2015年 01月 17日

ボーディングスクール受験:Revisit 番外編 2014−4−10

編集 | 削除
(昨年、娘がボーディングスクールを受験した際書いていた未公開の過去記事です。末尾のTag#ボーディングスクールを押していただくと受験に関する公開済みの記事がまとめて見られます。)

娘がもしかしたら通う可能性があるかもしれない音楽院でオーディションを受けました。
バイオリン科の主任の先生にお会いして、娘の演奏を聴いていただきました。気に入ってくださったようで、時間次第で自分が教えても良いとおっしゃって下さり、娘も嬉しかったようです。高校生の一番レベルの高いオーケストラにも入団許可を下さり、ディレクターとのアポイントメントも取って下さいました。ディレクターの先生の前でも演奏し、オーケストラも見学しました。2校目で仲良くなったホストの生徒もいるオーケストラ。娘はオーケストラのレベルも気に入ったようでした。音楽院の中を歩いている時も、夏のアスペンの音楽学校で知り合った生徒と偶然会いました。
「えっ、何でここにいるの?」「もしかしたら高校からここに来るかも、、、」「うわ、楽しみだね!」

バイオリン科の主任の先生によれば、見学した2校目の学校からは生徒がかなり増えているそうです。音楽院としても協力して何らかの交通手段を講じる考えがある、とのことでした。先週も西海岸からオーディションを受けにきた男の子もいたとのこと、後から分かったのですが、その男の子も夏の音楽学校で一緒に勉強した子でした。本当に音楽の世界は狭いです。

娘は音楽院を見学して、とても魅力的に感じた様でした。

ボストンでは主人の共同研究者のお宅にもお招きいただきました。もう家族ぐるみで20年来のお付き合いです。娘が東海岸に来る事をとても喜んで下さいました。優秀な息子さんが3人いらっしゃって、お二人はすでにお父様が教えている大学に在学中です。彼らの大学の同級生の中には娘が見学した学校の卒業生もいるらしく、話を聞かせてくれました。

ボストンに住む、実際に今息子さんが寄宿学校にいるお友達の家にもお話を聞きに行きました。やはりボストンではボーディングスクールに子供を通わせる家庭も多いらしく、どの学校にも通っているお友達がいらっしゃいます。息子さんの学校だけでなく、他の学校の話も詳しく伺うことが出来ました。

見学以外にも情報収集に有意義に過ごせた滞在でした。

(最近の話)
珍しく電話をかけてきたと思ったら
e0178312_04270625.jpg
「持ってこようと思っていたピーコート、忘れちゃったから送って。」
え?また?先週に言ってよ。一緒に送ったのに。
でも先週箱に入りきらなかったミルキーと紫蘇のふりかけ、トレーダージョーの野菜チップスと朝焼いたパンを詰めて送りました。
持ってこようと思っていた、、、?あのパンパンのカバンに入らなかったのは当然。確信犯。
まあ元気そうな声が聞けたし送ってあげましょう。


今日もご訪問ありがとうございます。こちらの事情をよくご存知の方には学校名なども分かるとは思いますが、あえて記しておりません。どうかご了承下さい。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



by flouribunda | 2015-01-17 00:10 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/22216980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< マリブとGeoffreys      カノウユミコさんの本のつくレポ >>