ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 10月 21日

ボーディングスクール受験:今通っている学校の良さを見直す 2013−3−6

(昨年、娘がボーディングスクールを受験した際書いていた未公開の過去記事です。)

寄宿学校のことを色々調べ、ランキングなどを見ていると、娘が今通っている学校の名前もあがってきます。大学進学率においてはトップクラス寄宿学校と何ら遜色がありません。

今までエスカレーターで行くのが当然と思っていた高校です。寄宿学校という選択もあり得ると思った今、見直してみると改めて良さもわかってきました。娘にとっても、また親にとっても今回の寄宿学校受験は、目的意識を持ち、納得して娘が高校に進学するためにとても良い機会となりそうです。
より多くの学校を調べて、娘が高校の4年間を過ごすのにふさわしい学校を家族で考えたいと思います。

e0178312_663932.jpg


4才(年中さん)。学校のタレントショーでバイオリンを弾いたあと、同級生と撮った写真です。今では姉妹のような関係の同級生たち。「LIFER」として高校を卒業する選択肢も決して弱いものではないと思っています。

今日もご訪問ありがとうございます。こちらの事情をよくご存知の方には学校名なども分かるとは思いますが、あえて記しておりません。どうかご了承下さい。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2014-10-21 00:10 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/19899629
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by clover at 2014-10-22 00:49 x
大学もそうですが、高校も寄宿制を考えると、選択の幅がすごく広がりますね!高校から自分に合った環境を考えて選んでいくのはとてもいいですね。
チャレンジ精神、素晴らしいです。我が家は知人のお子さんが州内の寄宿制の私立の高校に行くと聞いて、初めてその高校(州外や海外からの生徒も多いそう)を知ったくらい^^。寄宿制の高校のランキングも拝見しましたが、エンダウメントが大きいところや、奨学金も多く出ていたり、もちろん狭き門でしょうけれど、いろいろ門戸は開かれているんだなあ、と思いました。
Commented by flouribunda at 2014-10-22 03:33
クローバーさん、

全校生徒の30−40パーセントが何らかの形で奨学金を得ているそうです。より優秀な生徒を集めようとどこの寄宿学校も大変熱心です。基金も下手な大学より多く、私達も調べだして初めて知った事がとても多かったです。


<< バーモント州2泊3日      薄切り肉万歳と半兵衛麩 >>