2012年 06月 24日

オーケストラヨーロッパツアー

e0178312_157982.jpg23日土曜日、パンサーは地元青少年オーケストラのヨーロッパツアーに出発しました。総勢約120人のツアーです。金曜日の夕方には集合場所の学校の体育館で引率の先生の荷物点検がありました。生徒7.8人のグループに一人引率の先生がいます。パンサーはオーケストラの音楽監督の奥様が引率のグループ。最年少なので自動的に先生と同じ部屋(4人部屋)だとか。文句たらたらでしたが、とっても素敵な(すごい美人!!)先生なのであきらめたようです。
スーツケースは下着の枚数まで決められたパッキングリストにそって用意しました。前日の金曜日にスーツケースの重量を計り、引率の先生が荷物点検をして、手荷物、バイオリン、あらかじめユーロに両替したお金、パスポート全てを預けました。当日は手ぶらで集合。
写真は当日預けてあった荷物を受け取った所です。


e0178312_1517614.jpg隣は一番仲良しのNちゃん。この二人だけが6年生、あとは7−9年生の上級生です。


e0178312_15191829.jpg「まだいたの?」とにかくもう嬉しくって、楽しくってしょうがないらしいです。空港までのバス待ちの時間。オーケストラは8−9割アジア人。なんだかアメリカから来た風に見えません。


e0178312_15273786.jpgあのねえ、車に乗るときぐらいこっちを見たらどうなのよ!!
ちなみにNちゃんのご両親は保護者ツアーに参加するために先に空港に向かわれました。Nちゃんが「一緒に来て」と言ったので参加を決められたとおっしゃってたお母様。パンサーなんてツアーが決まったとき開口一番「まさか一緒に来ないでしょうね」。


e0178312_1561453.jpg左のバスは荷物専用。バス2台に分乗して午後1時に旅立って行きました。飛行機は5時55分発。さすが100人以上のツアーだと用意周到。頼まれても一緒に行きたくないです。付き添いの先生方、本当にご苦労様です。

今日もご訪問ありがとうございます。荷物も全て自分で荷造りして、私はノータッチ。金曜日にパッキングリストを読んでと言われ、私が読んでパンサーが自分でチェックしました。「よしよし、完璧」と思っていたら、、、、。
時間通りに集合場所に家族3人で着いて車から歩き出したパンサーの足元。なんとゴム草履!!(とはいえ、スパンコール付きの今一番お気に入りの勝負草履。もちろんしっかりペディキュア付き)。
「あなた、何それ!!」思わず声を荒げたのは言うまでもありません。最初は「いーの、あぶなくないから、暑いもん。」、「駄目だよ今取りに言ってあげるから」と主人が言っても聞く耳持たず、、、。でもさすがに周りを見渡しても、誰一人ゴム草履はいません。自分で悟ったようで、荷物の中にあった運動靴をとりだしました。人の振り見て我が振り直せ、もう親の言う事なんか聞きません。まあ、今に始まった事じゃないですね。



下のバナーのどちらかに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2012-06-24 15:03 | | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/18243996
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by natsumikanq at 2012-06-24 15:47
ぷぷぷ。勝負草履で行きたいのはすごく分かります!パンサーちゃん、しっかりLAガ〜ル〜!
1週間、寂しくなりますね。Rosieちゃんはいるでしょうけれど。きっとまた一段と大きくなって帰ってきますね。
アスペン、明日から雷雨なんですけど…。何しよっかな〜。
Commented by flouribunda at 2012-06-25 02:37
natsumikangさん、

もうね、止まんないね。アメリカのティーンドラマ見てるみたいよ!
昨日は出発前、娘も主人も大はしゃぎ。まったく家族離ればなれでもうちは関係ないようです〜。なんなんだろう、それって。
本当暑そうだね。こっちはいつもの6月です。
Commented by toriyashiki at 2012-06-25 10:27
犬は普通家族の誰かに似てくるというのに、一体ロージーは誰に似たんだろう?とずっと思ってました。が、この前の「ドンデエスタ・・・」などを読んで、なんだ、ロージーはflouribundaさんにそっくりだったんじゃないか!、と(笑)
が、この記事を読むと、家族と離れる時の対応はまさにお嬢さんにもそっくり!!

やっぱり犬と飼い主が似るってほんとだわ・・・と深く納得。
Commented by flouribunda at 2012-06-25 14:59
toriyashikiさん、

えっ?私?そうか〜。
うちでは娘にそっくりだと言ってるんですけどね。
主人に言わせると娘と私も似てるらしいから、
そうか〜、空気読めてないのは私か!!
Commented by raypianoviolin at 2012-06-26 08:58
こんなに強がった言葉を言っていて、きっとパンサーちゃんもヨーロッパまで行ってしまったら、案外寂しい気持ちが大きくなるのでは!?

そうじゃなかったら、Rayもあと1年すると、すっかりと親離れしちゃうのかしら???いやぁ~~~って全然子離れできないー。(^_^;)

そうか、、、ロージーはflouribundaさんに似ていたんだ。。。そうか。。。

今、ご主人様の本読んでまーす。^^
Commented by flouribunda at 2012-06-27 12:49
Rayママ、

親離れも、子離れも結構すぐだな、と感じる今日この頃です。娘のいない、ホテル泊は楽だ〜。(アスペン移動中)

本読んでくれてる??どこで買ったの?ありがと〜。是非感想を聞かせてね。(もちろん難しかった、金返せ、でもなんでもOK.)


<< ファーマーズマーケットとソフト...      イスラエル1日目 エルサレム旧... >>