2017年 03月 24日

Get out

娘が観に行きたいと観に行った映画です。
ホラー映画と聞いて「いやだ〜」と思ったのですが、
Rotten Tomatoesで99パーセントの高評価。
いつもかなり信頼している映画批評サイトなので
観に行ってきました。

トレイラーはおどろおどろしいです。
ご注意を。


でもかなりコメディータッチで、最後は何だか痛快な気分にさえなります。
黒人と白人との間のわだかまりをとても上手く表現していて、決して差別的ではありません。
きっと黒人の人が見たら「あるある〜」と思うでしょう。
反対に白人が見ると嫌な気分になるかも?
残虐なシーンがないわけではないですが、トレイラーの方がずっと怖いです。
映画では応援してしまいます。

映画は娘がボーイフレンドを連れて帰省する、という我が家もそう遠くない将来にあり得るシチュエーションでした。
そういうことがあっても戸惑うだろうし、アメリカではなくても心配かも?と、いう、、、、。
映画を観た後はひとしきり娘とその話でした。
私は黒人でも白人でもアメリカ人にはきっと同じ対応をしてしまうはず。
アジア系だったら少し表情が和むかも?
人種で差別しているわけではありませんが、やはり異なるものが多ければ多いほど緊張するでしょうから。

娘とそういう話も自然とできる楽しい映画でした。

ちなみに冒頭の夜のシーンはきっとパサデナでロケされたはず。
住宅街がよくロケに使われています。


今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ





by flouribunda | 2017-03-24 10:53 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/25633380
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 春休み      アメリカ南東部旅行のこまごま >>