ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 03月 30日

Factory Kitchen, Pie Holeとあおさ

先日お友達とランチでArts Districtに行きました。
まずはFactory Kitchen
LAはいつの間にこんな大人の空間が、、、、?
他の人たちが食べているものみんな美味しそうですし、洗練されています。
客層も落ち着いていて、アメリカじゃないみたい、、、。
e0178312_15072302.jpg
ビーフカルパッチョを頼もうとしたら、ウェイターさんがこっちの方が絶対おすすめと仔牛のカルパッチョ。アルグラのサラダと軽くフライしたケッパー、ソースはひよこ豆のペースト(多分)。低温調理して外側だけ軽く焼いたのでしょう、とても美味しいお肉でした。
e0178312_15071832.jpg
お友達はこイカのサラダ。少しいただきましたがとっても新鮮。

アメリカではあり得ないと思っていたトスカーナのトラットリアにワープしたような気分。(もちろん言い過ぎかもしれませんが、とにかくアメリカではあり得なかったところを強調!!)絶対また来たいと思ったお店でした。

e0178312_15074189.jpg
そしてせっかくだからとお茶は違うお店で。Pie Hole
パサデナにも出店があるのでパイは食べたことがあったのですが、こちらの方がお店も大きくておしゃれ。
そしてびっくりしたのがいつの間にかこの近辺がおしゃれなレストラン街となっていること。
知りませんでした、、、。お昼時は駐車も困難なぐらいどのお店も混んでいます。そして雰囲気のあるお店ばかり。

本当にいつの間に、、、、、、?
浦島太郎になった気分でした。

実は連日ビーガンやらローフードのレシピを試してばかりだった私なので、久しぶりの動物性たんぱく質の仔牛とラッテでした。やっぱり美味しいなあ〜と、思っていたところにお友達にいただいたのが新物の生の「あおさ」。
e0178312_15074758.jpg
早速夕ご飯にいただきました。
e0178312_15074414.jpg
酢の物とお味噌汁。
これが美味しくて、美味しくて。身体のすみずみまで喜んだような気がします。
お味噌汁はカツオ昆布出汁。やっぱり私にはビーガンは無理っ!!と悟りました。

動物性のものを食べないといっても、その分ナッツやアボカドで植物性の油脂をとるビーガンの食事はそれなりに負担があるようで、10日間ぐらいそんなものばかり食べていたので疲れてきた頃でした。ああっ、やっぱり私はアメリカの老人ホームには入れないかも、、、。とつくづく思いました。

今日もご訪問ありがとうございます。一人でまたたく間に半分以上食べてしまった新物の「あおさ」。こちらからカリブ海へ、その後イギリスに出張している主人を思い、「そろそろ食事もきつい頃で可哀想〜。申し訳ないなあ。」と思ったのもつかの間、そういえばもう日本のはず、、、、なんだか悔しい。


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村




by flouribunda | 2015-03-30 00:10 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/22907488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 生トマトソースとWhole f...      ジュースを絞った後の人参で >>