カテゴリ:ローズ家の日本( 29 )


2016年 12月 05日

日本番外編 味農家

いつもは主人とよく行く近所のお店です。
お野菜だけの小鉢のコースでお腹に優しく
とてもお気に入り。
きっと娘も好きだろうと今回は女子ディナー。

今月はこんなメニューでした。
家でもすぐ作れそうな家庭的なお料理なのも
外食続きには嬉しいです。
e0178312_14425942.jpg

e0178312_14430327.jpg
酒粕ピクルス。
べったら漬けのように甘くなくさっぱり。
e0178312_14430960.jpg
白和え。
きのこももちろんですが、
焼きねぎを加えるとコクが出るのを
ここで教わりました。
e0178312_14431393.jpg
海老芋とひじきの揚げ出しのごぼうあんかけ。
あったまります。
e0178312_14431710.jpg
この後の大根エリンギセロリの手毬蒸しも
片栗がつなぎに少しだけ使ってあるだけでとっても軽く
絶対真似しようと思いました。


わざわざ遠くから行くハレのお店というより、
近所にあって本当に嬉しいお店です。
娘もとても気に入ったようでした。


今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ




by flouribunda | 2016-12-05 09:42 | ローズ家の日本 | Trackback | Comments(4)
2016年 12月 04日

日本番外編 千疋屋

日本橋のデパートに買い物に行ったついでに千疋屋に行きました。
娘は初めてだったのでまずはお店で宝物のような果物にびっくり。
そして2階のフルーツパーラーで女子ブランチ。

どうせだから、とフルーツだけが食べてみたい娘が頼んだプレミアム果物盛り合わせ。
普通こんなメニューを頼む人はいないのかも?
でもお値段的にはこれはすごくお得かもしれません。
メロンはもちろんのこと、パイナップル、マンゴー、柿、パパイヤ、などはとーっても美味しかったですが、
あとはカリフォルニアも負けてないかも?
オレンジはカリフォルニアの方が美味しいです!!
e0178312_14250126.jpg
定番パフェも頼んでみました。
これは王道の美味しさ。
e0178312_14250484.jpg
今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ




by flouribunda | 2016-12-04 09:24 | ローズ家の日本 | Trackback | Comments(2)
2016年 12月 03日

日本旅行こまごま

5泊6日の日本旅行から戻りました。
本当に行ったのだろうか?
というぐらい日常に戻っています。
今日は強風で6時間も停電したので尚更。
さすがの南カリフォルニアもこの時期停電すると
寒さで凍えました。

では備忘録の写真集。

富士はにーっぽん
いちの山〜♬
e0178312_13514871.jpg
義両親と食べて遊びました。
e0178312_13515452.jpg
日本は美味しいものいっぱいです。
e0178312_13520049.jpg
日本はどこもイルミネーションが綺麗。
e0178312_13523300.jpg
アメリカから日本に着くと朝は元気。
e0178312_13522175.jpg
お色直し。
e0178312_13524840.jpg
おめでとう〜。
e0178312_13525563.jpg
結婚式の日は晴れていて良かったです。
e0178312_13550200.jpg
比叡山国宝根本中堂
e0178312_13562787.jpg
未来館


e0178312_13560474.jpg
予行演習
e0178312_14103159.jpg
そして主人は一足先にアメリカに戻りました。

今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



by flouribunda | 2016-12-03 14:14 | ローズ家の日本 | Trackback | Comments(2)
2016年 11月 28日

今年の感謝祭は日本

火曜日夜に娘が東海岸より戻り、
翌日日本に向かいました。

出発日は夜中の便です。
時差を軽くするため火曜日の夜はなるべく起きていて
朝はなるべくゆっくり起きます。

食事は冷蔵庫には何にもないし、
在庫整理がてらのみじん切りサラダを作りました。

Cpicon ローズ家のみじん切りサラダ by ローズ家の台所

最近はマヨネーズも常備していないので使わず、
レモン汁とオリーブオイルだけですがケッパー、オリーブ、アンチョビ、クランベリー(どんなドライフルーツでも)、ナッツ(今回はヘーゼルナッツ)、ハーブを入れればそれなりに美味しくなります。
今日はクスクスの代わりにレンティル。
なので全くレシピ通りではありませんが。
e0178312_07041028.jpg
これだけ色々入ってたら栄養的にも悪くないでしょう。

それとなるべく起きているために夜中に焼いたパン。
e0178312_07034058.jpg
両方とも好物なので文句はないらしいです。

残りのパンは一足早く帰ってくる主人のために冷凍庫へ。

出張のために一足早く日本に行っている主人と日程が重なるのは三晩だけ。
娘が日本に帰るのもなかなかチャンスがありませんが、
家族での時間を過ごすのも年々難しくなってきますね。

前日に犬も預けてしまったので出発日はゆっくり荷造りと掃除。
羽田行きの夜中の便は時間が効率的に使えます。

あと買っておいた果物を彼女は食べていました。
ま、日本でご馳走続きだからね、と弁解。

今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ





by flouribunda | 2016-11-28 07:03 | ローズ家の日本 | Trackback | Comments(3)
2016年 06月 11日

日本滞在のこまごま

やっぱりお買い物は高島屋!!
海外居住者にはもれなくもらえる5パーセント引きカードと消費税免税でかなりお得になります。
ストラップまでくれました。
e0178312_06304166.jpg
しかし空港の免税手続き、別に難しくないのですが、あれでいいのだろうか?
と日本国民の端くれとして気になります。

京都で何十年来のお付き合いの友達たちと束の間のお茶。
途中で日本の銀行のガラバゴスなフリガナ事件で呼び戻され
正味約1時間?
もう一人の友達とは写真さえも取り損ねる。
短い時間で大爆笑でした。

e0178312_06302780.jpg
アラフィフは示し合わせたかのように白かった。

京都では母と姉と近所のとっても美味しい居酒屋さん。
とっても美味しい水ナスのお刺身。
果物みたい。

e0178312_06303807.jpg
性格が現れるかき氷の食べ方。
e0178312_13520584.jpg
e0178312_13523507.jpg

いつも気になってしょうがない、どうやって掃除するのでしょう?
e0178312_06331822.jpg
名付けて「中日バスケット」
e0178312_06303400.jpg
下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



by flouribunda | 2016-06-11 13:53 | ローズ家の日本 | Trackback | Comments(8)
2016年 06月 10日

ぎおん 徳屋 と ISSEY MIYAKE

ぎおん 徳屋の原宿店
夏に日本にきたらかき氷を食べて帰らなかったら絶対後悔する、
と思い最終日の朝昼ごはんはかき氷。
e0178312_08512357.jpg
満足です。
これでアメリカに帰れる。

ここはわらび餅もおいしいそうで、
もちろん試さないわけにはいきません。
e0178312_08513737.jpg
感動。

並ぶの嫌だから開店と同時にお店に行ったら
ちょうど氷を運んできていました。
やっぱり氷屋さんの氷じゃないとね。
e0178312_08513475.jpg
竹下通り。
30メートルで満喫。
e0178312_06210356.jpg
表参道ヒルズ。
e0178312_08515081.jpg
ここだけ同潤会アパートの建物が一部残してあります。
e0178312_08515307.jpg
青山墓地を横切って
e0178312_06210787.jpg
新国立美術館

この時以来です。

三宅一生展素晴らしかったです。
服飾デザイナーの域を超えてます。

いつかは着こなしてみたいと思っていた憧れの三宅一生のプリーツでしたが、
芸術品だもの、私なぞに似合わないのは当たり前かもしれません。

年代ごとに展示作品もいっぱいあってとても見ごたえがありました。
e0178312_06211747.jpg
その後ミッドタウンに行き、サントリー美術館の北斎展に行きましたが長蛇の列に挫折。
代わりに雑貨展なるものをみてみましたが??????
お金をとってみせるものとは思えませんでした。
e0178312_06212803.jpg
フライト前の夕ご飯は前回と同じ銀座のレンゲ

オープンキッチンはすっきり片付いていて気持ちがいいほど。
カウンター席も楽しいです。
e0178312_08520258.jpg
シェフのおまかせコース。前回とコースの段取りは一緒ですが、もちろん中身が違います。
うにの担々麺が美味しかった。
美味しいお酒とあっさりと押し付けがましくない中華、信頼できるお店です。
デザートのピスタチオのグラニテ。
好みの味でした。
e0178312_08515632.jpg
日本にはいつも短い滞在なのですが、せっかくの機会なのでなるべく二人の時間もとるようにしています。
今回も楽しい大人のデートでした。1万5千歩。





下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



by flouribunda | 2016-06-10 09:46 | ローズ家の日本 | Trackback | Comments(4)
2016年 06月 09日

オステルリーラベイ

先週日本に行っていた時の記録です。
なんだか遠い昔のような気がしますが、、、。

家からとてもちかいところに美味しいレストランがあるらしいからと姉に調査を頼まれました。
忘れないうちにレポートです。

オステルリーラベイ

ビルの半地下、下町のこんなところに?という贅沢な静かな空間が。
e0178312_04094268.jpg
満席の札がかかっていましたが、テーブルは私たちと
あと二人一組だけでした。
店内もゆったりしていて2組はカーテンで仕切られ
お忍び風?
e0178312_04094401.jpg
卵のムース
中は卵黄と卵白2層の柔らかいムースになっています。
ものすごく手がこんでる。
上はキャビア、横はパルメザンとグリエールが混ざったグージェール。
e0178312_04094692.jpg
白ワインで1週間マリネしたメロンとプロシュート。
マリネとして使った白ワインと一緒に供されます。
e0178312_04094858.jpg
美味しいメロンだったらマリネする意味あるのかな?
と思ったりしましたが、メロン風味の白ワインは美味しいです。

コーンのババロア
甘みがあって美味しいです。
この量がちょうどいい。
e0178312_04110923.jpg
元気なロブスターを見せてくれました。
私たちと一緒の飛行機で来たかもしれない?
e0178312_04111344.jpg
さいまきエビのサラダ。
エディブルフラワーとマイクロレタス
ゆず風味の泡、トマトコンソメのグラニテ(白)、カリフラワーのムース
と新鮮なさいまきエビとひらまさの昆布締め。
エビの火の通り加減がちょうど良かったです。
e0178312_04111593.jpg
非常に美味しいパンだと思って聞いたら
このパンだけはフランスから空輸だそうです。
粉が違います。日本のパンじゃない。
e0178312_04111718.jpg
ブナの木で仕上げのスモーク。
まわりはクリームチーズをハーブ(チャイブ、パセリ、セルフィーユ)でまぶしたもの。
ケッパーのパウダー
e0178312_04113765.jpg
程よくスモークされたサーモンの中は赤ピーマンのムースでした。
e0178312_04113905.jpg
カリッと焼かれたフォワグラときのこが熱々で。
ソースはマデラ酒とバルサミコ酢と二つのソースがかかっています。
この分量がちょうどいい!


e0178312_04114108.jpg
さきほどのロブスター。
胴はちょうどいい火通り。
つめはやっぱり難しいですね。私もいつもそう思う。
ソースアメリケーヌとバジルのソース。
e0178312_04114303.jpg

シークワーサとりんごのグラニテ
ちょっとガリガリ。
この口当たりは好みがわかれるところ。
e0178312_04114569.jpg
黒毛和牛のステーキ、野生のフランスから空輸されたというアスパラガス、
ぶどうのロースト、サマートリュフ。

さすがにお腹いっぱいでステーキは主人に食べてもらいました。
ぶどうの中が熱々で美味しいです。
アスパラガスも山菜みたいで初夏の味。
サマートリュフというのははじめてでした。
フランスからだそうですが、香りがあまりしません。

e0178312_04114862.jpg
チーズのサンプラー。
それぞれにこだわったドライフルーツが添えられています。
一口サイズなのでお肉は入らなくてもこれは入る。
e0178312_04114978.jpg
イチゴのデザート。
スパイスにこだわったイチゴのソースらしいです。
中に隠されたイチゴが美味しかった。
それよりも感心したのが影が美しいガラスのお皿。

e0178312_04122177.jpg
メインのデザートは7種のチョコレート
テーブルで熱いモカソース?がかけられます。
e0178312_04122494.jpg
そうすると上のチョコレートの蓋がとけて、
中にはムースやらマカロンやらスポンジっぽいものやら
いろいろ入っていて食感がとても楽しい。
e0178312_04125852.jpg
食べ終わったカップをよけると下にも。
佐藤錦のチョコレートがけ。
ちゃんと種がとってあります。
e0178312_04122799.jpg
ハーブティーもたくさんの中から選べました。
私はローズとラベンダー。
主人はピーチ。

e0178312_04123556.jpg
お茶のお供にフィナンシェと
e0178312_04130945.jpg

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



by flouribunda | 2016-06-09 06:03 | ローズ家の日本 | Trackback | Comments(4)
2016年 06月 01日

味農家

カリフォルニアの自宅に滞在40時間後日本にやってきました。
最近は日本に戻ってすぐの夜ごはんは歩いていける味農家さん。
街の食堂なのですが、なにしろお野菜が沢山いただけます。
ごはんもコースにないので胃にもたれません。
月替りのメニューなのでいつ来ても旬のお野菜がいただけて嬉しい。
日本じゃ季節でメニューが変わるのは当たり前ですが、
アメリカではメニューが変わるお店のほうが珍しい、、、。

ここの良いところは家でもできそうなお料理ばかりというところです。
とても参考になります。

5月のコースはこちらでした。いつもの10品コースを選びました。
番号のついたメニューの中から3品選びます。
e0178312_06453839.jpg
e0178312_06454121.jpg
冬瓜とオリーブのレモン煮。
e0178312_06470812.jpg
冬瓜はフルーツだと再確認しました。
レモンとオリーブにこんなに合うとは。

万願寺とうがらしのすり流し、トマト、長芋。
e0178312_06471108.jpg
これもできそう。

人参椎茸ひじきアボカド入りのおからの白ゴマ焼き。
e0178312_06471307.jpg
なるほど〜。アボカドがつなぎになっているんだ。
このアイデアもいだだきです。これはビーガン。
ゴマが香ばしくって最高です。

そら豆、白アスパラ、ヤングコーの梅ゼリー和え。
e0178312_06471665.jpg
最近よく出てくるジュレがけですが、お出汁だけだと
本当に美味しくお出汁をとらないと目立ちます。
簡単そうで実は家ではハードルが高いです。
でも梅をいれるとそれがごまかせるかも?

ジャガイモ、オクラ、ズッキーニのパン粉なし焼きコロッケ生姜あんかけ。
e0178312_06471891.jpg
じゃがいものお焼きという感じ。
もっちり感があんかけと良く合います。

フキと焼きねぎの茶碗蒸しミツバあんかけ。
e0178312_06472186.jpg
焼きねぎを茶碗蒸しにいれるとお野菜とは思えなくなるから不思議です。

今回もいっぱいアイデアをいただきました。
家に帰ったら作ってみようの覚書です。


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



by flouribunda | 2016-06-01 15:41 | ローズ家の日本 | Trackback | Comments(2)
2016年 04月 09日

はじめての免税手続き

最近免税手続きが簡単になった、と聞きました。
今回ははじめて日本で免税手続きをしてみました。

入国後6ヶ月以内ということが証明できるパスポートと海外在住であるという証明が必要とのこと。
その日に買った合計金額の下限はお店によって違うそうなのですが
デパートなどは違う売り場で買ったものを合算してくれるので
すぐに免税手続きができる金額となります。

e0178312_05230488.jpg
上の写真は丸井の免税カウンター。免税手続きをしたらその場で手数料を差し引いた税金を返してくれました。

日本橋の高島屋では最初に免税カウンターに行くと日本の非居住者には5%引きの優待カードをくれます。
そして5%引きで買い物をしたあと、合算してさらに免税手続きをしてくれるのでとってもお得。

e0178312_05242752.jpg
日本橋三越に行って「高島屋のような優待カードないのですか?」と聞いたら、三越ではやっていませんでした。

生鮮食品でなければ、食品でも優待カードや免税手続きができます。
もちろん全てアメリカに持って帰るものなので、そうなってもらわないと困るのですが、助かります。
特に買って帰るものはほとんどが食料品の我が家ではなおさら。
e0178312_05243142.jpg
空港でどういう免税手続きをするのだろう、と思ったら手続きカウンターはセキュリティーチェックのあと、出国カウンターの前。つまり荷物をチェックインした後にしか出来ません。多くの国では免税手続きカウンターは免税品を係員に見せる必要があるためにチェックインの前にありますが、日本では免税品を係員に見せることは最初から想定していないようです。手続きカウンターではパスポートに糊付けされた書類をはがすだけ。ものすごく簡単でした。

三越では高校生の書道部がパフォーマンスをしていました。
キビキビした動きで出来上がった作品もとても上手。
しばし魅入ってしまいました。
e0178312_04240718.jpg
でもお得なのは高島屋。


今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



by flouribunda | 2016-04-09 05:21 | ローズ家の日本 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 08日

まるごとにっぽん と 銀座 レンゲ

最終日は荷造りを終えて浅草に行きました。

行ってみたかった昨年末オープンしたという「まるごとにっぽん」。
地方の隠れた名産品にスポットライトをあてて、地方活性化につなげていこうという試み。
ものすごく混んでいたのですが、はたしてそれほどお買い物している人はいるのかな?という感じでした。

自然派ジェラートはビーガン仕様。
とても美味しかったですが、ジェラートをお土産に買ったいくわけには行きません。
e0178312_05142275.jpg
買って帰ったのは「黄金甘藷」という無添加の干し芋とそのお店で売っていた黒にんにく。
私は「黒にんにく」と聞いて、今アメリカのレストランで流行りのKorean Black Garlicを思いだしました。
お店の人にその話を伺ったのですが、結局同じものかどうかはわからずじまい。(後日調べてみると同じものだとか、、、)黒にんにくのレシピなどを聞いても、「そのまま食べるだけです。」と繰り返すばかり。じゃあ、とばかりに干し芋のお話を聞いても、まったく答えられない。日本語なんだけど?なんだか勿体ない、、、。

他のお店でもレンコンパウダーを買いました。同じく使い方などを聞いたのですが答えられずにパンフレットを見せるだけ。呼び込みはうるさいほどだったのですが、、、。これじゃあデパートに負けてしまうかも、、。

最後に新潟のコシヒカリを1キロ買いました。そのお店は店員さんがいるんだか、いないんだか、わからない。こっちがどれにしようかかなり迷っているのに接客もなく、まったく商売っ気がない、、、。帰ってきて炊いたらとっても美味しいお米だっただけになんだか残念でした。

食料品なんて接客でかなり売上が違ってくるんじゃないか、と思うのですが。今の日本は違うのでしょうか?

地方の特産品という目のつけどころは悪くないような気がするので頑張ってほしいです。

まるごとにっぽんの建物のテラスからみるスカイツリー。
e0178312_05142585.jpg

浅草寺周辺はものすごい数の外国人でした。話には聞いていましたが、これほどとは。
皆コスプレのように着物を着てセルフィーをするかメロンパンを食べていました。

そして今回の最終ディナーは中華料理。
銀座のレンゲに行きました。

お料理はシェフのおすすめコースのみ。
アカザ海老のスープとキャビア花巻。
e0178312_05181598.jpg
スパイシーなソースの絶妙な火通りの鶏肉、八角風味のオリーブ、真ん中はたけのこだった?だから早く記録しておかなくちゃいけないのですが、とにかく全て美味しかった前菜。
e0178312_05182013.jpg
アカザ海老のシュウマイ、、、(だったと思う。)
e0178312_05182538.jpg
春キャベツの春巻き。カラスミパウダー。
e0178312_05182903.jpg
はまぐりのフリット。これはやってみたい!
e0178312_05184798.jpg
菜の花いため。
ほろ苦さが春。
e0178312_05193284.jpg
トマトと卵。すごいのが強火であおってあるのでスモークがかかってます。
家庭でも出来そうな材料なのに、出来ない味。
e0178312_05193703.jpg
アカザ海老と白キクラゲのスープ。
e0178312_05194271.jpg
白身魚(詳細な記憶は1週間以上はもたないアラフィフ夫婦)の香り蒸し。
e0178312_05194775.jpg
「残ったソースはご飯と召し上がるととても美味しいのですが、、、」と言われいただいたご飯。
e0178312_05195377.jpg
お肉料理は6−7種類ぐらいチョイスがありました。
私が選んだイノシシのロースト自家製ポン酢。
e0178312_05195956.jpg
主人が頼んだツキノワグマ。
e0178312_05201386.jpg
ご飯、麺類もいくつかチョイスがありました。
二人とも選んだのはフキノトウの和え麺。
e0178312_05201627.jpg
デザートは一口クレームブリュレ
e0178312_05201987.jpg
パンナコッタみたいだった?うろ覚え、でも最下部のチアシードが良く合っていたデザート。
e0178312_05202349.jpg
こんなに繊細で、おしつけがましくなく、季節の味が楽しめる中華ははじめてでした。
お店もオープンキッチンですが騒がしくなく、落ち着いた雰囲気です。
ここは是非もう一度。

今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



by flouribunda | 2016-04-08 05:10 | ローズ家の日本 | Trackback | Comments(0)