ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 01月 21日

母と家のメンテナンス

1昨日ぐらいから食洗機の調子がおかしく、
排水が上手く出来ませんでした。
これまでも良くあったトラブルなのでなんとか自分で直せるか?
とやってみたのですが無理。
修理を呼ぶことになりました。
(メーカーはBOSCHなので、サイトで推奨しているこの地域の提携修理屋さん。)

ついでに2階のトイレもバルブの調子が悪く、
ずっと修理をよばなければ、と思っていたのでこの機会に呼ぶことに。
(いつも簡単な水道工事の時に呼んでいる水道屋さん。)

どちらも電話をかけてから、当日、そして翌日に来てくれました。

母の滞在中で悪かったのですが、
特に食器洗い機は早く直してほしいし、
主人が出張中に家の中に初めての修理屋さんを呼ぶのも
あまり気持ちの良いものではありません。

トイレはバルブ交換で約10分で終了。
食洗機はやはり排水ホースの詰まりが原因だったようです。
それも私が経験したことのないような詰まり方をしていました。
修理屋さんもかなり苦戦していたので、呼んで来ていただいて正解。
無事に両方直りました。

今回の母の滞在中には、上手く閉まらなくなった寝室のドア等、
台所の改修工事の最終作業に来てもらった大工さんについでに家の具合の悪いところを直してもらいました。
(その時の記事 最終作業その2
そのほかにも別のトイレは詰まるは、(それは私が直しました。)
雨樋は溢れるは。(1箇所は点検済み、もう一箇所は主人が出張から戻ってきたらハシゴを出しましょう〜。)
そして今回の修理。
たった3週間でこんなに色々あるのは母には驚きだったようです。
「日本じゃこんなに色々壊れないわよ。」
って、
アメリカの我が家サイズの古い家では良くある事なのですが。
3年でバルブの壊れたトイレはTOTO製だし。

e0178312_15473887.jpg
最後のお夕飯もお野菜中心。
山芋、しいたけ焼き 大根おろし添え。
ブロッコリー二のくるみ和え。
ごぼうのディルマリネ。
自家製キムチと豚フィレ。
グリーンピースと赤ピーマン。

3週間、短期間では味わえないアメリカの暮らしを実体験してもらうことが出来ました。

1月も中旬をすぎ、日も段々と長くなってきたせいか
こちらは昼間はコートなしでも出かけられる陽気が続いています。
母の住む京都では今週末は最低気温が氷点下になる寒さだとか。
大丈夫でしょうか。
でも家の中は我が家より暖かいでしょう。
とにかく我が家の家の中の寒さにも驚いていました。
お土産話が一杯出来たようです。

今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ







by flouribunda | 2016-01-21 00:46 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/24066910
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by らすかる at 2016-01-21 09:08 x
古い(歴史のある)お家に住むというのは大変なものですね!TOTO製でも、3年で壊れるってなんで?日本では5年経つと壊れるようになっているのかと思うほど、5年を過ぎたころから色々故障しますが。

お母様との3週間、お二人にとって忘れることのできない日々になったことでしょう。もうお帰りになると読むだけで、私も寂しくなります。
京都は急に寒くなりました。今週末は最低気温がマイナス3度とか4度になるらしいです。
Commented by flouribunda at 2016-01-21 16:02
らすかるさん、

そりゃ90年近いのだからしょうがないよね〜。きっと京都の古いお家でも同じことか、もっとかもね。

いい思い出になりました。遠いところを来てくれた母には心から感謝です。
らすかるも温かくして、風邪をひかないように気をつけてね!


<< 母とJALファミリーサービス      母とインターネット >>