ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 09月 29日

ディベートチーム(討論部)

パンサーも7年生となり、いよいよ本格的にディベートチームの活動が始まりました。6年生でもお試しで希望者だけ2回競技に参加することが出来ました。6年生の時の様子競技1回目競技2回目。7年生からは火曜日の放課後1時間、金曜日の放課後1時間15分、週2回ディベートの練習をします。一日かけて何回も競技するトーナメントが年4−5回あります。

早速10月27日に第1回のトーナメントがあり、そのトピックは

The United States use of drone warfare has done more good than harm.

Single-sex education is better than co-education.

Californians should approve Proposition 34.(Eliminate the death penalty in California and replace it with life in prison without the possibility of parole.)

Californians should approve Proposition 37.(Require the labeling of genetically engineered food.)

だそうです。

なかなか大人でも答えが出ない様な問題を討論するのですから勉強になります。パンサーは3番目のカリフォルニア州は死刑を廃止して終身刑(仮釈放を認めない)とすべきか否かというトピックを選びました。賛成、反対、どちら側でも論破出来るようにしなければならないので準備も大変です。でもとても楽しそう。

しかしこのディベートトーナメント、土曜日に一日かけてあるのです。土曜日は日本語補習校、しかもパンサーはかなり6月7月で休んでしまっています。卒業、進級には年間授業時間数の3分の1以上を欠席したらアウト。でもディベートチームはパンサーもやる気を出しているし、親もどうしてもやらせたい。最初は参加出来るかどうか心配しました。
主人は「卒業することより大事なことがあるから、、、」と言い出す始末、パンサーはそれを聞いて「誰がこれまで必死で頑張ってきたと思ってんのよ!!」本当にその通り。
補習校の先生に正確な授業時間数をお聞きして、なんとか3分の1内におさまることを確認出来てほっとしました。でも補習校もこれ以上一日も休めないギリギリ。母は体調管理と補習校に送って行く朝の運転(遅刻も出来ない)に細心の注意を払います。

e0178312_13215514.jpg今日もご訪問ありがとうございます。アメリカの学校は食べ物がないと何も出来ないのでしょうか?毎回ディベートの時間には持ち回りで保護者がおやつを持って来ることになっています。早速私の番もまわってきたので、パンサーのリクエストでアイスボックスクッキー。いつもと違うレシピで柔らかめのレシピで作ったら食感は良いのですが綺麗に模様を出すのが難しい。


下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2012-09-29 13:57 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/18951373
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 新米      オーケストラヨーロッパツアー その4 >>