ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 08月 22日

この夏壊れたもの その1 Roto Rooter

この夏の記録です。

今年は家でお留守番が多かったのですが、
なぜか一人で留守番している時に限って色々壊れてくれました。

6月のある日、まずは下水管。
私たちもその都度リモデルしてメインテナンスはしてはいるのですが、何しろ築90年。
まだ昔の管を使っている部分や、コンクリートに埋もれて管の交換ができない部分もあり、
長年の塵が積もって動脈硬化を起こしてしまいました。

それが家の中で台所などからかなり遠い場所で起こっていたようで、
なかなか気がつけずにいたようです。
食洗機と洗濯機を使って、台所を掃除していたらディスポーザーが流れない。
おかしいなと何度か水を流したり、止めたりしていたら
隣のシャワーフロアに下水が逆流。
初めて下水管が詰まっていることに私でも気がついたのでした。

すぐにRoto-Rooterという大手チェーンの下水管業者に連絡。
翌朝すぐに来てくれました。

まずはどこで詰まっているのか判断するために水を流します。
私が気がついてから半日以上水を台所付近で使っていなかったので
作業員さんが問題を判明するまで約5分、水を流しっぱなし。

結局作業員さんの見立てではかなり台所から遠いところで詰まっている、とのことで
それは古い下水管の場所でした。
つまりを治すためのアクセスなどない下水管の部分だったので
下水管が一番太いトイレを取り外して、そこからつまりを治すための道具を入れてもらうことに。
トイレを外して、つまりを直して、トイレを付け直す作業してもらうこと約1時間。
無事に治りました。

と思って地下に行ってみると、今度は地下が水浸し。
どうやら問題のある箇所を見つけるために何度も実験したので、
下水管に圧力がかかりすぎて継ぎ目の部分から漏れていたようです。
それが一時的なものか、本当に継ぎ目が緩んでしまったのかわからないので、
作業員さんに追加で点検をしてもらいました。

地下に潜ってもらうことさらに1時間。
作業員さんには(それがお仕事とはいえ、、、)本当に頭が下がりました。

それからは詰まりも解消され、地下も無事に乾いたので一件落着。

と思ったら台所流し台の下の扉を開けたら水浸し。

地下の下水管が圧力で水が漏れていたように、
流し台の下でも継ぎ目から漏れていたようです。

それを掃除して、作業員さんのあとを掃除して、丸1日。
それからは問題が起こっていません。


ついでの夕食の写真。

娘がいるので久しぶりに水餃子を作ってみました。
ひき肉にきゅうりや豆腐も入れる韓国風の冷やし水餃子。

e0178312_04131418.jpg
下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



by flouribunda | 2017-08-22 06:11 | ローズ家夫婦の家 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/25994151
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< この夏壊れたもの その2 モデム      ライム >>