<   2012年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2012年 12月 29日

Intelligentsia Coffeeとクリスマスプレゼント

e0178312_1641532.jpgクリスマス前に遡りますが、23日の日曜日は主人とパサデナのダウンタウンにショッピングに出かけました。今年はクリスマス前ぎりぎりに週末があるということで買い物客でごった返しているんじゃないかしら?と躊躇したのですが、それほどでもなくお目当てのものを買うことが出来ました。そしてはじめてIntelligentsia Coffeeのカフェに行ってみました。チェーン店なのにとってもお洒落。もちろんコーヒーも美味しいです。アメリカ人もスタバで鍛えられて、こんな素敵なコーヒーショップが流行るようになったか、とちょっと感慨深い?ものがありました。スタバの食べ物はあまり食べようという気になりませんが、ここはスイーツも焼きたてで充実しています。名前も素敵。お店の雰囲気もお洒落。ダウンタウンに行ったら是非また行きたいです。

e0178312_1664315.jpgそしてこのお店で一目惚れしたコーヒーメーカーと一体したサーバー。実際にお店ではこれを使っているのです。「これそのものが欲しい!」と言ったらお店には置いてなかったのですが、店長さんらしき人が「売ってあげるよ」と倉庫からだしてきてくれました。クリスマスプレゼントの予定はなかったのですが、急遽買ってもらいました。そして主人はここのマグカップが欲しいと。これまでもフィルターで自分で入れていたコーヒーですが、クリスマス後は朝のコーヒーがより楽しみとなりました。

e0178312_16165328.jpgそして25日の朝、お嬢さん二人、プレゼントを開けるの図。サンタさんも大変です。


今日もご訪問ありがとうございます。23日はパンサーは親友のEちゃんとショッピングモールで女の子同士でショッピング。その間に主人と私は買い物に出かけられた、という訳です。
父「え?何?日曜日なのに居ないの?」
そりゃあお友達とのショッピングは楽しいでしょう、さすがにアメリカではクリスマスイブを家族と過ごさないというのはあり得ないような気もしますが、ショッピングに出かける相手がいつジョージ(仮名、ポールでもマークでもジャックでも、、、)に変わっても不思議はなさそうです。いつかな〜?


下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2012-12-29 16:35 | ローズ家のクリスマス | Trackback | Comments(6)
2012年 12月 28日

フエボスランチェロスと懸案事項

e0178312_16424886.jpgお豆がなかったからレンティル(レンズ豆)で、トマトソースも作り置きのデミグラスソース、チーズもオランダチーズですが、一応Huevos Rancheros(メキシコの朝ご飯に食べる卵料理、牧場風卵の意)ローズ家風。トルティーヤはオールパーパスフラワー(中力粉)100gに対して熱湯70gで作りました。あとはトマトサルサとグアカモレ。冬休みはちょっと家族で食卓を囲む機会も多くなるから、作るのにも気合いが入ります。「あと何回かな〜」と思いながら。
今日も「美味しい!」と聞けて嬉しいです。でも速攻で食べて「ごちそうさま〜」、後に残される主人と私。ま、健全に育っているということですね。


e0178312_16521070.jpgさて、年末の懸案事項が一応解決。これで無事年越しが出来ます。
「○○しなきゃだめだよ。」
「メイルしとかなきゃ。」
「来年はもっと早くやらなきゃ。」
なぜ私に不機嫌になる訳?直接言ってよ。ここ数日何度も夫婦間で繰り返された会話です。

パンサーがほとんど自分で手続きしました。もちろん私達も確認しましたが。無事完了。今のご時世、手続きは全てネット上なのでデジタルネイティブのパンサーのほうが信頼出来ます。また英語の文章もネイティブの彼女にはかなわなくなってきました。
結果はどうであれ、ちゃんとパンサーが積極的に取り組み、無事手続き終了したことに家族で満足しています。もちろん主人のご機嫌も上々。

日本なら中学受験のお年頃、そういうこともないので自分を試す機会は積極的に作って行った方がいいのかもしれない、と改めて思いました。パンサーのためにも、また、親のためにも。


e0178312_1761838.jpg今日もご訪問ありがとうございます。手続き完了の乾杯のおつまみはチョコがけのくるみとオランダチーズ3.5年もの。このチョコがけくるみはとんでもなく危険です。また少し成長したパンサーに乾杯でした。

下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2012-12-28 17:18 | Trackback | Comments(2)
2012年 12月 27日

クリスマスディナーとハムレット

e0178312_1603933.jpge0178312_160782.jpg

今年のクリスマスディナーはうずらのロースト。ソースは先日バッファローのスープストックを使って赤ワインたっぷりのデミグラスソースを作って冷凍してあったので、それを使いました。きのこのホワイトソースとしんぷるなマッシュドポテト。サラダはおなじみケールサラダ。
Cpicon ローズ家のケールサラダ by ローズ家の台所
なぜワンプレートかというと、クリスマスディナーにもかかわらず、TVディナーならぬムービーディナーだったからです。


観たのはハムレット。でもとても長いのと、台詞がもちろんシェイクスピアそのものなので難しい。
前半をみただけで(それでも2時間半)この夜はギブアップ。後半はいつ観られるでしょう。

後日談:ちゃんと2日後に観ることが出来ました。後半の方が慣れてきたせいもあるのか?展開が早いからか?とにかく観る事が出来ました。やはりきちんと観終える事が出来て良かったです。パンサーも満足でした。



e0178312_1611338.jpgデザートはクリスマスの定番のブッシュドノエル。いつも栗のバタークリームを使います。


e0178312_1614845.jpge0178312_1621455.jpgパンは焼くのに失敗。まるでお餅の様にふくらんでしまいました。こういう時は素早くスライスしてしまうに限ります。味は一緒。

今日もご訪問ありがとうございます。クッキーやらケーキやら甘いもの食べ過ぎ、、、お正月まで節制することにします。
下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2012-12-27 14:14 | ローズ家のクリスマス | Trackback | Comments(4)
2012年 12月 26日

クリスマス飾り

e0178312_6333880.jpg今年は木を買ってきました。3種類ほどの中から選んだのはNoble Firという種類。いい香りです。電飾をつけて、毎年ひとつづつ買っているオーナメントを飾りました。今年は木は捨ててしまうのでちゃんと忘れずに全部オーナメントをとらなくては。
ちゃんと水をやるバケツつきのスタンドを買ったのですが、水を入れたらだだ漏れ。プラスティックなのでヒビが入っていたようです。まあ、5日間ぐらいだからお水なし。でもこれが長い期間飾るのだったら乾いちゃって大変かもしれません。


e0178312_6383876.jpge0178312_639122.jpgパンサーが産まれた年からひとつづつ集めているオーナメント。2010年のだけが欠けています。最近はメールオーダーも簡単になってきたので忘れずに買うことが出来ますが、これまでは探しに行ってもなかったり、とか結構面倒でした。これまではこのオーナメントとパンサーが作ったのや、もらったのも飾って、なんでもありのほとんど七夕飾りのようなツリーでしたが、今年はガラスのオーナメントだけ。他のオーナメントはこれを機会に思いきって処分するかな〜、どうしようかな、、、。


e0178312_6441156.jpgパンサーが毎年一応やりたいジンジャーブレッドハウス。一度自分で作ってみたら、これだけの大きさにするには、あまりに沢山の小麦粉とバターを使って材料費が大変。食べないのにもったいないのでそれからはクッキーがあらかじめ型で焼いてあるジンジャーブレッドハウス用のキットを買っています。


e0178312_6491945.jpge0178312_6494785.jpgクリスマスにご近所さんにカードと一緒に配るクッキーも用意しました。24日に届けました。


e0178312_6505668.jpg今日もご訪問ありがとうございます。皆様も良いクリスマスを過ごされたことと思います。

下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2012-12-26 06:56 | ローズ家のクリスマス | Trackback | Comments(0)
2012年 12月 23日

地鶏

e0178312_793437.jpgお友達に以前から「この鶏を食べたら他の鶏は食べられなくなるよ。」と聞いていた地鶏。「年内は19日が最後だよ。」と知らせをもらい、注文してもらいました。2羽頼んで、1羽は早速即日解体。お肉は弾力があり、まったく鶏くささがありません。びっくりするほど綺麗でした。さすがに写真には写ってませんが、頭も足もしっかりあります。もちろん迷わず頭も足もスープストックのお鍋の中に。


e0178312_7162088.jpge0178312_7155120.jpgその日はシンプルにもも肉を塩焼きにしました。噛み締めると味が濃い。油もすっきりとしています。鶏レバーも新鮮です。そのお友達のお宅では鶏はもっぱらこれだとか、、、。皆お家で美味しいもの食べてるのね。


e0178312_719567.jpg冬至の昨日は暖まる参鶏湯にしました。餅米をお腹につめて深鍋で3−4時間ほどじっくり火を通しました。骨が簡単にはずれるように煮込んでもお肉はしっかり味が残っています。写真は卓上IH調理器のお鍋に移し替えた鶏。IH調理器は熱くならないし、とっても便利なのですが、この味気のない鍋、どうにかならないかしら?


なんだか困ったなあ。次はいつだろう?

e0178312_16344012.jpg今日もご訪問ありがとうございます。今日土曜日補習校のお弁当にもささみの唐揚げ。今年最後のお弁当です。やった〜冬休みだ〜。



下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2012-12-23 16:37 | Trackback | Comments(2)
2012年 12月 22日

クリスマスツリーと冬至カボチャ

e0178312_15334566.jpg今年は屋根裏部屋改装中で我が家のクリスマスツリーを飾ることが出来ないため、本物のクリスマスツリーを買ってきました。さすがに本物は香りも良いし見栄えもしますが、とにかく葉っぱが落ちます。早く飾ると乾いてボロボロになるので21日の夜に買いました。本来なら1月上旬まで飾るべきところですが、我が家は26日には毎年片付けてしまうので今年は5日間だけ。

「いつクリスマスツリー買いに行くの?」とパンサーはさんざん言ってたくせに、いざ買いに行くとなるとティーンエイジャーらしく「面倒くさい、お腹がいたい、、、。私は家で待ってる。」
「生の木のクリスマスツリー買うなんて、うちじゃ最初で最後だから、お腹が痛くてもついていらっしゃい。」
と半ば無理矢理連れていきました。

行ったら行ったで結構楽しそうにしています。しまいに「毎年こうやってツリー買おうよ。」。あ〜、面倒くさいティーンエイジャー。(正確にはあと半年でティーンですが。)

屈強なお兄さんは一人で軽々と車の上に乗せていましたが、いざ家に帰ると降ろして家に入れるのでも一苦労。家に運び入れただけでもう満足してしまったので、お飾りは明日の夜にしましょう。


e0178312_1555434.jpg冬至の今日は冬至カボチャも炊きました。ほくほくのかぼちゃに甘い小豆。食べだしたら止まらない。パンサーは一口食べて、「もういいや。」


e0178312_15533737.jpg今日もご訪問ありがとうございます。アメリカの学校も来週から冬休みです。今日はパンサーも時間ができたのでやっとジンジャーブレッドハウス(市販)の飾り付けが出来ました。明日は日本語補習校も終業式です。

下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2012-12-22 15:57 | ローズ家のクリスマス | Trackback | Comments(0)
2012年 12月 21日

バイオリンのレッスン2012

e0178312_353660.jpg今年はMendelssohnにはじまってWieniawskiに終わった1年でした。その時々ではアップダウンがすさまじく、娘と口論するのも日常茶飯事。「もうやめなさい!!」を何度言ったでしょう、365回?3歩進んで2歩下がるじゃなくて進んでない、、、?と思っていたのですが。でも振り返ってみると彼女にしたらすごい進歩です。先週のリサイタルでも未熟な点は多々あるものの、よくぞここまで(当社比)。子供の成長というのは本当に早いものですね。学校ではいつのまにかどんどん色々なことを吸収して知らないうちに難しい勉強をするようになりましたが(何勉強しているかもあまり知りません。)、バイオリンの場合は嫌が応にも進み具合を横で見ているので成長を経過観察しているようなもの、血圧が上がり心臓発作を起こすんじゃないかと思う事はしばしばあれど、やはり子供の成長に関わっていられるのは嬉しいことです。「お母様なんてバイオリンのことわからないんだから言われたくない!」と言ったすぐあとに、「今のどうだった?聞いてなかったの??」。聞くなと言われたり、聞けと言われたり。でもそれも1年の単位で見れば着実に自分で考えてお稽古出来るようになってきて、次の目標を掲げて、1時間半の練習も文句をいいながらも2時間にやっと増えました。こうやって少しづつ大人になっていくのを側で見せてもらえるのは幸せなことです。


e0178312_5215714.jpgそして昨日はクリスマス前の最後のバイオリンレッスンでした。先生からの恒例のプレゼント。10回目。2才半から師事している先生です。他の方からは「まだあの先生?」「小学生は上手く教えられる先生でも大学生は上手く教えられないものよ」とことある度に言われます。それは親もパンサーもよくよくわかっていて、過去には色々と悩んだ事もありました。でも音楽家を目指してはいないパンサーがそれでもバイオリンを自分なりに極めたいという望みをかなえてくれるのはこの先生しかいません。もちろんバイオリンの先生である以上、先生にとっての最終目標はいつか自分の手で音楽家を育てることなのですが、決して無理強いをせず、パンサーがやる気になるまでとことん付き合ってくれて、根気よくこれまで少しずつ高い所へ導いて下さいました。途中でつぶれず(私も)ここまでやってこれたのは先生のおかげです。


e0178312_5313615.jpg私達からのクリスマスプレゼントはパンとトレーダージョーのギフトカード。パンはこれまでも時々差し上げていて、先生のお気に入り。

これまではバイオリンでも検定試験のようなものばかりでしたが、その段階もいよいよ終わりに近づき、来年は次の段階にチャレンジする機会が多くなります。その中でパンサー自身、また成長してバイオリンに対する意識がどう変わっていくのか。楽しみです。今はまだ舞台でオーケストラのコンミスなり、綺麗なドレスを着て注目されるパフォーマンスをすることに喜びを感じ、そのために練習をしているという感じです。

クリスマス休暇のあとは12月30日が年末のレッスン。年始は2日のレッスンからです。お正月はないも同じ。

今日もご訪問ありがとうございます。人前で演奏するのは好きなものの、簡単な曲とか練習が足りない曲はまだ決して弾こうとしません。この間もパーティの時に小さな子がいて「くるみ割り人形」が好きだというので、「さわりだけでも弾いてあげてよ。」即座に「やだ!」。決して小さな子供が苦手という訳ではないのですが、彼女の場合、バイオリンは遊ぶものではなくいまだに自尊心が許さないらしい。しかしこれも時間の問題かもしれませんね。そうやって弾くと皆が喜ぶというのがわかった時、また一つ大人になっているのでしょう。

下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2012-12-21 05:48 | Violin | Trackback | Comments(6)
2012年 12月 20日

お誕生日ディナーとケールのサラダ

e0178312_2594571.jpgお恥ずかしながら火曜日は私の誕生日でした。ま、誕生日ぐらいは好きなもの食べて、適当な食事でごまかそうと思っていた私。
今年はまりにはまっている大好きなケールのサラダをレシピにのせようと真面目に計量(大したものではありませんが)しながら夕飯用に作って、あとは適当に冷蔵庫にあるもの並べりゃ今日位許されるでしょ、と思っていました。


e0178312_314167.jpg冷蔵庫に残っていた日曜日のパーティの残りのサーモンマリネと千切り野菜のさっぱりなます。これでパンと一緒になら上等でしょう。

そして学校から帰ってきたパンサー。
「今日は楽しみだねえ、ご馳走でしょ。」
「へっ?なんで?」
「だってお誕生日ディナーでしょ?」
なんだか育て方間違えたかな。


e0178312_3162261.jpgなので急遽、メニュー追加。ちょうどバッファローの骨付きすね肉でスープストックを作っていたところでした。でも調理時間1−2時間ではシチューは無理っぽい。なのでスープ風に。タマネギ、人参、にんにくをバターでいためて赤ワインを入れます。赤ワインの水気がほとんどなくなったら冷凍してあったトマトソースとスープストックで少し煮てハンドミキサーでピューレ状にしました。スープストック(水からすね肉を4−5時間ことこと煮ていただけ)で柔らかくなったすね肉をほぐして入れて、塩、こしょうでおしまい。


e0178312_317374.jpg飾りも何もなし、勝手にチーズをかけて食べて下さい。
「美味しいけど、トマトソースの水気が多かった?シチューになってないよ。」
「だからスープなんだってば!!」
やっぱり育て方間違えてる。


e0178312_3272871.jpge0178312_3261770.jpg今日もご訪問ありがとうございます。まあ、二人ともお代わりしていたのでお口にあったようで良かったです。私はお肉のシチュー系は苦手なので食べず、一人で大好物のケールサラダを沢山食べて満足してました。良い誕生日ディナーとなりました。写真は主人からもらったバラと食後の甘口ワイン。パンサーからは言葉だけ。美味しく一緒に食卓を囲めればもちろんそれで充分です。(でも=Rosie)

下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2012-12-20 03:38 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(14)
2012年 12月 19日

リサイタルとホームパーティ

e0178312_305435.jpg日曜日はパンサーの習っている先生の生徒さん達のリサイタルでした。小さな子供達もいるのであまり長いリサイタルは大変だから、といつも2部制。今回は午後に用事があったので朝10時からの第1部リサイタルでした。

Concerto in d-minor, 2nd & 3rd mvts by Wieniawski

最後だったのでずっと控え室でウォームアップ。最近は「弾きにくいから」ともっぱら腕が出るドレスになるので冬はさすがに寒そうです。


e0178312_3171160.jpg近頃は演奏も堂々とそつのないものなので安心してみていられます。先生も上機嫌だし、なかなか上手に弾きました。その日帰ると早速パンサーの少し下の女の子から
「とっても演奏が素敵だった。私も貴女のように弾ける様に頑張ります。今日の演奏の録音を下さい。」と可愛らしいメイルが入ってました。

そのためにDVDを作っていると、『あれ?」「?」「また!」と粗が、、、、リサイタル後にDVDを観るものではありませんね。ちなみにパンサーはいつもリサイタルの録画は見ません。自分で一番良く分かっているんでしょう。


e0178312_3185398.jpgリサイタル後、パンサーはお友達が出演する「くるみ割り人形」をお友達グループと観に行きました。私は4時からの主人の職場のパーティの用意。まともに写真も撮れませんでしたが自分の記録のためにのせておきます。最近はメインは手巻き寿司ばかり。手巻き寿司なら大人数でも準備が楽だし、パンも用意しておけば、ベジタリアンも日本人以外にも何かしら食べるものがあります。金曜日に卸のお魚屋さんでまぐろ、はまち、ひらめ、いくらを買ってきました。土曜日にお豆腐屋さんでざる豆腐、日系スーパーで松茸を買って松茸フライ。あとは酢飯とお野菜を用意して、パンを焼きました。

e0178312_4503627.jpgデザートはアップルパイ、パンプキンプディング、チョコレートケーキ、スティルトンチーズとドライフルーツ、グレープを私は用意。チョコレートケーキはお友達の超レシピ。大人数だから取り分けやすい方がと思って平たくしましたが、やっぱり厚みがあった方がおいしそうに見えます。でも味はお墨付きだからすぐなくなりました。ドイツ在住歴3年の奥様が美味しいドイツのクッキーを焼いてきてくれました。チーズケーキやチョコレートも皆さん持ってきてくださり、にぎやかなデザートテーブルとなりました。(なんだか写真はスカスカですが。)


今日もご訪問ありがとうございます。食後はピアノを弾いて下さった先生がいらっしゃったり、パンサーもお友達とディナー後7時半頃帰宅してバイオリンを弾いたり、若い研究者の方がJ−POPのダンスを披露して下さったり、楽しかったです。2階が改築中で、玄関には養生シートが敷いてあったり、改築のためのドアやら照明器具などがそこら中にあって、クリスマス飾りも満足に出来なかったのがちょっと残念でした。


下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2012-12-19 05:12 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(5)
2012年 12月 16日

黒砂糖カステラ

e0178312_14433054.jpgカステラは2−3日たった方が美味しいし、贈り物には喜ばれるので、時間の余裕のある時に作り置きができて便利です。今回は半分黒砂糖で作ってみました。家で食べる切り落としの評判もなかなか、黒砂糖の自然な甘みが美味しいです。正直を言うと上白糖をきらしていただけなのですが。しっとり焼き上がりも上々。
でも何かおかしい?日本人ならやっぱりわかりますよね。
Cpicon ローズ家のカステラ by ローズ家の台所



e0178312_14465069.jpg久しぶりに焼くと失敗します。上部がわかる写真がこれしかないのですが、、、。
ふたをして焼くのですが、そのふたをずらすタイミングが遅過ぎて上部がふたにくっついてはがれてしまいました。ショック。上の写真はひっくり返した底を上にした写真。ばれるかなあ?

今日もご訪問ありがとうございます。1年に一度ぐらいしか焼かないとやはり勘が狂います。今回は来週も注文が入ったので(パンサーからですけど、、、)リベンジ!

下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2012-12-16 07:20 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)