ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 10月 29日

ボーディングスクール受験:受験校絞り込み その1 2013−4−25

(昨年、娘がボーディングスクールを受験した際書いていた未公開の過去記事です。末尾のTag#ボーディングスクールを押していただくと受験に関する公開済みの記事がまとめて見られます。)

希望するボーディングスクールは全て東海岸です。そして沢山良い学校があり、それぞれに特色があります。なかなか受験しようと思う学校を絞り込むのは大変そうです。

チャートを作ってみました。基金額、大学進学率、生徒数、男女比、クラスサイズから合格率まで、こちらのサイトから借用しました。Boarding School Review.

e0178312_103055.jpg


本を読んだり、ネットで調べて大体8校にしぼってみました。
まずこれらの学校に、とりあえず資料請求をしようと思います。

(最近の話)
こちらは今年になって買ってみた本。娘も読みました。実際にボーディングスクールの生徒が編集しています。トピック事に色々な学校の生徒がボーディングスクールの生活について書いています。高校生が書いているので文章も簡単で、それほどページ数もないのですぐ読めます。でもさすがに現役の生徒達が書いているので臨場感があり、参考になることも多かったです。有名校の実名が出てくるので、学校や生徒の雰囲気を垣間みるにも良いかもしれません。ボーディングスクール入学を目指しているご家族にはお勧めします。
画像をクリックすると日本のアマゾンサイトに行きます。
最近日本でも洋書が手に入りやすくなりましたね。


この下の画像をクリックするとアメリカのアマゾンサイトに行きます。
Kindle版で充分だと思います。



今日もご訪問ありがとうございます。こちらの事情をよくご存知の方には学校名なども分かるとは思いますが、あえて記しておりません。どうかご了承下さい。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2014-10-29 00:10 | 娘 ボーディングスクール受験記 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/20660516
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-10-29 03:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by flouribunda at 2014-10-29 16:22
鍵コメさま、

うちは主人の性格上仕方なく、、、という感じでした。自分が関係していることはとことんまでやらないと気がすまないらしく、こんなのを公開したらボーディングスクールの受験に対して誤解が生じるかもしれませんよね。

経営基盤がしっかりしている学校というのが第一でした。でも上位8校はどこも魅力的で、実際に行ってみないと選べないと思いました。
Commented by 鍵コメ at 2014-10-29 21:56 x
情報の少ない中でこうして体験談をお話いただけるのは、後に続く方々にとって、とても有り難いことだと思います。ボーディングスクールの掲げる理念、各校の特色についてはそれぞれのホームページで調べればわかることではあるのですが、非常に時間のかかる作業です。

たくさんの選択肢がある中で納得のいく答えにたどりつくには、こうした比較考査は大切ですね!
Commented at 2014-10-29 23:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by flouribunda at 2014-10-30 06:51
鍵コメさま、

そういっていただけると嬉しいです。
私もどんな体験談でも良いから知りたいと情報を探しておりましたので、我が家の記録でもお役に立てれば、と恥ずかしながら公開しています。
その時は大変でしたが、親子3人やれるだけのことはやったので、納得のいく学校選びが出来たように思います。
Commented by flouribunda at 2014-10-30 07:05
鍵コメ 匿名さま、

アメリカで子供を育てるまで、これほどまでに格差社会を感じたことはありませんでした。その都度、居心地が悪い気持ちがしてきました。でもアメリカでアメリカ人として生きていく娘にどのような教育が望ましいのかと考えたてきた結果、ここに落ち着いたという感じです。本当に複雑ですよね。

これまではまさに手塩をかけて、という感じでしたが、もう一気に糸が切れた凧になりました。これからどのように成長して行くのでしょうか。私達も楽しみです。
Commented at 2014-10-30 23:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by flouribunda at 2014-10-31 05:23
匿名様、

こちらこそお話出来るのが嬉しいです。ありがとうございます。
私達はアメリカも住んで長いとはいえ、東海岸には数年、しかも子供がいない時にいただけでした。西海岸で一貫校のプレップスクールに娘が入学した時もカルチャーショックでしたが、今回色々な学校を見学し、新たな世界を垣間みて驚くことばかりでした。大きなスケールのアメリカ(というか世界中から生徒は集まるので世界ですね。)の中では、私達はアジア系の真面目で教育熱心な家庭というごく一般的なカテゴリーにしか分類されない、というのを親子共に改めて感じた受験でした。

娘がこの経験を本当に上手く消化できるのか、こちらは見守ることしかできませんが、心身ともに鍛えられることは間違いなさそうです。


<< 10月のお庭とガラスの重石      久しぶりのファーマーズマーケッ... >>