ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 05月 21日

RACIONとThe Grand Budapest

なんだか食べ歩きブログみたいな投稿が続いていますが、昨日は映画を観て外食してきました。行ったところはRACION。今パサデナでちょっと流行っているお店です。タパスなので一皿の分量が少なく色々頼めて、分け合えるのが嬉しい。こういうお店がアメリカでも流行るようになってきたのだなあと改めて思います。どれもちょっと凝ったおしゃれなお料理で美味しいし、お会計も同様の味のお店の半分ぐらい(量は半分以下1/3?1/4?かも)。

e0178312_2321166.jpge0178312_23211471.jpg

アンチョビの酢漬け、多分小イワシ4匹分ぐらい。でも一口が美味しいものだから充分。
蒸しズッキーニのサラダ。真ん中にあるのがお花一個なのでこれも2−3口。でも蒸し加減が程よく、ソースも美味しかったです。

e0178312_23245798.jpge0178312_23252331.jpg
ペンシルアスパラガス4本?5本?ミルクでゆでてあり、イカスミソースがけ。アスパラとイカスミの相性が良いとは知りませんでした。子羊のミートボール。これも一口サイズ。でもと〜っても美味しい。子羊は癖があるので多くは食べたくないですが、こういうミートボールは子羊が一番美味しいと思います。

e0178312_23273594.jpg
タコと海老。タコも柔らかい。ワインがすすむお店でした。

e0178312_23285743.jpge0178312_23293127.jpg
デザートも余裕で楽しめます。コーヒーのセミフレッド(シャーベットとアイスクリームの中間のような)、スペインのカスタードクリーム、ピスタチオのメレンゲとデーツ(なつめやし)のソース。どっちも量も程よく、ちょうど良い感じ。お店の人おすすめのシェリーが良く合いました。

映画の後なので閉店間際に滑り込み、レストランにいた時間は4−50分ぐらいでしたが、そういう時にはとっても良いレストランです。



観に行った映画は出演陣も豪華なThe Grand Budapest。半分コメディで軽いのですが、映像も綺麗でお洒落な映画です。有名俳優さん達が端役で出てくるのも楽しい映画でした。

今日もご訪問ありがとうございます。しかしタパスが流行ったり、映画も俳優さん達(少しだけ旬を外したような)を小出しにしたり、なんだか時代を感じさせます。映画もどこか懐メロ特集を彷彿させるような。料理人、俳優としてはこういうトレンドはどうなんでしょう?がっつりいく体力がなくなってきた私達の世代の消費者には良いのでしょう.。 ビッグデータの作為を感じるこの頃です。

下のバナーにクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ア援メリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2014-05-21 23:50 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/22037051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Grist & Toll と ...      CROSSROADSとLACO... >>