ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 06月 03日

単元が終わらない

2週間前ぐらいのことでしょうか、パンサーが学校の担任の先生が教えている社会、算数、国語がまったく先に進まず、5年生で習うべきことが1/3ぐらい終わっていないと言います。驚きはするものの、半ば「またか。」という感じ。学習指導要領に沿って教えられている日本では考えられないことですが、アメリカではよくある話です。まともに全部きちんと教えられる先生の方が少ないんじゃないでしょうか。この2週間は体裁を整えるため、ものすごく駆け足の授業だったそうです。一応終わったということにはなっているらしいですが、そんなのでクラス全員、ちゃんと理解出来ているかどうかは???高い授業料の私立に入れてもこれなんだものなあとため息がでそうになります。でも確かにパンサーのクラスメート達に教えるのは至難の業、白人のお金持ちのいいところのお嬢様、おぼっちゃま達に「真面目に勉強しなさい。」と言ってもまず無理。親達も家で勉強を教えるなんてことはまずしないようです。そして自分達の子供が出来ないのは全て先生のせい。志の高い先生もイヤになってしまう気持ちはわからないではありません。パンサーの担任の先生は、もう担任はもちたくないと中学校の国語指導に変わるそうです。

でも中学になれば新しく入学してくる生徒もいるし、5年生までの勉強がしっかり身についていることを前提に授業は進みます。だから夏休み。なんだか休みではないのです。家で予習、復習をやらせなくてはいけない3ヶ月。頭が痛いです。あと学校は来週2日間。ほとんどパーティ。勉強はもう終わり。それが終わったらスケジュールの立て直し。

e0178312_641433.jpg今日もご訪問ありがとうございます。前回いなかった主人のために肉巻き豆腐をつくりました。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2011-06-03 14:57 | 娘 ボーディングスクール受験記 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/14889678
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ピアノ&バイオリン at 2011-06-04 12:32 x
すごい私立でもそうなんですねー。公立はもう言うまでもありません。最後まで間に合わせるべく、途中のチャプターを宿題にしてしまうか、最後の残りはやらずに終わり、なんて事も。正直ビックリです。これでは5年生くらいで落ちこぼれてしまう生徒達が続出してしまうはずです。困ったもんですよね。
Commented by スコット at 2011-06-04 14:39 x
子供たちは公立へ通っていますが、本当に先生によって進み方が違いますねえ。あとは公立の場合、アスペルガーや高機能自閉症の子供たちも本当に多くなって来たので、クラスのメンバーによって、雰囲気ががらっと変わるので、毎年、年度始めには先生より生徒の名前を細かくチェックしています。中学になるとさっぱりどの子がどうなのかわからないのでもうお手上げですが、小学校はやっぱり気になりますねえ。
Commented by flouribunda at 2011-06-04 14:48
ピアノ&バイオリンさん、

私立でいいところは選ばれて入っているだけあって、ある一定の階層以上の子供達だけなので安心というところと、本人にやる気さえあれば色々なことに挑戦できる、選択肢が豊富という所でしょうか。家で親がしっかり勉強をフォローしなくてはいけないというのはどこでも一緒のような気がします。3ヶ月以上も休みなんて、どう考えても教育上良くないと思うもの。よほど子供がしっかりしているか、親がきっちり監督するかしないと3ヶ月遊び呆けていたら落ちこぼれてもしょうがない。
Commented by flouribunda at 2011-06-04 15:02
スコットさん、

娘のクラスはまだマシだったようで同じ学年のとなりのクラスの方が進度が遅かったようです。中学になると単科の先生ばかりになるので、専門的になるから先生も経験豊富で単元が終わらないというようなことはあまりないようですが、小学校はやはり高学年になるにつれ担任の先生は大変みたいですね。クラスメートは本当に性格は良い子達ばかりで、幸せな家庭に育っている子供達ばかりなんですが、何しろ勉強しない。それなりに大学進学には実績のある学校なので、これから皆変わって行くのかもしれませんが、どうなるでしょう。
Commented by カール兄と弟ピースでございます at 2011-06-05 05:47 x
お久しぶりです。ブログの調子が悪くカール兄ちゃんと弟ピースでございますパート2となりましたので、また訪問下さい。相変わらず 美味しそうなメニユーに感動してます。アメリカの学校はそろそろ卒業式ですか?アメリカの場合は中学の入学式に保護者は行かれますか?日本の学校(小学校の新1年生)も環境になれ、先日 学校の近くまで出かけると「せんせ~」と運動場から元気な声が聞こえてきました。ここ数年 運動会も春に行われ秋と違い醍醐味はありません。
Commented by caianina at 2011-06-05 18:53
夫が日本の私立校で、アメリカので使われている教科書で日本の4年生の子供達に英語で授業をしていたのですが、最後まで終わらないと言っていました。
アメリカで終わらないなら、日本なら尚更ですね・・・。しかも、この年代は難しいですしね・・・。

Commented by flouribunda at 2011-06-06 00:28
カール兄と弟ピースさん、

そうなんですもう卒業式です。学校の行事は基本、参観日や面談を含めて両親が揃って出席です。それが結構大変。でも入学式というものはないのですよね、不思議と。育った子供達に「せんせ〜」と慕われると可愛いでしょうね。
もちろんこれからもよろしくお願いします。

Commented by flouribunda at 2011-06-06 00:31
caianinaさん、

きっと一番難しいお年頃なんでしょうね。色んな自由がききだして、でもそれが消化出来ない状態。注意散漫になっちゃって集中出来てない子供が一杯です。先生にも同情したくなります。
日本の4年生にアメリカの教科書って結構高度ですね。さすが日本の私立校。
Commented by kanyako at 2011-06-08 05:18 x
単元が終わらないなんてことがあるんですね~。。。
でも、アメリカで過ごしていると、まぁ仕方ないのかなと半分あきらめてしまうところがありますね。

うちの子はプレスクールですが、
来週で終わりの週なのに、
先週、今週と担任の先生が2週間お休みをとってしまいました・・。
びっくりです。
でも、「アメリカではよくあることなのかな?」と
勝手に納得してしまっています笑
Commented by flouribunda at 2011-06-09 14:53
kanyakoさん、

レシピもうちょっと待っててくださいね。ご免なさい。

本当アメリカだと「そういうこともあるかな」と思ってしまいますよね。妙にあきらめが良くなってしまってます。
Commented by kanyako at 2011-06-10 04:13 x
こちらこそ、卒業式などで忙しいときにすみません。

急いでいませんので、お時間のあるときで構いませんよ^^

ありがとうございます。


<< 球場の楽しみ方      たらこスパゲッティとビーツのスープ >>