2014年 04月 23日

車の運転

火曜日は学校が4時15分に終わり、友達を一人連れて家で2−30分一休みしてオーケストラの練習に送って行く日。詳細は省きますが、なぜか今日になって4時35分に反対方向にある矯正歯科に予約をいれたとのこと。
母「そんなギリギリ、、、」
パ「数分だからって言ってたから間に合うでしょ。」
って誰が運転すると思っている?

4時32分に歯科に到着して母運転手は外でスタンバイ。
数分したら外に出てきて「準備に10−15分かかるから友達を先に送っていってあげて!」そらみたことか。

そこから普段なら15分はかかる道程を夕方の渋滞が始まりそうなフリーウェイを駆使して練習場所に友達を送り届けたのが4時43分。急いで引き返して56分。ちょうど歯科の前に車を停めたら電話。
パ「今どこ?」
母「引き返してきたとこ。」

それから再度同じ道を行って練習場所に到着したのが5時7分。

練習開始は5時15分なのですが、オーケストラの練習は15分にすぐ音が出せる状態がお約束なので到着は余裕をみて5時と言われています。なんとかギリギリ間に合いました。

最近は娘の方がいつもギリギリ目一杯に予定を詰め込んで、それに振り回される、、、血相を変えながら運転しながら「私が間に合わそうとするからイケナイんだよな。」と思いつつ。

しかし公共の交通機関などないに等しいここら辺。もうすぐ高校生だと言うのに、学校からお稽古から移動は全て親の責任。遅刻はよほど面の皮の厚い親でないかぎり、子供の支度が間に合わないではすまされません。

パンサーの私立学校は数年前に地下2階駐車場をつくりました。駐車場には高校生達の車が一杯。高校生から運転??と疑問に思った時もありましたが、今は100パーセント理解出来ます。もういい加減、私も心やすらかに運転したほうが良いお年頃。

e0178312_10212812.jpg今日もご訪問ありがとうございます。久しぶりの投稿が愚痴っぽくなってしまいましたが、数年したら「あ〜、あの頃は私も頑張って運転していたんだな。」と懐かしく思えるように覚え書きです。明日も血相は変えても安全運転心がけます。写真はマグロのカルパッチョ、アスパラとサフランのリゾット、ごぼうとブロッコリーのサラダと洋梨入りお庭のグリーンサラダ。


下のバナーにクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ア援メリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2014-04-23 10:26 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/21920455
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by raypianoviolin at 2014-04-23 16:27
最後、めっちゃ早く着いている!危ない~!こんなに慌てちゃダメですよ。でもギリギリ予定目一杯に詰め込むのは親譲りだね。あと、もう少し!頑張れ~!^^私も今日ダウンタウンで大渋滞でピアノレッスン3分前に到着した。お互いに安全運転しましょうね。
Commented by flouribunda at 2014-04-24 09:00
レイママさん、

本当毎日そんなだよね。でも案外気が張っている時の方が安全かもね。お互い気をつけましょう!
Commented by なおっぺ。 at 2014-04-25 03:30 x
初めまして。アメリカ中西部に住む、物理屋の夫を持つ嫁です。クックパッドの美味しそうなレシピから偶然飛んで来ました。まだ子供が日本で言うところの小学生ですが、事情はアメリカ国内、どこも同じですね……。どこに行くのも車送迎で、バスかタクシーの運転手になった気分です……。遅刻に対する責任のほとんどが親にあることに納得出来ない!と夫に愚痴ることしばしばです。。。

パンサーちゃんがうちの子達よりも大きいと拝見するため、いつもこれから先に起こるであろうことを、このブログを通して勉強させていただいております。これからもお邪魔させて下さい。更新、楽しみにしております!
Commented by flouribunda at 2014-04-25 10:10
なおっぺさん、

初めまして。ご主人様は同業ですか!!
本当、アメリカならどこでもお母様は運転手ですよね。学校にまかせっきりと言う訳にいかないので、親のフットワーク(=ハンドルさばき?)で子供の教育が左右されると思うと自ずと運転技術も磨かれますよね。お互い事故にはくれぐれも気をつけましょう!

娘は来月14才、もう中学も卒業となりました。(日本では中2になったところです。)また是非お子さん達のご様子もお聞かせ下さいね。これからもどうぞよろしくお願いします。


<< ディベート準備      3月のこまごま >>