2015年 04月 16日

Surfasとインド料理のクラス

前回に引き続き、調理器具のお店のSurfasでインド料理のクラスに行ってきました。
インド料理はやっぱりインドの方から習いたかったかな。
あまり新しいことは習わなかったかもしれません。
でもコスパは良いクラスだったとおもいます。
e0178312_06464166.jpg
Pakoras with Tamarind Chutney
私はどちらかというとChutneyの本格的な作り方を知りたかったのですが、それは実演なしでした。
試食したChutneyも甘すぎた。Pakorasはつまりはインドのがんもどき。
ひよこ豆の粉で作ります。
e0178312_06465490.jpg
シェフはイタリア人。彼女からはイタリア料理を教えて欲しいと思いました。
でも3時間でコースを全て全員で作って、試食まで。
アシスタントが3人ついて4人がかりで12人の参加者の面倒をみてくれます。
お料理の初心者(参加しているアメリカ人はほとんどそのカテゴリーに入るかも?)には
良いクラスだと思います。

上はナンの生地を分けているところ。
一応生地も作ります。実際に焼くのは昨日あらかじめ作っておいた生地でした。
ちゃんと全部作らせてくれる(Chutney以外)。良心的。
e0178312_06471240.jpg
ナンは自家製の域を出ない生地。それなりに美味しいのですが、この通りのレシピでは作らないかもしれません。
ちょっと菓子パン風。
ギー(インド風溶かしバター)を塗って、生のにんにくのみじん切り。それはインパクトあり。
e0178312_06472085.jpg
ヨーグルトとスパイスでマリネした胸肉はChicken Tikka Masalaになります。
お肉を焼くことに関して厳しいシェフでした。こだわりが面白かったです。
e0178312_06472366.jpg
焼いた胸肉をさらにスパイスの効いたトマトクリームソースで少し煮込みます。
上は香菜。
e0178312_06472642.jpg
アメリカ人でも十分に食べられるマイルドなカレー。美味しいですが、日本人には物足りないかも。
私だったらスパイスを倍入れると思いました。

e0178312_06472911.jpg
カルダモン入りのショートブレッド。
スパイス入りのアイスクリームも作りました。無難に美味しい。

全般的にインド風料理という感じで、本格派には遠いものだったのがちょっと残念。
でも応用して作ってみたいとおもいます。

今日もご訪問ありがとうございます。お料理の話ではないですが、ティーンのお嬢さんがいるというシェフ、「最近ついに娘が”No Cow”って言い出したのよ。料理人の私の娘なのに。」(主に牛肉、乳製品を摂取しない、広義にはビーガン)そしたら参加していた私と同年齢らしきおばさん数名が口を揃えて「あるある。」。うちの娘も言い出す時がくるのでしょうか。


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


by flouribunda | 2015-04-16 00:10 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/22955089
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by toriyashiki at 2015-04-16 12:54
flouribundaさんが料理教室に参加すること自体間違ってます。flouribundaさんは教える側です。それもアドバンスレベルの生徒を!
Commented by flouribunda at 2015-04-17 00:23
鳥屋敷さん、

一緒に行ってみたいと言う彼と週末の午後のアクティビティ〜。夫婦で参加なんてシルバー世代だわ〜、と思っていたら、12人中4組はカップル(私たち以外は若い)だった。


<< グラノラとフレンチトースト      ローフードのフルコース >>