ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 04月 10日

スプリット その1

ストンから途中ボスニアヘルツェゴビナを通り(ドゥブロヴニクは飛び地になっています。
ボスニアヘルツェゴビナは車で約10分の海岸線だけは死守したようです。)
北上すること約2時間でクロアチア第二の都市世界遺産にもなっている古都スプリットに着きました。
郊外からもうドゥブロヴニクとは全く違う生活感いっぱいの雰囲気。
ドゥブロヴニクのディズニーランド感が際立ちます。
やっぱり昔ながらの街並みで地元の人がたくさん住んでいたらこうだよね、となんだか落ち着くような感じもします。

古代ローマ皇帝が作った1700年前の宮殿都市がクロアチア王国、ハンガリー王国、のちにベニスの配下となった中世を経て、そしてオーストリア帝国、ユーゴスラヴィア王国、近くはユーゴスラヴィア社会主義連邦共和国という歴史の中、常に重要な港湾都市として栄えてきました。

クロアチア紛争で旧市街封鎖など過酷な状況もあったようですが、幸い砲撃などでの被害は最小限だったようです。今でも歴史が織りなす、様々な建築様式が混在して独特の雰囲気を醸し出しています。

細い路地を抜けるとロマネスク様式やゴシック様式が突然現れ、しかもそこに今も人が住んでいる生活感が感じられる。街歩きがとても楽しい街でした。

旧市街にある宮殿の中心に位置する中庭。
ローマ皇帝の霊廟跡を中世に作り変えた大聖堂が東に位置し、南に進むと皇帝の住居に続きます。
皇帝の住居の玄関前にはエジプト遠征から持ち帰ったスフィンクスがあります。
e0178312_07312800.jpg
なのでその中庭には賑わうカフェ、名前はルクソール。
ローマ時代の石段が外のテラス席という誰が考えても儲かるシチュエーションのカフェで
当然のごとく一休み。
でも思いの外コーヒーが美味しく、ホットチョコレートに至っては飲んだことのない味。
濃厚なのに甘くなく、まるで美味しいおしるこのようでした。
やっぱり同じ観光地でもローカルな人たちがいるかいないかでは違います。
e0178312_07331887.jpg
皇帝住居の玄関広場。響も良いので夏にはクロアチア伝統音楽のア・カペラ合唱がこちらで聞けるそう。
もちろんオフシーズンの今はなし。
e0178312_07334940.jpg
皇帝時代の模型。真ん中が中庭で、左が今は鐘楼がたつ大聖堂。中庭の右がカフェ。
中庭の上の四角い建物が玄関。
丸天井も昔は屋根があったのがわかります。
玄関から上、海に面する建物が皇帝の住居。中庭下の建物は兵営など。
e0178312_07331571.jpg
皇帝住居部分の地下が当時のまま残っており、同じ構造をしていたと思われる階上の当時の居室がイメージできます。
e0178312_07332055.jpg
その中にはお土産物屋さんが連なる一角も。
ちょっと不思議な空間。
e0178312_07332800.jpg
地下見学のあとは上にということで、鐘楼に登ってみました、、、。
が、怖いこと半端ない。ピサの斜塔よりずっと怖い。
途中で断念。階段は狭いし、窓は足元からあいている、、、。
e0178312_07343373.jpg
断念せざるを得なかったところからでもこの眺め。
これで充分でした。
e0178312_07342937.jpg
聖堂の中にも入ってみます。
もともとローマー皇帝の霊廟を改築したものなのでローマ時代のレリーフが残っていたり、歴史をへたロマネスク様式やゴシック様式が不思議と調和しています。
こちらでは宝物殿や地下聖堂なども本来なら見ることができるそうですが、冬期閉鎖でした。
e0178312_07351041.jpg
そして鐘楼のある大聖堂の向かいにあるのが洗礼室。
ローマ時代にはジュピターに捧げた神殿だったそうですが、こちらも冬期閉鎖。
中に入って見ることはできませんでした。
写真は洗礼室の前に立って大聖堂を撮ったものです。
e0178312_07351403.jpg
この洗礼室はクロアチア出身の著名な彫刻家、イヴァン・メシュトロヴィッチ作の聖ヨハネ像があるというので楽しみにしていたので残念でした。
鍵穴からのぞいてみました。
e0178312_07345385.jpg
青空市場に続く銀の門。
19世紀に再建されたものだそうですが、ローマ時代の雰囲気を感じられます。

e0178312_07373681.jpg
夜はホテルで何軒かオススメを聞いて、それをレビューで調べて行ったみました。
メニューはそれほど多くないものの、食べてみたいものばかり。
その中から、
タコとひよこ豆のシチュー。
タコが柔らかくって、ひよこ豆と良く合っていました。

e0178312_07345781.jpg
イカスミリゾット。
やっぱりこうでしょ。という感じのアルデンテでイカスミの新鮮さが際立つリゾットでした。
e0178312_07350103.jpg
新鮮なお魚はグリルに限ります。
骨までしゃぶりました。
e0178312_07350625.jpg
ん〜やっぱり地元の人が沢山暮らす街は美味しいと思います。
シンプルなもので満足な私たちにはぴったりでした。

街を歩いていると食べてみたかったキャロブケーキを発見。
お供はイストラビター(オレンジの方)とラキア、アルコール度数高めのフルーツの蒸留酒です。

お味はキャロブ、でした。
健康食品としても使われるキャロブは風味がココアに似ていて、チョコレートの代用品として使われます。
カフェインを含まないので子供やペットにも安心で、ココアより栄養価が高く、カロリーが低いためアメリカでは結構見かけます。
チョコレートと比べると味気ないですが、さっぱりとしています。
e0178312_07351149.jpg
今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



by flouribunda | 2017-04-10 09:30 | ローズ家IN CROATIA '17 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/25665857
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< スプリット その2 市場      ストン >>