2015年 07月 03日

一足先にアスペンへ

6月24日に娘はアスペンの音楽学校に出発しました。
もう15歳になったのでやっと寮住まいができます。

朝10時すぎの直行便に乗るために
8時に空港に着くとカウンターは長蛇の列。

自動チェックイン画面でチェックインは出来るのですが、
とにかく荷物が預けられません。

なんだかんだ荷物を預けるのに1時間弱かかりました。
まだ余裕をもっていったから良かったのですが
並んでいる人の中には予定の便に乗れなかった人も。

旅慣れている人であれば、自動チェックインの画面が空いていれば、
目の前に列があっても(列はほとんど荷物を預けるためにできているため)
空いているところでチェックインするでしょう。
でも荷物をたくさん持っていて個人で旅行していたり、
そもそもお年を召した人なんて自動チェックインの画面なんて操作出来るのでしょうか?

係りの人に「今日はなぜ混んでいるの?」
と聞いたら、
「毎日こんなのですよ。戦場。」
とおっしゃっていました。

エコノミーでも50ドル余計に払ってプレミアアクセスを買えば
空いているプレミアのカウンターに行くことができます。

ここでも格差社会。

e0178312_07033892.jpg
これは少し空きだした時の写真です。この2倍は列ができていました。

係員の人がカウンターを超えて荷物にタッグをつけてくれたので娘はゲートに向かわせました。
私はその荷物がちゃんとベルトコンベアーに乗せられるまで確認して帰りました。

飛行機はアスペンに直行だったので、周りは音楽学校の生徒ばかり。
知っている顔も多く、娘も安心だったようです。

前日に荷物の制限重量を超えないよう、荷造りしていた娘。
かなり苦戦していていました。
切れて「送れ」とか「余分にお金を払って持って行かせろ」とか言ってくるかな?
とも思ったのですが(荷物を呪いながら作業していたので、、、)
一応「全部入らないんだけどどうしたらいいの?」
とは聞いてきたものの、
「持っていける荷物の量は決まっているのだから選ぶしかないわね。運ぶのは貴女だし。」
というと素直にまたその作業にとりかかっていました。

寄宿学校に行ってから一人で荷物を運んで旅行する機会も多くなり、
かなり鍛えられたようです。
制限重量を超えてしまって、空港で荷物を入れ替えたこともあった、というので
本当、可愛い子には旅をさせろ。

しかし、荷造りと、たった2週間いた部屋を綺麗に片付けるのに要したのは丸1日!!(以上かも??)
お嬢さん、音楽学校に行くのに練習はどうしたんでしょうか??

我慢、我慢。
母はひたすら口にチャックの2週間でした。
(時々開いたけど、、、。)

e0178312_07034906.jpg
前の晩の夕食。南カリフォルニアも暑さが本番になってきました。

今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村






by flouribunda | 2015-07-03 02:03 | 娘 ボーディングスクール受験記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/23329852
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 最近のお弁当      つくってみたもの色々 vol.9  >>