2013年 03月 01日

歯列矯正とポッキー

e0178312_1542354.jpgパンサーの歯列矯正がはじまりました。下の歯並びが少し前後しているだけなので歯を抜くこともなく、比較的軽い矯正でまっすぐになるそうです。Bracesと呼ばれる一般的な金具で締め付ける方法と、着脱自由なプラスティックのリテイナーをはめる方法どちらでも、効果も矯正に必要な期間も変わらないとのことでした。

矯正は専門の歯列矯正医に行きます。小児歯科には小さい頃から6ヶ月に一度の歯科検診に行っています。歯科医の先生に「そろそろ矯正医に相談に行っても良い頃ですよ。」と言われて渡されたのは20軒ぐらいある信頼出来る矯正医のリストでした。「プラスティックのリテイナーで矯正したいなら、3軒ぐらい、あとは金具の矯正です。」

プラスティック??そんな方法があるんだとその時初めて知りました。でもなぜこんなリスト?

「何件か相談に行って、値段とか納得してから決めるのよ。1年半ぐらいかかるし、安い買い物じゃないんだから。」と言われ、ああ、これぞアメリカ、良いところでもあり、面倒くさいところでもあります。

そしてとりあえず2医院にアポイントメントをとりました。1軒はパンサーの同級生が皆お世話になっているという矯正医。金具を使います。もう一軒はパサデナで唯一歯科医の先生が勧めた、プラスティックのリテイナーを使う矯正医。

相談はどこも無料です。1軒目の先生は雰囲気も良く、信頼できそうですが、なんだか診察は適当。肝心の見積もり金額も聞くまで言ってくれませんでした。それもおおよその額。2軒目の先生は説明も一軒目に較べると丁寧で、X線を撮って診察してくれ、聞くまでもなく見積もり金額を提示してくれました。

2軒目でX線をいきなり撮られたので、他にも相談に行ってX線をその度に撮られてはたまらないと、この2軒で選ぶことにしました。金具にするか、プラスティックにするか。

再度歯科医の先生に相談すると、歯並びが悪い子は金具をつけざるを得ないけれど、プラスティックでも矯正出来る子の場合はなるべくプラスティックを勧めるとのことでした。金具は矯正するには良いけれど、磨きにくくフロスが出来ないので歯には良くないのだそうです。その点、プラスティックのは取り外しが出来るので歯も綺麗に磨け、フロスも出来る。でも一番の問題は、かなり自制心のある子供でないと途中でつけなくなってしまうことなのだとか。つけてる間は食べれないし、食べたらすぐ歯を磨かなくてはいけない、そのうちにつけ忘れて、つけなくなる、、、というのが良くあるパターンだそうです。

母「ティーンエイジャーのパンサーにはそれって無理だと思うんですけど、、、。」
歯医者さん「大丈夫よ。バイオリン毎日練習してんでしょ。私はこういう真面目な子には絶対プラスティックの方を勧めるのよ。効果は変わらないもの。」
ん〜。なんだか誤解があるような。
歯医者さん「もちろん母親が一番その子のことわかってるだろうから、母親が無理だというなら勧めないけれど、、、、?いや〜、大丈夫でしょ、この子なら。」
そんなこと言われたら、プラスティックにするしかないじゃない。

もちろんパンサーはプラスティックが良いとず〜っと言ってたので、歯医者さんに加勢してもらってニコニコ。

結局食べる時以外は必ず装着する。装着していなかったことがわかった時には鬼母がどんなに狂っても文句は言わないということを約束させ、プラスティックのリテイナーを選びました。ちなみに値段はリテイナーの方が15%ぐらいお得でした。

そして1ヶ月前に歯形をとり、リテイナーが出来上がってきたのが昨日。最初のリテイナーをつけました。矯正終了まで全部で上下25セットあり、2週間ごとにとりかえていくのだそうです。1つのリテイナーを1日24時間最低2週間つけて徐々に形を変えていきます。1日はずすと1週間つけるのをのばすのだそうです。もうすでに25セット出来上がっているのですが、定期的に診察に行かなくてはいけないので、最初は3セットもらい、次の診察は5週間後です。早ければ1年で終了しますが、さてどのくらいかかるでしょうか。

しめつけられて頭が痛かったり、間食出来ないからお腹がすく、など文句が多い1日目でしたが24時間するとかなり慣れてきたようです。あまり狂いたくはないので頑張って欲しいものです。

e0178312_17125732.jpg普段いつでも食べ放題だったのが間食も出来ない、飲み物も水だけ、と可哀相なのでデザートにポッキーを作ってあげました。いつものグリッシーニにミルクチョコレートがけ。だけどリテイナーをはずしても歯が痛くて固い物は食べにくいのだそうです。美味しいのに〜と主人と二人で食べました。

今日もご訪問ありがとうございます。真面目にちゃんと続けられれば、一番お腹が空いてしょうがないティーンエイジャーのこの時期に、なんだかとても良い習慣がつきそうです。ダイエットにも最適かも。私もやりたくなりました。


下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村



クリックすると今の歯並びの写真が見られます。








e0178312_17392572.jpg

リテイナーを装着していますが、よおく見ないとわかりません。

by flouribunda | 2013-03-01 17:41 | | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/19875975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maman at 2013-03-02 02:03 x
確かに、グリッシー二にチョコレートをかけると、ポッキーになりますね~♪ オリジナルロングポッキー美味しそう!

矯正も始まって…ますます美しいおねえさんになるパンサーちゃんのハートを射止めるのは誰でしょう。はぁ~♪ドキドキします(なんであんたが!)
Commented by flouribunda at 2013-03-02 03:01
ママンさん、

これまず止まりませんよ。「可哀相に〜食べれないの〜?」と言いながら二人でポリポリ。すんごい意地悪。

2日目になってかなり慣れてきたみたようです。でもきちんとやり通せたらすごく良い習慣がつきそうですよね。
私も間食や味見はなんとか我慢できるかもしれないけど、飲み物が水だけ、というのはすっごく辛いかもしれないなあ。
Commented by apricotberry at 2013-03-02 05:33
こんにちは。 
なるほど〜、チョコがけでポッキー♪
家の長女は去年の9月から矯正を始めました。 普通のメタルので、
結構なオーバーバイトなので、夜はヘッドギアをつけてます。
でも、フロスはできますよ〜。 針に糸を通す感じでワイヤーの間にフロスを通すんです。 それでも歯ブラシは丁寧にしないとだめですね。 お値段もびっくりするほど高いので、しっかり自分でケアしてほしいですよね。 ちなみにわたしも20代のころ3年ほどやりましたよ〜。
Commented by clover at 2013-03-02 06:32 x
パンサーちゃん、矯正が始まったのですね〜!実は息子も早く始めないと(というか再開しないと)いけないのですが〜〜息子もプラスチック!と言っていますが^^、それも結構大変なのですね@@。
実は床矯正の第一段階が終わって、お休みしていたのですが、やはり2段階目の矯正が必要で、できれば高校に入る前に(ティーンになると大変だそうです^^)、と言われているので、今年しかないですよね。
男の子は狩猟型?なのか?あまり(ほとんど)間食しないんですよ。でも食べたらすぐ歯を磨く、というのが(それは学校の昼食でもそうですか?)たいへんかも??
遅れましたが、パンサーちゃん、オーディション合格おめでとうございます〜!
漢字検定の家族賞も!すばらしいです。
Commented by flouribunda at 2013-03-02 06:36
apricotberryさん、

すごい危険なポッキーですよ〜。「作ってあげよう〜」と結局自分で食べてました。

そうですね!”フロスがしにくい”でした。しかしBraces用の歯の掃除セットを見て、ProとCon,本当に悩みました。どちらでもやはり矯正は大変ですね。お金もすごいし。無事に矯正が終わるのを願うばかりです。
Commented by flouribunda at 2013-03-02 06:49
cloverさん、

皆この冬にはじめてますね。あわよくば高校入学前に終了、というタイムスケジュールが一番多いのだとか。なるほど〜という感じ。
まだ2日目なので何とも言えませんが、かなり矯正医さんや歯科医さんのフォローがあるので、プレッシャーからか外す訳にはいかないと思っているようです。鬼母が狂うのもわかっているのでしょう〜。

学校でも歯を磨いているはずです。はずさないとご飯食べれないし、はめるためには磨かないと、、、でもそれが危ないですよね。歯を磨くのが面倒ではずしたまま、、、という誘惑にいかに勝つか。

なんとか夏の予定が決まってほっとしています。いよいよ中学最終学年、8年生ですものね。なんだか日本の学校ではやっと小学校卒業っていうのがしんじられないです。


<< おひなまつり      2月のこまごま >>