2009年 09月 09日

Back to School

パンサーの学校はやっと今日から始まりました。パンサーは昨日から学校に行けるのが嬉しくてしょうがない。学校に行くのが待ち遠しいなんて、ありがたいことです。
e0178312_1321326.jpg制服は行事の時は指定の水色のジャンパースカートがありますが、ふだんは白紺で飾りがなければ良いことになっています。パンサーの学校は小3から弦楽器が必修科目で、小学校には2つのオーケストラがあります。彼女は数年前から高学年のオーケストラに入っていますが、今年は2つのオーケストラの掛け持ち。とはいっても練習しなくてもいい簡単な曲ばかりなので、先生のアシスタント気取りです。


e0178312_13291680.jpg授業前のクラスの様子。最初の日は親もクラスまで送りにきます。結構両親ともに送りにきている家庭もあります。1クラス22名、小学校は1学年2クラスです。机の配列はE字型。先生に真正面に向いて座らない子がいるのが日本人の私としては気になるところです。


e0178312_1333123.jpg先生の小さい頃の写真などが飾ってありました。


e0178312_13355156.jpgパンサーの机。基本的に文房具、ノート、教科書、バインダーなどはすべて用意されています。生徒の家庭で用意するのはかばんのみ。とはいっても、私立なのでもちろんその分払ってはおりますが。


e0178312_13401678.jpge0178312_13404322.jpg今年のバインダー=ノート{国算理社全て)はこういうのらしい。宿題もここにまとめてはいってます。なのでいつも持っていくかばんにはこのバインダーとお弁当、おやつ、水筒のみ。日本と較べるととっても軽いです。



学校区によってはすでに新学期が始まっているところもありますが、多くの学校はLabor Day(勤労感謝の日 9月第1月曜日 祝日)後に始まります。それにあわせて今年はオバマ大統領が子供達に向けてメッセージを送るというので話題になりました。全米の学校で見られるようにと、時間も配慮して放送されましたが、パンサーの学校では見なかったようです。家に帰ってから一緒に見ました。小学生には少し長かったかもしれませんが{20分}、良いスピーチでした。

今この国は未曾有の不況で地方レベルの教育費の削減は目を見張るほどです。先生は軒並み解雇され、クラスサイズは大きくなり、色々な教養、スポーツプログラムは次々にカットされています。子供達もそれを肌身で感じているので、大統領が自分達のことを親身になって考えてくれているというメッセージは教育現場からも望まれていたことでしょう。

by flouribunda | 2009-09-09 14:17 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://crowncity.exblog.jp/tb/11089417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by サード at 2009-09-10 11:48 x
あ~!!!!!!!コメント欄が出来てる!!コメント欄がいつのまにか出来ていたのですね。全然気づかず、見過ごしていました(>o<)

はじめまして(?)。サードです。アメリカに戻られたのですね♪

これからも記事たのしみにしています。私には作れませんが(笑)お料理やお菓子の記事も見ているだけで楽しいです(^^)






Commented by flouribunda at 2009-09-10 13:10
あ~!!!!コメントが来てる!!こーなってるんだ~。はじめてわかりました。いつもサードさんにはお世話になっております。また遊びにきてくださいね。


<< Dynamite      バースデーケーキ >>