2011年 12月 02日

Peer Group Meetingと学校休校

昨晩は学校で同学年の保護者の集まりがありました。Peer Group Meeting と呼ばれる集まりは年数回あり、毎回違うテーマで校長先生と担当の先生のお話があります。今回は精神科医の学校のカウンセラーの先生が6年生の精神的発達について説明してくれました。反抗的な態度をとる一方で甘えてきたりとか分刻みで態度が変わったり、無口になったり、母親との対立が激しくなったり、とさすがカウンセラーだけあってとてもお話が上手で皆親達はうなづきながら聞き入っていました。

しかし反抗期や思春期は自分達も通ってきた道で、私なんかは説明されたところで一人一人性格は違うし、なるようにしかならないんじゃ?こうしたからこうなるというものでもないのでは?という気もしないではないのですが、そこはマニュアル好きなアメリカ、皆さんとても熱心です。学校も生徒の精神面サポートには特に気を使っていて、それは保護者に対しても同じです。日本人の感覚からいくと過保護?とも思えますが、確かに現代のアメリカに生きる子供達の環境を考えると無理も無いかもしれません。

こういう集まりは夫婦で参加出来る様にほとんど夜にあります。これに加えて親だけの社交パーティなど、月1回ぐらい呼び出されます。我が家などは私がいつも家にいるので、パンサーにとってもたまの息抜きでいいかもしれませんが、忙しいご両親だったら、その時間を子供と過ごす事に使ったほうがよっぽど子供の精神面にプラスになるような気もしないではないのですが、、、。

e0178312_512221.jpge0178312_521100.jpg昨晩からこちらでは暴風警報がでて、夜中ものすごい風が吹き荒れました。電線が切れて停電になった地区もあったり、道路にも街路樹の折れた枝がおびただしく、パサデナ市は緊急事態を発表して12月1日学校は全て休校となりました。一晩中窓が割れそうな風の音とサイレンの音でパンサーも犬も怖がるし寝るどころではありませんでしたが、朝になってかなり風も弱まりました。写真は家の前の街路樹から落ちた枝。ご近所では人の背ぐらいの大きい枝が落ちてたりもします。


e0178312_543990.jpg今日もご訪問ありがとうございます。うんざりするような量の庭の落ち葉の中の宝物。お隣の美味しいアボカド。最近いつも上をみては「落ちてこないかな〜?」と思っていたのですが、今朝は15個収穫!! ラッキー!!いや、もちろん優しいお隣さんだから頼めば下さるとは思うのですが、、、。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2011-12-02 05:10 | | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/16994295
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maman at 2011-12-02 05:24 x
昨夜の風は本当に怖かったですね~。
(最初、何事かと思いました…)

うちの子供たちは「怖い怖い・・」といいながらもすぐ眠りについて、その後全く起きませんでしたが・・(汗)、私は冷凍庫に眠ったお宝のことを思うと(長時間の停電にならなったらどうしよう?!と)もういてもたってもいられなくて。精神的に非常によくない夜でした。汗。

反抗期、

私も、反抗期なんて当たり前のことだし(?)ある程度は感情を吐き出させてあげたほうが逆にいい(?)と思っているのですが…。最近は日本でもそういう本がたくさん出ているようですよね(読んだことありませんが…)。

アボカド、私も先日たくさんおすそ分けを頂いてほくほく♪ 喜び勇んで食べています。。アボカド美味しいですよね~。
Commented by flouribunda at 2011-12-02 14:56
mamanさん、

こちらではかなり停電になった地区も多かったようで、うちはなんとか免れて本当に幸運だったようです。午後、街にでると街路樹がばたばたと倒れていて、すさまじかった、、、、。娘のお友達のうちも屋根がつぶれたり、家に被害があった人もめずらしくありませんでした。

日本でも今はそうなのかもしれませんね。知らないだけで。私もとことんやりあっちゃうほうですけど、結構こちらの方は大人の対応で、私には真似できそうもありません。

アボカド15個もいっぺんに手に入っちゃって、欲をいえば順番に3日おきぐらいで落ちて欲しかった!
Commented by natsumikanq at 2011-12-03 04:50
夫が風がすごくてあまりよく眠れなかった、とメールで言っていました。ColoradoとSan Gabrielのガソリンスタンドに木が倒れたってLA Timesに載ってた、って聞きました。
ローズ家さんのお庭は大丈夫でしたか?
Commented by flouribunda at 2011-12-03 13:36
natsumikangさん、

すごかったよ〜。うちは幸いにもなんともなかったのですが、ご近所でも家に木が倒れたり、屋根の一部が飛んだり、車がつぶれたり、、、もうびっくりです。カリフォルニア通りも大きな木が沢山倒れて道路が閉鎖されたり、オールドパサデナのグリーンストリートでは大きな街路樹が軒並み倒れていてレストランに突っ込んでいたり、信じられない光景でした。ご主人のご帰国には関係なかったようで良かったです。LAXも停電して大変だったようです。
Commented by スコット at 2011-12-03 14:21 x
パサデナは本当に大変だったようですね。うちのあたりはそれほどでもなかったので全く昨日は気がつきませんでした。一日遅れでニュース見てびっくりです。大事にならなくてよかったですね。反抗期、うちはもう始まっていますが、マニュアル読んで、確かに参考になる事もあるかもしれませんが、それにとらわれないようにするのが一番と思って、あまり深読みしないようにしています。赤ん坊の時に、いろいろあるマニュアル本、読みすぎたからです。人は千差万別、みんな違ってあたりまえと思っているので頭を柔軟にしておこうと思っています。でも、時々、本当に頭にくる言葉で闘ってくることがあり、黙る事もしばしばです。
Commented by flouribunda at 2011-12-03 15:52
スコットさん、

娘の学校は木曜日1日だけ休校だったのですが、ほとんどの学校が金曜日も休みだったと聞きました。私もテレビがないので、外を車で走ってみてはじめてビックリ。立派な樹齢の木が無惨にもなぎ倒されているので勿体ないというかなんというか。風の力ってあなどれないのですね。

お見事!と思うぐらいグサリと刃向かってくることもありますよね。でもそのしばらく後に結構素直にあやまったりしません?そのフォローの仕方にすごくアメリカ人っぽさを感じるこの頃です。今はLove and Hate Momentだそうで、「ごめんね〜、しょうがないのよ反抗期だから。」って自分で言ってます。でも頼れる人も少ないこのアメリカで生きて行かなくてはいけないのですから、せいぜい親を踏み台にしてもらって精神的にもたくましくなってもらわないととも思いますよね。なるべく向き合ってお相手しようと思ってます。疲れるけど、、、。
Commented by スコット at 2011-12-04 06:56 x
確かに私よりは謝り上手、ほめ上手ですね。これもアメリカ人の特徴なのかしら。一時期は本当にぐさぐさと刺さる言葉ばかりでしたが、最近はちょっと優しくなってきました。まあ、またすぐに刃向かってくるでしょうから、今の会話を楽しまなくっちゃ。
Commented by flouribunda at 2011-12-05 13:16
スコットさん、

そうやって大人になっていくんでしょうね。反抗しなきゃしないで物足りないかもしれないし、、、、永遠の課題なんでしょうね。お互い血圧には気をつけましょう!?


<< 突然プレイデイト      11月のこまごま >>