ローズ家の台所

crowncity.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 10月 22日

学校の美術

パンサーの学校は美術の時間がとても楽しいのです。才能あるなしにかかわらず、皆が楽しめる美術の時間ってすごいと思います。

なぜそんなに楽しめるのだろうと考えてみると、絵はほとんど模写なのです。粘土で何か作ったり、工作する時も創作はほとんどなく、全てお膳立てがしてあって、簡単に組み立てられるだけです。だからとても簡単、誰でも上手く出来る。

なーんだ、と思われるでしょうが(私も最初は思いました。)でも上手く出来るっていうのは子供にとってとても大事なようですね。さすが、アメリカ式、自信をもたせる教育です。好きこそ物の上手なれ。やはり才能のある子は、同じ様な作品をつくっても独自性をもたせて、伸びていっているし、そうでない子も、自分の作品が一番だと思っている。クラスメイトの親にも画家が2人いるのですが、美術の教え方にはとても満足している様子。

そしてその作品は全て丁寧に子供達の手でラッピングされて、親にプレゼントされるのです。ハロウィン、Thanksgiving,クリスマス、イースター、母の日、父の日、何でもない日。

e0178312_1572460.jpgたとえばハロウィン用。かぼちゃは年長さん、魔女は2年生、ろうそくたては今年の作品。(ちなみにプロフィール用の写真のおばけも今年の作品。)

どんどん家にパンサーの作品が増えていきます。でもどんな絵画も、置物も、パンサーの作品には勝てません。

でも何人も子供がいたら大変だろうな。まあ、アメリカの家は広いからいいのかな?

by flouribunda | 2009-10-22 14:02 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/11410828
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by keiton-usa at 2009-10-22 14:59
素敵~!味がありますよ。
うちの子供の学校はこういうの作らせないですね。
パブリックなので、予算カットなのかも・・・・・

それにしても納豆手作り、驚きました(笑)根性!!
Commented by caianina at 2009-10-22 23:50
皆が自分の作品が一番って思えるっていいですね!
国によって教育方法がかなり違うので、色々な国の教育方法とても興味深いです。
子供の作品が一番!!分かります!!
Commented by flouribunda at 2009-10-23 13:17
keitonさん、
そうなんです。味はあるんです、親には、ね。学校の予算カットの話、本当によく聞きますよね。教育費をそんなにドラスティックにカットしていくって、ちょっと考えられないのですが。

だって、最近この近所で以前は手に入ったハウスの冷凍じゃない納豆が売ってないんですもの。って、ローカルな話題ですみません。
Commented by flouribunda at 2009-10-23 13:23
caianinaさん、
そう、皆ほこらしげに親にプレゼントするのです。またこっちの親は褒めるのが上手だし。こーやって自信過剰なアメリカ人は育っていきます。



<< ハラペーニョの酢漬け      共同購入 >>