ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 02月 03日

ディベート

パンサーの学校では7年生よりディベートクラブがあります。日本でいうと、弁論部、討論部でしょうか。

アメリカでは論理的思考能力を高める効果が極めて高いとしてディベート教育に力を入れている学校が多くあります。特に私立学校には看板にしているところも多く、パンサーの学校も例外ではありません。

学校で行うディベートとはある主題に対してグループで賛成か、反対か意見をのべ、簡単にいえば言い負かした方が勝ちという競技ディベート。主題はあらかじめ提示されますが、賛成か反対かはその場にならないとわかりません。

そして今回、6年生を対象にディベートクラブのイントロダクションとして他校との競技ディベートがセッティングされました。参加希望者だけなのですが、学年生徒60人中男の子17名女の子7名が参加。試合は来週、でもその準備の為にここ2週間ぐらいは昼休み返上で論理組み立ての資料集めだったそうです。議題は「エコツーリズムは是か否か。」 (Wikipediaによると、エコツーリズムとは自然環境の他、文化・歴史等を観光の対象としながら、その持続可能性を考慮するツーリズム(旅行、リクリエーションのあり方)のこと、とあります。)
今日の放課後はリハーサルとして討論会を実際にやってみるのだとか。来週は私も運転手として試合会場に行き見学するつもりです。楽しみです。

ディベートは主人と私がパンサーに中学になったら絶対やってほしいと思っていたものの一つでした。この競技開催のお知らせが来た時、主人はちょうど出張中でした。学校のお知らせは主人にもメイルで届いているので、わざわざ出張先から「これは絶対やらなきゃ駄目だよ。」。もちろんパンサーはもうやる気まんまんで申し込み済み。「何熱くなってんの?言われなくてもやるよ。」だめだ、親の方が冷静さを欠いている。

e0178312_7412238.jpge0178312_7414722.jpgおまけのローズ家定食画像。

今日もご訪問ありがとうございます。ディベートが上手になるということはさらに理屈をこねるのに長けてくるということで親としては墓穴を掘っている様な気もしないではありません。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2012-02-03 07:48 | | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/17314401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by natsumikanq at 2012-02-03 09:24
うんうん、まさに、こういうのに強い人がアメリカで上手く生きていけるような気がしますよね。私も楽しみにしています!
たしかに、家で理屈っぽくなってしまうかもしれない?笑 うちにもひとり理屈っぽい人がいま〜す。あぁ大変。
Commented by michiko at 2012-02-03 13:19 x
こんにちは^^ カラッカラの乾燥注意報と共にインフルエンザ蔓延です;

ディベートは最近日本でも小学校の授業で取り入れて、娘が6年生のときの授業参観で見せてもらいました。
パンサーさん、お話聞いているととても理論的に物事を対処しているし バイオリンのお稽古をきっちりこなしているから自分のやるべきことを客観的に見つめられる冷静さを満ち合わせているかと!
これできっと主観にとらわれ過ぎなければ完璧かと・・・まぁ時間制限やら一緒のチームメンバーにもよりまが、おおむね良好かと^^
下調べで主題のどちらに転んでも完璧な情報収集が必要ですねぇ
楽しみです、どうか頑張ってくださいね
理屈っぽくなるとお思いでしょ??だけどね、親がそれを心配して手回しよく先回りすることが一番悪いことなんですよwwww
我が家の娘がそのケースに当てはまり、私も夫も知恵を出来る限り搾り出し生活そのものが子供の自主性を摘んでしまったのです
少し逆戻りしてまた前を向いて歩いていますが、甘やかしてしまったツケだと思って今だ反省の日々です
Commented by flouribunda at 2012-02-03 16:04
mikangさん、

そうでしょ。アメリカで生き抜くためには絶対必要よね。
ふふ、そのうちにmikang家も同じ道を歩むからね。
Commented by flouribunda at 2012-02-03 16:28
michikoさん、

子供の自主性なんてまだまだじゃないですか。甘やかしたと思うのは早いですよ。人生どう転ぶかわかりませんもの〜。さんざん甘やかされて育った私が言うのだから間違いありません?
ディベートをやりだして早速良くなったことがありました。以前はただ反抗していたような気がするのですが、最近は理論武装をしなければいけないんだとわかったようで、それでは自分の負けは明白だ、と。素直に聞く耳を持つ様になってきたので驚きです。成長を感じました。バイオリンだってずっと親に嫌々やらされているんですよ。でもようやく最近、それが自分の取り柄だということに気づいたようで、取り組み方にも自主性が芽生えて来た所です。今出来る限り娘にとって最善の状況を作る努力はしていますが、それが将来娘のためになるかなんて神のみぞ知る。結局自分の現在の自己満足でしかないかもしれない。でも親なんてそれでいいと私は思ってます。
Commented by maman at 2012-02-04 03:04 x
ああ、、うちの子も間違いなく真っ先に立候補しそうだなぁ、、と思いながら読んでしまいました。私は人前で発表することがずーーーと苦手だったので(今も苦手…)、こちらの大学のスピーチのクラスが本当に苦痛でした。自分の番はとっくに終わって、その後3~4人も終わってるのに、まだ足が震えていたり…。

素敵な節分&週末を~♪
Commented by flouribunda at 2012-02-04 05:45
mamanさん、

私も苦手なんですが、主人に似たのでしょうかね?自信を持っていないと出来ない事だから、自分からやりたいというのはいいことですよね。

良いお天気が続きますね〜。(大丈夫か?水不足。)良い週末を。


<< 恵方巻きとバスケットボール      1月のこまごま >>