ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 03月 21日

リサイタルのドレス 2012

4月、5月に大きなホールで弾くリサイタルに向けてドレスの準備をしています。完全なオーダーメイドはもう少し早く用意しなければなりませんが、リサイタルで弾かせてもらえるかというのが確定するのも遅かったり、1ヶ月以上も先だったら体型変わるんじゃ?という成長期だし難しいですね。パンサーはものすごく興味があるらしいですが、実力も伴わないのにまだまだオーダーメイドは贅沢です。

e0178312_349626.jpg今年もなんとか弾かせてもらえることになったので先週末ドレスを探しに出かけました。最初に行ったところは去年買ったところ。でも残念ながら今年はあまりお気に召したのがありませんでした。そして次に行ったのが、以前から目をつけていたこちら。webページを見た途端にパンサーは「ここがいい!!」、良く出来たサイトで私も思わず欲しくなりました。どこに着ていくんでしょう?オーダーメイドと思っていたのですが、話を聞いてみると、お店には売っているサンプルもあるから一度見に来て下さい、とのこと。スタジオがちょうどパサデナにあるので行きました。

繁華街なのですがちょっと人目につきにくい場所、しかもインターフォンを押して入る古いビルの3階。入ってみると日当りの良い吹き抜けのロフト、おしゃれなオフィスでした。言われた通り、サンプルが一杯。パンサーのサイズもかなり沢山ありました。一応アポなしでも平日ならいつでも開いているらしいのですが、他にお客さんはいないので、とっかえひっかえ試着することに。とにかく着てみるドレス、すべて全部素敵!!豪華な生地ばかりなのでパンサーも目を輝かせて試着していました。やっぱり女の子ですね。普段だったら着ないような春色の可愛らしいドレスも「悪くないね。私ってこんな色も似合うんだ。(自分で言う?)」。
「こっちのラックは注文品で返品されたものなのでOOドルなんですよ。」と言われた中に、とにかく一番気に入ったドレスが見つかりました。パンサーらしくシックな色使いですが、ラインが綺麗でとても上品。リサイタルはそちらを着ることにして、予算より安かったのでついでにもう一枚、サンプル品からも選びました。そちらは華やかさはないけれど上品でホールよりサロンのリサイタルなどでも着れそうなドレス。どちらもお直しが多少必要で、そのお店ではお直しはしないので、結局予算(去年と同じ)と同じになってしまうでしょうが、2枚買う事が出来ました。

「来年も絶対ここにする!!ああ、もっと色々な所で弾くチャンスが欲しい〜。」動機はどうであれ、真実の声でした。いや、私も思わずバイオリン弾きたくなります、、、。

実は行く前から自制がきかなくなるといけないなあと犬を一緒に連れて行きました。ずっと試着の間、抱いていたので私自身は試着が叶わず。でも連れて行ってなかったら、絶対返品もののラックを血眼になって探していたに違いないです。それを着てどこへ?

e0178312_348285.jpg日曜の夜は久しぶりにファーマーズマーケットでシーバスを買ったのでワイン蒸しとボンゴレビアンコ。お店にシーバスはカリフォルニアンシーバスとチリアンシーバスがありました。高級食材で有名なチリアンシーバスの方が7割ぐらい高かったので迷わずカリフォルニアにしました。それでもアメリカはお魚が高い!!でもも食べた。

今日もご訪問ありがとうございます。ほとんどが注文生産なので路面店が必要じゃないのでしょうが、よく商売が成り立つなあと思います。さすがアメリカ、ブライドメイズ用のドレスというのはそれだけ需要があるのですね。
主人「それ、誰がお金だすの?」
私 「そりゃ花嫁側、でもブライドメイズが必要になる様な結婚式をするかどうかもわからないしね、どこの国の出身の人かによって違うしきたりの結婚式かもしれないし、、、。」
パンサー「いや、絶対ブライドメイズが必要な結婚式にする!!」
女の子の夢は広がります。ドレスって不思議。


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2012-03-21 04:06 | | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/17570048
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ユタウサギ at 2012-03-22 00:48 x
華やかなお話、楽しく読ませていただきました。パンサーちゃまの喜んでる様子が伝わってくるようでした。本当に、ドレスといのは不思議なもので、だかんらなんなんだ、と思いつつ、どうも無視できず、浮ついてついつい、となってしまいますよね。ソルトレークでは夕べやっとできたダウンタウンのデパートのGalaナイトで、ユターシンフォニーが共催のイベントでしたので、まあそれならと、チケットを購入。娘を連れていってきたのですが、まあ、想像を超える華やかさ。春物、夏物のあでやかなものが ひーらひら。お財布の紐の堅いことで有名なわたくしですが、娘のはしゃぎ度についついつられて 夏物のワンピースドレスを彼女とわたくし(なんと!)に一枚ずつ。浮かれちゃいましたね。やっぱりドレスは永遠の課題です。
Commented by caianina at 2012-03-22 07:48
こんにちは。コンサート出演おめでとうございます!
やはり女の子、素敵なドレスを着るのは嬉しいのですね。わが娘も、ドレスを買ってもらえることを目標に日々の練習を頑張っているようです!
Commented by flouribunda at 2012-03-22 11:13
ユタウサギさん、

デパートのGala nightなんて危険きわまる機会です〜。でもそういうセッティングでお買い物をするのも喜びの一つですもの。女の子で良かったと思う時ですね。
Commented by flouribunda at 2012-03-22 11:19
caianinaさん、

こんにちは。ありがとうございます。ドレスを着ると弾き方も違ってくるのが面白いですね。正直というか、、、。
あっちゃんの晴れ姿も楽しみです!!
Commented by silver at 2012-03-23 22:24 x
くぅーーーっ。うらやましい・・・(TT)
で、結局何色にしたのかしら?
後ろ姿で構わないから、写真見せて下さいね♪
Commented by flouribunda at 2012-03-24 00:03
silverさん、

でしょ〜。せっかく女の子育ててるんだからこうじゃなきゃ!!
でもおとーさんは大変です。
結局シックな色に落ち着いたのですが、リサイタルで写真をのせますね〜。


<< お庭からのジャムとファーマーズ...      音楽検定成績優秀者リサイタル >>