<   2011年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2011年 08月 31日

暑い日にはフローズンヨーグルト

e0178312_6522015.jpg先週はとにかく暑い日が続きました。コロラドから帰って来たので暑く感じるのかしら?と思っていたら、やはり39℃、42℃、39℃、35℃と続いていました。暑いはずです。

なのでおやつは毎日冷菓。今回はフローズンヨーグルトもどきです。
Cpicon ローズ家のフローズンヨーグルト by ローズ家の台所

最近作るのはもっぱらこちらで。2人分にちょうど良くてお手軽です。

今日もご訪問ありがとうございます。娘が家にいると朝ご飯、昼ご飯、おやつ、晩ご飯とずっと台所に立っている様な気がします、、、。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2011-08-31 14:30 | ローズ家のお菓子 | Trackback | Comments(0)
2011年 08月 30日

教科書とブルスケッタ

e0178312_6264997.jpgパサデナに戻って来て夏休みの宿題や新学期の準備に追われているパンサーです。まだ学校がはじまるまでには1週間とちょっとあるのですけどね。まず最初は教科書の注文。最近は学校からの連絡はほとんど学校のウェブサイトを通してなので、教科書もサイトで注文、宅配で届きます。

9月からは中学生(Middle School)のパンサー。これまでは教科書、ワークブック類は全て学校でもらってきていたのですが、今年からは各自で購入です。サイトでは教科書によっては中古やレンタルという選択もありましたが、数ドルの違いでレンタルは手続きが煩雑だったり、中古はもう在庫がなかったり、結局新品を購入することになりました。計330ドル。高いのか、安いのか、、、?

でも教科書も分厚く重くなり、これを毎日持ち運びするんでしょうか。とにかく内容も難しそうになってきました。


e0178312_936362.jpge0178312_9383099.jpgパサデナに戻ってくるとお庭の畑の新鮮なお野菜が食べられるのがとっても嬉しいです。なので早速ブルスケッタ。お昼ご飯を何にするか考えたくないときはこれに限ります。お庭のバジルとおネギもくわえました。

Cpicon ローズ家のトマトブルスケッタ by ローズ家の台所

今日もご訪問ありがとうございます。パサデナに帰ってきてから毎日暑い日が続いています。お庭のトマトが美味しい季節です。下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2011-08-30 06:38 | | Trackback | Comments(0)
2011年 08月 29日

山火事と家の畑

e0178312_5492227.jpge0178312_5494141.jpgさてフーバーダムの見学を午前中にすませ、家路につきました。家まであと1時間ぐらいというところで山火事に遭遇。カリフォルニアに帰って来たんだなあと実感しました。燃えていたのは私たちとは逆方向の車線で、私たちの車線は混んではいたものの通行規制はなく問題ありませんでした。火災発生後2時間ぐらいだったようで、消火のためのヘリコプターが忙しく飛び回り、反対車線側の山肌にはまだ炎がくすぶっていたり、山火事の現場に居合わせるのははじめてだったので緊張しました。消火が済んでいるのでしょうが、今の今まで燃えていたであろう所を消防団員の方達が登っていたり、大変なお仕事ですね。

4ヶ月ぐらいの雨期にしか雨がふらず、この季節はとても乾燥しているカリフォルニア、気温も高くなる晩夏から秋にかけては山火事が怖い季節です。

少し渋滞はあったものの、ラスベガスからは約4時間で帰ってくる事が出来ました。

e0178312_6231626.jpg2ヶ月留守にしていた間もお留守番の方がいらして下さったので家は無事でした。お庭の箱畑はさすがにすごいことになっていましたが、それはゆっくりと手入れすることにします。2ヶ月の間に育ちすぎたズッキーニ達。ズッキーニづくしの毎日が始まります。比較の為に一升瓶を置いてみました。さすがに種も育ちすぎていて、種の部分は食べれません。ズッキーニというより水っぽいかぼちゃのようなでんぷん質の多い味がします。

今日もご訪問ありがとうございます。これが約1週間前の出来事(なんて信じられないのですが)、2ヶ月いなかった間の片付け、新学期の準備に追われる毎日です。この片付け、、、年毎に時間がかかるようになってきたような、、、私が鈍くなってきたのか、用事が多すぎるのか、、、。


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2011-08-29 06:24 | ローズ家IN ASPEN | Trackback | Comments(0)
2011年 08月 28日

Las Vegas: Hoover Dam

e0178312_8552685.jpg2泊目はラスベガスに泊まりました。アーチズ国立公園から直接パサデナに帰ることも考えたのですが、さすがに12−13時間運転するほど若くないかも?ということで安全第一。パンサーはラスベガスに泊まるということで最初は大喜び、きらめくネオンのにぎやかなストリップにあるホテルで、シルクドソレイユのレビューを観て、と思っていたのですが、そんな事は後回しの我が家。ラスベガスでは歴史のお勉強、フーバーダムを見学に行きました。


e0178312_1444628.jpge0178312_1451791.jpg1931年から1935年という驚異的な早さでこれほどの建造物を作ってしまった当時のアメリカの技術力にはいつ来ても驚かされます。詳しくはこちらをどうぞ。ここで使われたコンクリートはマイアミからシアトルまで高速道路を建設出来る量に匹敵します。ダムの耐久年数は2000年とされ、もし人類がこの先滅亡したとして、一番最後まで残るであろう建造物だそうです。ダムの基礎部分はフットボール場2つ分の幅があるとか。

ラスベガスから40分ほどの場所にあるのでホテルはフーバーダムに近い場所にしました。犬も宿泊可能なヒルトンホテル系列のHampton Innは華美な所はありませんが、とても広く清潔でした。フーバーダム付近はラスベガスよりもさらに暑く日中45度ぐらいになるので(ラスベガスは42度ぐらいでした。)Rosieは部屋でお留守番でした。



e0178312_234858.jpg今日もご訪問ありがとうございます。パンサーの憧れのラスベガスメインストリートのストリップは夜、車でドライブしただけ〜。パンサーが小さい頃は日本からお客様があると必ず出かけたラスベガスですが、最近はさっぱりご無沙汰していました。またもやホテルが増えて一段とパワーアップした感があります。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2011-08-28 09:03 | ローズ家IN ASPEN | Trackback | Comments(0)
2011年 08月 27日

Moab: Arches National Park

e0178312_6484667.jpge0178312_6485788.jpge0178312_6491236.jpge0178312_6492976.jpge0178312_6495397.jpge0178312_6501868.jpg
写真ではあまりつたわらないかもしれませんがとっても巨大なものばかり。自然が作る彫刻が楽しめる、ユタ州のシンボルの橋がある国立公園です。夏は日中40度以上になるので車でも一応見所は見て回れるのが嬉しいです。運良く夕方少し小雨が降り、曇ってくれたので主人とパンサーはトレイルを歩いて数ある橋のひとつの近くまで行く事ができました。私はRosieと車でお留守番でした.
e0178312_6505887.jpge0178312_6512346.jpge0178312_6514233.jpge0178312_652262.jpge0178312_6522331.jpge0178312_6523943.jpg
夜は歴史的な建物にも登録されている1890年代(ここでそれはとっても古いです。)につくられた館を改装したレストランでお食事。まったく期待していなかったのですが、結構丁寧に作ってあって(量はさすがにアメリカンでしたが)美味しくてびっくりしました。

主人と以前この国立公園を訪れたのは1995年でした。その頃はホテルもあまりなく、レストランなんて料理といえるものではなかったのを覚えています。今回訪れたらかなり大きな街となっていました。2000年代に入って急に発展したようで、やはりその頃アメリカは景気が良かったのですね。犬も泊まれるホテル(Gonzo Inn)も広く快適で、朝夕は気温も過ごしやすい25度ぐらいまで下がるので近くのトレイルをRosieと散歩することも出来ました。


e0178312_0452223.jpg今日もご訪問ありがとうございます。アスペンから約4時間の道程です。30分ほどカリフォルニアに帰る道からは外れますが、ほぼ帰り道。ヨーロッパなど人間が作った歴史にも感銘を受けますが、アメリカの大自然にはまた違った意味で圧倒されるものがあります。そこでは人間なんていとも小さな存在で、人生観も変わってしまう様な。細かい事にこだわらないアメリカ人の性格というのはこういうところでも育まれる気がします。写真は日本人の細かい性格があらわれている車のトランク。パンサーにはいいところどりをしてもらいたいものです。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2011-08-27 00:49 | ローズ家IN ASPEN | Trackback | Comments(2)
2011年 08月 26日

アスペンのこまごま(パンサーの)

今年はバイオリン、スケートテニス、コンサート鑑賞を中心に2ヶ月すごしたパンサー、やっぱりじっくり2ヶ月取り組めるのは何事も上達が早い様で、良い夏休みとなりました。

e0178312_30385.jpg夏休みは読書もすすみます。英語の本は言わなくても暇があれば勝手に読むパンサーですが、日本語の本はそうはいかないのでノルマを課すことにしました。1週間に1冊。最初はハリーポッターを全巻読んでいたのですが、途中からあまり読んでいる風はなく、何やらおかしい、、、。でも内容はもうすでに英語版を読んでいるので、質問をしてもスラスラ答えてしまう。これはイケナイと、ハリーポッターはやめさせて、あらかじめ私が持って行っておいた本の中から選ばせました。読んだのは「少年H上、下」、「飛ぶ教室」、「点子ちゃんとアントン」、今は「キューポラのある街」を読んでいます。日本語の本も勝手に読んでくれるといいのですが。それなりに「面白かった」とは言うのですが、執拗に質問を重ねないとごまかそうとするし、すぐ英語の本に変わっています。写真は今まで何回か挑戦して読めずにいた「風と共に去りぬ」。今年は読むことができました。


e0178312_3182050.jpg日本語補習校のドリル類や進研ゼミの通信教育、秋にある漢字検定の勉強の他にやっていたのは夏恒例となった算数パズル(足し算、かけ算、四則計算は上級まで終わったので、今はてんびんと数字ブロックで遊んでいます。)。写真にある算数辞典は毎日数ページづつ音読。アメリカにいると音読の大切さは痛感するので、算数のお勉強と兼ねてみました。内容は簡単なものも多いのですが、日本の算数の考え方が学べて面白かったようです。特につるかめ算、植木算などの文章題の解き方はアメリカにないので勉強になったようです。
アメリカでもインド人の計算能力の高さは良く知られているところなので、インド人に負けない様に?とやってみた計算ドリル。頭の体操になります。二桁の九九のやり方がわかって、これでインド人はもうこわくない?

これまでは主人の仕事関係の集まりの方が多かったアスペンでの社交ですが、今年はそれだけでなく、テニスやスケートを通してアスペンに住むお友達も沢山できました。バイオリンでも音楽学校の正式な生徒ではありませんでしたが知り合いも増え、来年の再会を楽しみにしている日本人のお友達もできました。そのご家族を呼んでBBQパーティをしたり、いつもブログで仲良くしていただいているRayくん家族が遊びにきてくださったり、パンサーを通じてのおつきあいが増えました。


e0178312_6442336.jpg今日もご訪問ありがとうございます。そして夏休みの生活を充実したものにしてくれたRosie育て。一緒にしつけ教室に通ったり、トイレの世話や散歩、学校がはじまったらなかなか時間がありませんが、長い夏休みのおかげでパンサーもRosieとゆっくり過ごす事が出来ました。子犬を育てるというのは本当に根気がいることです。沢山のことを学んでくれた様です。



下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2011-08-26 06:45 | ローズ家IN ASPEN | Trackback | Comments(2)
2011年 08月 24日

Il Mulino イタリアンレストラン

アスペンではほとんど外食をしない私たちですが、最後の日には食料もつきたので、新しいレストランを試してみる事にしました。NYに本店があるお店。六本木ヒルズにもあるらしいですね。アスペン山のゴンドラ乗り場のすぐ横。

e0178312_14442582.jpge0178312_14444195.jpge0178312_14475297.jpge0178312_14483078.jpge0178312_1449817.jpge0178312_14493321.jpge0178312_14495577.jpg
e0178312_14503428.jpge0178312_14505612.jpge0178312_1453741.jpg
e0178312_14544315.jpge0178312_1455091.jpge0178312_1455198.jpg


今日もご訪問ありがとうございます。昨日パサデナに戻りました。2ヶ月留守にしていたので用事がたまりにたまっていますが、やはりアスペンから帰ってくると高地トレーニングのおかげで身体が楽なような気がします。


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2011-08-24 14:59 | ローズ家IN ASPEN | Trackback | Comments(4)
2011年 08月 19日

コンサート  Sarah Chang

e0178312_201868.jpg木曜日の夜はSarah ChangさんのSpecial Eventでした。
演目は

SCHUMANN: Variations sur le nom Abegg, op. 1
LISZT: Gnomenreigen, LW A218/2
J. S. BACH: Air from Orchestral Suite No. 3 in D major, BWV 1068
GARDEL/SIMON HALE: "Por una cabeza"

BRAHMS: Piano Quartet No. 3 in C minor, op. 60
Gold Premier Sponsor: Nancy and Charles Wall

まず出てきたのは男の子。観客はみな???。もちろんピアノを良くご存知の方は演目を見れば明かなのでしょうが、Special Eventとわざわざ宣伝しているのでてっきりSarah Chang づくしだと思っていました。でもその男の子Christofer Richardson君 13才の凄い事!たちまち観客の心をつかんでしまいました。2曲演奏後はSarah Changさんを聴きにきていた人達が皆standing ovation。世の中すごい神童くんがいるものです。

その後はもちろん真打登場。あの様に官能的なBachははじめて聞きましたし、次の曲はBachとは正反対のラテン系、でもどちらも独特な演奏だなと感じられるのは彼女ならではです。ブラームスもとっても素敵でした。堪能。

しかも今日は前から2列目。幸せな気分に浸る事が出来ました。

今日もご訪問ありがとうございます。前回Gil Shahamさんに犬の散歩中出会ったことを書きましたが、なんと今度はSarah Changさんにも会いました!といっても、パンサーが。
「何かしゃべった?」「Rosieが可愛いわね〜って言ってたよ。」「んで貴女は何も言わなかったの??いつもコンサートいってますとか、ファンですとか!!!」「いや〜、突然だったんで、、、」
キィーッ!!私は散歩中に彼女に会ったらどう言おうとシミレーションを重ねてたというに、、、。くやしい、、、。


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2011-08-19 14:28 | ローズ家IN ASPEN | Trackback | Comments(4)
2011年 08月 19日

Grotto Ice Cave

e0178312_2243423.jpgなぜかここだけはパンサーは毎年行かなければ気がすまないのだそうです。今年はRosieも一緒でとても楽しかったようです。夏でも氷が残っていることの多いcaveの中は今年はもう氷はなかったそうです。


e0178312_12272999.jpge0178312_12275876.jpg1時間もあれば充分な滝と洞窟。犬の散歩にもぴったりでした。


e0178312_22754.jpg今日もご訪問ありがとうございます。やっぱり犬も自然の中は楽しいらしいです。こんなに喜ぶとは思いませんでした。


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2011-08-19 02:29 | ローズ家IN ASPEN | Trackback | Comments(4)
2011年 08月 18日

The Red Violin, VitusとIn Search of Beethoven

The Red Violinこの映画はR指定(18才未満お断り映画ではありませんが、保護者の監督の元に観ることが期待されている指定です。未成年が鑑賞するにはふさわしくない行動、言動が含まれるとされる映画)だったのでずっとパンサーと観るのを躊躇していたのですが、今回はじめて観ることに。名器と伝説だったThe Red Violinの制作時から現在までの歴史をたどる数々のドラマをとても上手くまとめてありました。もちろんフィクションなのですが、バイオリンは名器とされるものは年代物が多いだけに現実味があります。やはりかなり過激なシーンはあったので、パンサーは目を伏せていた時もありましたが、お話はとても面白かった様です。

Vitus ピアノの神童くんのドラマ。スイス映画だそうで、スイス訛りのドイツ語がわかったらもっと楽しめるのだろうな、と思いましたが、それでなくてもなかなか楽しい作品でした。ピアノも勉強も天才的に出来る男の子の話で内容的には軽いのですが、実際に Teo Gheorghiuという今はアメリカの有名なカーティス音楽院に通っているという神童くんが主人公を演じています。ピアノの腕前もさることながら、とてもハンサムで演技も上手。脇役のおじいさんがとても暖かい演技で後味の良い映画でした。実際に主人公が弾いているピアノの音楽も素敵です。Teo君のアイドル映画といえばそれまでかもしれませんが、子供と観る映画としてはお薦め。

In Search of Beethoven教育番組。ベートーヴェンの作品をいろんな歴史学者や音楽家が時代を追って解説してくれます。映画だと思っていたパンサーは最初は不機嫌でしたが、観ているうちに解説している人達のベートーヴェンに対する熱意に惹き込まれていきました。音楽家が何人も出てくるのですが、その中に昨年ベルリンで教えていただいていたバイオリンの先生のチェロ奏者の息子さんも登場したりして、最後は観て良かったと思った様です。大人にもとても勉強になる番組でした。同じシリーズでモーツァルトもあるそうなので今度観てみましょう。

今日もご訪問ありがとうございます。R指定の映画もそれなりに観れる様になってきたので、映画もより楽しめるようになってきました。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2011-08-18 09:05 | ローズ家IN ASPEN | Trackback | Comments(0)