ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 05月 21日

夕食はなんだかビーガン

別に菜食主義でもなんでもないのですが、
夕食はビーガンになることが多いのです。
なぜかというとアメリカは野菜を買う単位が半端ないから。
お野菜をなるべく消費しないと使いきれないのです。

ズッキーニとえのき茸の酸辛湯
蒸し夏野菜の韓国風海藻和え
初めて作ってみましたがどちらも絶対また作ります。
e0178312_05195515.jpg
赤パプリカとキャベツ、黒オリーブの重ね漬けマリネ。
なんてことない材料なのに組み合わせが思いっきりツボでした。
e0178312_05200196.jpg
時々少しお肉が隠れていると妙に喜ばれます。
朝やお弁当にはちゃんと動物性タンパク質をいれているのですけれどね。
e0178312_05275785.jpg
上の3品はこちらの本から。
この本もいつも手元にあります。

今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



by flouribunda | 2017-05-21 08:15 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/25785925
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ロゼワイン      甘ゆば >>