー。これ、はまります。

などは彼女の本から。

概ね、良書だと思うのですが、動物性のものを食べない理由として自分の健康への影響以外に、環境に及ぼす影響に対しても1章さいて書いています。そんなこと言っていたら肉食の犬もペットとして飼えなくなってしまう、、、。
でも講座とちがって、本の良いところは、そういう部分はすっ飛ばして読めるところです。

あとドレッシングなどはかなり甘い。途中からレシピにメープルシロップやデーツが入っていても省略するようになりましたが、それぐらいで丁度良い。味付けに関しては信用できないかもしれません。

今日もご訪問ありがとうございます。
e0178312_05505569.jpg
自分でも応用して適当に作ったアボカドアイスクリーム。確かにクリーム代わりに使えます。


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村





by flouribunda | 2015-03-28 00:10 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 27日

アーモンドミルクとTrader Joe's

ローフードの基本はやっぱりアーモンドミルクでしょうか。と思い、作ってみました。
これまでビーガンのレシピでもミルクと名のつくものは買い置きの脂肪分1パーセントの牛乳で作っていました。
最近ではスーパーでもアーモンドミルクをよく見かけるのですが、さすがに買って全部飲めなかったもったいない。
私は市販の豆乳は飲めないので、豆乳と同じく、手作りしてみることにしました。
e0178312_04393960.jpg
ローフードの本ならどの本にも書いてありましたが、アーモンドを浸水させ柔らかくし、新しい水を入れて砕きます。好みで香り、甘みをつけて布で漉す。昔作ったBlanc Mangerと作り方は変わらない(牛乳使いませんが)。
e0178312_03221351.jpg
Surfasで生アーモンドの砕いたものがあったので購入。Vitamix(高機能のブレンダー)があれば簡単なのかもしれないですね。最近はターゲットでも売ってる。Vitamixのページ。売れてるのでしょうね〜。
私はこれで作りました。
 【ミキサー】 イワタニ ミルサー IFM-80...

 【ミキサー】 イワタニ ミルサー IFM-80...
価格:5,740円(税込、送料別)

出来る量が少ないのが難ですが、砕くのはお手の物です。
先に少なめの水とアーモンドを砕いて後から分量の水で薄めました。

年齢とともに牛乳も全脂肪から2パーセント、1パーセントになっていって、最近ではノンファットでも飲めるかも?
と思っている私なので充分ミルクとして通用する味でした。家にある材料で作れるのも嬉しい。

ただ、豆乳と一緒で漉すのが面倒臭い!!
Blanc Mangerを作るのもそれが面倒で作りたくない、と思った私なので、ちょっと壁が高いです。
漉さないと当然のごとくザラザラしていて重く飲みにくいです。
でも漉すとそれなりに美味しいから豆乳と同じで1ヶ月に1度ぐらいは作るかもしれません。

e0178312_04400352.jpg
おからと一緒で濾したカスは再利用が出来ます。繊維や栄養は残っているのでもったいないですものね。
でもこれがたくさんだったら使いきれるかな?

Trader Joe'sであたらしく買ったビーガン、ローフード用の材料。このあいだHemp SeedとChia Seedは買いました。

e0178312_05161491.jpg
はじめて買ったフラックスシード(亜麻)。こんなに美味しいものだとは知りませんでした。ゴマ代わりに充分なります。
e0178312_05163279.jpg
イラン人の友人のお宅に行くといつもお宝のごとく出していただいたデーツ
中近東を旅行すると必ずありましたが、
「甘すぎる」と先入観があって買ったことがありませんでした。
ものすごく甘いので、きっと味がつけてあるのだろうと勝手に思っていたのです。
それが自然な甘さだったとは!それがわからない私の味覚も大したものではありませんね。
一変してファンになってしまいました。これは常備すると思います。

今日もご訪問ありがとうございます。
ローフードでもビーガンの材料でも、いまやそこら中に店舗拡大しているTrader Joe'sに行けば手軽に揃います。
知りませんでしたが、アメリカ人の食卓に浸透しているのでしょう。


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村







by flouribunda | 2015-03-27 00:10 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(4)
2015年 03月 26日

Surfas と パンの本

先週末はSurfasに2日間通いました。
調理器具のお店、プロ仕様の商品もたくさんあり、食材も珍しいものまで売っています。
以前からその存在は聞いていたのですが、我が家より車で(空いている時で)30分はかかるし、
30分かけて行ったら何か買ってこないと、と思ってしまいそうで危険で立ち寄れなかった
なかなか行く機会がありませんでした。

でもお友達のブログで指名され(してない?)
サイトを調べてみるとちょうどパン教室があったので受講することにしました。
e0178312_03220661.jpg
プロ仕様のキッチンを体験できるのは面白い。
e0178312_03222609.jpg
こんなオーブンがあったらプロ並みのパンが焼けるでしょう。

と思いきや、パン教室はかなり残念な初心者向けのクラスでした。
そう書いてあるのだからしょうがない。
レシピも作ったパンも全て(5種類)中途半端なものでした。

e0178312_03221128.jpg
でもお店の中は素敵。かっぱ橋のようです。
他のところでは見つからなかった味付けのないマルコナアーモンドや
数あるレンティル(レンズ豆)の中でも私が最高に美味しいと思っているBeluga種もあって、
さすがの品揃えでした。
オリーブオイルの試食コーナーでもグレードの高いオイルが惜しみなく試せます。
その中でも美味しかったのを買ってきました。

倉庫のような広い店内にうず高く調理器具が積まれ、多分1日いても飽きないです。

クラスの内容は私に合ったものではありませんでしたが、教えているシェフは上手でした。
確かに5種類のパンを2日間(計5時間でした。)で
全くの初心者(クラスサイズ12名)のアメリカ人に実際に作らせるのだから、
かなり有能で性格が良くなければ務まらないでしょう。

そのシェフのおすすめの本
下の画像をクリックするとアメリカのアマゾンサイトにいきます。

レシピ本としてではなく、まず一通り読み物として読んだ方がいいとおっしゃってました。
数ある本の中で1冊をあげるならこれだそう。
この本を読んで刺激を受けたシェフ仲間、ベーカリー仲間がとても多いのだそうです。下の画像をクリックすると日本のアマゾンサイトに行きます。

早速私も注文しました。
楽しみです。

ちなみに最近日本のパンの本で面白かったのはこちら。
下の画像をクリックすると日本のアマゾンサイトに行きます。

これもレシピ本ではなく読み物ですが、パンをご自宅で日常的に焼かれている方であれば興味深く読めると思います。
発酵種の違い、粉の違い、形の違いなどレシピだけからは分からないことが詳しく書いてあり、基本がわかります。
最近は私も粉と塩と水だけ、一応見よう見まねの低温長時間発酵、
加水の多めのパンを焼いているのでとても勉強になりました。

今日もご訪問ありがとうございます。
パン教室では失敗しましたが、次のクラスを申し込むと10%引きになるとのことで、
次回はインド料理初心者クラスを申し込んできました。
インド料理なら初心者といえるはず。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村




by flouribunda | 2015-03-26 00:10 | ローズ家のパン | Trackback | Comments(5)
2015年 03月 25日

最近のお庭

ここのところの陽気であっという間に芽吹いたブドウの木達。
昨年かなりドラスティックに剪定したのですが、見事に4本とも元気に育ってくれています。
願わくば実をつけて欲しいけれど。この旺盛な緑には癒されます。
e0178312_14415591.jpg
冬の間は少し寂しかった中央の花壇ですが、何もしなくても復活してきました。
e0178312_14415881.jpg
勝手に種を落として咲いてくれるボラージ。
葉っぱもお花も食べれますし、その存在だけでも愛おしい。

e0178312_14421182.jpg
3度目の正直のルバーブを植えました。
これまでお庭のいろいろな場所でトライしましたが、自然消滅していたルバーブ。
暑いのがダメなのか、水不足がいけないのか。
ここでダメなら諦める。
e0178312_14420801.jpg
我が庭の今年のニューフェイス。アプリコット。
お友達にお庭のアプリコットで作ったジャムをもらいました。
とんでもなく美味しいジャムで植えずにはいられませんでした。
でも育つかな?普通のアプリコットは冬に寒くならないと実をつけないのですが、
これは比較的温暖な気候でも育つタイプ。な筈。
e0178312_14441738.jpg
連日暖かいので花芽をつけるサラダ菜との格闘。
毎日グリーンサラダを食べています。

e0178312_14451865.jpg
やっと実をつけだした寒さに強いはずのトマト。
寒さに強いという謳い文句どおり冬も元気でしたが、
最近になってやっと実り始めました。(それじゃあ意味ないんじゃ?)
ま、通常のトマトシーズンよりいち早く収穫ができるということかな?
e0178312_14452222.jpg
きゅうりも植えました。


e0178312_14452644.jpg
大根も2、3日に一本収穫。昔ながらのピリ辛大根なので上部5センチ以外は天日で干します。
そうするととても甘くなって太陽の恵みを感じます。

冬の間元気だったパセリもそろそろ終わり、花芽をつけはじめました。
根っこごと収穫して根も使います。
ブーケガルニに大活躍。少しづつそのまま生ジュースに入れても美味しいです。
e0178312_14453001.jpg
今日もご訪問ありがとうございます。我が家の季節の風物詩。
山鳩が月桂樹の木に巣作りを始めました。朝は山鳩の声が目覚まし代わり。
実はうるさい。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村




by flouribunda | 2015-03-25 00:10 | Trackback | Comments(2)
2015年 03月 24日

ローフードやビーガンの本 アメリカ編

主人がかなり長い間出張なので、その間のプロジェクト。

下の画像をそれぞれクリックするとアメリカのアマゾンサイトに行きます。



下の画像をそれぞれクリックすると日本のアマゾンサイトに行きます。
(さすがに紙の本はアメリカよりも高いみたいですが、Kindle価格はほとんど変わらない。
デジタルなのだから当たり前ですが、便利になりましたね。)



最近は主人と二人の食卓なので、食事も冒険することが多くなってきました。さすがに育ち盛りの娘がいた時はなるべく偏らない普通の食事を心がけていました。でも今はベジタリアンをはじめビーガンやローフードなども取り入れ、香辛料を沢山使うことも多くなってきました。買い物行かない→食材に限りがある→レシピのレパートリーを増やす必要がある+アラフィフのマンネリ食卓には新鮮な話題がないと話も続かない

主人が留守だと私の食事も不規則になりがち、それを避けるためにも、ローフードやビーガンの通信講座でも?と思い探してみました。でもやはり人気があるとはいえ、宗教的に制約があった人たちを除いて、大衆に広まったのは比較的最近のこと、当然科学的に裏付けの信用できる大学の先生や、名のある大手の調理師学校が教えているものはありません。

昔から主人の食事方針はいたって簡単。なるべく加工品でないものを万遍なくいただく。中年になってさすがに脂肪分、糖分、塩分、アルコールを以前より控えるようにはなりましたが、基本何でも食べます。確率的にいってもそれが一番リスクが少ないから、と。庭の畑、売っているオーガニック製品も過信することなく、食材も偏ることなく、「リスク分散」がモットーなので、一つの食事法に偏るのはとても抵抗があります。私が聞きかじりで「◯◯がいいらしいよ。◯◯はいけないらしい。」なんて話をしようものなら「どこの大学の先生が言ってるの?論文は?」と冷たい視線を投げかける権威主義者。(ネットで、テレビで、なんて口が裂けても言えません、、、。)「この食べ物は体が冷えるから、、、」と言えば「冷え、って何?」、「食べ物の酵素が、、、」「食材のPHが、、、」なんて言った日には「君は高校で生物や化学を習わなかったの??」と怒り出す始末。

なので習うのは却下。私もそういうところで習ってきた知識を主人に話しても論破されることは必至、しかも凝り性ゆえにハマってしまいそうな危険も感じるので自粛。でもレシピは増やしたほうが楽しいので、本を買うことにしました。(それは許されるらしい、、、。)

楽しそうな本をいっぱい買ったので、これで主人がいない間に色々と作ってみようと思います。
そうでもしなければ一人の食事など作る気もおこりません、、、。
e0178312_16154024.jpg
マリネした生のエリンギは結構美味しい。
e0178312_16153684.jpg
生スープでも何でも、トリュフを入れればそれだけで美味。

ちなみに
->the NY times Health News
->Berkeley Wellness
などで裏付けが取れている場合は話を聞いてもらえます。

今日もご訪問ありがとうございます。
これまで検索したアメリカで販売されているKindle版の本は日本のアマゾンサイトで手に入るのに、なぜアメリカのアマゾンサイトで主人の本のKindle版がないのでしょう?それほどこちらで日本語の本の需要は高くないとはいえ、私の検索しているアメリカの本が比較的日本でも売れる可能性のあるお料理本ばかりだからでしょうか?

Kindleでもご覧いただけます。(日本のアマゾンサイトから
下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村





by flouribunda | 2015-03-24 02:29 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(2)
2015年 03月 23日

余ったチーズとグレープフルーツナイフ

これまた主人の出張前の写真です。
最近はチーズを買うことはほとんどなく、予備のために山羊乳か牛乳を1リットル入りで買って、
賞味期限が近くなってきたらチーズに加工しています。
Cpicon ローズ家のゴートチーズ by ローズ家の台所
1週間ぐらいは冷蔵庫で保存可能ですが、それでも余る時があります。
そういう時はさらに加工します。

今回は主人が出張すると食い扶持が減るので
その前に消費するためにお豆のペーストにも使いました。

e0178312_01465566.jpg
チョコレートチーズとレーズンナッツチーズ
e0178312_01465904.jpg
沢山食べられるものではありませんが
目先が変わると食べやすい。


e0178312_01470349.jpg
チョコレートを適量(好きなだけ、とも言う)溶かしてチーズと混ぜてまた冷やし固めます。
(耐熱カップでそのまま作るので見苦しくてすみません。)
取り出すのに最近買ったグレープフルーツナイフが活躍しました。

e0178312_01470811.jpg
7ドルしないのに結構作りがしっかりしてます。チーズを取り出すのに使ったのは曲がっている方。
2枚刃のほうは他の用途に使うとすぐダメになってしまうかもしれませんね。

(下の画像をクリックするとアメリカのアマゾンサイトに行きます。)



でも本来のグレープフルーツを切るには2枚刃は便利です。
e0178312_01471124.jpg
再度作ってみた焼きグレープフルーツ
こういうのを作るとバーナーも欲しくてたまらなくなりますが、我慢(いまのところ)。

今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村





by flouribunda | 2015-03-23 00:10 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 22日

Bon voyage

主人は1週間前から出張中で留守です。今回は2週間半。
出かけた日は夜の飛行機だったので早めのお夕飯にしました。
e0178312_01574636.jpg
豆ご飯の残りのお豆を使ったミントと自家製チーズのペースト。
こちらではお野菜でも単位が大きいので使い切るのに頭を使います。
お庭のグリーンサラダ。千切り人参のサラダ。

e0178312_01581852.jpg
トマトもお庭から。少しづつですが収穫できるようになりました。
今年は暖かい(暑い)ので生育が早いです。。
手前は赤ピーマンのロースト。こっちの方が合うみたい。
e0178312_01582649.jpg
サラダニソワーズ風ですが、ジャガイモじゃなくかぼちゃ、ツナ無し。
Cpicon ローズ家のニース風サラダ by ローズ家の台所
e0178312_01583505.jpg
これから外食続きなのでお野菜たっぷり。
行ってらっしゃ〜い。

今日もご訪問ありがとうございます。
冷蔵庫の整理メニュー。
買い物をしなくても残った食材と庭からの供給で私は生きていけそうです。
あっ!うちにはまだ一人肉食娘がいるんだった。


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村




by flouribunda | 2015-03-22 00:10 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(2)