2015年 04月 27日

Ex MachinaとWatsonのCook Book

先週公開になった『Ex Machina』を観てきました。
このトレイラーを観ると全てわかってしまうような少し単純な内容でしたが、
娯楽映画としてはなかなか楽しめました。

人工知能を持つ主人公?の女優さんがとにかく綺麗で魅力的でした。

ただ同じ人造人間でも『ブレードランナー』のような斬新さや迫力はありません。
それだけ身近になってきて、ありえそうな話だからそう感じるということもあるかもしれません。

昔の映画ですが、近未来を描いた『Gattaca』を思い出しました。
でも私のお気に入り『Gattaca』の方が豪華キャストでストーリーも映像も数段面白かったです。
人間が作る人工知能だからこそ、考えることは人間と同じ。
まずは人の気持ちを理解することが出来ないと怖いことになるかもしれません。
いつの世でも同じですね。

そして先日発売された、現在の人工知能Watsonが作った料理本を買ってみました。
使う材料のアイデアをWatsonが出し、実際にレシピを作ったのは現役のシェフだそうです。

しかし、これが全く使えない。お見事なぐらい。
こんなまとまりのない料理本を見たのは初めてでした。
材料は多いし、揃えるのも大変。料理の傾向はバラバラ。
アマゾンでなく本屋さんで見たら絶対買わないかも、、、。
e0178312_03453001.jpg
確かにものめずらしいかもしれませんが、珍しすぎ。
このレシピを使って誰がお料理しようという気になるのでしょう??
きっとWatsonのPR本だからそれで良いのでしょうが、
私が生きている間は台所は譲らなくても良さそうです。

でもせっかく買ったから、一つぐらいは頑張って作ってみましょう。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村




by flouribunda | 2015-04-27 00:10 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/23001180
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 玉ねぎを炒めなくても手作りカレ...      豚肩ロースの低温焼きとTart... >>