ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 01月 16日

Young Musicians Foundation Gala Concertとコールラビ

e0178312_14165766.jpg日曜日はコンサートを聴きに行きました。57年の歴史を誇るロスアンジェルスの権威ある音楽家養成基金主催のコンサート。腕前はプロ級の学生さん達によるオーケストラ、客演指揮者がまた素晴らしくて、共にロスアンジェルス出身のMichael Tilson ThomasやJohn Williamsも出演しました。Michael Tilson Thomasはその昔オーケストラの音楽監督だったこともあるそうです。

演目は
Richard Kaufman 指揮
Smetana: Dance of the Comedians
Walton: Galop/Finale

Teddy Abrams 指揮
Beethoven: Rondo from Piano Concerto#1
Copland: Fanfare for the Common Man

Michael Tilson Thomas 指揮
Ravel: La Valse

Joey Newman 指揮
Randy Newman: Suite from Toy Story

John Williams 指揮
The Adventures of Tintin
War Horse
E.T. The Extra- Terrestrial
アンコールはStar Wars Imperial March(ダースベーダーのテーマ)

John Williamsはこの人がいなかったらアメリカの映画界はどうなっていたのだろう?と思うほど映画音楽の神様みたいな方。(もしご存知ない方には、、、、とにかく有名な映画音楽はすべてこの人の作ったものです。ポセイドンアドベンチャー、ジョーズ、スターウォーズ、シンドラーズリスト、インディージョーンズ、ジュラシックパーク、スーパーマン、ハリーポッター、LAオリンピックの曲なども、、、、挙げ出したらキリがないほどの代表作。)以前ボストンに滞在していた時にちょうどボストンポップスの音楽監督で公演を聴きに行ったことがありました。(19年前)今年80才を迎えられるということですが、まったく以前と変わらずお元気で溌剌としていらっしゃるのにビックリしました。まだまだ新作を作ってられるし、すごい方です。

そしてそんな神様の様な人と同じステージに立ったのがお友達のRayくん(10才)。BeethovenのRondoをオーケストラと初共演でした。初共演でこの大舞台。もちろん堂々と見事な演奏でした。一番最後には5名の客演指揮者とRayくんは並んで登場。すごすぎる、、、。

e0178312_1555250.jpge0178312_1515272.jpgおまけの様になりましたがコールラビ。そういえばベルリンで良く食べたなあと久しぶりにファーマーズマーケットで買いました。皮を薄くむいてスライスして食べてみるとビックリ。甘い!!皮に近いところが特に梨のような甘みがありました(中は美味しい大根ぐらいの甘さ)。常備菜用にピーマンとピクルスにしました。ポリポリとすぐなくなりそうです。
Cpicon ローズ家のコールラビの簡単ピクルス by ローズ家の台所

今日もご訪問ありがとうございます。RayママからRayくんがオーケストラと初共演すると聞いていて「絶対行かなくては!」とずっと楽しみにしていました。詳細がわかってすぐチケットを手配したら幸運にも一番前の席がとれました。音は良くないかもしれませんが、間近でRayくん、MTTやJohn Williamsまで見れてパンサーと感激しどおしの1時間半でした。とても楽しかったです。Rayくんも、パパもママもお疲れさまでした。


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2012-01-16 15:37 | ローズ家の日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/17226533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< The Artistとリークと...      Symphony YOGA >>