ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 04月 12日

スプリット その3

青銅の門と呼ばれる宮殿西側の門。
ナドロニ広場から撮っています。
泊まったホテルはこのナドロニ広場に面していて旧市街の中心でした。
荷物を置きに行ったり、一休みしたりと、とても便利でした。
e0178312_08063261.jpg
ナドロニ広場の南にはバロック様式の建物が優美なプラチェ・ラディチ広場。
クロアチア文学の父と呼ばれるマルコ・マルリッチの銅像があります。
こちらもイヴァン・メシュトロヴィッチの作品。
e0178312_08062600.jpg
そしてそのイヴァン・メシュトロヴィッチの美術館に行きました。
街からは歩いて30分ほど。
汗ばむような陽気でしたが海沿いを歩いて気持ちがよかったです。

とても立派な美術館でした。
見事に観光客は私たちだけでしたが、見応えがありました。
e0178312_08063971.jpg
建物も素敵です。この景色。
e0178312_08064438.jpg
美術館をさらに北上して5分ぐらい歩くとイヴァン・メシュトロヴィッチの教会があります。
e0178312_08064833.jpg
こちらは彼が生涯かけて彫った作品をまとめた礼拝堂。
彼が生まれたのは1883年。
没したのは1963年、後年市民権を持ち住んだアメリカでした。
彼もまた第1次世界大戦、第2次世界大戦、そしてユーゴスラヴィア共和国と、妻がユダヤ人だったこともあり、歴史に翻弄された人生だったようです。
イエスの生涯を彫刻したパネルも制作場所も時期もバラバラでした。
他民族に支配されたり、取り戻したりを繰り返した数奇な運命が偲ばれます。
e0178312_08065335.jpg
そしてまた歩いて旧市街の方へ。
遊歩道が綺麗に整備されています。
e0178312_08070026.jpg
後方には山があって青い海。
南仏を思い出します。
e0178312_08071271.jpg
街に戻って海岸沿いのカフェに入ってみました。
e0178312_08074313.jpg
そして夜はトリップアドバイザーで一番オススメの店に行ってみました。
普段トリップアドバイザーのレビューは信用していないのですが、こちらはなかなかレビュー内容がよかったのです。

スプリットの街から車で15分。
スプリットでもUBERが使えてとても便利です。
メニューはあるのですが、今日仕入れたお魚を見せてくれてとても綺麗なお魚ばかり。
好みを伝えてお任せでお願いしました。

貝3種。
パセリバター、トマトソース、マッシュルームクリームと味を変えて出してくれました。
トマトは缶詰でソース作ったかな?でも貝が新鮮でどれも美味しかったです。
e0178312_08075181.jpg
エビといか。
このイカ焼きがクロアチアにきてずっと食べたかったのですが、本当に柔らかくて甘いです。
もちろんエビも美味しい。
e0178312_08073016.jpg
アスパラガスある?と聞いたら、あるけど野生だから苦いんだよ、とのこと。
頼んでみると本当にほろ苦い。
でも春の味で私は大好きでした。
e0178312_08073405.jpg
そしてメインはJohn Doryと呼ばれるマトウダイ半身。
もちろん余すことなくいただきました。
美味しかった。
e0178312_08080357.jpg
デザートは名物だというパラチンキ(クレープ)
旬のストロベリーとアイスクリームが挟まれていました。
アーモンドパウダーがかかっているのがなんだか美味しい。
e0178312_08074240.jpg
白で何か?と聞いたら、メニューにはないんだけど、、、と出してきてくれたワイン。
このレストラン、メニュー必要ないんじゃ?
e0178312_08074566.jpg
ワインもお食事もとても美味しく、地元のお客さんばかりのとても良いお店でした。
でも朝仕入れた新鮮な魚介類をシンプルに調理するだけなので、きっとこの程度のレストランは沢山あるはず。
それでも旅行者である私たちには見つけられないでしょうからSNSっていうのは本当に威力がありますね。

今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



by flouribunda | 2017-04-12 08:05 | ローズ家IN CROATIA '17 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/25665902
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< トロギール と シベニク      スプリット その2 市場 >>