ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 02月 08日

全粒粉入りの食パン

留守していた間のために焼いておいたパンの在庫がなくなったので
食パンを焼きました。
イーストのパンは思い立ったらすぐ焼けるところがいいところ。
Cpicon ローズ家の食パン by ローズ家の台所
地味〜に評判の良い食パンです。
私もずっとこればっかり。
e0178312_02184519.jpg
今回は白い小麦粉が足りなかったので買い置きの小麦で挽いた全粒粉を適当に混ぜました。
白いお砂糖も足りなかったのでブラウンシュガーで代用したら
いつもよりフワフワで味のある食パンになりました。
ザ・家庭料理で再現不可能なのが玉に瑕。

私がこれこそ究極のパン切り包丁だといつも思う菜切り包丁。
家でサンド用の薄さに切れることに幸せを感じてしまいます。
(アメリカですからね。)
e0178312_02191734.jpg
今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



by flouribunda | 2018-02-08 09:46 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/26956527
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by クローバー at 2018-02-08 23:22 x
我が家もトーストは薄切りが好みで、細長いぎざぎざのステンレスの包丁で、焼いたパンをうすく切っています。スパッとは切れませんが、少量なので^^。

菜切り包丁、いいですね!パン以外には、どんなことにお使いでしょう?日本から持って来たい誘惑がっ!
Commented by flouribunda at 2018-02-09 07:05
クローバーさん、

そうそう、他の使い道、というのが問題なんですよ。私はたまたま嫁入り時から持っていたものなのですが、パンに使うまでは持て余してました。かつらむきや千切りにはとっても重宝ですが、ちょっとほって置くとすぐ鋼の包丁特有にサビが出ます。だから菜切りとしてはこれよりも数段小さいサイズを後から買ってお手入れ簡単だから普段用に、こちらはお正月しか出番がありませんでした。でも最近はハードパンでも食パンでも、大きな薄刃がとっても切りやすく、なくてはならない存在です。パン専門になってます。


<< 最近のお弁当      鶏がら出汁の茶碗蒸し >>