<   2012年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 30日

新米

あと1−2週間もしたら色々な銘柄のお米で新米が出ると思うのですが、間が悪くお米がなくなってしまいました。我が家はなかなかお米がなくならないので、今お米を買うと新米が食べられるのはいつのことやら、、、。

e0178312_14281359.jpg


どこかに売ってないかしら?と探したら3件目でありました。
普段はほとんど白米は食べない私ですが、さすがに新米は食べたくなります。甘くて美味しい。

e0178312_14305649.jpg


今日は補習校の日なので日系スーパーでお買い物が出来る日です。お献立も楽な日です。

今日もご訪問ありがとうございます。やっとブログも普段通りに戻ってきました。

下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2012-09-30 14:43 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
2012年 09月 29日

ディベートチーム(討論部)

パンサーも7年生となり、いよいよ本格的にディベートチームの活動が始まりました。6年生でもお試しで希望者だけ2回競技に参加することが出来ました。6年生の時の様子競技1回目競技2回目。7年生からは火曜日の放課後1時間、金曜日の放課後1時間15分、週2回ディベートの練習をします。一日かけて何回も競技するトーナメントが年4−5回あります。

早速10月27日に第1回のトーナメントがあり、そのトピックは

The United States use of drone warfare has done more good than harm.

Single-sex education is better than co-education.

Californians should approve Proposition 34.(Eliminate the death penalty in California and replace it with life in prison without the possibility of parole.)

Californians should approve Proposition 37.(Require the labeling of genetically engineered food.)

だそうです。

なかなか大人でも答えが出ない様な問題を討論するのですから勉強になります。パンサーは3番目のカリフォルニア州は死刑を廃止して終身刑(仮釈放を認めない)とすべきか否かというトピックを選びました。賛成、反対、どちら側でも論破出来るようにしなければならないので準備も大変です。でもとても楽しそう。

しかしこのディベートトーナメント、土曜日に一日かけてあるのです。土曜日は日本語補習校、しかもパンサーはかなり6月7月で休んでしまっています。卒業、進級には年間授業時間数の3分の1以上を欠席したらアウト。でもディベートチームはパンサーもやる気を出しているし、親もどうしてもやらせたい。最初は参加出来るかどうか心配しました。
主人は「卒業することより大事なことがあるから、、、」と言い出す始末、パンサーはそれを聞いて「誰がこれまで必死で頑張ってきたと思ってんのよ!!」本当にその通り。
補習校の先生に正確な授業時間数をお聞きして、なんとか3分の1内におさまることを確認出来てほっとしました。でも補習校もこれ以上一日も休めないギリギリ。母は体調管理と補習校に送って行く朝の運転(遅刻も出来ない)に細心の注意を払います。

e0178312_13215514.jpg今日もご訪問ありがとうございます。アメリカの学校は食べ物がないと何も出来ないのでしょうか?毎回ディベートの時間には持ち回りで保護者がおやつを持って来ることになっています。早速私の番もまわってきたので、パンサーのリクエストでアイスボックスクッキー。いつもと違うレシピで柔らかめのレシピで作ったら食感は良いのですが綺麗に模様を出すのが難しい。


下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2012-09-29 13:57 | | Trackback | Comments(0)
2012年 09月 28日

オーケストラヨーロッパツアー その4

e0178312_1336349.jpgザルツブルグ2日目は観光を楽しみました。暑い位の陽気だったそうです。まず午前中は2時間半のガイドさんとのウォーキングツアー。


e0178312_13364581.jpge0178312_1337726.jpg
ザルツブルグといえば、「サウンドオブミュージック」ドレミの歌を歌ったり、お墓の後ろに隠れたりしたかしら?


e0178312_133855100.jpgモーツアルトの生家ははずせませんね。


e0178312_13465717.jpg今年もオーケストラで一緒のお友達。それぞれ学年や学校も違いますが、一緒に旅行をしてさらに親しくなりました。しかし、見事にアジア人ばかり。アメリカの学生オーケストラは多分どこもこんな感じでしょうね。


e0178312_1356113.jpg2日目の夜と3日目は南アフリカから来たコーラスグループと交流がありました。


e0178312_135810100.jpg3日目午前中はザルツブルグ大聖堂でリハーサル、演奏。午後はモーツアルテウム芸術大学でリハーサル、演奏。写真は夜の演奏会のものです。


e0178312_1441482.jpgザルツブルグは3泊し、4日目の早朝ミュンヘン空港へ出発。11時55分発と12時55分発の飛行機に分乗し、ロンドンまで。ロンドンからは同じ飛行機でロスアンジェルスには夜の7時に到着しました。写真はミュンヘン空港です。皆おそろいのポロシャツ。


e0178312_1474463.jpgロスアンジェルス空港からはバスで解散場所の地元の高校へ。アスペンからその日パサデナに戻った主人が出迎えました。


e0178312_14143239.jpgそして翌日、主人と一緒にアスペンに来たところを出迎えた写真です。


e0178312_14162821.jpg今日もご訪問ありがとうございます。写真はお土産のモーツアルトチョコレート。昼食は自分たちで支払うことになっていたので結構お金を持っていったのですが、ほとんど使わずに帰ってきました。ものすごく楽しかったそうですが、ホテルや食事は想像とはかなり違ったらしく「何も食べるものがなかった!」のだそう。ザルツブルグでお友達と昼食に入ったレストランのスパゲッティが唯一美味しかった食べ物だったそうです。


下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2012-09-28 14:24 | | Trackback | Comments(3)
2012年 09月 27日

オーケストラヨーロッパツアー その3

e0178312_15385822.jpge0178312_15392572.jpg
プラハ2日目は午前中は観光です。プラハ城。


e0178312_15405312.jpge0178312_15403748.jpg
St. Vitus Cathedral


e0178312_1542042.jpge0178312_15422454.jpg
旧市街と天文時計。


e0178312_15434448.jpgそして昼食後、夕方の公演のためにリハーサル。まずプラハサロンオーケストラの公演があり、その後パンサー達のオーケストラの1時間の公演がありました。

そしてホテルにもどり、ホテルで8時から夕食。


e0178312_15471455.jpge0178312_15475791.jpg
プラハを出発し、ザルツブルグにバスで行く途中でチェスキークルムロフを観光。


e0178312_15504093.jpgその後、セントフロリアンによりブルックナーがオルガンを弾いていた教会でオルガンリサイタルを聞きました。



その後、レストランで食事。ザルツブルグのホテルに着いたのは夜の10時でした。

今日もご訪問ありがとうございます。さっさとまとめようと思いましたが、明日も続きます。


下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2012-09-27 15:59 | | Trackback | Comments(2)
2012年 09月 26日

オーケストラヨーロッパツアー その2

出発したのは6月23日で7月1日に帰ってきました。前回出発日のことを書いたオーケストラヨーロッパツアーその1はこちらです。「犬のことは書いているのに、なんで私の旅行のことは書いてくれないのよ〜」と責められながら随分時間がたってしまいました。そうは言っても、私が行った訳でもないから、自分で書いてくれないと、、、。でも、まあパンサーのかわりに記録しておこうと思います。

e0178312_14514533.jpgロスアンジェルスの空港。6月23日5:55PMの英国航空でロンドン乗り継ぎ、パンサー達は午後6時にウィーン空港着。総勢119名だったため、乗り継ぎ便は2手に分かれたそうです。パンサーは早い便で到着。遅い便は午後10時到着だったそう。


e0178312_14581855.jpgバスでウィーン市内のホテルへ。ホテルで夕食後就寝。翌日はバスで朝8時出発。すぐに最初の演奏会。かなりのハードスケジュールです。


e0178312_157655.jpg最初の演奏会はオーストリアとハンガリーの国境近くの街、ウィーンからは約50キロのアイゼンシュタットにあるエスターハージー宮殿です。エスターハージー侯爵家はかのハプスブルグ家につづく名門貴族として広大な領地を400年以上も治めていた名家です。


e0178312_1514917.jpge0178312_15143462.jpg
1781年から30年に渡りエスターハージ−家に仕えたハイドンはここで数々の名曲を残しました。オーケストラが最初の演奏を行ったのは、当時侯爵家の当主がハイドンの要望を取り入れて音響効果にこだわって作ったというハイドンホール。見事な天井画のある、実際にハイドンが演奏したホールです。

リハーサル前には宮殿内の約1時間のガイドツアーもあったそうです。


e0178312_15243351.jpg約30分のコンサート後、アイゼンシュタットの街でそれぞれランチ。


e0178312_15291710.jpge0178312_15293518.jpg
ウィーンの街にもどり、音楽博物館へ。右は2010年にパンサーと同じ博物館に行った時のものです。


e0178312_15383682.jpgそしてウィーンの街をそぞろ歩きながら、夕食はホイリゲ(ワイン酒場)だったそうです。


e0178312_15402744.jpg翌朝は午前中ウィーン市内のガイドツアー。シェーンブルン宮殿も行ったそうです。


e0178312_15453359.jpge0178312_15455937.jpg
そして午後バスでプラハへ。プラハ到着後はディナークルーズ。なぜか花火もあがって、お天気もよく楽しいクルーズだったそうです。


今日もご訪問ありがとうございます。後半に続きます。

下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2012-09-26 15:50 | | Trackback | Comments(0)
2012年 09月 24日

地元オーケストラ初日

e0178312_146425.jpg先週火曜日から地元の青少年オーケストラがはじまりました。火曜日の夕方約2時間半の練習です。パンサーは弦楽オーケストラに1年、フルオーケストラは2年目です。昨年度は6月にヨーロッパ演奏旅行にも連れて行ってもらい(まだこれもアップ出来ないでいます。パンサーにせっつかれています。)、お友達も沢山いて、とても楽しいそうです。

その初日のリハーサル。初日は保護者も最初にあるミーティングに呼ばれていました。写真は私の座っていた位置からで、もうパンサーは会場に入った途端にお友達のところに行っているのでどこに座っているのかもわかりません。

リハーサルの始まる前にディレクターの先生が「これから子供達にあらかじめ決められた席に座ってもらいますが、この席は確定したものではありません。これからのリハーサルでどんどん変わっていきます。どうぞ家に帰って今晩の席次のことで喧嘩にならないようにしてください。」そう言われても、やっぱり気になるものは気になります。そして、なんとか初日はコンミスに座ったパンサーでした。

昨年は9年生までのオーケストラで一番最年少だったパンサー、今年は7年生で最初からコンミス目指していました。さてその席を守りきることが出来るのでしょうか?

「バイオリンの先生にオーケストラのわからないところは聞いておきなさいよ。」
「もちろん、楽譜もちゃんと持ってきてるよ。」
もう私の出る幕ではない様です。頑張ってね。

e0178312_1492778.jpg今日もご訪問ありがとうございます。たまたま今日、パンサーの小学校のオーケストラの先生でもあり、スズキのバイオリンの先生でもある、パンサーを3才の頃から知っている先生がこんな写真を送ってきてくれました。写真を整理していたら出てきたそうです。こんな時から毎日やってきたから今があるんだとつくづく思います。ちょうどはじめて10年となりました。


下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2012-09-24 14:23 | | Trackback | Comments(8)
2012年 09月 22日

Middle School Dance みんな綺麗よ!

さて、もうすっかり新学期も始まり7年生(中学2年生)を楽しんでいるパンサーです。
記録しておこうと思う事は一杯たまっているのですが、とにかく今日の話題から。

今週の金曜の夜は7時から9時半までダンスパーティがあります。市内の私立中学校が共同開催するこのパーティ、400人近い7年生が一カ所に集う社交の場だそうです。今日は放課後からお友達が我が家に集まってお粧し。まあ楽しそうだこと。皆本当にお姉さんになって眩しいくらいです。みんな綺麗!

e0178312_1345354.jpg


6年生の時は学年末に一度だけ中学校全体でダンスパーティがありました。他の学校の生徒と集うのはこれがはじめて、そしてこのダンスパーティ、なんと1年で計7回も開かれるのです!!なぜそんなに??と疑問はあるのですが、アメリカ人たるものパーティを日常茶飯事にこなせる様にならなきゃいけない、ということなのでしょうかね。

まあ、とにかくとっても中学生をエンジョイしているパンサーです。

今日もご訪問ありがとうございます。しかし女の子5人も集まるとかしましい。圧倒されてしまいました。でもとても可愛らしいお嬢さん達ばかり、、、、女の子の母親の役得です〜。

下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2012-09-22 13:11 | | Trackback | Comments(3)
2012年 09月 21日

オスロ2日目後半〜

e0178312_1315579.jpg4時に授賞式が終わり市庁舎である晩餐会行きのバスが出発するのは6時。2時間あったので髪も整えることが出来ました。今はつけシニョンという便利なものがあるのですね。

e0178312_13192452.jpgカリフォルニアではほとんど着物を着る機会がないのですが、やっぱりこういう場所では着物を着ているのが一番落ち着きます。まずは港を臨む眺めの良い市庁舎の2階でアペリティフ。

e0178312_13275854.jpg1階の大広間がディナー会場です。ノーベル平和賞はこの大広間で同じ様に晩餐会が開かれるのだそうです。

e0178312_13325610.jpge0178312_1333326.jpge0178312_1334627.jpg
晩餐会のお料理。暗いので写真写りが悪いですが、見た目よりかなり美味しかったです。

e0178312_13382427.jpg同じテーブルはノルウェーの要人の方達ばかり、とにかく素晴らしいと思ったのは皆さんが口を揃えてノルウェーの若い人達を褒めたたえ、教育がいいのだとお国自慢をするのです。ネガティブな話はまったく聞きませんでした。日本だったらどうだろう?と考えてしまいました。お食事中にもサービス精神旺盛なエンターテイメントが続きます。王様も私達と同じ様に中央のテーブルにいらっしゃって、同じ様にノルウェーの歌手が歌うコメディタッチの「サンタルチア」(なぜ??)に拍手をおくってらっしゃいました。

e0178312_1415954.jpgそして気がついたら3時間強も楽しんだディナーのあとは2階で食後酒とダンスパーティ。私の右奥がノルウェー国王です。食後もちゃんとお付き合いする王様。先にディナーだけで帰っているゲストも大勢いるというのに、、、。

e0178312_1443458.jpge0178312_1441699.jpgふと気がついたら、歴代の王様の肖像画が飾ってあるのですが、こんな絵も!!まるでホーンテッドマンションに飾ってある様な絵です。芸術なのか、ユーモアなのか。

e0178312_147090.jpge0178312_1473012.jpg
ノルウェー人の出席者の方はほとんどといっていいほど民族衣装をお召しになっていました。その出身地によって細かく違いがあるそうです。私の着物も「日本も地方によって色柄など特色があるのですか?着物で出身地がわかりますか?」と聞かれました。ノルウェーは衣装を見れば、どこの村かすぐわかるそうです。

少し雰囲気を味わった後、翌日も早かったのでホテルに戻りました。でもすでに12時近くなっていました。


e0178312_14172825.jpg翌日は主人は朝5時にホテルを発ち、私は9時、別々にそれぞれ日本とアメリカに向かう飛行機に乗りました。帰りは同じく授賞式に参列した学長夫妻と一緒の飛行機、と思ったら学長はロンドンまで、ロスアンジェルスまで乗っていたのは奥様だけ。どこも同じ様なものです。オスロとヒースローの空港で買ったお土産。食べ物ばっかり!!

水曜日の夜8時にロスアンジェルス空港に到着。その足で犬と娘を迎えに行き家に戻るとまるで夢の中の出来事の様な73時間(ロス発着で数えて)でした。


e0178312_14285080.jpge0178312_14291029.jpg今日もご訪問ありがとうございます。ちょうど20年前!!訪れたオスロでした。その時はこんな風にまた来るなんて思ってもみなかったです。ありがとうございました。


下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2012-09-21 14:46 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(6)
2012年 09月 20日

オスロ2日目前半

e0178312_14231349.jpge0178312_14253274.jpg
朝ご飯は有名なグランカフェの壁絵の前でいただきました。ノルウェーの著名人の肖像画なのだそうですが、教養がないからイプセンしかわからない、、、。ビュッフェだったのでもっと色々食べるものはあったのですが、ライ麦パンとチーズとサーモンにしか興味がないというお皿です。やっぱりサーモンは美味しいですね。


e0178312_1429382.jpgその日の用事は午後1時からでした。地下鉄に乗って1カ所だけ観光に行きました。とにかく公共交通機関が素晴らしく綺麗で便利。ノルウェーは北海油田の開発でとても豊かなのだそうです。


e0178312_143303.jpg向かったのはムンク美術館です。ムンクの「叫び」は今年アメリカでパステル画が絵画で史上最高額で取引されたことでさらに有名になりました。でも国外に出ているのはその1点だけだそうです。それも購入したのは個人収集家なのでアメリカで観られるのは期間が限られています。(NYのMOMAで特別公開があるそうです。)なのでノルウェーに来たからには見ておきたい作品です。「叫び」はノルウェー国内に4点あり、そのうちの油彩画を観ました。


e0178312_1445666.jpgこれまでに盗難の被害があったため警備が厳重でした。美術館自体は空いていて空間もゆったりととってあるので落ち着いて鑑賞することができます。「叫び」は3部作になっています。


e0178312_14525554.jpgこちらは最近修復が終わった「思春期」。お箸が転がっても笑う年頃の女の子には見えないなあ。まあ、カリフォルニアの女の子を描いたって芸術にはならないでしょうしね、、、。なんてことを母親の目で見てしまいました。


e0178312_15747100.jpg午前中は小雨混じりの曇り空でどうなることかと思いましたが、午後からは晴天となりました。主人の仕事の関係で参列した授賞式会場前の赤絨毯。両側は科学博物館から借りてきたというマネキンを使った科学の展示。


e0178312_15123637.jpgノルウェー国王もご臨席された授賞式の司会はアメリカが誇る知性派俳優のアランアルダさん。日本ではアメリカのTVシリーズMASHの俳優さんとして(しかし、古いなあ)のほうが有名かもしれませんが、脚本家、監督、また科学に造詣が深いことで良く知られています。76才だそうですが、矍鑠としてらしてとても素敵でした。


e0178312_1526624.jpg授賞式はメダルが受賞者に授与される合間に歌あり、踊りあり、クラシックからモダンまで。何でもあり?という感じでしたが、とにかくノルウェーの若い人達を応援しようという励ましの気持ちがこちらにも伝わってきて、とても暖かい気持ちになった授賞式でした。壇上で一番前に座っていらっしゃる王様の目の前で足を振り上げたり、挨拶もそこそこに芸を繰り広げる若者達。言い方は悪いですがまるで親戚のおじいちゃまの様でした。

あら、なんだか授賞式に行ったのに、肝心の賞のお話を何も書いていませんね。ご興味のある方はこちらをどうぞ。


e0178312_153536100.jpg今日もご訪問ありがとうございます。会場のシンフォニーホールはロビーにすごい数のコートクロークが並んでいました。シーズンの頃はそれはそれは寒いのでしょうから当たり前ですね。LAのディズニーホールにはコートクロークなんてあったかしら?と考えてしまいました。(もちろんありますが)



下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2012-09-20 15:57 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(2)
2012年 09月 19日

オスロ1日目

もうすでに2週間以上がたってしまっていますが、記録のために記事投稿しています。

9月2日夕方の飛行機でロンドン、ヒースロー空港経由英国航空でノルウェー、オスロに行きました。その日は4日から学校が始まるパンサーを同級生の家に預け、犬はいつも預かってもらうお家に預け、車は空港のLot Cに預け(初めてここに止めましたが、シャトル時間かかり過ぎ。)て出発。

ヒースロー空港で約2時間弱の乗り継ぎでオスロへ。これまでヒースローではいつも何かしら問題が起こり、意識的に避けていたので7年ぶりのヒースロー空港。オリンピックのためか、とっても綺麗に効率良くなっていて、乗り継ぎもスムーズで感心(と行きは思ったのですが、、、)。オスロには夕方5時に到着。2日前からオスロ入りしている主人に出迎えてもらい、高速鉄道で市内へ30分。

e0178312_14344641.jpg
e0178312_1435868.jpg
e0178312_14352493.jpg
なんだか、一風変わったインテリアのホテルの部屋、大学生の部屋みたい?たった2泊の滞在で荷物がなくなっては大変だからと私は機内持ち込み荷物だけ。着物の一部は主人に先に運んでもらいました。

e0178312_14355719.jpg支度をして7時からのレセプションには30分遅れ。さすがに髪の毛をまとめる時間もありませんでした。


e0178312_14385240.jpge0178312_14382917.jpg
立食のパーティ。着物姿でグラス片手にお皿を持って食べるのは無理。

e0178312_14415298.jpge0178312_14421822.jpg
ホテルに戻ってカフェで飲み直し。カフェには同じ事を考えていたレセプション出席者がちらほら。

e0178312_14452073.jpge0178312_14453792.jpg
エビとラングスティンの北欧風。新鮮で美味しいのですが、なぜマヨネーズであえるんだろう?勿体ない、と思ってしまいます。右奥はとんでもなく美味しいライ麦パン。パンを食べるとヨーロッパに居ると実感します。トナカイのお肉。赤身でくせがなく美味しいお肉でした。おつまみなので一口サイズが2切れでした。

今日もご訪問ありがとうございます。パンサーを預けて旅行するのは2年ぶり、これが2回目です。前回と同じくお世話になったのは、ママさんが日本人のお友達のお家。快く「預かってあげるから行ってらっしゃいよ!」と言ってくれた彼女。本当に感謝です。犬もいつもと同じお宅にお世話になりました。安心して出かけることが出来ました。


下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2012-09-19 15:05 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(2)