<   2009年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 31日

10月のこまごま

e0178312_14132912.jpge0178312_1414534.jpge0178312_14145063.jpge0178312_14153812.jpg本当は31日はハロウィン。はやくハロウィン関係の記事をアップしなければと思いつつ、もう月末。いかん、いかん。11月にひきずりそう。旬な話題。難しいものですね。これ全部ご近所です。皆さん、気合入ってます。うち?何もやっていません。



e0178312_5414268.jpg親も買えるパンサーの学校のBook Fair。「僕も」と言ってビーバーが買ったアメリカでは必携書のいわゆる「文章読本」。これを読んで気の利いた文章を書くんだそうですよ。


e0178312_13394040.jpge0178312_1340316.jpgこちらでも新米の季節です。日本で食べる新米とは比べ物にならないけれど、でもやっぱりそれなりに美味しいです。うちの白米はずっとこのブランド。色々試してみるけれど、これに戻ってきます。


e0178312_13443274.jpgパンサーがお友達と小旅行した時に買ってきてくれたお土産と拾った石。私にブレスレット、ビーバーには「Focus」と書いた石。考えて買ってきてくれたんでしょうね。子供って本当に可愛い。


e0178312_13484365.jpge0178312_13501183.jpgパンサーが旅行に行った日にビーバーとデートで久しぶりに近くの図書館・植物園に行きました。自転車で5分の所。グーテンベルグの聖書があることでも有名なところ。新しく中国庭園が出来ています。一日ではまわりきれない広大な敷地。日本庭園は必ず行きます。パンサーが小さい頃はここで幼稚園が七夕やおひな祭りなどをしたものでした。


e0178312_13563693.jpgペルーからやってきた白アスパラガス。南半球は今が旬らしいです。好きなのでいつも買うのに満足したためしが無かった白アスパラガス。でもこれまでドイツで食べた旬のシュパーゲルの次に美味しかった!!もちろん本場には到底かないませんが、ペルー、なかなかやります。


e0178312_142527.jpgお庭の今年最後のトマトはやっぱりカプレーゼ。6月に行ったフィレンツェで思い出のレストランで買ったオリーブオイルとシシリー島のお塩。どっちももうなくなっちゃう。


e0178312_1471469.jpgパンサーの学校では親にも有料でインフルエンザの予防接種をしてくれます。でもH1N1はまだ。


e0178312_1492640.jpg今月のパンサーのつぶやき。

まだ写真をアップするの大変な作業なんですけど、皆さんサッサカ、アップされていますよね。慣れなんでしょうか。それにしてはよく写真アップしたじゃない、と思われる方、是非今日もポチッとお願いします。明日も頑張りまーす。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2009-10-31 05:42 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
2009年 10月 30日

茹で鶏

e0178312_13571168.jpg鶏を丸ごと茹でます。鶏肉も美味しいし、その後のスープも美味しい。一石二鳥の万能メニュー。少し肌寒くなってくると作りたくなります。こちらでは一羽丸ごと、それもOrganicの鶏が手に入りやすいので嬉しいです。(ボカシをいれました。本当に丸ごとなのです。)

鶏を洗って水気をふきとったら少し多めに塩をふります。鶏全体にまんべんなくすりこむようにして塩をなじませ、冷蔵庫で1時間以上ねかせます。洗わないでペーパータオルで塩気を拭き取り、お鍋にいれていつもかぶるぐらいの水で茹でます。ここで必ず入れるのはしょうが、あとは洋風にする時は玉ねぎ、にんじん、セロリなどの香味野菜にブーケガルニ、和風、中華なら昆布やしいたけ、ねぎなど。もちろんなくても充分美味しいので、あまり堅苦しく考えないでいつも適当に作っています。

e0178312_1422784.jpg1時間ぐらいゆでたら出来上がり。ポン酢や大根おろしで和風に、マスタードやピクルスと洋風に。
お肉も美味しく、そのままスープに入れて冷蔵庫に保存可能で、味も適度についているので色々に応用がききます。もちろんスープはチキンストックとして、一滴も無駄になりません。



e0178312_1414731.jpgアメリカで一羽鶏を買うとたいてい、内臓が一羽分、袋に入っておなかの中にあります。心臓やレバーなどですが、そのレバーが楽しみでもあります。というのもこちらでは鶏のレバーは量り売りではなく、500g入りのパックになっていることが多く、レバーばかりそんなに使えるものではありません。1羽分ですとたったの少しですが、レバーペーストにするとちょうどオードブル一回分ぐらいになります。


e0178312_14144774.jpgうちの適当レバーペースト 臭みをとるためひたひたの牛乳とにんにく少しでレバーに火をとおす。火が通ったら、ハンドミキサーでなめらかになるまでつぶす。しお、こしょうしてやわらかくしたバターを混ぜて味を調える。カロリーの高いものなので、このぐらいがちょうど適当で嬉しいおまけです。



今日もお越しいただいてありがとうございます。こちらもさすがに少し気温が低くなってきましたよ。カリフォルニアでも寒くなるんだ~と思われた方は暖かいポチッを是非お願いしまーす。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2009-10-30 14:21 | Trackback | Comments(4)
2009年 10月 29日

桃のチャツネ

e0178312_14213848.jpg10月でもまだ桃がファーマーズマーケットでは手に入ります。白桃はさすがに終わりましたが、黄色い桃はまだまだ旬。

e0178312_14223235.jpgお値段も手ごろなのでチャツネを作りました。チャツネ(Chutney)は簡単に言えば、ジャム(果物+お砂糖)にお酢とスパイスが混ざったもの。カレーに薬味がわりに添えたり、お肉や鶏のローストにそえたり、色々楽しめます。イギリスのマンゴーチャツネなんか有名ですね。でも別にどんな果物でも出来ます。今回は桃、砂糖、酢漬けのハラペーニョ、ライムの皮とジュース、しょうが、コショウ、玉ねぎのみじん切り、レーズンをいれて作りました。甘酸っぱくて辛味もきいている大人のジャム。

e0178312_1427247.jpgさっそくお野菜のモロッコ風煮こみを作って一緒にいただきました。お野菜一杯のカレー、家族全員大好きです。先週はまだファーマーズマーケットでは新鮮な夏野菜が手に入りました。でも今日なんか結構寒かったので、もうそろ終わりかな?


ランキングに参加して4日目。ポチポチ聞こえてくるようです。応援本当にありがとうございます。コメントも是非のこしてくださいね。お待ちしてます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2009-10-29 14:57 | Trackback | Comments(4)
2009年 10月 28日

10月の野菜畑

e0178312_14511770.jpg9月に撒いた種が芽を出しています。手前の方が生育がいいのは日照時間の違いからのようです。ここカリフォルニアでもかなり太陽が低くなってきています。


e0178312_14572283.jpg今月は間引き菜サラダを良く頂きました。根っこまでたべられちゃう間引いた苗。元気な味がします。お気に入りのドレッシングはピクルスに漬かりすぎたお野菜(玉ねぎなど)をハンドミキサーでつぶしてオイルを足したもの。お手軽です。


e0178312_14585332.jpgあちらこちらに三つ葉が勝手に芽をだしています。これはすべて摘んで、薬味がわりにお刺身や茹で鶏のスライスのお供に。柔らかくって、三つ葉の香りがしてとっても高級なお味がしますよ。


e0178312_1535886.jpg9月に植えたお豆もすくすく育っています。まだお弁当の彩りにぐらいしか実りませんが。
後ろはMeyer Lemon。そろそろ色づき始めています。薄い皮のとっても香りのよい酸味が少ないレモン。保存が難しいため、カリフォルニア以外ではあまり見かけません。
お豆の横にあるのはニラ、ずっと同じ株から収穫していますが(5年目ぐらい)少し朝夕涼しくなるこの季節になるとアブラムシが一杯つきます。いちいちとるのも面倒なので、そうなるとニラの季節はまた来年。お味噌汁に餃子にチヂミ、あると便利なのですけどね。


番外編
e0178312_15184988.jpg山茶花、山茶花咲いた道、たきびだたきびだおちばたき、あーたろうかあたろうよ、しもやけおててには程遠い陽気ですがお庭の山茶花が満開です。

山茶花と聞いて「たき火」の歌詞がうかんだ人はポチッとしてみましょう。いや、もちろん「さざんかの宿」でもいいのですけど、、、
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2009-10-28 12:57 | Trackback | Comments(4)
2009年 10月 27日

コーヒーハウスとグループレッスン

e0178312_14403475.jpg日曜日の午後は小学校の音楽の先生に頼まれてコーヒーハウスでバイオリンを弾きました。先生が趣味で描いてらっしゃる絵の個展がコーヒーハウスで開かれ、その余興です。ヴィヴァルディの四季から「春 第1楽章」モンティのチャルダスを弾きました。伴奏もなく、コーヒーハウスの普通のお客さんもいるとのことで弾き慣れた、親しみのある曲を選びました。何人か小学校の先生もいらしていて気持ちよく演奏することが出来ました。
e0178312_1443939.jpge0178312_14474197.jpgきれいな花束を頂きました。パンサーからは先生にカードとココアショートブレッドの箱詰め。


夕方からはスズキの遠征グループのレッスン。2時間半のレッスンではいつものレパートリー曲に加え、初見でハリーポッター、フリントストーンやスターウォーズなどのおなじみの主題歌なども皆で弾きとても楽しかったようです。
e0178312_1444256.jpge0178312_14452999.jpg
私はいつものようにスナックタイム担当。アメリカ人、特に子供はナッツはアレルギー、香り付けの洋酒はお酒臭い、フルーツは酸っぱい、ドライフルーツは歯に詰まる、と文句がうるさいので極力単純な万人受けするケーキを持って行きます。今回はシンプルなロールケーキとココアのショートブレッド。ショートブレッドはパンサーに味見をさせたところ、「おいしいけど、アメリカ人の子には甘みがもっと必要」と言われ、急遽粉砂糖をまぶしました。そうしたら、なんと子供の一人がコーンアレルギーで粉砂糖に含まれているコーンスターチに反応するという子が!!ロールケーキは粉砂糖かけなくて良かった~。本当気を使います。


ついつい更新する時にこのバナーを足すの忘れてしまいます。まだまだPCの使い方が覚束ない私。これを励みに頑張ろっと。自分でもポチ!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2009-10-27 13:57 | Violin | Trackback | Comments(4)
2009年 10月 26日

トマティーロ

もう日本はかなり冷え込む日もあるというのに、こちらは今日も日中30度まで気温があがりました。ファーマーズマーケットにもまだ美味しい夏野菜が並んでいました。

e0178312_14434549.jpg日本では食用ほおずきともいうらしいですね。メキシコ料理のサルサには欠かせない、お野菜です。ほおずきの皮をとった姿も味もグリーントマトのようです。


e0178312_14471898.jpg香菜、トマティーロ、ハラペーニョの酢漬け、ライム、ざくろを使ってサルサを作りました。材料は生のまま、ハンドミキサーでまぜあわせるだけです。これは昔サンタバーバラに半年滞在した時にヴェトナミーズの食料品店でみつけたソースをまねたものです。


e0178312_14513893.jpge0178312_1452575.jpg昨日はファーマーズマーケットで鰯をみつけたのでBBQ。この方のブログからエリンギのベーコン巻きも焼きましたよ。


このソースを焼いた鰯にかけて食べると、なぜかタデ酢で食べる鮎の塩焼きを思い出してしまいます。鮎+タデ酢がおしょうゆ顔としたら、鰯とトマティーロのサルサはおソース顔という感じ。そのぐらいぴったりあっています。

とにかくさっぱりさわやかでピリッと辛味が効いているソースです。BBQで焼いたものに片っ端からかけて食べていたら、半分ぐらいなくなってしまいました。

更新の励みになるかとランキングに初めて参加してみました。ご祝儀ポチ、出来ればお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2009-10-26 13:37 | Trackback | Comments(2)
2009年 10月 25日

ざくろ

e0178312_15141996.jpgファーマーズマーケットで今年初めてざくろを買いました。食べごろに熟れて真っ赤な実がのぞいています。ざくろはやはり皮がはじけているぐらいの実を買わないと中が充分に熟れていなかったりしますね。


e0178312_15202052.jpg毎年はじめてのざくろはジュースにします。ジュースにすると少ししかとれないのですが、初物は少し贅沢にいただきたいです。とっても濃厚な味で休日のランチのアペリティフがわり。


e0178312_15493766.jpg今日はファーマーズマーケットでケフィアの種菌で発酵させたオーガニックソーダも買ってみました。私達が買ったのはりんごとブドウ、他にも色々な果物のソーダがありました。常温ではずっと発酵しつづけるらしく、保管は必ず冷蔵庫なのだそうです。瓶を開けた時にはかなり噴出してしまいました。

自然の甘さで、程よい炭酸。少しアルコールも感じます。これはランチのおともに。パンサーが補習校の土曜日はビーバーと二人、ゆったりとランチです。

by flouribunda | 2009-10-25 16:00 | Trackback | Comments(4)
2009年 10月 24日

Parent Party

今日はパンサーの学校の親の親睦会でした。1年に2回同じ学年の親だけが集まるPartyがあります。会場はクラスメイトの誰かのお家。毎回誰かしらボランティアで名乗りでてくれます。私立学校なんで、すごいんです、皆さん、お家が。1学年45人の両親と先生、それに給仕の人達がいるので100人近く。なんともないんです。毎回パーティに出席するたびにため息モノです。

写真は盗み撮りしか出来なかったのが、残念。とても素敵にインテリアコーディネートされたお家。3人子供がいて皆同じ学校。ママは子供服のお店を経営、パパは映像関係。

e0178312_157867.jpg玄関前のポーチにはドリンクコーナーがあります。一応ハロウィンが近いので、コスチュームを着ている人もいます。(Toothfairyになっているこの家のパパ)


e0178312_1592193.jpg
そうでなくてもちゃんとフェイスペインターがお化粧してくれます。
e0178312_15103147.jpgかなり本格的なペイントで楽しかったです。ビーバーはドラゴンをかいてもらっていました。


e0178312_15125575.jpgお食事は立食で中国風のお料理でした。もちろん一人20ドル会費制なので豪華なお料理ではありませんが、それでもコックさんたちが3-4人立ち働いています。写真ではよく見えませんが、お料理の入っているお鍋も銅製。高級感がありました。ここがきっとメインダイニング。


e0178312_15173823.jpg
ここはキッチンとファミリールームといった感じのお部屋。お庭に面していて、生バンドの演奏や占い師もいました。


e0178312_15212421.jpgお土産はちゃんとパンサーの学年(CLASS OF 201?高校卒業年で呼びます)が印刷してあるチョコレート。


親だけの学年親睦会は年2回ですが、全校の親だけの親睦会があったり、親だけの勉強会というのも年3回ぐらいあります。すべて夫婦で出席。お付き合いも結構大変です。

by flouribunda | 2009-10-24 15:40 | | Trackback | Comments(0)
2009年 10月 23日

ハラペーニョの酢漬け

e0178312_13251915.jpgカプサイシン大好きですから、ハラペーニョの酢漬けも常備しています。保存はきくし、作り方もすこぶる簡単。生のハラペーニョを刻んで、お酢を注いで、塩味が感じられるぐらいの塩を入れます。冷蔵庫で2-3週間もすれば出来上がり。私は少し甘みも欲しいので、ピクルスの液を足したりもします。

利用法としては刻んでドレッシングに入れるのもよし、タルタルソースなんて大人味に早替り。



e0178312_1419526.jpg良く作るのはハラペーニョパン。これは最高。はじめて食べたとき、ものすごく感動しました。生で食べるより、火を通したほうが辛味が弱まるので、おそれずバンバンいれてしまいます。チェダーとモッツアレラをごろごろ切って一緒に巻き込む。でもこの写真は近い将来差し替えます。さすがにパンサーは食べないし、これはつい食べ過ぎるので、いつも少量しか焼かないのです。でも写真だと貧弱なイメージ。やっぱり食パンサイズで焼かないと。 差し替えました。ちょっと大きめ。一斤サイズ。でも気をつけてないとすぐなくなってしまいます。かなりチーズ入ってるので危険。


e0178312_15325438.jpgあと気に入っているのはチヂミに入れる。細かく刻んで混ぜて焼きます。もちろんしょうがのかわりにお好み焼きにだって、PERFECT.

でもかんがえてみたら冷蔵庫にカプサイシン系ソースはいくつあるんだろう?柚子コショウ、豆板醤、コチジャン、スリラチャソース、タバスコ、ダイナマイト、ハラペーニョ。雑食だなあ、我が家って。

by flouribunda | 2009-10-23 13:42 | Trackback | Comments(2)
2009年 10月 22日

学校の美術

パンサーの学校は美術の時間がとても楽しいのです。才能あるなしにかかわらず、皆が楽しめる美術の時間ってすごいと思います。

なぜそんなに楽しめるのだろうと考えてみると、絵はほとんど模写なのです。粘土で何か作ったり、工作する時も創作はほとんどなく、全てお膳立てがしてあって、簡単に組み立てられるだけです。だからとても簡単、誰でも上手く出来る。

なーんだ、と思われるでしょうが(私も最初は思いました。)でも上手く出来るっていうのは子供にとってとても大事なようですね。さすが、アメリカ式、自信をもたせる教育です。好きこそ物の上手なれ。やはり才能のある子は、同じ様な作品をつくっても独自性をもたせて、伸びていっているし、そうでない子も、自分の作品が一番だと思っている。クラスメイトの親にも画家が2人いるのですが、美術の教え方にはとても満足している様子。

そしてその作品は全て丁寧に子供達の手でラッピングされて、親にプレゼントされるのです。ハロウィン、Thanksgiving,クリスマス、イースター、母の日、父の日、何でもない日。

e0178312_1572460.jpgたとえばハロウィン用。かぼちゃは年長さん、魔女は2年生、ろうそくたては今年の作品。(ちなみにプロフィール用の写真のおばけも今年の作品。)

どんどん家にパンサーの作品が増えていきます。でもどんな絵画も、置物も、パンサーの作品には勝てません。

でも何人も子供がいたら大変だろうな。まあ、アメリカの家は広いからいいのかな?

by flouribunda | 2009-10-22 14:02 | | Trackback | Comments(4)