2015年 03月 23日

余ったチーズとグレープフルーツナイフ

これまた主人の出張前の写真です。
最近はチーズを買うことはほとんどなく、予備のために山羊乳か牛乳を1リットル入りで買って、
賞味期限が近くなってきたらチーズに加工しています。
Cpicon ローズ家のゴートチーズ by ローズ家の台所
1週間ぐらいは冷蔵庫で保存可能ですが、それでも余る時があります。
そういう時はさらに加工します。

今回は主人が出張すると食い扶持が減るので
その前に消費するためにお豆のペーストにも使いました。

e0178312_01465566.jpg
チョコレートチーズとレーズンナッツチーズ
e0178312_01465904.jpg
沢山食べられるものではありませんが
目先が変わると食べやすい。


e0178312_01470349.jpg
チョコレートを適量(好きなだけ、とも言う)溶かしてチーズと混ぜてまた冷やし固めます。
(耐熱カップでそのまま作るので見苦しくてすみません。)
取り出すのに最近買ったグレープフルーツナイフが活躍しました。

e0178312_01470811.jpg
7ドルしないのに結構作りがしっかりしてます。チーズを取り出すのに使ったのは曲がっている方。
2枚刃のほうは他の用途に使うとすぐダメになってしまうかもしれませんね。

(下の画像をクリックするとアメリカのアマゾンサイトに行きます。)



でも本来のグレープフルーツを切るには2枚刃は便利です。
e0178312_01471124.jpg
再度作ってみた焼きグレープフルーツ
こういうのを作るとバーナーも欲しくてたまらなくなりますが、我慢(いまのところ)。

今日もご訪問ありがとうございます。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村





by flouribunda | 2015-03-23 00:10 | ローズ家夫婦の食卓 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/22884085
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ローフードやビーガンの本 アメリカ編      Bon voyage >>