ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 12月 12日

Urgent Care

今日、パンサーは体育の時間に転んで左腕をいためてしまいました。保健室から「いつもおとなしい子(She isn’t a complainer)なのに、痛いと何度も来るから、病院に連れていったほうがいい」と電話がありました。

すぐ主治医の先生に電話をすると、「こちらでは予約で一杯で見る余裕がないから、Urgent Careに行くように」とのこと。Urgent Careは予約なしで見てもらえる救急です。救急車で担ぎこまれるような急病人はEmergency Room(ER)といって、また別の場所にあり、こちらは比較的軽い病人が行くところです。

e0178312_155774.jpgパンサーもこれまでに怪我で何度か訪れたことがあります。ここの難は、やはり主治医のオフィスと違い、とっても待たされる時間が長いこと。今日は文庫本持参で覚悟していきました。全部で3時間半。パンサーも本が好きな方なので助かります。小さい頃はここで待つのは辛かったのに、成長したものです。(ちなみにパンサーは最近アガサクリスティーが好きで、今4作目。)この季節インフルエンザの患者も多いので、今日もうつされないかとビクビク。以前来た時には怪我は大したこと無いのに、3-4時間かかったあげく、しっかり風邪をうつされたこともありました。


e0178312_15575611.jpg結局X線をとってもらいましたが、専門の先生でないと判断不可能なぐらいの、最悪ひびが入っているかも、ということでした。ちょうど成長途中の骨にはよくある線、成長線とか言ってましたね、と見分けがつかないそうです。なので専門医に行けるように手続きをしてくれて(これまた保険会社を通すので1週間ぐらいかかります。)その間の応急処置をしてくれました。


e0178312_15592174.jpg簡単なギブスですが、しっかり固定されています。ひびでなければ安静にしていれば1週間で治るそうですが、ひびが入っていると長引くかもしれない、とのことです。

まあ、何事も経験なので。じっとしていれば綺麗に治る怪我で良かったです。

最初は「バイオリンのお稽古をしなくてもいいの?」と喜んでいたパンサーですが、来週学校や先生のお弟子さんのリサイタルで弾けないことがわかってくると「えっ?私、怒られながら(私にです。はい)。練習するのは嫌だけど、バイオリン弾くのは好きなのに。」となり、だんだんギブスのものめずらしさにも飽きてきて、不自由を感じてくると「バイオリンのお稽古のほうがずっとましかも。」???

でも来週は学校でもクリスマスコンサートがあり、パンサーはオーケストラで一人でメロディーを弾く予定になっていたので、かなり「しまった。」と感じているようです。色々この機会に考えて頂きましょう。いい経験になることでしょう。

今日もご訪問ありがとうございます。 しかし今日一緒にお風呂に入ったり、パンサーの着替えを手伝ったりしながら思ったのですが、本当に骨を折る(ギブスをはめる)と大変ですね。私も気をつけなければと真剣に思いました。ビーバーにも帰ってくるなり、「骨折らないように気をつけるように。」。皆様もくれぐれも怪我にはお気をつけ下さい。下のバナーに応援のクリックをいただけると嬉しいです。にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

by flouribunda | 2009-12-12 16:37 | 娘 ボーディングスクール受験記 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/11762388
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fireandhemlock at 2009-12-12 21:49
わわわわ。なんてこと。
こんな時期に腕を痛めてしまって、大変ですね!
ひびじゃなくて、打ち身で一週間で完治しますように!!
お大事に。
Commented by flouribunda at 2009-12-13 04:55
fireandhemlockさん、

ここ2,3日めずらしく雨で、雨に慣れていない子供の転倒事故も多いらしいです。滑って転ぶなんて、「スケートやっているんじゃなかったっけ?」です。しかし怪我は本当にいつおこるかわかりませんよね。びっくりしました。
Commented by ピアノ&バイオリン at 2009-12-13 12:17 x
なんて事でしょう!!!
本当に1週間で治る事を祈っております!
病院での待っている間に本を読んでいられるとは、ちょっとは大丈夫かなぁ~?って思いますが、心配ですね。。。
バイオリンの発表の場で弾けないのが、きっとすご~く辛いでしょうね、、、。いつも怒られながらも、しっかりと練習しているのに、、、。
あ~、心配です。一刻も早く良くなりますように!!!
Commented by flouribunda at 2009-12-13 16:22
ピアノ&バイオリンさん、

本当にね。治すのが先なので、今はバイオリンのことは考えず、静か~にしています。でもやっぱりヒビで本格的ギブスとなったら、本人かなりショックを受けるだろうなと思うほど、一日でまいってます。まだ痛そうだし、すごく不自由ですからね。
バイオリンの先生は「右手だけの練習のメニューはいくらでもあるし、ボウイングの練習を集中的にするチャンス」とあくまで前向き。本当にそうだと思います。彼女自身も不自由さを味わって、ちょっと大人になれそう。

でもRayくんはダメよ!!怪我しちゃ!!雨の日は絶対走ったらだめだからね!!
Commented by サード at 2009-12-13 22:12 x
画像みてドキッとしちゃいました(TOT)体育の時間にこんな怪我なんて~!!私なら学校を恨みます^^;

12月は演奏の機会が多いとおしゃっていたので、私も楽しみにしていたのですが、あ、でもそれよりも腕の方が心配ですね(TOT)。どうかお大事になさってください。
Commented by flouribunda at 2009-12-14 09:27
サードさん、

アメリカは体育館でもうわばきに履き替えたりしないんですよね。だから外の靴のまま入るので、雨がふると結構床がすべりやすいのです。普段雨が降る所じゃないので、油断していたんですね。自己責任、とはいってもアメリカ人の親なら一言言うかな?まあ、言ったって怪我が治るわけではないので、私たちは娘に以後気をつけなさいと言うだけ。。でもいい薬にはなったみたいです。自分でも治すのが長くなるからヤバイと思っているのか、率先してCDを聞いていますよ。まあ、この今年度のヤマ場は3月で、それまでにはなんとかなりそう?なので、今月は治療に専念することにします。

きのこちゃん、どんぐりくんも気をつけてくださいね。


<< にんじん その2 キャロットケーキ      にんじん その1 >>