ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 04月 07日

バイオリンと怪我

1年前にもうそろそろフルサイズにしても、、、と言われていたパンサーのバイオリン。ようやく今日、新しいセットがパンサーのものとなりました。

今一番成長著しいパンサー、身体がそれに追いつかないのか、去年はかなり故障が多かったのです。すぐに身体のあちらこちらが痛くなる、左手は動かなくなる。ひどかったのはベルリンにいた頃、3泊4日修学旅行でバイオリンの練習が出来なかった時、帰ってからすぐに以前の様に弾くと手に良くないからと慣らしながら弾いていたにもかかわらず、腱を痛めてしまいました。それからは曲の上達よりも、いかに怪我を回避するかが一番の関心事でした。バイオリニストに会ったら怪我の話ばかり聞いていたような気がします。

皆さん口を揃えて、バイオリニストに腱鞘炎はつきもの、特に成長期は気をつけろとのことでした。フルサイズは大人でも小柄な人には負担なので、待てるだけ待ったほうがいい。早くフルサイズにと言っていた先生も左手が痛いという話をしてからは、「待ちましょう。」。お医者さんに行っても結局痛み止めを打たれるだけ、自分で自分の身体をコントロール出来る様になるしかない、腱鞘炎に効く薬はない。バイオリンレッスンが突如エアロビクスになった時も。皆いかに痛い思いをしてきてバイオリンを弾いているかということですね。そういえばみどりさんの座談会でも、ストラディバリでなくガルネリを弾いているのもサイズが合わないと怪我をするから、毎日長時間の練習をするのも常にバイオリンを弾く時に必要な筋肉を動かしておかないと怪我をするから、というのが一番の理由だとおっしゃってました。

そして痛い時には決して無理をせず、気乗りがしなくても怪我をしないためには毎日の練習をきっちりこなす事を心がけていたら、少しずつ痛みもなくなってきたのか、左手に負担の大きい曲でも難なくこなせるようになってきました。

先月、先生と本人ももうそろそろサイズアップしてもいいかも、ということで合意。これまでの4分の3サイズとフルサイズはかなり指の位置も違うのに、すんなりと移ることが出来ました。サイズアップしたバイオリンを1週間練習してリサイタルの本番で弾きました。先生方も「1週間で新しいバイオリンに慣れたなんて信じられない。」(誤解の無き様、あくまで当社比です!)パンサー「いや、大きいバイオリンの方が弾きやすいんだもん。」本当に待てるだけ待ったということみたいです。何事もタイミングというものがあるものですね。

バイオリン選びについての記録はまた明日。

追記:基本的にマイナスなことは書かないようにしているブログですが、(故障でもなんでも書いてしまうと必要以上に心配したり、気になったりしてしまい、数ヶ月たつと心配していたことも時が解決してくれることが多いので。)1週間ほど前からパンサーが耳が痛いと言います。もともと主人が耳鼻科系が弱いため、中耳炎を心配しお医者さんに行って見てもらった所、肩こりが原因と判明。「中耳炎なら薬で治るけど、これはたちが悪い。」と言われてしまいました。ふ〜む、こうなったらマッサージ師の資格でも目指すかな?とは冗談ですが、そんなこともあるんだと記録しておきます。ブログに書いてる。=お嬢さんは「耳はまだ痛い?」と聞かれないと思い出さない。=たいしたことない。どうぞご心配なく

e0178312_1450375.jpg今日もご訪問ありがとうございます。長くお休みしていたので記録しておくことがたまっていて。そういえばお友達にも言われました「たまってるでしょ。」って。休むとだめですね。継続は力なり。
「今日の晩ご飯何〜?」
「今日はカレー。」
「えっ?カレーって私が一人の時とか、みんなとっても忙しい時のメニューじゃないの?」
そんな風に思ってた??これでもちゃんとカレー粉から作ってるんですけど。


下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2011-04-07 01:19 | | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/14559434
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cafemaman at 2011-04-07 02:54
バイオリンのサイズのお話、興味深く拝読しました。
うちの娘(もうすぐ3歳)の場合(『ごっこ』レベルですが…)は1/32サイズかな…なんて、最近一人シミュレーション(笑)していたところです。
↓ラテンはいいですよね!私は言葉も音楽もダンスも(そして男性も。笑)ラテンが好きです♪笑
20代前半の頃(英語はさっぱり覚えられないのに)、ラテン語はなぜかスっと入ってきていたのを思い出します。
理由はやはり『ナイスガイ』という副産物があったからと思われ…笑
(サルサクラブに通い詰めた20代前半でした…)
Commented by caianina at 2011-04-07 06:13
お久しぶりです。本当に、この時期、日本人は苦しみ、どれだけ涙したことかと思います。
でも、ようやくブログが再開されて、嬉しいです。パンサーちゃんも、フルサイズのバイオリン。これからは、このバイオリンを弾きこんで自分の音にしていくのですね!
Commented by flouribunda at 2011-04-07 11:22
cafemamanさん、

サルサクラブでラテン語はしゃべらないっしょ? ラテン系の言葉という意味ね。スペイン語とか?  いや、でもかなり受けてしまいました。
小さい頃のサイズの話もついでだから記録しておきますね。思い出さなきゃ!!

Commented by flouribunda at 2011-04-07 11:32
caianinaさん、

コメントありがとうございました。今も苦しんでいらっしゃる方達がいらっしゃることを忘れないで、でも普段通りの生活を心がけることが大事だと思えるようになってきました。
いよいよフルサイズ、娘と一緒に成長していってくれると嬉しいです。
Commented by さや at 2011-04-07 22:23 x
偶然ですね~! 家も一昨日やっと長女をフルに変えたところでした。  背が伸びたね、、、と、この一年間先生に言われつつ、気がついてみたら私とほとんど同じ位になっていて、靴もサイズを追い越されました。  でも家は今回はしばらくレンタルです。  弾くレベルもまだ全然そこそこ、どれだけの物が彼女に最終的に適切なのかはまだ決めかねてます。  

家は怪我するほど練習はしてくれた事もないのですが(きっとしないでしょうね~・・・)、それでもお話為になりました。  姿勢が悪かったり、力が入ったりで、子供なのに肩こり、、、は良くあります。  気をつけないといけませんね。  とにかく娘さん、これからはフルサイズで、さらにパワーアップですね!
Commented by flouribunda at 2011-04-08 03:16
さやさん、

そうでしたか。本当フルサイズ選びは頭が痛いですよね。うちの場合、そろそろと言われながらも1年あったので、その間に方針が固まったというか、限界が見えたと言うか?納得して買えたのでまずまずほっとしています。
うちもそれほど練習しているわけではないのですけれど、、、怪我なんておこがましいと思いきや、練習量に比例するわけでもないらしく。マッサージの味はしめちゃったようです、イケナイ。


<< バイオリン フルサイズになるまで      外国語選択 >>