ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 04月 07日

ドゥブロヴニク その2 フードツアー

翌日はフードツアーを予約していました。
待ち合わせは時計台の前。
e0178312_06361452.jpg
最初の30分ぐらいは街を歩いて色々と説明してくれました。
e0178312_06381585.jpg
ドゥブロヴニクを一躍有名にしたアメリカのケーブルテレビドラマ Game of throneで重要なシーンが撮影された階段だそうです。
とても人気があるこのドラマは7シーズン続いていて、ドゥブロヴニクの観光客数を飛躍的に伸ばしたそうです。
夏はここに人がいないなんて考えられないでしょう。
e0178312_06391615.jpg
真ん中は最初に行ったお店のご主人。
左はガイドさん=ツアー会社のオーナー。
右は私たちの他の家族4人のグループでした。
e0178312_06395381.jpg
お昼から飲み物はワイン。
暖かい地方なのでぶどうの糖度が高くなるため、白はアルコール度数が高めだそうです。
水やソーダ水割もよくするのだとか。
ソーダ割もさっぱりして美味しかったです。
e0178312_06400595.jpg
クロアチアで普通に食べるのはキハダマグロだそうです。
キハダマグロのタルタル。
新鮮でとても美味しかったです。
e0178312_12471801.jpg
なぜか?12時のハトの餌付けショー。
広場の一角で何十年も同じ時間に餌をやっているのだとか。
この時間になると近くの屋根がハトだらけになり、時計塔の鐘とともに餌が撒かれるのです。それをめがけて殺到するハト。
e0178312_06401700.jpg
私たちは屋根のある場所で見ています。
e0178312_06403876.jpg
その後ワインバーでワインの試飲とチーズ、生ハム、オリーブ、オリーブオイルの試食。
どれも美味しい。
e0178312_06413090.jpg
ここのワインバーはお昼はずっとツアー客のワインテイスティングがお仕事のようでした。

e0178312_06415090.jpg
小さなホテルの最上階にあるとても眺めの良いレストラン。
e0178312_06440383.jpg
不思議なアートもありましたが、眺めはすごいです。
e0178312_06440675.jpg
e0178312_06441207.jpg
クロアチアのビール。
e0178312_06444263.jpg
タコのニョッキ
e0178312_06444639.jpg
焼きエビ
e0178312_06442923.jpg
デザートはまた場所を変えて。海岸沿いのカフェに。

コーヒーについてきたこのアーモンドのお菓子がとても美味しく、
一緒になったウィーンからのお客さんが、ウィーンでコーヒーについてくるお菓子より全然美味しい!と訴えていました。私もそう思いました。
e0178312_06453043.jpg
本当は特産のキャロブを使ったケーキのはずだったのですが
オフシーズンなので焼いていない、とのことで
これまたドゥブロヴニク風クレームキャラメル。
e0178312_06454390.jpg
最後はクロアチアのビターオレンジアイスクリーム。
e0178312_06460336.jpg
アイスクリームはこちらのお店が人気でした。
でも少し甘すぎる?
e0178312_06481168.jpg
ガイドさんは地元の人で、街の中を歩いているとお父さんに会ったり、義理のお父さんに会ったり、お友達もいっぱいで、すべてのお店の内情を知っていて、挨拶にも忙しい。
地元のやんちゃ坊主がアメリカに留学させてもらって
(サンタモニカで観光業を勉強して、遊びまくって留年して、それでも地元の彼女の元に帰らなくちゃいけなくて、今はその奥さんと小さなツアー会社を営んでいるそうです。)
街の中を知り尽くしているガイドさんが面白い4時間でした。
城壁の中に住んでいる家族は数百しかいないとのことです。その中の一人。
大都市のフードツアーとは比べ物になりませんが、こちらもとても楽しかったです。
食事はローカルな人が異常に少ない観光地だからしょうがない、ということもわかりました。

今でもあの楽しさが忘れられないギリシャのフードツアー





今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



by flouribunda | 2017-04-07 06:27 | ローズ家IN CROATIA '17 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/25665796
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ドゥブロヴニク その3      ドゥブロヴニク その1 >>