ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 08月 11日

ルクルーゼの片手鍋 16cm と ストウブ ラウンドココット 20cm

最近おかずを作ろうと取り出す頻度が高いお鍋はこれです。
もうかれこれ17−8年ぐらい使っています。

私が持っている色はこちら
こんなに高かったんだ。

ちなみにアメリカでもこのお値段です。


結婚してから娘が生まれるまで、9年ほど二人の生活だったのでお鍋などは二人サイズが基本でした。
さすがに娘が食べ盛りの頃はちょっと小さいと感じることがあり、ストウブの20cmを買い足したのが5年前。


それからはストウブの方が出番が多く、ルクルーゼは脇役に。
その頃のブログにはこんな風にまで書いていて、、、ひゃ〜、申し訳ないです。
吹きこぼれる、、、って、ただ単に私がお鍋の許容範囲を超えた量で作っていたからに違いありません。

e0178312_13575130.jpg
(オリーブオイルを入れてピーマン1個放り込んで弱火でほっておけばいつのまにかローストピーマン)

今はまた2人の食卓なのでちょうどいいサイズ。
かぼちゃやお豆もホクホクになるし、お肉のローストでもシチューでも、スープでも。
揚げ物だって油がこびりつかない。
頑丈なホウロウはほとんどノンスティクで焦げ付かない。
和洋中何でもござれの万能鍋です。

e0178312_13580056.jpg
(常備菜づくりにもかかせません。)

現在はこのお鍋なしでは我が家の食卓は成り立たないぐらいなのに
3人家族の時はそれほど使っていなかったんだなあと、思い出しました。
1人人数が減るだけで随分変わるものです。
食事内容が変わったということもあると思います。

しかしレビューというのはあてにならないと自分の書いたものを読んで思います。
お鍋には一番上手く作れる量というものがあり、それが合っていなきゃはじまらないのに。
あ〜、恥ずかしい。

なので現在我が家の二人の食卓に合っているのは断然ルクルーゼ 片手鍋16cmなこの頃です。

しかもルクルーゼはお鍋だけでまだ約2キロだけど、ストウブはお鍋だけで約3、5キロ。
これがだんだんと辛くなってきました。
気がついたらストウブの出番は減るばかり、、、、。

さてさて、ルクルーゼの出番が減るのはいつでしょうね??
その日もきっと来ますね、まちがいなく、、、。


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村




by flouribunda | 2015-08-11 04:38 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/23537770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by らすかる at 2015-08-11 12:32 x
私も重たいステンレスのフライパンをずっと使っていますが、テフロン加工のフライパンを買ってみたら、軽くて軽くて、ついついそちらばかり使ってしまいます。テフロンが剥がれての、体への影響も考えますが。。。ルクルーゼも欲しいですが、重いしなぁ、と二の足を踏んでいます。
Commented by flouribunda at 2015-08-11 13:57
ラスカルさん、

そう?良かった〜、やっぱり私だけじゃなかった。もう重い鍋、嫌よね。ルクルーゼも大きいのはやめておいたほうが懸命よ。出しっぱなしにしておけば、という人もいるけど、使ったら洗わなあかんし、それがしんどい。鍋は軽いのが一番よ。安いテフロンで頻繁に買い換える、もしくはアルミの打ち出しやね。この16cmはルクルーゼでも小さいから軽い方やけど、それでもあと5年かな、、、という気がするこの頃。


<< マッシュルームのピクルス      ブーケガルニとスパイスの本 >>