2017年 01月 20日

ガスコンロの製造番号

我が家のガスコンロは2015年秋の台所リモデルの時に新調したものです。
4つバーナーがあり、火力も満足。
特にそれぞれに大小のバーナーがついていて、極とろ火まで調節可能です。
掃除もすこぶるしやすく大満足のコンロなのです。

しかし1年目にして不具合が、、、。
このように五徳の外側の長い面に亀裂が、しかも両側。
すぐに修理屋さんを呼んで新しい五徳を注文してもらいました。

まだ保証期間内だったので必要だったのが製造番号と領収書。
領収書はすぐ見つかったのですが、うっかり製造番号をメモしていませんでした。
製造番号は通常機械に貼ってあります。
機械を見ればわかるため、わざわざメモしておかないことが多いのです。
ガスコンロはキャビネットに組み込まれていて製造番号が隠れて見えない、ということを忘れていました。

e0178312_02155009.jpg
でも今回は収納のしやすさと安上がりなことからガスコンロ下は扉で隠してあるだけなのです。
中を覗けばガスコンロの裏側も見ることができます。

そしてスマホカメラという素晴らしく便利な道具で
手を差し込めば裏を写真に撮ることができました。
何回か撮ってちゃんと製造番号をゲット!!
こういう時の幸福感といったら。

修理員さんが来たついでに、点火しにくかったとろ火バーナー一つも点検してもらいました。
本当にとろ火なのであまり使う機会がなく
4つのうち1つ点かなくても不便は感じていなかったのです。
(普通のバーナーは問題なく使え、その弱火でも充分弱いので。)

そして修理員さんが中を開けてみると、
吹きこぼれ跡を発見して「これが原因だよ。」。
私はもっと中が汚れていることを覚悟していたので、
案外綺麗と思ったぐらいで原因とは思えませんでした。

そうしたら修理員さんが
「僕の持っている針金じゃ太すぎるから、針を貸して」
と針でバーナーのガス管を掃除し始めました。
目に見えるゴミなど出てこないのですが、
「これで大丈夫。」
と組み立てたら本当に治りました。
あんな細いガス管だったなんて。
どうりでとろ火が可能なはずです。
しかし絶対吹きこぼししちゃいけないんだ、、、、。

鉄の五徳の亀裂がどうして出来たかについては
「いくら丈夫だからといっても、重い鍋とかをあまり乱暴に扱わないように、、、」
って、、、。
乱暴に使った覚えなんてないのですが。
我が家は2人なので重い大きな鍋などほとんど使いません。
五徳が二つに分かれていて、中央部分の長い面は割れていません。
外側の面だけ2つとも割れたということはやはり荷重が原因に思われます。
しかし鉄が割れるとは。
これからは端っこの方にあまり重いものを載せないように気をつけます。

案外繊細なガスコンロだったんだ、と教えてもらいました。
お気に入りのガスコンロなのでもっと大事に使わないといけません。
良い機会でした。
もちろん保証期間内だったので全て無料でした。





今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



by flouribunda | 2017-01-20 07:14 | ローズ家夫婦の家 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/25193202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by らすかる at 2017-01-20 10:44 x
保証期間内の不具合で良かったね。だいたい期間を過ぎてから具合が悪くなるからね。
スマホのカメラの喜び、わかります。真下とか真上とかカメラを差し込めば写真が撮れるから便利!そして老眼で見えない小さな字も写して拡大したら読めるしね。
Commented by flouribunda at 2017-01-21 01:10
ラスカルさん、

だけど鉄が割れるってびっくりよ。
スマホのカメラ機能ってすごいよね、本当に。なかった時が考えられないくらい。普通のカメラ使わなくなったものね。


<< vitamixで作る豆乳 (く...      湯たんぽ(くらし部門) >>