ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 09月 17日

担任の先生と残ったお肉の利用法

e0178312_029118.jpgさて、約2週間の出張から帰ってきたビーバー、3日目の晩。そろそろ平常に戻ってもらわねばならず、担任の先生に提出するパンサーの説明書、(パンサーがどういう子供かというのを手紙に書きます。)を作成してもらいました。毎年の様に書かされるこの手紙。それほど毎年書くことは変わらないので、前の年のを残しておけば良かった、と思いました。今年はそうしよう。

私が書いてさっさと提出しても良かったのですが、やはり2人でサインするのと1人では重みがちがいます。父親もどんなに忙しくても、熱心に子供の教育に参加するのが当たり前の学校。「あら、あなたのご主人は学校の始まりに家にいないの?」と何度言われたか。「ウ~、時差ぼけが、、、」と逃げようとするビーバーに、ちょっとリハビリ。

そのパンサーの担任の先生。3年間ぐらい、この学校の臨時教諭を勤めていたのですが、この学期から正式に5年生の担任を受け持つことになりました。まだ若い(多分30代前半、経歴からは絶対正確な年令は判断できないアメリカ)先生。新しい職ということでとっても張り切っています。

最初にいただいた先生の自己紹介と今年度の目標を書いたお手紙。裏表にぎっしり。だんだん書いていて気分が高揚しちゃったんじゃないだろうか?と思える熱意にあふれています。ビーバーに言わせると「つっこみどころ満載」(意地悪!!)のお手紙ですが、熱心なのは良いことですね。

しかし最後に「いつでもご質問ください。」と書いてあり「I can return within 24 business hours.」とありました。つまり「24営業時間内に返信いたします。」。「business hours」?普通、学校の先生は使わない言葉です。「私は24時間子供のことを考えていますよ=1日で返信」と言いたいのか(だとしたらアメリカの先生にしては非常に熱心。)、「一日就労時間8時間、週末は勘弁して=3日で返信」と言いたいのか(だとしたら、とってもビジネスライク、しかも先生にしては返答が遅過ぎる。)ああ、私もやっぱりつっこんでいる。


e0178312_0304242.jpg今日は我が家の残りもののお肉の利用法。これはステーキ肉の残り。食べ切れなかったお肉がある時にはオイルでマリネしておきます。そして後日、サラダや前菜に姿を変えて登場。
「もしかして、これってこの間の? なんだかさ、いっつもいかにもこのメニューのために最初からつくりました、、、、って感じで出すよね。」
なあんかトゲがあるなあ、褒められてるんだか、けなされてるんだか。

Cpicon ローズ家のお肉の残りの利用法 by ローズ家の台所



e0178312_0362838.jpge0178312_037565.jpgこれは鶏肉の残り、丸焼き(右写真、サンタバーバラの鶏)したら3人で食べきれるものではありません。


今日もご訪問ありがとうございます。スタイルも良く綺麗な先生。面食いのパンサーはとっても気に入っています。なのでお勉強にも身が入るよう、、、。好調なスタートでまずは良かったです。

下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2010-09-17 01:01 | 娘 ボーディングスクール受験記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/13239339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by San Franciscan at 2010-09-17 05:44 x
今日のトピック面白かったです。business hoursね…。なんだか3日っていう意味っぽい(苦笑)。

なぜか読み始めた時は、先生は女性と勝手に思ってたので、パンサーちゃんの事を心配と書いてあり、あれ男性だったんだ~と気が付きました。でも「綺麗」ってあるけど?やっぱり女性?

今日のレシピ使わせていただきます♥
Commented by silver at 2010-09-17 10:03 x
熱心な先生なんですね。
2号の先生(やはり30代くらいと思われる)も熱心なんですが、若干「頭でっかち」な面もあり、その点は少々困ってます。日本だとこういうパターン(先生が頑張り過ぎて空回り)多いですが、そちらではどうでしょうか…

お料理、相変わらずおいしそうだわあ。
器もステキ!


Commented by flouribunda at 2010-09-17 14:08
San Franciscanさん、

あ、やっぱり3日派ですか。いや、私もそう思います。

「面食い」というのは娘の場合、女性にもあてはまりまして、、、。不思議と金髪、青い目には弱いのです。教えてもいないのにね。担任の先生は女性です。

レシピというほどのものではないので、、、お恥ずかしい。
Commented by flouribunda at 2010-09-17 14:20
silverさん、

アメリカの携帯ではアドレスは受け付けてもらえなく、あのQRコードを読み取ったことがなく(浦島花子)登録できないでいるのです。ちょっと、お勉強します。

かなりこの担任の先生も気合入ってます。1年目で理想に燃えてるというか、、、娘がそう言うのだから相当でしょう。でも生徒は皆、好感を持っているようで、その点、やはり5年生です。幼くて、可愛いものです。


<< Picture Dayとズッキ...      SF旅行のこまごま >>